うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(物書き始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

Fantasy on Ice 2018 in KANAZAWA 雑感②

無料放送ありがとうスペシャル、今更綴る過去のファンタジー・オン・アイスの感想。本日が第2回目でございます。金沢公演の2日目と最終日の感想をまとめて綴っております。ではでは、早速続きをどうぞ。


★アンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテ
大きな枠がリンクに登場。どうやら鏡らしい?カッペリーニちゃんはラノッテが鏡に映った姿なのか。
枠を挟んで演技する、ブラックスーツの二人。ビジネスマンなのか、工作員なのか。カッペリーニが枠をくぐる際に、ガラスの割れる音が入るところもお洒落。そして鏡から出てきたからシンメトリーじゃなくなるってこと?だからリフトなども入るのか。面白い、よく練られてる。
最後はまた鏡の世界に戻って行っちゃう?ラストがよくわからんかった、夢オチ…?ってやっぱり夢オチー!解説ありがとう(笑)。


ハビエル・フェルナンデス
これ見たかったんだよなあ、当時暴れましたねえ…。静かなバラードで滑るハビエルを見てみたかったのよ。やっぱり素晴らしいじゃないですか…!ちょっとした動きも上手い。
ごちゃごちゃざわざわした感じの賑やかなプログラムもすごく彼らしくて好きだけど、すっごいシンプルなプログラムでハビエルの滑りとか醸し出す雰囲気そのものを味わってみたかったんです。絶対素晴らしいと思ってたから。思った通りでしたねえ。


鈴木明子
May J.とのコラボレーションによる『Sparkle~輝きを信じて』。May J.も出てたのか。そういやそうだっけ。この年行ってないから印象も薄いですし。
曲のキラキラしたタイトルに合わせたかのようなキラキラした衣装がとても綺麗です。ドレスみたい。曲のラストが彼女のスピンとすごくマッチしてた、これは盛り上がりそうね。

あれ、現役だけじゃないのかインタビュー。公演の模様に戻ってMay J.の挨拶も流れますよ。


安藤美姫
May J.とのコラボレーションによる『ロンド』。薄紫の衣装と同色のスカーフが巻かれた姿はどことなくフレンチ。小道具の白い百合の花を手にした姿も可憐。安藤さんのどっちかと言うと可愛らしいタイプの衣装やプログラムの中ではかなり好きかも。
お花は造花かな。最後にステージのMay J.に手渡してました。

インタビューもあり。こうして見ると結構大胆な衣装。さすが安藤さん(笑)。


エフゲニー・プルシェンコ
タンゴ・アモーレ。いろんなスケーターが滑ってるけど、やっぱり本家が滑ると曲の馴染み方が違いますね。
綿毛を飛ばすような投げキッスとか腰振りとか独特のステップとか、プルシェンコが詰まりまくったプログラム。満足度たっけえ。最終日は特にノリノリだったのでは。会場のテンションも高いもんなあ。てか実況陣もやられているのではこれ(笑)。

どーしても会場で見たかったプログラムなんですけど、奇跡的に行けたプリンスでやっと見られた時は感無量でございました。でもこうして見るとまた見たくなる。プルシェンコは絶対会場で見た方がいいよ、私はチケット代の半分はプルシェンコ代だと思ってます。熱狂的なファンでなくてもそう思いますね。


★エフゲニア・メドベージェワ
黒い羽ペンで文字を描くような出だし。彼女の得意な、何らかの物語を綴っていくプログラムですね。
オーサーのところへ移ったばかりの頃の演技ですかね。タノジャンプも美しく、新天地の激流に飛び込んでいく彼女の葛藤や激しさを感じつつも、ラストは希望が見えるよう。やっぱり彼女の演技好きだなあ…。

最終公演の方でインタビューが入る。人によって違うのね。


ステファン・ランビエール
『Read All About It』。あれ、このプログラム見たこと無いかも…。よって超集中してガン見。背中が大きく赤く、前から見るとパーカーのようなジッパーのついた、わかるようなわからないような衣装。やっぱりアート・オン・アイスで滑ったプログラムなのですな、毎年そうだよね基本。

2日目は連続ジャンプの二つ目の着氷が微妙だったが、上手くごまかしてる。軸がぶれない多彩なスピンも衰えない。
流れるようなプログラムが実に彼らしいのだけど、私がステファンの演技が好きなのはそこなのかもしれない。リズムと淀みない流れ。私は文章が流れるようだと褒めていただけることがあるのだけど、自分の文章に無意識に求めることをステファンはスケートの形で行ってるような気がする。私は彼のそんなところも好きなのかもしれない。

少々長めのプログラムだったので、ステファンの演技を堪能できて嬉しかったです。何度もこの目で見てきたスケーターだけど、まだまだ見たいのよね。いくらでも何かが溢れてくるのよ。


★テッサ・ヴァーチュー&スコット・モイヤ
ムーランルージュNHK杯でも見たけど、見たけどおおおおお…。何度でも見たかった、見たかったよおおおお(泣)。会場行きたかったよおおおおお(泣)。
競技のプログラムだけあって迫力が桁違いです。風格漂うリフトに圧倒されるううう。ガン見。格が違う。これ見ないでトイレ行った人、金をドブに捨てるってそういうことじゃないかしらね…。


バズーカも放送あり。2日目はカロリーナとジョニー。ジョニー、腕まくりはしてるけど不思議なカットとかはしてないですね、今回(笑)。てかカロリーナのバズーカ姿様になってたのに、結局手で投げるの(笑)?
最終日はメドベージェワとミーシャ。意外な組み合わせですね(笑)。んで、最終公演はこのあとテッサ&スコットのインタビューも。スコットが「オツカレサマ」を覚えてる(笑)。


ちょうど前半が終了したところでキリもいいので、記事もここで終了させることにいたします。第3回目の記事でまたお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com