うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

「うさぎパイナップル」へようこそ・再改訂版

2018年5月、2019年1月にもプロフィールページを作成しておりましたが、更新頻度の変更等ありましたので、三度書き直してみます。大きくは変わらないので、前回の記事を手直しする形で記事にします。
当面の間、この記事がトップに君臨し続けることとなりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

「うさぎパイナップル」とは

改めまして、当ブログへのご訪問ありがとうございます。2016年9月23日から毎日更新し続けて3年目のブログです。

タイトルの意味をほんの時々尋ねられますが、「説明してもほぼ間違いなく意味不明なのでとりあえず「カオスだから」ってことにしといて欲しい」と回答させていただきます。回答も意味不明ですみません(笑)。何を書いてもOKなブログにしたかったので、タイトルも思いっ切りカオスにしました。うさぎは大好きですが、パイナップルはそうでもないです(笑)。

自分自身のことや好きなゲームの思い出なども綴っていましたが、ブログの大半を占めていたのは「フィギュアスケート」。ソルトレイクシティーオリンピック以来のスケートファンです。そこそこ長く見ておりますが、いまだにジャンプの見分けもつかないどうしようもない素人だったりします(泣)。
全国のアイスショーに出掛けて書いた旅日記、テレビ観戦に熱中して綴った感想などをつらつらと載せております。スケートファンになった経緯や、好きなスケーターについての話題は以下のリンクをご参照ください。
特に好きなスケーターはいますが、基本的にどのスケーターも素晴らしいと賞賛しながら楽しく見ております。そういう境地でいた方が清々しいや、って心から感じたので。

特定のスケーターやショーの記事をお探しの方は、PCなら右側のサイドバー、スマホなら下部に表示されているブログ内検索をご活用下さい。私も自分の記事をチェックするためによく使ってます(笑)。


usagipineapple.hatenablog.jp


usagipineapple.hatenablog.jp


「うさぎパイナップルnote分室」の開設

2018年9月24日より、ブログの方向性を少し変更しました。このはてなブログをほぼフィギュアスケートの記事に特化し、9月24日より新たに開始した「note」に、はてなでも書いていたエッセイ的な内容を書くことにしています。
はてなについては、お題記事は時々書いておりますが、現在はほぼフィギュアスケートに関する記事のみを粛々と更新しております。フィギュアスケートにあまり興味のない方は、noteを読んでいただいた方がいいかもしれません。
イベントの体験記など、たくさんの方に読んで欲しいと思った記事は、フィギュアスケートに限らず今後もはてなブログに掲載していく予定です。

noteでは、自分自身のことに関するエッセイや日記、小説などを粛々と更新しております。フィギュアスケートのことも結局時々書いてます。すべて無料で公開中。有料化する予定も今のところありません。
noteも基本的にブログとして使っておりますが、クリエイター向けのプラットフォーム?ということなので、最近は創作の比率も増やしつつあります。noteも応援していただければとても嬉しいです。


noteの簡単なプロフィールページはこちらです。
note.mu


更新頻度について

開始当初から粛々と毎日更新し続けてきた「うさぎパイナップル」ですが、1000日連続更新を達成したのを機に、2019年6月で毎日更新を終了しました。
今後は当面、はてなブログとnoteのどちらかだけを毎日更新していくスタイルで続けていこうと思っています。

現在の更新スケジュールは、

はてなブログ:月・水・金・日
note:火・木・土

です。基本的なスケジュールなので、臨機応変に変更していく可能性があります。たとえばスケートが本格的にシーズンインすれば、はてなの更新頻度を上げるかもしれません。
日曜日はnoteかはてなのどっちかを更新する予定でいましたが、結局毎回はてなを更新してるので、このままはてなが週4、noteが週3になりそうです。

筆者のプロフィール

最後に、簡単に筆者のプロフィールを箇条書きで。

山羊座A型
・よく当たる手相鑑定によると「超マニアックなオタク」らしい←反論できない
・ジャンプの打ち切り漫画に心惹かれてやまない
クソゲーを力でねじ伏せるのが好きな元ゲーマー(※ゲームは下手です…)
メガドライブを愛してやまないバリバリのセガ
・うさぎが宇宙でいちばんかわいいと断言するバリバリのうさぎ派
・好きなアニメは『カラオケ戦士マイク次郎』
ふくやまけいこさんのファン
・高知の観光PR隊「土佐おもてなし海援隊」のファン←追加したので太字
・懐メロ好き、カラオケ好き
・好物はアイスクリームとポテトチップス
・嫌いな教科は数学、体育、家庭科
・もし100万円もらったら札束で嫌な奴の頬をはたきたい
・「そこまで酷いと笑えてくる」と友達に言われるレベルで人生が暗黒
・人生のあまりの悲惨さに話を聞きながら泣き出した人がいる(実話)
・超がつく貧民
・社会不適合
・口癖は眠い、飽きた、疲れた、おなかすいた
・人としてクズ
・クズだけど生きてていい?

こんな感じ?あっ、今何人かページ閉じましたね。そりゃそうですね(笑)
現在物書きを名乗っておりますが、社会不適合過ぎてもう社会に戻れない気がする、と悩んでいるうちにいつの間にかこんなことに…。

各種窓口はこちら

そんなわけで、物書き、ライターです。はしくれ中のはしくれなので、ポートフォリオはこのブログとnoteです。もし気に入っていただけましたなら、一生懸命働かせていただきますので是非お声をかけていただければと思います。

当ブログのお問い合わせフォーム、ツイッターのDM、noteの「クリエイターへのお問い合わせ」のいずれかからご連絡いただければ幸いでございます。noteの「仕事依頼」ページもご参照ください。


お問い合わせフォーム↓
usagipineapple.hatenablog.jp


ツイッターアカウント↓
twitter.com


noteの仕事依頼ページ↓
note.mu



一応、改訂前の記事も置いておきます↓
usagipineapple.hatenablog.jp



ではでは、ポエムだらけで暑苦しいブログですが、また遊びに来てくださいね。お待ちしております。

※この記事は随時更新する、かもしれませんししないかもしれません

フィギュアスケートつらつら語り in 8月⑤

フィギュアスケートに関する話題をつらつらと語るシリーズです。競技やショーの感想以外の、ひとつの記事にするほどの文章量にならない内容をいくつか寄せ集めて書いてるってとこですかね。
ではでは、早速本日もつらつら語っていきましょう。

テレビつらつら語り

まずはテレビ番組の感想から。スケーターが出演したりフィギュアスケートに関するコーナーがあったりした番組の感想を2、3番組くらいまとめて時々綴っております。

本日取り上げるのは、8月20日に日テレで放送された『火曜サプライズ』。

ゲストは浅田真央24時間テレビの番宣ですね。衣装も24時間テレビのピンクのTシャツ。

札幌でアポなしの旅に出る真央ちゃん。食べることが好きなのは聞いてたが、隣の席のおじさんと仲良くなるって(笑)。私もおじさんだったらお酒おごるもんな(笑)。だって真央ちゃんですよ?絶対かわいいよ?

まずは真央ちゃんのチェックしたラーメン屋に行こうとするものの、お昼時なので満席。気になるお店がことごとく満席や都合で行けなかった真央ちゃん、確実にリベンジできますように…!

続いて海鮮のお店で「カニ大好き」を連発する真央ちゃん。あんなかわいく連発されたら、私が店の人なら絶対サービスしまくる…(笑)。と思ったらホントにサービスしてるよお店(笑)。てかお店の人ノリがいいし(笑)。美味しそうに食べるなあ、真央ちゃん…。

海鮮丼をたんまり食べたのに今度はボリュームたっぷりのラーメン。うおおお、あのラーメン美味しそう。超でっかいチャーシューがうまそおおおおおお!石ちゃんはこのお店かなり気に入ったみたいですな。

最後はパフェ。うわああああの白いパフェめちゃくちゃ美味しそう。あれは食べたい…。札幌、一度だけ行ったんですけど(目的:メダリスト・オン・アイス)、確か滞在時間23時間くらいでほとんど堪能せず帰っちゃったんで、またゆっくり行きたいってずっと思ってるんですよね。

ひたすら真央ちゃんがかわいかった。そして美味しそうだった…。24時間テレビ頑張ってね真央ちゃん。さすがに24時間見られそうもないけれども。とほほのほ。

羽生君のDVD

さてさて、羽生結弦選手のDVD『進化の時』が発売されますね。ツイッターが祭りになってて面白かったです(笑)。

私が「これは入れて欲しい」と願ったプログラムはだいたい入ってる気がする。ファイナルのオペラ座大っ好き。ヘルシンキホープ&レガシーは絶対に収録して地球の終わりまで残して欲しいと思っていた。「神演技」という言葉がスケートファンの間ではよく使われるけど、本当に神を降ろした演技はあれだけだったんじゃないだろうか。スケートファンには周知の伝説のプログラムだろうけど、是非もっとたくさんの人に見て欲しい。
先月からずっと体調不良で、うわごとのように「ヘルシンキホープ&レガシーをくれ」って呟いてたら本当にDVDが出るとか、予言者かな自分←ただの偶然です

収録されてないプログラムは権利問題でしょうかね。ボーカル入りのものは難しいのかもしれませんね。私は『The Final Time Traveler』が好きなので入ってなくて残念ですけど。


しかし、私がこのDVDを手にするのは当分先になるだろう…。金がない。まったくない。毎日「住むところなくなったらどうしよう」って怯えてるくらい無い。せっかく増税前に発売してくれるのに(血涙)。
自分の生活が苦しくなったタイミングを思い出すと、消費税が8%に上がった時なんですよねやっぱり。これ以上上がったらホントに死んじゃうよ…。お金持ちが貯め込んでるからそこから持っていけばいいじゃん…。

実は『覚醒の時』も金欠過ぎて買えてないんです…。その前にDVDデッキぶっ壊れて再生できませんし。家族のお下がりだったんですけど華麗にぶっ壊れましたし…。
うちでDVDを再生可能な存在はプレステ2だけ。平成から令和に時代も変わったというのにプレステ2。ちなみにこれもお下がりです。お下がりで生きる女…。服なんかもいまだにお下がり貰ってるし!ありがとう助かります…←クズ…


そんな感じで、当分無理だろうとは思いますけど(泣)、是非とも手に入れたい。永久保存版ではなかろうか。エンドレスで流して各種作業のお供にしつつ、集中力が切れたらじっくり見て、感動にうち震えてやる気を出して作業に戻る、という流れが可能になるでしょう。現在ほぼゼロに近い私のパフォーマンス力が大幅にアップすること間違いなし。
だから諭吉をよこしなさい。いいからよこしなさい。悪いこと言わないからよこしなさい。聞いてるのかネタの神様。あまりにも仕事しないからお前の存在を忘れつつあるよ。お前の活躍を記録してやるのはこの私だけなんだからちょっとはご利益振る舞えや←神に対する態度じゃねえ←そもそもネタの神様って何?という方は華麗にスルーでどうぞ(笑)


はてさて、本日はこんなところで。また次回のつらつら語りでお会いしましょう。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。原則火・木・土曜日(たまに日曜日)に更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu

2017-18シーズン総集編

需要があるかどうかわかりませんが、2017-18シーズンに見た試合の感想文をまとめておく記事も作成しておこうと思います。
2018-19シーズンについて同様にまとめた記事にそこそこアクセスがあったので作ってみたものの、需要はたぶん無いかな…。まあ後々役に立つこともあるかな、くらいの自分のための記事です。
どこのショーにも試合にも足を運べず(お財布が絶命状態、てか既にゾンビ…)ネタが全然ないので、こんな穴埋めのような記事で申し訳ない…。

記事の概要

2017-18シーズンの大会において、テレビもしくは現地で見た選手の演技のうち、見られたものについてはすべて簡単に感想を書いております。主に1名の感想だけ異常に長いポエムになってることがありますが、気にしてはいけません(笑)。

リンクは第1回目の記事のみに貼ります。記事は大会ごとに一気に連載しているので、翌日の記事、翌日の記事と読んでいただければ最後まで読めます。後日放送されたため掲載日が離れている場合もありますので、それについては注意書きした上でまとめております。それぞれについての記述をご参考になさってください。

ほとんどの試合は映像を見ての観戦ですが、NHK杯のみ現地観戦です。
また、ニュース番組等でちらりと流れた映像を見て何となく書いた記事もありましたが、それについては割愛しました。

私がただ、感動したり泣いたり恐れおののいたりしてるだけのホントの感想文ですけど、もしお探しの大会などがあればお暇潰しにでもご覧下さい。
ちなみに、特定の選手などをお探しの場合は、ブログ内検索を利用されると見つけやすいかもです。

チャレンジャーシリーズ

オータムクラシック(全2回)

※羽生選手のことしか書いてないです、すみません
usagipineapple.hatenablog.jp


グランプリシリーズ

ロステレコムカップ (全4回)

usagipineapple.hatenablog.jp


カップ・オブ・チャイナ(全2回)

usagipineapple.hatenablog.jp


NHK杯(全16回)※大会初日以外は現地観戦

usagipineapple.hatenablog.jp


フランス杯(全2回)

usagipineapple.hatenablog.jp


グランプリファイナル(全5回)

※後日載せたエキシビションの感想を含む全5回です。エキシビションだけ日付が離れているのでリンク貼っておきます。
usagipineapple.hatenablog.jp

usagipineapple.hatenablog.jp


国内大会、チャンピオンシップ、オリンピック

四大陸選手権(全5回)

※後日無料放送されたエキシビションの感想を含めて全5回。第4回以降は日付が離れているので別にリンクを貼っています。
usagipineapple.hatenablog.jp

usagipineapple.hatenablog.jp


平昌オリンピック(特別編1回を含む全24回)

※途中でオリンピックとは無関係のお題記事が一本挟まれていますけど、華麗に飛ばして読んでください。第16回と17回の間の1日です。
usagipineapple.hatenablog.jp


世界選手権(全7回)

※後日無料放送された競技の感想も含む全7回。第6回以降は日付が離れているため、別にリンクを貼っています。
usagipineapple.hatenablog.jp

usagipineapple.hatenablog.jp




以上です。今回も単なる過去記事のリンク集で申し訳ありません。ライストがほとんど見られない頃だったので、記事もまだ短めですね。某阿修羅の記事だけこの頃からもうクソ長いんですけどもね(汗)。
これより以前のシーズンの記事もあるのですけど、時系列的にまとめてみようか、そんなんはたして需要あるのか、そもそも今ほど本格的に書いてない記事も多いからな、ってことで保留中。

競技が本格的に始まるまで更新頻度がひょっとしたら下がるかもしれませんが、のんびりとお付き合いいただければ幸いです。

ではでは、また次回の記事でお会いしましょう。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。原則火・木・土曜日(たまに日曜日)に更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu

涙目で見下ろすなら微笑みで見上げていたい

今週のお題「わたしと乗り物」


私は高所恐怖症です。子供の頃からずっとです。たぶん2、3歳くらいだと思いますが、父親に肩車されて大泣きしている写真が残っているので、その頃から既に苦手だったのか、肩車がトラウマになったのかはわかりません。昔の人にしては背が高い方なので、父親。身長は遺伝しなかったけどな…。号泣。

もちろん、飛行機はものすっごく苦手です。窓際なんて怖くて座ってられないし、誰かと一緒だとその人の腕を掴み続けてうざがられたり、気流?で揺れると「客室乗務員さんが笑ってるから大丈夫」と心の中で呪文のように唱え続けたり、それはもう悲惨です。何より機内のモニターが怖い。飛び立つ瞬間の映像流してたりするじゃん?下手なホラー映画より怖いんですけど←涙目

そんなわけなので、できるだけ新幹線やバスで移動するようにはしてるんですけど、行き先によっては陸路では費用や時間がかかり過ぎて、背に腹は代えられずに飛行機を選ぶことがあります。


その日、陸路を散々検討したものの泣く泣く諦めた私は、初めてひとりで飛行機に乗りました。予約の段階から「高いところが怖いので窓際以外の席で」と正直にお願いして臨んだのですが、いざ搭乗口に向かうととてつもない緊張感に襲われるのがわかる。もう行くって決めちゃったんだし!しょうがないし!と自分を鼓舞するもののたぶん足とか震えてたんじゃなかろうか…。

確か3人掛けの席の真ん中にしてもらっていた。良かった、外があまり見えないだけでも心情的にかなり違う。
隣の座席には親子連れ。母親と、性別はどっちかわからないけど子供。子供は母親の膝の上で、狭そうだったけど機内はほぼ満席だった気がする。

飛び立つ前からそわそわと落ち着かない私。ぬいぐるみを膝に乗せたり(いわゆるぬい撮りを時々やってた)機内の雑誌に目を通してみたりしてみるが完全に気もそぞろ。雑誌の内容まったく頭に入ってきません。そもそもひとりでぬいぐるみ見つめてる大人とかやばすぎるんですけど…←涙目

そうこうしているうちに離陸し始める飛行機。怖すぎて機内の雑誌を思わず頭にかぶるなど、完全に不審人物と化してがたがた震えていたところ、突然隣の座席の子供が叫んだ。

「落ちるー」


……
もののけ姫』っていう名作映画で、美輪明宏さんが声を当てていらっしゃるじゃないですか。その中のものすごく有名なセリフがあるじゃないですか。
あれを叫びそうになる私。よりによって今、今いちばん聞きたくなかった動詞をおおおおおお!!!

しかし実際には恐怖で声も出ない状態。とにかく早く目的地に着いてくれと必死で祈ったが、さっき飛び立ったばかりですからね!

バクバクし続ける心臓にもう耐えられんのではないかと思ったが、上空まで上がると何となく落ち着いた。と言うか急いでやらなきゃいけないことがあってそれに没頭するようにしたのでどうにかごまかせた。もし何もやることがなくて暇だったらたぶんずっと震え続けていたのでやることあって良かったです…←涙目

地上に降り立った時には本当の本当にホッとしました。ちょっと伝わらないかもしれないですが本気でホッとしました…。その後もう一度ひとりで乗る機会があったんですけど、ぐっだぐだに疲れていたので搭乗中は思ったほど気にならなかったものの、着陸時に思いっきり揺れて本気の涙目でした…。


これだけ飛行機が怖いのに、占い師に「行ったらめっちゃ開運する」とアドバイスされたからって台湾に行きたいってずっと言い続けてたり、フィギュアスケートのファンなので海外のショーや試合にも行きたいと切望している私。北京オリンピック行きたいいいい。
…どうやって行くんだ。国内の距離でガタガタ震えてるのにどう考えても長時間は耐えられんだろお前…。
前途多難過ぎる…←涙目

「将来は遠くに行ったりして忙しくなりますよ←おそらく仕事」とよく当たる手相鑑定で告げられた私。たぶん旅行線ってやつがあるんじゃないのかしら。遠くってどこだ。北京オリンピックか?(←都合のいい解釈)大丈夫か、飛行機乗れるのか…。
とりあえず、飛行機に乗らなきゃいけない状況になった時は、一緒に乗ってくれる人を探す方向で頑張りたいと思います…。ひとりに、ひとりにしないでええええええ←血を吐くような叫び



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。原則火・木・土曜日(たまに日曜日)に更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu

2018-19シーズン総集編

新シーズンもそろそろ本格的にスタートということで、2018-19シーズンに見た試合の感想文をまとめておく記事をひとつ作っておこうかと思います。シーズンごとにカテゴリーも作成してあるので不要かなと思ったのですが、スマホからご覧の方はカテゴリーに気付きにくいかも、と思いまして。

記事の概要

昨シーズンの大会において、テレビやライブストリーミング、もしくは現地で見た選手の演技のうち、見られたものについてはすべて簡単に感想を書いております。主に1名の感想だけ異常に長いポエムになってることがありますが、気にしてはいけません(笑)。

リンクは第1回目の記事のみに貼ります。記事は大会ごとに一気に連載しているので、翌日の記事、翌日の記事と読んでいただければ最後まで読めます。後日の放送を視聴したため掲載日が離れている場合もありますので、それについては注意書きした上でまとめております。それぞれについての記述をご参考になさってください。

ほとんどの試合は映像を見ての観戦ですが、NHK杯とスケートヒロシマのみ現地観戦です。

私がただ、感動したり泣いたり恐れおののいたりしてるだけのホントの感想文ですけど、もしお探しの大会などがあればお暇潰しにでもご覧下さい。
ちなみに、特定の選手などをお探しの場合は、ブログ内検索を利用されると見つけやすいかもです。


チャレンジャーシリーズ等

オータムクラシック(全7回)

usagipineapple.hatenablog.jp


ジュニアグランプリシリーズ

スロバキア大会(全7回)

※後日無料放送にて視聴した感想を追加しているため、第1回目とそれ以降の日付が離れております。よって、第1回目と第2回目にリンクを貼っています。
usagipineapple.hatenablog.jp

usagipineapple.hatenablog.jp


カナダ大会(全1回)

usagipineapple.hatenablog.jp


チェコ大会(全4回)

※後日無料放送にて視聴した感想を追加しているため、第1回目とそれ以降の日付が離れております。よって、第1回目と第2回目にリンクを貼っています。
usagipineapple.hatenablog.jp

usagipineapple.hatenablog.jp


ジュニアグランプリファイナル(全1回)

usagipineapple.hatenablog.jp



グランプリシリーズ

スケートアメリカ (全7回)

※全7回ですが、後日無料放送で一部の競技を見られたため、5回目までと6回目以降の2回に分かれて掲載しています。よって、6回目を追加でリンク貼ってあります。
usagipineapple.hatenablog.jp

usagipineapple.hatenablog.jp


NHK杯 (全22回)※大会2日目以外は現地観戦

usagipineapple.hatenablog.jp


ロステレコムカップ (全6回)

usagipineapple.hatenablog.jp


フランス杯(全5回)

usagipineapple.hatenablog.jp


グランプリファイナル (全5回)

usagipineapple.hatenablog.jp


国内大会

全日本ジュニアフィギュアスケート選手権 (全1回)

usagipineapple.hatenablog.jp


スケートヒロシマ (全6回)※現地観戦

usagipineapple.hatenablog.jp


チャンピオンシップ等

世界選手権 (全20回)

usagipineapple.hatenablog.jp


国別対抗戦 (全9回)

usagipineapple.hatenablog.jp




以上です。全部読むと相当ボリュームがあると思いますよ。愛を叫んでいるだけとは言え(汗)、よくこれだけ書いてきたなあ…。いつも読んでくださってる方には本当に感謝しても感謝しきれないです。

てな感じで、今回は単なる過去記事のリンク集で申し訳ありません。過去記事を読んでくださる方も多いので、検索しやすいように一度まとめてみようかな、と思ってはいたのですよ。もし需要があるならひとつ前のシーズンもまとめようと思うけど、必要かしら、どうかしら…。

ではでは、また次回の記事でお会いしましょう。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。原則火・木・土曜日(たまに日曜日)に更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu

THE ICE 2019 雑感

BS日テレで放送してくれたのでありがたく視聴しました。一時間番組でも嬉しいです。放送ありがとうございます。
放送されたのは名古屋公演の模様なのかな。解説も佳菜子ちゃんで、まさに名古屋一色って感じである。

オープニングなどは流れなかったので、放送された選手の個別の感想を早速。


本田望結
今シーズンのショートプログラムだったかな。時期的に新プログラムが早々と見られちゃうのが嬉しいですね。
あのちっちゃかった望結ちゃんがこんな洒落た曲で滑る年頃になったのねえ…。まだ手探りな感じもありましたが、ブラッシュアップしていくのが楽しみです。


本田真凜
同じ紫の衣装でも、望結ちゃんとは違う紫。真凜ちゃんの方が薄い紫ですね。真凜ちゃんがすみれの色で、望結ちゃんが蘭の色って感じ。
望結ちゃんは悩ましい表情もすごく上手いし似合うけど、真凜ちゃんは気まぐれな風みたいな明るさが魅力。同じ姉妹でも個性が全然違って、続けて見ると面白いなあ。ラ・ラ・ランド曲のイメージにもその個性がピッタリだし、今シーズンは調子が乗ってきていい演技できますように。


★樋渡知樹
ルパン三世。衣装もそのまんま。これは日本で披露すればめちゃくちゃ盛り上がりそうなエキシビションアメリカ代表だということを忘れちゃいますね(笑)。
個性的なスケーターなので何をしてくれるのかワクワクしちゃう。最後の方で見せたあの面白いジャンプ何て言うんだろ?
監獄ロックが途中で挟まれたってことは一回捕まって脱獄したのかな、ルパン(笑)


★ボーヤン・ジン
冒頭の表情がどこか切なくて、今シーズンはこんなボーヤンを見られちゃうのかとドキドキしてしまう…。パーフェクトに滑ったら客席が沸きそう、競技で見るのが楽しみ…!


★坂本花織
うおああああああかっこいいのきたあああああああああ!これ会場で見てええええええ!さかもとおおおおおお!って叫びてええええ!!!
『死の舞踏』で見せたツンとした美しさがとても印象的だったので、これもんのクールなプログラム、実はずっと待ってました!試合が楽しみ。さかもとおおおお←叫び声変えろ…


紀平梨花
おや、衣装変わりましたね。前のは腕が動かしにくそうだったもんなあ。ってこれショートプログラムなの?エキシビションって言ってたショーもあった気が。結局どっちなんだ。まあ試合始まればわかるか。
ジャンプは珍しくミスしてましたが、スピンが曲に合ったいいキレキレぶりでしたねえ。
最後にサプライズアンコールでコリヤダが登場。夢の共演。短時間だけどかっこえええええ!


★ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン
凄すぎる…。なんだあの空気のようなリフトは。「動きを合わせる」って集団で何か行うときは定番として言われるものだけど、これほど美しく完璧にピタリと合うとこれだけ心地よく圧倒されるのか。ため息しか出ない。演技が終わっちゃうのがもったいなくなってしまう…。パパダキスのドレスの色も美しい。


★ネイサン・チェン
人気ヤバい(笑)。本人も楽しそうだしジャンプも動きもキレッキレ。ネイサンはやっぱエキシビションがいちばん好き。すごく自由だからネイサンの能力が遺憾なく発揮されてるし。何より本人が嬉しそうなのがいいよねえ。


アリーナ・ザギトワ
おおお…。見入ってしまった…。あっという間に終わってしまってこれは競技での演技に期待。ってこれショートだよね?違ってたらすみません…。
すごくこの、ジプシーっていうか哀愁の雰囲気が似合う。年齢のわりに大人びた美しさがあるのでそういった彼女の魅力もよく拾いあげてる…。


宇野昌磨
昨シーズンのエキシビションですね。これショートにするかもしれんのか。絶対面白いと思うわそれ。昌磨君のいい意味で洗練され切ってない純粋な野性味が感じられる、とても不思議でパワーのあるプログラムだと思うので。羽生君の精霊っぽさとは正反対の方向の、土に根差した精霊みたいな。NHK杯エキシビションの際に会場で見たんだけど、生だと迫力あってすごく良かったので、試合でなくてもまた滑ってみて欲しい。


★フィナーレ
放送が一時間しかないからカットされてたスケーターもいたのね。ロマン・ポンサールや小松原美里&ティム・コレトとかマライア・ベルとか。でもフィナーレでたっぷり見せてくれて嬉しいぞ。
フィナーレがいろんなパートに分かれてるのも面白いな。女子4人のプログラム、何これめっちゃかわいいしー。
コリヤダとヴィンセントも含めた男子5人のフィナーレすげえ。実質羽生君以外の男子のトップ選手が全員揃ってることになるね。これだけの選手を競技以外で一気に見られるとかそりゃ贅沢じゃわ…。

てか現役選手しか出演してなかったってことですかねこのメンツ?シーズンオフとは言えなかなか思い切った切り口で面白い。やっぱり現役選手のキレって違いますからね。ショー行くとよくわかるし。もちろんショースケーターが悪いって意味ではまったくもってなくて、現役ならではの身体の作り方みたいなものが如実に差として分かる、ってそれだけの話なんですけど。一方で現役を退いたからこその深い味わいが出てきたり新たな魅力が解放されたりもするわけで、ホントどっちがいいって話ではないですよね。


今年は放送無いのかなと思ってたから、見られて嬉しかったです。コスプレの数々は会場で見た人だけのお楽しみですね(笑)。実は一度も行ったことがないショーなので、いつか見られたらいいなあ…。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。原則火・木・土曜日(たまに日曜日)に更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu

フィギュアスケートつらつら語り in 8月④

フィギュアスケートに関するコーナーがあったりスケーターが出演している番組の感想をつらつらと語るシリーズ。ではでは早速どうぞ。

テレビつらつら語り①

まずは8月9日放送、『中居正広のキンスマスペシャル』。TBS。

社交ダンスの企画に村主章枝が登場。
続きが気になってたんですよ、思ったより早く放送されたな。

社交ダンスを始めて4ヶ月で全日本選手権に挑む村主さん。社交ダンスのことはよく分からないが、かなり無謀なチャレンジらしい。いくら素人とは基礎が違うといっても、長年第一線で活躍しているような選手たちといきなり戦うのは確かに無謀だろう。
しかしそこはやはり一流のスポーツ選手。振付一週間で覚えたっていうのも凄いけど、確か振付師の仕事もしてるからもしかしたらそんなに難しいことではなかったのかもしれない。この時点で、踊るということのそもそもの基礎が、趣味で始めたレベルの人間にはとても追いつかない領域で蓄積していることが伺える。

そして始まる大会。最初の種目のサンバからどこが初心者?って感じですが(比較映像分かりやすかったです…)、村主さんのスケートを生でも映像でも何度も何度も見てきた我々スケートファンには、これが村主さんだよね、普通のことだよね、と思ってしまうから怖い…。

チャチャチャ、ルンバと続き、パソドブレがああもう、村主さん!って感じでしたね。激しい踊りの方がより持ち味が出せてて見ごたえがあるように感じました。
足の上がり方が素人にできる美しさじゃなくて、確かに社交ダンスは初心者かもしれないが、それ以外で鍛えてきた基礎がありありと見てとれる。素人ってもただの素人じゃないよこれ(汗)。

予選を突破して、次は準決勝だったかな。村主さんが初心者だからか抑えて踊っていたのだろうか、ロペスはそれを外してフルパワーで踊り始めたらしいのだけど、村主さん見てると最初からそういう振付だったように見えてしまう。
もちろん素人にはわからない判断のポイントがたくさんあるのでしょうけど、村主さんの踊りは堂々としてて見ごたえありました。
5種目連続で踊るのかな、確かに予選の方が最後のジャイブは村主さんの動きが良かった気がする。体力も必要なのね。

そして決勝戦進出。どうやら凄いことらしいぞ。

1日にひとつのプログラムを滑ればいいスケートと、1日に3回集中しないといけないという社交ダンスの違いを語る村主さんに、ああ、なるほどなあって思った。決勝戦まで進むと1日3回も踊るのか、そりゃ集中力も体力も要るわ…。美しく華麗に見えるけど、やはり競技。

決勝ではほかの選手たちの様子も結構映ったけど、やはり安定感というか慣れが感じられて安心して見られるから凄い。社交ダンスの型みたいなものにきちっとハマってる感じで。村主さんの踊りはバレエのそれっぽくて柔らかく美しかったから、ラテンのコクとキレみたいなものがそこに加わったらめちゃめちゃ凄いものが見られそうでワクワクしかないんですけど。
てか社交ダンスの衣装って独特ですよね。ラテンってこういうものなのだろうか。

結果は6位入賞。ジャイブは決勝戦ではキレがあったと思う。もっとキレキレな村主さんが見られそうで次回の放送がめっちゃ楽しみです。期間限定の企画なのかもしれないけど、もう少し時間をかけてでもホントに世界に送り出して欲しいかも…。スケオタも喜んで見るよ!

テレビつらつら語り②

続いて8月10日放送、『炎の体育会TV』。TBS。

前回の放送で「続きは次回」と引っ張ったのだが、なんか放送の最後の方でやっと流れ始めた?のか?頭痛がしてテレビからちょっと離れて音だけ聞いてたのでコーナーの開始に気付かず、ザギトワが『川の流れのように』を滑ってるあたりから見たんだけど。展開からしてまだ前回の振り返りやってるタイミングかなと思ったけど、色々見逃してたらすみません。

前回の放送で体育会TVチームに勝ったんだっけ、ザギトワチーム。もはやうろ覚え…。
今回はご褒美をかけてのチャレンジらしい。4人で200mのテープをスピンしながら100秒以内に身体に巻き付けていくというもの。フィギュアスケートならではのチャレンジではある。
意外と自由な巻き方のコストルナヤ、綺麗に巻き付けていこうとするトゥルソワ、明らかに速かったシェルバコワ、結局10秒くらい余らせて終了させた貫禄のザギトワ。結構それぞれの個性が出てて面白かったわ…。

チャレンジ成功のご褒美は回転寿司。回ってるやつでいいの?と思ったが、外国の人には面白いかもしれないね。普通にこの四人が店に現れたら騒ぎになりそうだし、撮影という形で入店できて実は良かったのかも。

行き先はかっぱ寿司。新幹線に乗ってくるのね、相変わらず。むかーし一度だけ行ったことがあるのよ。
四人とも浴衣姿でかわいかった…。かっぱ寿司に花が咲いたようだよ…。ザギトワが色々手慣れててちょっと面白かったです(笑)。

四人の様子を見ていると「炙りサーモン食いたい病」が再発してしまった。今年の2月か3月頃炙りサーモンが食べたくてしょうがなかったんですよ。生魚がわりと苦手なので、回転寿司に行くと炙りサーモンと玉子とプリンばっか食ってるんですけど(子供か…)、もう炙りサーモンしか流れてこなくていいと思うくらい炙りサーモンが食べたかった。結局食べてないんですけどね。とほほほ…。うう、炙りサーモン食わせろ…。

引っ張ったわりには10分か15分くらいしか無かったような。スケオタは視聴率に貢献しているのでしょう、やはり…。まんまと見ちゃった人間がここにいるからのう…。でもいい、かわいかったからいい…。


ちなみに金スマ炎の体育会TVともに前回の放送についてはこちらで感想を綴っております。一応貼っておきますね。↓
usagipineapple.hatenablog.jp


ではでは、また次回のつらつら語りでお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。原則火・木・土曜日(たまに日曜日)に更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu

手に入らなかった幸せは切なく糸を引く

今週のお題「人生最大の危機」


ピンチ…。毎日ピンチですよ。生まれてこのかた人生ずっとピンチですよ。生きてること自体が罰ゲームですけど何か…?

そういう話じゃない?それで終わらすな?そうですね、もっともですね。ではひとつ語ってみようか。


あれは小学生の時だった。たぶんクリスマスあたりに、私は祖母からチョコレートをもらったのです。両手で持つような大きな板のチョコレートで、たぶんサンタとかトナカイの絵があしらわれてたと思います。

私はそのチョコレートが嬉しくて、チョコレートの入ってた箱ごと大事に保管して、時々取り出しては眺めてました。確か元々お菓子の詰まってた、バッグになってるペコちゃんの赤い缶に大事に大事にしまってたと思う。

大事に大事に、本当に大事にしまってたんですよ。
たぶん一年くらい。

我慢して我慢して、やっと食べようと決めた、大きな板チョコ。どんなにこの瞬間を楽しみにしていたか。
大きなチョコにがぶりと歯を立てた私ですが、何か野性の勘でも働いたんじゃないでしょうかね。違和感を感じて、食べるのをやめてチョコレートを見つめた。

チョコレートを割ると、ねばねばしたものがチョコと割ったチョコの欠片との間に、のびのび伸びるではないか。うろ覚えだけどそんな感じだったよ確か。
これは普通のチョコレートではない、おかしい、とさすがの私も気が付いた。気が付かずにあのまま食べちゃってたら、それはもう酷い目にあってたでしょうね…。

さすがにそのチョコは捨てたと思います(泣)。たぶん悔しさに涙しながら捨てました…。親もそんなに長期間大事に取ってるなんて思わなかったんじゃなかろうか…。

それがきっかけになったのかどうかはわかりませんが、楽しみをいつまでも取っておこうとするのはやめるようになってった気がします。食べ物はいつまでももたないんだということも学んだ気がします。子供だったからね、よくわかってなかったんですね…。そうだ、食べられるお菓子はさっさと食べてしまおう。傷んだり誰かに食べられたりする前に(泣)!


あとはねえ、給食食べてるときにくしゃみするか笑うかしたら鼻からソーセージが出てきて私の学校での地位が瀕死になりかねなかったあの時とかですかねえ。ホントにピンチだったエピソードって笑えなくて書けないものばっかだからねえ、そんなもんですかね…。

思い出せば色々あったような気がするんですけど、暑くて頭が働かないや。皆様も食べ物の保存にはお気をつけて。ああ、もらってすぐ食べれば良かったなあ…。今でも時々思い出して切なくなります…。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。原則火・木・土曜日(たまに日曜日)に更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu

フィギュアスケートつらつら語り in 8月③

フィギュアスケートに関する番組の感想をはじめ、フィギュアスケートにまつわる様々な話題を雑多に語るシリーズ。本日は二部構成で。

テレビつらつら語り

まずはテレビ番組の感想から。8月2日にBSフジで放送された『フィギュアスケートTV!』について。すっかりお馴染みの番組ですね。毎月楽しみにしております。

体調不良過ぎて見られるかどうか心配でしたが根性を出した、出したよ…。テレビ見るのもしんどい体調だったという…。しかも記事にするために集中して見ながらメモを取るのは根性出さないと無理なわけでして…。とほほ。
そんなわけで、ちょっと朦朧としていたので、内容が色々間違ってたら申し訳ありません。

合宿や振付の様子が中心で、こういう絶対地上波でじっくりやらない内容が見たくなっていけばいくほどファンとして深みにはまっていってるってことなんだろうな、としみじみ思いました(笑)。


★野辺山合宿
「全国有望新人発掘合宿」というのが正しいのかな。スケートファンなら知らない者はいない夏の恒例行事かもしれません。

まずはノービスA。やっぱりほとんど女の子なんですねえ。
今年もステファン・ランビエールが講師。完全に定着…。あれ、ステファンのブレードの色が左右で違うな。片方壊れたとか?
スピンのお手本をじっくり流してくれたが、素人が見ても惚れ惚れする。あれを間近で見られたら勉強になるだろうなあ。ステファンのスピンは感情まで表現できる本当に素晴らしいスピンですからのう。

一方のノービスBは男の子が多い!すごい…。八木沼さんもこんなに多いの見たことないそうで。近年の日本男子の活躍で憧れる子が増えたかな。私も今5歳くらいの少年だったら絶対やりたいもん(笑)。
こちらはカロリーナ・コストナーが講師。まだ引退してなかったと思うけど、講師を受けるということは現役続行はどうするんだろうな…。
紹介されてた子達やっぱり上手。ポジションも綺麗だしパッと目を惹くなあ。今後がみんな楽しみ。


★全日本ジュニア合宿
こちらも講師はコストナー。ステファンは氷艶の時期かな。
4回転バンバン決まっててポカーン…。ジュニア…?
岩野さんはリショーに気に入られたのか。どんなプログラムになってるか楽しみ。
さすがに名前の知られた選手が増えてきますね。と言うかジュニア選手についても丁寧に報道されるようになって我々の知識が増えたってことかな。


★シニア合宿
講師はステファン。女子のトリプルアクセルへの挑戦の模様が次々と流される。競技のステージがひとつ上がっていくその過程を目の前で見ているようだ…。
色々な選手の新プログラムもちらりと見られてワクワク。
昌磨君はコーチ不在で今シーズン挑むってことで決定なのかな。シーズン始まってみるまではわかんないかな、と一応静観しているのですけども。


樋口新葉選手振付
昨シーズンは怪我の影響であまり活躍が見られず残念だった。ショートがすごく面白いプログラムで好きだったし、もっと見たかったです。
やはり本人も落ち込んだのか…。でも元気になったそうで良かった…。
今シーズンの振付はマッシモ・スカリ。フリーはポエタかあ、これは似合いそう。オフアイスの様子も少し流れたけど、スカリさんお箸の使い方上手いな(笑)

木原・三浦ペア結成

いつもはテレビ番組の感想だけで記事をまとめちゃうのですが、この話題は書いてしまいたいので今回は一緒に。そもそもこんな感じでフィギュアスケートに関する話題をとりとめもなく綴りたくて始めたシリーズですし。

突然発表された木原龍一と三浦璃来のペア結成。木原君は随分前に須崎さんとペアを解消して、怪我が良くないのかなと思っていましたが、こういう結末になるとは…。三浦さんが市橋君とペア解消してから木原君と再結成するまでは早かった気がするので、三浦さんは木原君と組むための解散でもあったのだろうか…。

もちろん詳細はわかりませんけど、ペアの男子としてはいちばん経験があるだろう木原君と、華があって身体能力も高そうな三浦さんで組んでみて、勝てるペアを作っていくってことなのかなあ、と何となく感じました。二人ともそれぞれのパートナーと上手くいってたように見えたのですけど、世界と渡り合っていくには厳しい壁があったのかもしれない…。それぞれ穏やかでいいペアに思えたのですけどね、私の目には。

それぞれのペア解散は残念でしたけど、この新しいペアの可能性にまずは期待ですね。そして須崎さんと市橋君にもいい相手が見つかることを願わずにいられないです。
ノービスBの合宿にたくさん参加した男の子たちの中から、ペアをやりたいって選手が現れたらいいなあ。きっとそんな未来が来るんじゃないかなあ…。


ではでは、次回のつらつら語りでまたお会いしましょう。お盆休みだというのにわざわざ読んでくださってるそこのあなた、いつもありがとうございます。大好きです(笑)←突然の告白←謎



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。原則火・木・土曜日(たまに日曜日)に更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu

記憶で辿る三銃士 ─映像、文字、そして氷上─

フィリップ・キャンデロロの代表的なプログラムと言えば、なんと言っても『三銃士』でしょう。私は2017年までファンタジー・オン・アイスに毎年行っていた人間なので(この2年行ってないのは単純に金がなかったからです…。それさえあれば絶対に行ってます…)、このプログラムは何度も見ました。しかし、不思議と何度見ても飽きなかった。正真正銘のエンターテイナーなのだなあ、と唸ってしまいます。

キャンデロロの名前を覚えたのは長野オリンピックでしたが、その時に滑っていたのも『三銃士』だったかと思います。それともダルタニヤンと言った方がいいのか。とにかく、三銃士と言えばキャンデロロ、と完全に結び付いてしまうくらいに有名なプログラムですね。


しかし、私は長野のキャンデロロを見るまで、三銃士のイメージがとある作品にほぼ固定されていたのです。そのイメージが強かったので、たぶんキャンデロロらしくかなりコミカルになってるけど、本来の三銃士はこっちなんだろうな、と慣れるまで実はちょっと時間がかかりました。

その作品とは『アニメ三銃士』。30年ほど前にNHKで放送されていたアニメーション作品です。歳がバレそうですが(笑)。
これがたいへん面白い作品で、毎週のように楽しく見ておりました。だいたい全話ちゃんと見たのはたぶん再放送時ですけど。


現在の日本のテレビアニメーションがどのような傾向なのか私にはよくわかりませんが、一昔前は、世界の名作をアニメ化する際には、日本のお茶の間に合わせたアレンジが施されることが多かったように思います。
この『アニメ三銃士』ももれなくそのパターンで、しかもかなり大胆な変更が加えられておりました。

まず、主人公のダルタニヤンは15歳くらいの少年です。それでも子供向けアニメ作品の主人公としては年齢が上のせいか、「はだしのジャン」という子供キャラが登場します。
コンスタンスをはじめとして多くの登場人物の設定が変更される中、最も大胆な変更が行われたのがアラミスです。作品をご存じの方には頷いていただけるかと思いますが、このアニメーションを非常に魅力的な作品にした大きな要因が、アラミスのキャラクターにあったと言えるのではないでしょうか。美しくミステリアスなキャラクターは、たいへん人気もあったと聞き及んでおります。アラミスが主人公の映画があったくらいですもんね。

この様々な変更によって、全年齢層に楽しめる、少年ジャンプ的な熱い作品になっていたのではないかと思います。ただ熱いだけでなく、フランスという異国の文化がアニメ作品と言えど優雅な雰囲気を醸し出し、憧れとワクワクの両方の気持ちで見ていたような気がします。
「ダルタニヤン」とか「コンスタンス」とか、舌を噛みそうな名前で当時はなかなか覚えられませんでしたね(笑)。


しかし、私にとって人生で最初に触れた三銃士がこの『アニメ三銃士』だったわけです(たぶんね)。当然原作の内容など知らず、アニメの内容がそもそもの三銃士の内容だと素直に思っておりました。
なので、子供向けに書かれた『三銃士』の本を読んで、それはそれは驚いたのです。えっ、アラミスはそうだったの?!コンスタンスマジですか??!!
そうか、アニメはテレビ用に色々変更されてるんだな、と小学生でもちゃんと理解しましたさ…。

その後、大人になったかならないかくらいのタイミングで一般向けの小説を読み、子供向けの本では書けなかったであろう様々を含んだ全容を知る。アニメではあんなに大活躍していた、ダルタニヤンより主役らしいんじゃないかと思っていた(笑)、ロシナンテの扱いに息ができなくなるくらい笑ってしまったことは今もよく覚えてます…。アラミスより衝撃的だったかもしれない…←マジかお前…

たぶん最初の方(第1部?)しか読んでないので、続きを含めまた読んでみたい気持ちです。ほとんど内容忘れちゃったし。大人になってから見たり読んだりしたものの大半が記憶に残ってない気がするけど、子供の頃もよく覚えてること以外は忘れちゃってるだけで一緒なのかな。


ストーリーやキャラクター以外で印象に残っているのは音楽です。アクションシーンで流れる軽快な曲、重要なシーンで流れていた気がするヨーロッパの薫りが漂う壮大なイメージの曲。耳に残る音楽ばかりでした。確か大人になってから、たまたま見つけたCDを懐かしくて買ってしまったのですが、そこで初めて作曲が田中公平さんだったことを知る。
機動武闘伝Gガンダム』というアニメのBGMが大好きで、田中公平さんの名前はその作品で覚えました。熱い音楽で知られる方なのかなと思いますが、三銃士やGガンダムを思い出すと、ヨーロッパのクラシック音楽が基礎にある方なのかなあ、なんて勝手に想像してたりします。Gガンダムの、ドモンのテーマっぽいメロディのクラシックな感じのアレンジがものすごい好きなんですよね。私が男子スケーターだったらあの曲でスピンしまくりたい(笑)←誰にも通じないネタ

私は昔から貧民のオタクだったため、本当に好きな作品のCDを厳選して買っていました。なので当時のCDはどれもこれももはや簡単に手に入りそうにもないものばかりで宝物です。もちろん『アニメ三銃士』のCDも宝物。


キャンデロロ以外で三銃士を滑っていたスケーターの印象がほとんど無くて、どれだけキャンデロロのインパクトがあったんだ、と改めてびっくりしてます。アニメで知り、本にも目を通し、そしてフィギュアスケートに出会ってキャンデロロの三銃士を知る。どれもこれも特徴的で、三銃士という作品のベースが魅力的だからこそこれだけ様々な『三銃士』に出会えたんだろうな、という気分。
次はどんな『三銃士』と出会えるのでしょうね。個人的には、もう一度キャンデロロの三銃士は見ておきたい気持ちでいます。トホホ、次にアイスショーに行けるのはいつだろう…。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。原則火・木・土曜日(たまに日曜日)に更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu

フィギュアスケートつらつら語り in 8月②

ショーや試合の放送以外のフィギュアスケート関連の番組の感想をつらつらと語るシリーズ。スポーツニュースは数が多過ぎてこういった形ではあまり記事にしないので、主にバラエティ番組とかドキュメンタリーですね。クイズ番組とかもスケーターが主体じゃないことが大半なので基本的に取り上げてないです。
ではでは、早速つらつらと。ちょっと前の番組の感想ですが、このブログはのんびりペースでのんびり掲載してますので、のんびり読んでいただければ…。

テレビつらつら語り①

まずは7月24日放送、『今夜くらべてみました』。日テレ。

緊急生放送スペシャルらしい。予告を見た時は何故ザギトワ?と思ったが、ああそうか、ザ・アイスに出演するんだな。この日のニュースで総理大臣と会談するザギトワの様子が流れてたし、ザギトワ忙しいなあ。

てなわけで、アリーナ・ザギトワ選手が出演。ふなっしーが呼んだからじゃないでしょうが、色々ついででしょうが(笑)。

りんごちゃんって方、実はこの番組の2日前に放送された『深イイ話』を見るまで全然知らなかったのですけど、なかなか強烈なキャラですな。空港で不審がってたザギトワの気持ちはわかる(笑)。でも歌と喋る声のギャップに相当ウケてたみたいで、本気で笑っててかわいかった。ウケてもらえて良かったね(笑)。

ザギトワに千葉を教えるという名目で『今日から俺は!!』を見せるという企画には「何じゃそりゃ」だったが、何気にロシア語のテロップ付けてあって芸が細かい…。しかもわりとウケてる(笑)。メンチ切りはさすがフィギュアスケーターでしたね、そのメンチ切り写真欲しい、かっけえ…。
てか、『今日から俺は!!』って千葉だったんだ。知らんかったわ。個人的に千葉の漫画というと『幕張』ですかね←懐かしい…パロディを豊富に盛り込む系のギャグ大好きなので自分も記事とかでやりたいんだけど、どこまでOKかわからんので控えてしまうのだった…

千葉で羽生君と撮った写真が!ってそれファンタジー・オン・アイス幕張公演のでしょ、確かに千葉だけど。ちなみに私が行ったことのある千葉県は幕張だけです(笑)。て言うか幕張メッセ周辺だけ(笑)。
羽生君のことも話してくれるザギトワ。指で「あとちょっと」ってジェスチャーしながら話すってことなんだろうな、羽生君。

藤崎奈々子とか間違いなくザギトワ知らんやろ…と思ってるうちに番組終了。生放送らしくグダグダ感たっぷりでしたな(汗)。
ザ・アイスの宣伝も兼ねていたのでしょうが、ホント気さくに日本のバラエティにも出てくれますよね彼女。日本でしっかりリフレッシュして、今シーズンも素晴らしい演技を見せて欲しいです。

テレビつらつら語り②

続いて7月30日放送、『真央が行く!』。NHKBS。

浅田真央がパラアスリートを訪ねる番組。今回は岐阜編。気が付けば東京オリンピックパラリンピックまであと1年なんですねえ。この番組もあと何回放送されるかな。

やっぱり軽く観光案内も兼ねているのか、風情ある通りで取材する選手と待ち合わせる真央ちゃん。紹介されてたうちわすごい素敵、ちょっと欲しい…。
鵜飼の様子も流れたが、何故か真央ちゃんがいることがほかの船のお客さんにもバレてて大にぎわいになってるっぽかったですな(笑)。

最初は水泳。足が動かなくても腕の力で見事な泳ぎ。何より本人が楽しそうだなと思ったんですが、ご家族の深い愛情を感じられる場面がいくつもあり、ああ、そこが要因なんだろうなと。真っ直ぐな愛情をかけてもらうことが生育過程ではいちばん大事じゃないのかな。

真央ちゃんの水着初公開!とのことだが、こうして考えると普段の衣装の方がよっぽど水着っぽい気がする(笑)。本格的に選手っぽいカッコいい系の水着、つーかスイムウェアって感じだった。
クロールで泳ぐ真央ちゃんという非常に珍しいものも見られたが、腕のフォームが綺麗なところと足の筋肉がさすがだなと思った…。

真央ちゃんの突然教室訪問(笑)。でも前に訪ねた学校より随分大人しいような…。もう何度か放送されてるしバレてたのかな(笑)。最後にすんごい人数が見送りに来てたからやはり興奮状態だったのでしょうが(笑)。そりゃそうだよね、真央ちゃんが来るなんて普通は動揺するよね。

続いてゴールボール。この競技はまったく知らなかった。まったく見えない状態でプレイするって、ボールの音とか感覚とかが頼りなんだろうけど、きっと実際にやってみたら自分の球技の常識が変わってしまうんじゃないかという印象だった。いろんな競技があるものだなあ。

今まで問題なかった視力がそれなりの年齢になってから酷く下がってしまうって、大変なんてもんじゃないだろうな…。私も実は片目の視力は文字も読めない状態で(※原因不明)、もう片方が無事であることを祈り続けて生きていかねばならないのです。だから他人事じゃないな、と思いながら見ました。でも、たとえ状況が変わったって打ち込めるものも道も見つからないわけじゃない、そんな熱さや希望みたいなものも感じましたね。


以上。いつも記事が長いので(汗)、本日はあっさりめで。暑いですしね…。暑すぎて頭が働かねえ。貧血が酷くなって以来、あからさまに暑さに耐えられなくなってきてトホホ。前から苦手ではあったけど(泣)。

ではでは、次回のつらつら語りでまたお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。原則火・木・土曜日(たまに日曜日)に更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu