うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(タロット鑑定してます2020・物書き始めました2018)

カーニバル・オン・アイス2020雑感③

3回にわたってお送りして参りました番組の感想も本日で最終回です。本日も最後までお付き合いいただければ嬉しいです。ではでは続きをどうぞー!


★ネイサン・チェン
昨シーズンのフリー。って、衣装は…?衣装は忘れてきたんですかああああ?????ただの白いシャツなんですけど????!!!!練習着…?いやネイサンだからあんまり驚かないけど(笑)、いつももうちょっと衣装っぽくない????
エキシビション用に少し短くなってるみたい。見せ場のコレオ(惟男って変換されたんですが何者ですか惟男…)にはバックフリップも!!すげえええええ!!!!競技とはちょっと違うけどこれはこれで捨てがたいプログラムになってて憎いほどカッケエエエエエエエ!!!!
ジャンプは三回転だともう一生転ばない気がしてくるね…。でも四回転も一本入れてた。息でもするようでしたね…。今シーズンもワクワクさせてくれそうです。


★川畑和愛
へえ、これ西野友毬さんのプログラムを受け継いだものなのか。衣装を先輩からもらうのはよく聞くけど、プログラムは珍しいような。
今シーズンはディビッド・ウィルソンに振り付けいて欲しかったけどコロナで難しく、樋口豊コーチがウィルソン振付だったこれを用意してくれたって話らしい。コロナが席巻する現状ならではの出来事かも…。
彼女からはアンコールもあり。ステファン・ランビエール振付の美しく青きドナウ。上半身の使い方が若い選手にしては美しいので見ごたえがありますね。ステファン振付は彼独特の華やかさがあって、女子スケーターには特に合いそうな気がする。


★山本草
黒い瞳宮本賢二振付。
素晴らしすぎる四回転も入ったし、曲の緩急なども素晴らしい。キレキレのステップで締めるので印象も強く残る。会場がギャアアア!!!ってなるやつ。見てえ!!!!!
草太君のイメージにはなかった気もするが、ものすごく合ってるんじゃないかこれ…?めちゃくちゃいいぞ…?ほのかな色香も漂う男の黒い瞳。新たな魅力が引き出されてる…!!!
アンコールもあり。そうそう、こういうゆったりした曲調が彼の伸びやかなスケーティングに合うせいかそういうイメージが強かったよね。
インタビュー受けてる草太君の横にちょっと見えたのはピカチュウの耳(笑)?


樋口新葉
ジャージで登場。おや、コミカル系のエキシビション
ジャージを脱ぎ捨てると曲も変調。オクラホマミキサーのラップアレンジからトランスアレンジへ。面白いな。最後は「やりきった!」なピースサイン。超いい笑顔!!!!解説してる町田君も声が楽しそうですね(笑)。
彼女はホントに表現の幅が広い。ジャンプ等だけに注目が行きがちだけど。アンコールが『ポエタ』でまったく違う世界観なので、余計にそれが伝わりますね。
インタビューでピカチュウ撫でてあげてる(笑)。やっぱピカチュウだったのねさっきのは。白いシャツ着てるし音楽も聞こえないので、もう全部終わった後インタビュー受けてるのかな。


村元哉中&髙橋大輔
まだプログラム作成中なのか練習風景とインタビューだけでしたが、グイングインと迫るような存在感のある髙橋君のスケーティングがチラッと見えただけなのにめちゃくちゃワクワク感があった。競技楽しみだな…。


★フィナーレ
平原綾香歌唱の『威風堂々』に乗せて。衣装は白で統一?新葉ちゃんの白いシャツはこれのためか。トリだったし着替える暇なくて羽織るだけだったのね。フィナーレもソーシャルディスタンス振付かな。
生で見ることの良さを改めて感じたみたいなことを解説のお二人が言ってたけど、それは本当に大事なことだと思う。映像で見ても十分楽しいのだけど、やっぱ会場で見ると違うんですよ。何であのスケーターが凄いって言われるのかわからない、と思う場合は生で見てないからかもしれない。テレビでは伝わらないオーラや迫力、スピード感などが会場に行ったら遠い席でもはっきりわかったりするのね。映像コンテンツが充実して自宅でショーや試合を楽しめる機会は格段に増えたけど、やっぱり生の緊張感や臨場感にかなわない部分はどうしても残ると思う。映像ならではの良さももちろんあるんですけどね、繰り返し見られるとか、トイレ並ばなくていいとか寒くないとか(笑)。


以上です。やっと地上波放送があると期待したロステレコムは私の地域では放送されないことが判明し、肩を落としていたので本当に今回の放送には救われた気持ちになりました。やっぱりフィギュアスケートって楽しいね…!!!ようやく今シーズン初めてまともな感想が書けた気がします。
ブロック大会やショーやオンラインイベントは一部のファンしか見られないコンテンツになってしまい、なんだかずっと昔の、グランプリシリーズが3大会まとめてダイジェストでお送りされていた頃の時代に逆戻りしてしまったような気がする毎日でした。私にお金さえあれば十分楽しめるのですけど…。なので、私にも見られる形で「今シーズンの演技」を味わうことができて、やっとやっとシーズンインできたような気持ちでいます。グランプリファイナルも中止になってしまったし、どこまでこのシーズンインの気持ちが保てるか不安ではありますが、今シーズンも精一杯応援できたらと思っています。テレ東さん本当にありがとう…!!!

実はね、当たると噂の手相占いが、この秋にひとつ当たったっぽいんですよ。どっちかというと仕事の話ね。生活が安定するようなレベルには至ってないんだけど、私としては凄く心の支えになってるし、まさかそう来る?って流れで当たったんです。今の年齢で起きると言われてたんだけどどうやら発端の時期もピッタリ。すげえ。今までもいい加減当たってたからな…。
鑑定してくださった方によると、私の未来にはほぼ希望しかないんだそうです。どうも「今年の年末」がひとつの鍵っぽいんだよね。今はまだ闇の中だけど、年末までどうにか頑張って生きたら何かが起きてるかもしれない。将来どんな仕事してるかわかんないけど、また会場にスケートを見に行ける日々まで生活を戻せるかもしれないんだ。だって希望があるんだもの。ちなみに将来はとても大きな仕事に携われると予言はされております。何かはわかんないけど。スポーツ選手ならオリンピック出場レベルの何かだそうだ。すごくない?
なので、どうにか年末まで死なないように神様手を貸してほしい。そうだ金がないんだ。英世すら財布にいないんですけど。このままだと年末が来る前に家なき子じゃ。この寒空に電気止まったらやばいわ、ていうかブログ更新できんようになるぞ(笑)。…本当にこんな状態からオリンピック出場レベルの何かに至れるのでしょうか(笑)。あたしは羽生君の競技での演技をこの目で見るまで死ぬわけにはいかんのよ…。

ではでは、また次回の記事でお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com