うさぎパイナップル

ただ、書くことが好きなだけです。

偏らないことだけが真実の道ならば、この道は何と呼ばれるのか

本日5月6日(汗)に放送されていた某番組、諸事情で見られなくてガッカリしておりましたら、番組の内容の一部があっという間にニュースになってたようで笑ってしまいました。羽生君の食の細さはたびたび耳にしてたけど、揚げ物あんまり食べないのかあ。試合前なんかは験担ぎにトンカツ食べちゃう人も多そうですけど。

羽生君が食にあまり興味がないという話を聞くたびに、食べることしか考えてない私はいちいち衝撃を受けるのですが(笑)、アイスショーに行くと、細い細いと思ってた選手のさらに半分くらいしかない印象すら受ける羽生君の細さに心底びっくりしつつ、なるほど食の細さがこの驚異的な細さに繋がるのかと納得し、でも体を酷使するスポーツ選手なのだからしっかり食べて元気で活躍して欲しいなあ、なんて余計なことも思うのでした。

胃がもたれるどころか食べ過ぎて消化できずに寝込むこともよくある私はただのバカなんだけど(笑)、でも揚げ物はやめられない(笑)。子供の頃酷いアトピーだったせいか、オーガニック信者と化した母親に(まあそれは健康を考えてこそだったのですけどね)添加物入りのあれはダメだこれはダメだと色々制限されまくり、ジャンクなものをあまり食べさせてもらえなかった反動で、ファーストフードやポテトチップスが大好きになってしまったよ。さすがに今は以前ほど食べませんけど。って揚げ物じゃないか?それ(汗)
しかし、好きとは言え私には味が濃すぎるようで、実は揚げ物に何もかけません。トンカツにもコロッケにも何もかけません。お店で食事をする時にメニューに添えられてたらかけるし、お弁当なんかについてるソース類は捨てる方が面倒なのでかけるけど。油の味だけで十分濃いんですよね。エビフライにかけるタルタルソースだけは例外なんですけど。タルタルソースそのものが好きなのよ。
そんなわけで、家にはソースもケチャップもありません。どうしても味が薄いと感じたら塩か醤油かマヨネーズ。でも揚げ物に関してはほぼ使うことがないかな。特に薄味が好きってわけでもないんですけど。米や野菜はそれだけで食べるのきついし…。

そう言えば高校生の頃は毎日食べるほどラーメンが好きだったけど、福岡のアイスショーに出向いた際にラーメンとチャーハンだけを食べたのに思いっ切りお腹壊して寝込んで、ショーまでには回復してちゃんと見に行けたけど観光にあてるはずだった1日を完全に棒に振ったあの体験以来、ラーメンをほとんど食べなくなりました(泣)。お弁当の代わりにカップ麺、ということはよくありますが、ラーメンじゃなくて蕎麦にしてることの方がずっと多いという…。油こってりの美味しいラーメン、むっちゃ食べたいけれど、また同じことになるかもと思うと恐怖で(泣)。それほど猛烈にお腹が痛くなったんですよね(泣)。何だったんだろうかあれは…

食べることは大好きですが、実は相当な偏食だったりします。嫌いなものが非常に多いので、店によっては食べられるものがほとんどない、という事態もたまに起こります。以前は生魚がまったくダメで、寿司屋には行けませんでした。最近は少し食べられるようになってきて、回転寿司なども楽しめるようになってきましたが、でも食ってるのはほぼサーモン(笑)。特に炙りサーモン。炙りサーモンだけしか回ってなくても平気(笑)。健康のために魚も食べないとね、ってことで半額になってる刺身買ったりすることも増えたけど、あまり美味しいとは思ってない自分がいるのも事実。サーモンは食うけど(笑)。魚が嫌いなわけじゃないんですよ、生がダメなだけで。ちなみにウニとかイクラとかは今でも一切食べない。寿司屋で食べるのはたまごと炙りサーモン。めっっちゃ安上がり!(笑)

野菜の好き嫌いはそれだけで単独の記事にできるくらい多いし、ほかにもホント色々あるんだけれど、特に困るのはこれ。
実は小豆が大の苦手で、お土産をいただく時がめっちゃつらかったりする。お饅頭買ってきてくださる方多いですよね…。黙っていただくこともあるけど、結局家族や友達にあげることになるので、人によっては最初から断ることもあります。どうしても気持ち悪くて一切食べられないんですよ。同じく一切食べられないのがキノコとグリーンピース。どうしても無理。ちっちゃいかけらでも全部取り除く。取り除くことが許されない場合には無理矢理食べるけど吐き気との戦いです…。
一度だけパスタに入ってたマッシュルームが美味しく食べられた店があったんだけど、あそこは相当腕がいいと見た。そう、シェフの腕がいいと嫌いなものでも食べられてしまうことはよくあるのです。あまり美味しくないのに無理矢理食べなきゃいけなかった経験が逆に好き嫌いを増やすのかな、なんて思ったりして。給食は必要だと思うけど、私みたいなタイプには弊害も大きいかも。健康志向の食事もね…。いい年して好き嫌いが激しすぎるなんて情けないと思ってます、それは強く。でも吐くの我慢してまで苦手なもの食べなきゃいけないのかな。嫌いな人やものはガンガン切っていくタイプの人に「何でも感謝して食べなさい。作った人に失礼でしょう」とこの年になっても説教されたりすることがあったりする私は、言い返したいけれどきっと聞いてもらえないんだろうな、といろんなものを無理矢理飲み込んで、吐きたくても吐けないつらさをこらえてしまうのだった…。何でも食べられないの、つらいんだよ。作ってくれる人の気持ちもわかるからつらいんだよ…。自分に非があるだけに、わかって欲しいって言えないの、本当に本当につらいんだよ…。

それでも食べることは楽しいのである。今は食べることしか手軽なストレス解消法もなく(泣)。本当はストレスの発散が食事のみに向いているような状態はよろしくないんですけどね。自覚あり…。でも、そろそろお気に入りの美味しい店を回ってのんびり過ごすことにしようかな…。

うーん、結局羽生君とほとんど関係ない話で終わっちゃったな(汗)