うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(物書き始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

国別対抗戦2013雑感③

無料放送ありがとうスペシャル。過去の国別の放送を見てのゆるゆる感想文です。本日はエキシビション。記事が長くなったので、2回に分けてお送りします。
一応放送された順番に番号を振っておりますが、これ私が適当に振ってます。実際に付与されてる番号とは違ってるかもしれませんが、そっとスルーしていただければ…。

エキシビション

まずはオープニング。フラッグスケーターの演技から流してくれるとは!未来のトップ選手が混ざってたりするんだけど、顔立ちがまだ子供なので見直してもなかなか気が付かなかったりするのね。
紹介されるスケーターの面々が既に懐かしい。ノービススケーターのメンツが凄いんですけどお!そうそうたるメンツなんですけどおおおお!最後に登場したテン君の姿には涙が溢れそうでした…。


1:チームジャパン
見た見たこれ、なっつかしー。日本代表のチーム演技。テレ朝のフィギュアスケートのテーマ曲みたいなやつ。
この年日本のペアは出場してなかったんですね。クリス大活躍(笑)。


2:西山真瑚
今やアイスダンサーとしても人気の西山君。手の表現の豊かさや美しいスピンに既に片鱗が見えますね。国別のエキシビションに呼ばれるということは期待されてたってことだよねえ。


3:本田真凜
うわ、まだほんっとうに子供…。かっわいいい!7年も前だもんなあ、そりゃまだ子供だよ。でも彼女らしいカラッとした明るい雰囲気はこの頃からしっかり出てますね。将来綺麗なお姉さんになるよー(笑)。


4:マックス・アーロン
キスクラで寝そべってる(笑)。しかもリンクでチームメイトが待ってて中央まで運んでいってジャージも脱がせてくれる(笑)。何この演出(笑)。超インパクト(笑)。そのあとも客席に乱入したりハイタッチしたり、終始やりたい放題でした(笑)。本人もすごく楽しそうで良かったです(笑)。


5:チェン・ペン&ハオ・ジャン
パンさんと呼ぶべきなのかいつも悩むんですよねえ。てかこの頃まだ子供の雰囲気なんですけど彼女…!7年の歳月を感じる…。組んでる相手が違うことも大きいですが、全然知らないペアの演技見てるみたいな気持ちになる。


6:ケヴィン・レイノルズ
背中に漢字の「風」、和風のロック?テクノ?みたいな選曲。カナダ人のはずの彼にそれが非常に良くマッチしてるんですよ、これが。
いきなり披露した三連続ジャンプも盛り上がる!ケヴィンらしい個性的で誠実な演技で惹き付けられました。


7:ケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ
『Je suis malade』。非常に情念的で、アイスダンサーの本領発揮という感じで良かったです。ポジェがイケメン過ぎ。朝からポジェのイケメンを摂取し過ぎてわけがわからなくなってきた←そのまま朽ち果てろそれが世界のため


8:デニス・テン
雨に唄えば。とっても粋で遊び心があって、でもノーブルで。すっごくテン君らしい。
本当なら彼は今もリンクにいるはずだった。こうして美しい映像が残ることが、それを我々がこうして楽しむことが、彼への最大の追悼なのかもしれない。
ベストから飛び出したネクタイをこっそり直してたけど、最後にはベストの前開けちゃった。そういう演出なのか、飛び出しちゃうから開き直った?どっちにしろなんかかわいい。


9:マリッサ・キャステリ&サイモン・シュナピア
スロージャンプたっか!迫力!エキシビションならではの、ペアならではの技も入ってて盛り上がるー。この頃のペアの演技なかなか見る機会無かったからねえ、今更にでも彼らを見られて嬉しいよ。


10:ジェレミー・アボット
素晴らしいスケーティング。なんという巧みさ…。フィギュアスケートは滑る競技なんだな、と改めて思わせてくれる。その足元が語る物語をただ追っているだけなのに、こんなに充実した気持ちになるなんて。素晴らしかったです。


11:無良崇人
若い!めちゃめちゃ若い!ここ数年でグッと大人の渋みが出たことがよく分かる(笑)。
変な表現になりますが、日本の男子としては珍しく、非常に男子らしい雰囲気と演技のできる選手でしたよね。豪快なトリプルアクセルありがとうございまああす!スケオタには何よりの褒美です!(笑)


12:浅田真央
もうキスクラからかわいい。かわいいかわいいかわいい。このメアリーポピンズ、傘まで含めてめちゃくちゃ衣装かわいくてだいっすきなんです。
真央ちゃんの愛らしさが存分に表現されてるプログラムですよねえ。簡単そうに楽しそうに見えるけど細かく刻んでる足元もめっちゃ真央ちゃん。あー、どうして彼女が日本中で愛されてるのかわかるわー。


13:チームアメリカ
ニューヨーク・ニューヨークだっけ?チーム演技になるとアイスダンサーの踊りの上手さがよくわかるのですけど、一列に並んで滑ってる時にベイツさんに釘付けになっちゃったあたりがやっぱり、でした。
しかし、メンツが懐かし過ぎるんですけどおおお!まだ現役の選手たちもいますけれど半分以下ですし…。


本日はとりあえずここまで。ここまでがたぶん前半じゃないかな。続きはまた次回に。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com