うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(物書き始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

国別対抗戦2015雑感①

CS無料放送の日に過去の国別が放送されたので、見られた分だけ感想を綴っております。
本日からは2015年の国別について。ペアのフリーやアイスダンスは無料放送されなかったので、それ以外の競技を、実際に競技が行われた順に掲載してみます。もし競技の順番間違ってたらごめんなさい。

まずは女子のショートプログラムから。ではではどうぞ。

女子ショートプログラム

第1グループ

1:ジークァン・ツァオ
場内アナウンスはズーチュエン・ジャオ、みたいに聞こえるなあ。
ラストのジャンプで転倒してしまった。そこから少しスピードも落ちてしまっただろうか。前半はしっかり滑れてたと思うんですけどね。

キスクラでかぶってるのは…うさぎ?何の被り物それ(笑)


2:ロリーヌ・ルカヴァリエ
演技が硬質と言うか、パキパキしてる。柔らかいイメージの見た目からはちょっと意外な感じ。悪い意味ではなくて、身体の使い方が独特で面白いなって。近年の彼女もこんなんだったっけ?
ジャンプもびしばし決まりましたね。良かった良かった。

コーチはブルザ?キスクラの賑やかさに相変わらず吹き出しそうになります(笑)。


3:アレイン・チャートランド
全体的には凄く良かったと思います。特に前半は引き込まれましたね。スピンも素晴らしかったですし、特に手の動きなどの表現面には見入ってしまいました。それだけに、コンビネーションジャンプでの転倒が惜しかった…。


4:ガブリエル・デールマン
四季。激しい四季でしたね、女子としてはすごく激しい。真っ白な衣装が冬のイメージそのものですね。雪の王女みたい。
このプログラムたぶん初めて見たのだけど、こんなのも滑ってたんですね。イメージ通りのようにも見えるしイメージになかったような気もするし、ちょっと面白かったです。


5:ジジュン・リー
ジジュン…!彼女ももう引退しているとはなあ…。昔の演技だけど、久しぶりに見るとやっぱりかっわいい…。
コンビネーションジャンプ綺麗でしたねえ。回転不足だったようですが。次のジャンプでも少しミスは出ましたが、全体的には非常に伸び伸びと滑っていて、とても良かったと思います。演技が少し短く感じましたし。くるみ割り人形だっけこれ、そのチャーミングなメロディもイメージにぴったり。

謎の豚のお面かぶってるの誰だあああ←キスクラ


6:マエ・ベレニス・メイテ
滑る前に大盛り上がりの応援席が映って吹き出しそうになった…。
おお、カッコいいプログラムですな。衣装もよく似合っててカッコいい。カメラの角度的によく見えなかったですけど、ジャンプがひとつ大きく転倒してしまったので得点は伸びないかもですが…。コンビネーションジャンプはカッコ良かった。

あー、しかし笑かしてくるわチームフランス。小学生の集団のようだ(笑)。美男美女だらけなのに(笑)。

第2グループ

7:村上佳菜子
オペラ座の怪人』のクリスティーヌですね。春のイメージのような黄色の衣装に演技。佳菜子ちゃんの朗らかさや生命力を感じる部分が、陰惨な話のはずのオペラ座の怪人をハッピーエンドにしてしまうみたい。
なかなかの演技でした、客も沸いてる。勢いのあるコンビネーションジャンプも良かったわ。


8:アシュリー・ワグナー
おおお、彼女もいい演技でしたな…!ちょっとボーッとしてたので細かいところまでちゃんと見てなかったんですけど(泣)。ひとつ着氷ミスがあったから、そこだけ惜しかったかな?
彼女の生み出す世界がちゃんと確立されてるところがカッコいいんですよね。なかなかそこまで独自のイメージが作れるスケーターもいませんし。


9:グレーシー・ゴールド
とっても品のある素敵なプログラム…!バレリーナみたいな足さばきに思わず釘付けになってしまった。赤に銀のあしらわれた衣装も上品で素敵ですね。いい演技だったと思います。おおお、いい得点出てる。

キャロルコーチ、なんかお久しぶりにお姿見かけた気がする。昔の映像ですけども。


10:エレーナ・ラジオノワ
えええラジオノワ、まだほんの少女だ。それから2、3年であれだけ成長したということか。子供はあっという間に大きくなるのね…。
編曲はロシアらしく少々謎でしたが、ジャンプもしっかり決まったしいい演技だったんじゃないかな。スピンが非常に正確かつ個性的で、見ててすごく面白かったです。スピナー大好きなもので。
彼女の進退については耳にしない気がするけど、今どうしてるのかな…。


11:宮原知子
たった5年前の映像なのに、まだ子供っぽさが残った彼女の姿にびっくりする。今はいろんな意味で一皮も二皮も剥けた感じがしますね。
途中で回転方向を変えるスピンは見もの。ペアスピンじゃなくてひとりでもあれができちゃうの凄い。


12:エリザベータ・トゥクタミシェワ
何故だろう、5年前の映像なのに、彼女は若返ったように見える、今…。衣装のせいだろうか。身体のラインを隠すような衣装が多かったですよねこの頃。気にしてたのかなあ…。
冒頭はトリプルアクセルかな?ですね。残念ながら転倒しましたがチャレンジがカッコいいのよ。コンビネーションジャンプは唸るほど素晴らしかった。おお、いい得点出ましたね。


以上です。ではでは、次回は男子ショートプログラムの感想でお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com