うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(タロット鑑定してます2020・物書き(ライター)始めました2018)

「うさぎパイナップル」へようこそ・2020年版

本日は「うさぎパイナップル」にご来訪いただきありがとうございます。世界の端にこっそり佇むこの場所をよく見つけてくださいましたね。

当ブログは2016年9月23日に開始しました。1000日間は毎日更新しておりましたが、現在はこのはてなブログのほかにもうひとつ更新している「note」とあわせての毎日更新です。更新日や頻度は特に決まっておりませんが、noteよりこちらのブログの方が更新頻度は高めです。

タイトル「うさぎパイナップル」は、とりあえず何でも書けるようにと考えてつけました。何故こんなカオスなタイトルになったのかは、これまでに説明した相手が皆「意味がわからなさすぎてもはや聞いてない」モードに入っていたため省きます(笑)。
うさぎは好きですが、パイナップルはそんなでもないです(笑)。

こんなブログです ―メイン―

ブログのメインはフィギュアスケートです。ソルトレイクシティーオリンピックヤグディンの「Winter」がスケートファンになったきっかけです。

2010年から出向いているアイスショーの現地鑑賞記や、試合をテレビ観戦しての感想が主です。長年ただ楽しく見ているだけの素人ファンなので、素敵とか可愛いとか言ってるだけのふわふわした内容ですが、おかげさまで楽しく続けてそろそろ丸4年です。
ここしばらくは諸事情で私が凄まじく貧乏なため(泣)、現地鑑賞記がほとんど書けておらず申し訳ないです…。

好きなスケーターに関しては、こちらの記事もご参照ください。ただし、どのスケーターもかわいい、もはや孫、みたいな境地でここ数年は見てます(笑)。

usagipineapple.hatenablog.jp


usagipineapple.hatenablog.jp



シーズンごとの競技の感想については、リンク集を作ってありますのでこちらもご参照いただければ幸いです。
記事はすべてカテゴリー別に分類しておりますので、お探しの記事がある場合は、カテゴリーも参考にしていただけたらと思います。また、ブログ内検索もご利用ください。

usagipineapple.hatenablog.jp


usagipineapple.hatenablog.jp


usagipineapple.hatenablog.jp


usagipineapple.hatenablog.jp


usagipineapple.hatenablog.jp


こんなブログです ―サブ―

フィギュアスケート以外では、はてな公式が出すお題に答える記事や、高知県に旅行した時の記事(※土佐おもてなし海援隊のファンでした…)、占いの体験記なども掲載しています。
以前は日記的な記事も含め何でもこちらに書いていたのですが、できるだけフィギュアスケートに特化しようと考え、現在はエッセイ的な内容は前述のnoteをメインに掲載しています。

単なる日記、エッセイ、小説や詩などのほか、たまにフィギュアスケートの記事も書いておりますので、時々noteも覗いていただけたら嬉しいです。

note.com


筆者について

いつまでもペンネームが決まらない物書き。「うさぎ」とか「うさパイ」とか呼んでくださる方が多いです。うさパイかわいいですね(笑)。

「エモい」「エッセイが好き」「体験記が得意」「文章にパワーがある」「ポエム化してる時は別の人が書いてるんじゃないかと思う(※とある選手の演技の感想を書くとだいたいポエムに…)」などなどご感想いただいております。ありがとうございます。
めちゃくちゃポエムってることもあれば笑いに走り続けていることもあり、人生を振り返ってる時はだいたい暗黒で、自分でも自分がよくわかりません(笑)。

物書きとして色々方向性を探っておりましたが、その方向性が見えなくなって少々迷走しております。何処かに私を必要としてくださる方はいらっしゃるでしょうかね…。

記事のご感想はコメント(※承認制です)でどうぞ。個別にご連絡されたい方は、お問い合わせフォーム、TwitterのDM、noteの「クリエイターへのお問い合わせ」のいずれかをご利用ください。
タロット占い師としても活動していますので、占いをご希望の方、とりあえず詳細を聞いてみたい方もこちらまでどうぞ。占いは「ココナラ」を通して依頼をお受けしています。

・お問い合わせフォーム
usagipineapple.hatenablog.jp


ツイッター
twitter.com


・noteの仕事依頼ページ
note.com



以前のブログのトップ用記事のリンクも置いておきますね(プロフィールなども載せていますのでもしご興味がございましたら…)
usagipineapple.hatenablog.jp


筆者をさらに深く知りたい方(いるのか?笑)はこちらの記事もどうぞ。占い体験記、それぞれ全3回です。
usagipineapple.hatenablog.jp


usagipineapple.hatenablog.jp




ここまで目を通してくださったあなた、さては素晴らしくいい方ですね?ありがとうございました。ここにあるのは「大好き」な気持ちだけですが、あなたが少しでも楽しんでいただけたら、私はそれだけで満足です。また気が向いたら遊びにいらしてくださいね。お待ちしております。

冷たい君に焦がれてる2021

今週のお題「好きなアイス」


毎年このお題に答えておりますが(笑)、大好物なので今年も書きます(笑)。

と言っても、毎年同じことを書いても仕方ないので、今年あったことでも書こう。

ある日私は、コンビニでアイスを買いました。何故生きているのかわからない程の貧乏なので、そのコンビニでいちばん安かった、70円くらいのアイスを1本だけです。それでも清水の舞台から飛び降りるような贅沢でございました←大袈裟

帰宅して、久々のアイスを堪能し感動の涙にくれていましたら、私はあることに気付きました。
そのアイスはいわゆる棒付きアイスだったのですが、その棒に!なんと!


「当たり」って書いてある!!!


アイスが大好きなわりには、当たり棒引いたのってもしかしたら初めてかもしれない。金のエンゼル並のラッキーなのでは?金のエンゼルも見たことないけど。銀のエンゼルは集めておもちゃ貰ったことがあった気がする(笑)。

そうだ、大昔に学校の帰りにアイスの自販機でひとつだけアイス買って友達とはんぶんこしようとしたら、なんと当たりが出て、世界が魔王の脅威から救われたときの村人かなお前らは?ってくらいの勢いで友達と喜んだことならあります(笑)。格別に美味しく感じるんですよ、そういうアイスって(笑)。

懸賞でアイスが2ダースくらい当たったときも嬉しかったなあ。1日3個食べても1週間あるんですよ!冷蔵庫がアイスだらけなんですよ!!!夢じゃないかと思いました(笑)。

もちろんアイスは引き換えてきました!帰宅に時間がかかったので、家帰ったらドロドロになってましたが(笑)。もう一回凍らせて食べましたよ(笑)。


私のことが大好きな石油王が地球のどこかにいるはずなのですが、早く毎日アイスを食べさせてください。もういっそのこと宇宙人でもいいです。何もできないですがたまには面白いと思います。1人くらいキワモノの夫人がいても良くないですか?←そんな女いらねえええええ



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。タロット鑑定についてもこちらに書いております。週2、3回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com

フィギュアスケートほろほろ語り in 8月①

フィギュアスケートに関する番組の感想をほろほろと語るシリーズ。本日は毎月感想を書いている『フィギュアスケートTV!』について。
今回は8月1日放送分の感想です。放送はBSフジですね。

ではでは、早速どうぞ!


村元哉中&髙橋大輔インタビュー

今シーズンのリズムダンスはソーラン節というニュースだけは見てましたが、その詳しい話。村元さんが氷艶から着想を得たみたいな話してる?
演技の全容はまだ不明なものの、曲が流れてるのを聞く限りはなんかすごいお洒落な何かに聞こえる。ソーラン節がブルースで、琴がヒップホップとは。どんなプログラムか楽しみだなあ。フリーは継続なんですね。


樋口新葉インタビュー

目標は全日本と言い切る彼女。そうだよね、ここで勝たないとオリンピック行けないもんな。グランプリシリーズはやるだろうけど、直前でひっくり返されてもおかしくないしね。

ショーで見せていたフリーの演技がもう完成度が高いなあと思ってたんですけど、2月には新プログラムの作成に取り掛かっていたんですね、なるほど。
確かに、ライオンキングと言えばジャングル!野生!みたいな印象ですよね。でも演技見た感じではお洒落ながらプリミティブな、パワフルかつ品のいいプログラムになってた気がする。さすがのシェイリーン・ボーン振付ですよ。

トリプルアクセルがどれだけ安定するかも楽しみですね。あのライオンキングにトリプルアクセルが入ったら超カッコ良さそう。


★京都拠点の選手のインタビュー

毎月取材行ってない?木下アカデミー(笑)。

まずは島田真央選手。4回転トゥループは日本の女子では彼女が初だそう。喋り方も顔立ちもまだまだ子供らしいのに、4回転跳べちゃうのか…。
年齢的にも北京は無理だから目指すのはミラノか、そうか。ミラノまでの目標がすごい。4回転ルッツが入ってる…!

柴山歩選手など、ジュニアに上がったばかりくらいの選手たちやノービスの選手も。こんな年齢から撮影されて注目されてこうやってテレビに出る時代になったのね、フィギュアスケートが。

木下アカデミーで学んでいる有力選手には皆インタビューして回るのか(笑)。オリンピックを目指すという河辺愛菜選手。今シーズンだけ頑張れって言ってるコーチ誰、めっちゃ笑い声入ってたけど(笑)。


★名古屋拠点の選手インタビュー

今度は中京大学のリンクに。国内の取材先は関西大学中京大学がメッカだった気がするけど、アカデミーがふたつできたせいか、久々に中京大学のリンク見た気がするぞ。

まずは山下真瑚選手。中京大学の大先輩・村上佳菜子SAYURIを見てずっと滑ってみたかったという彼女。どんなプログラムかな。

続いて新田谷凜選手。今シーズンも現役続行なんですね。在籍期間はかぶってないけど山下さんとも仲良しなんだ、へえ。大学卒業とともに引退する選手が多いので、こうやって続けようとする選手には頑張って欲しいです。

そして松生理乃選手。昨シーズンの活躍は目覚ましかったですよね。絵画を見ているかのような演技が美しかった。今シーズンからシニアなのか。
トリプルアクセルも練習中。これが入れば彼女は上位に食い込んでくること間違いなしですね。今シーズンのフリーは月光なんですね、楽しみ。

それにしても、もう9月からブロック大会が始まるのか。国別が終わったのが遠い昔のような気がしてたけど、もう来月9月だよ…。あっという間に北京か。
今年の全日本はさいたまスーパーアリーナですか。オリンピックシーズンって感じですな。あそこなら客席に間隔開けられても結構人入りそう。でも会場でかすぎて見えないことには変わりないか(笑)。
オリンピックシーズンの全日本、行ってみたいいいい。


名古屋市スケート競技会 みなとアクルス

もういくつか試合が行われてるんですね。逃さずに取材に行くフジテレビ。

木下アカデミーからも出場してたのか。うおおお、吉田陽菜選手のトリプルアクセル素晴らしい…!気持ちのいいジャンプ。
横井ゆは菜選手のクイーン。衣装はまだできてないのかな?背中から転んじゃった、痛そう。まだシーズン序盤ですからね。

松田悠良選手、引退しないことにしたのね。どうするのか気になってたよ。
女子の優勝は松生理乃。トリプルアクセル転倒でも大差で完勝だったのか。トリプルアクセルが入ってきた時が得点的にも楽しみ過ぎる!

男子も。壷井達也選手の4回転…!神戸大学に進学して今は関西拠点だとか。全然知らなかった。


最後に浅田真央サンクスツアーのプレゼントのお知らせ。欲しい(笑)。
スケーティングアワードの話題も入れてきた。トービル&ディーンのボレロを熱く語る八木沼さん。ジャッジ全員芸術点で満点をつけたという伝説の演技ですね。どこかで映像見た記憶はあるけど、ダイジェストかもしれない。

以上です。ではでは、また次回のほろほろ語りでお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。タロット鑑定についてもこちらに書いております。週2、3回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com

羽生結弦ドキュメント “素顔と本音” ドリーム・オン・アイス2021雑感②

配信を再度見つつ感想を書いていたのですが、タイムアップで途中までしか書けなかったので、本日も羽生結弦ドキュメントの感想でございます、前回書きそびれたことをさらっと書く感じでいきますね。


鍵山君の演技の感想書いてなかった。曲のタイトルだけだとどんな曲かわかんなかったけど、へー、これかあ。スケーティングがスルスルで気持ちいいですねえ。
決め顔したのに「まだ可愛さがある」って坂本さんにツッコまれてたのすごい面白かった(笑)。そこだけ延々リピートできる(笑)

それからキッズからの質問コーナーの書きそびれ。スケートやってなかったら何の仕事してたかっていうなかなか切り口が面白い質問。羽生君も一瞬怯んでる。
何故か『殿、利息でござる』の話題など出てきましたが、今更俳優になる気もなければ別の人生でなる気もないらしい。スケートをやるために生まれてきた人なんでしょうね。
英語堪能なのに洋楽聞かないのも意外ですよね。前からそういう話してますよね。


羽生君の過去のドリーム・オン・アイスでの演技の本人解説ももそっと。
そうか、各プログラムの初披露がだいたいこのショーなのね。衣装や振付がこの時だけのものも多いようで、本当に作りたての、プロトタイプみたいなプログラムを見られる機会なんだろうなあ。

ということは、私はホワイトレジェンドの初披露を見たってことになるのね。その年の初回の公演に行ったので。
バラードは「バライチ」なのか。流れたステップはDOIでしかやってないそうで、貴重映像。パリの散歩道は「パリ散」なんですね。お前絶対ツイッター見てるだろ、って今更か(笑)。

正面がわからなくなってるっていう13歳当時の演技への本人解説も面白かったなあ。ロミジュリはダイジェストで見てもアツイねえ…。
SEIMEIはまさに2015年のファンタジー・オン・アイスでショーバージョン見たけど(しかも超神席で)、この初披露のSEIMEI見られた人は一生の思い出になったんじゃないかな。


そして最後は羽生結弦の演技、マスカレイド。演技前の、本人の声でのナレーションも流してくれる。

DOIのために身体を作ってきて3kg痩せたって言ってたけど、頬がこけてる。けどその作ってきた身体は、まさにこのリンクのための情熱を迸らせるためのものだったのだとよくわかる。

ときに咆哮するように、リンクに声を伴わない魂の絶叫が響く。その表情は苦悶なのか、そうでないのか。
理性に閉じ込められた本性を解き放たんともがくファントムは、優等生と常識の扉を破れずに煩悶する。すべてを壊さんとする衝動と素顔で生きられず仮面を着けるしかない現実。彼がその脱ぎ捨てられない仮面を捨てられるのは、この白い氷の世界だけ。

あの上海のリンクに現れた「本当の羽生結弦」を思い出した。リンクを染める鮮血の中に立つ、純粋な狂気そのものだったあのファントム。人がまず出られないはずの常識の枠から出てきて見せた、数多の創作者が辿り着けなかったひとつの頂点。おそらくはもう二度と現れないはずだった、あのファントムを。

ラストの手袋は、叩きつけるのではなく高く投げ捨てた。今回は、彼のエネルギーの出口を天に求めたのかもしれない。

久しぶりにちょっとポエムってしまいました。生で見たかったなあ。クリスティーヌは最初からいないか、殺されてそうですが(笑)。

ToshIの歌唱によるマスカレイドでしたが、彼は羽生君との共演で羽生君に完落ちしてしまったようだというのは散々見ました(笑)。今回もさぞお喜びになったのでは…。
よく考えなくても、あのX JAPANのボーカルですよ。あのX JAPAN。ファンタジー・オン・アイスの歌のゲストいろんな人いたけど、いちばん生歌聞きたかったの彼だよ、行けなかったけど。X JAPANですよ?
その人があれだけ乙女のように心を奪われるなんてねえ。いつかX JAPANと夢の共演なショーとか開催されたりして。絶対チケット取れんわ(笑)。


ラストはフィナーレの映像。あーーー、久しぶりのDOIのテーマ曲ー。耳に残るんですよねこれ。この曲売って欲しいけど、ショーで聞くからいいような気もしちゃう。

さらっと、とか言いながら結局がっつり書いてしまいました(笑)。でも楽しかったです。配信ありがとうございました、テレビでも見たかったけど、今ほとんど有料配信なのに、無料でこんな神番組見られて感激です。

さて、羽生君は今日の野球は見たかしら、オリンピック。見てそう。
今日はカープ選手大活躍で快勝でしたな。カープの菊池選手の守備は素人が見ても凄いので、見る機会のある方是非どうぞ。今日先発した森下選手は地元テレビ局が「森下きゅん」とテロップを出し始める始末の子犬系のかわいいイケメンです。でも日本代表に選出されてるくらいだから彼も凄いよ!去年の新人王ですよ!なのにチームはなんで下位(泣)。

と、無駄にカープの話して終わります(笑)。羽生君カープファンだからいいってことで。そうそう、侍ジャパンの4番の鈴木誠也は羽生君と同い年の羽生世代ですよ。鈴木選手、平昌見てたらしいですよ。

ではでは、また次回の記事でお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。タロット鑑定についてもこちらに書いております。週2、3回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com

羽生結弦ドキュメント “素顔と本音” ドリーム・オン・アイス2021雑感①

あんまり時間がないので駆け足になりますが、今日中にアップしたいのでさっと書きます!

我が家は当然のように「一部地域」だったこの番組。素晴らしいですねえ、見逃し配信のおかげで見られましたとも。ありがとうTver。まったく別件でアプリダウンロードしてて良かった。このブログにも書いたことのあるとある人たちがちょこっとだけ映った番組がどうしても見たくて…←高知方面←まだ好きなのかお前…

羽生結弦6年ぶりの出演となったドリーム・オン・アイス。もう出ないんだろうなと思ってたからびっくりです。そうか、SEIMEI滑った年が最後だったか。
そのショーについて、羽生君への密着映像を中心に主力選手の演技も紹介していく番組。さらっと感想書いていきますね。

会場入りから密着。うおー、新横懐かしいなあ、最後に行ったのいつだったかな、もう5年くらい前かな(泣)
無良君に調子を聞かれてのんきにモンハンの話とかしてるあたり、久々にゆるめの羽生君が見られそうで楽しみ。

群舞の振付は宮本先生なのね。羽生君が率先して振付に加わってる。自分が引っ張っていくつもりなんだろうなあ。もう現役スケーターの中では上から数えた方がいい年齢ですもんね。
客席からの見え方なんかもチェックしてるんだなあ。見えてますよ!的なことほかのショーでもやってましたもんね。

オープニング見られた、嬉しい。羽生君は青い模様の入った白いTシャツにジーンズ。気持ちいいくらい音に合ってて最高。
客席やっぱり間隔開けてるのか。ただでさえ狭い新横なのに、これじゃチケットは取れなかったでしょうねえ…。お金さえあれば行きたかったですとほほ。

各選手の演技も。紀平梨花タイタニック。これ衣装がすんごくかわいいのね。振付はウィルソンなのか。まだまだこれから磨かれていくのかなって演技でしたけど、完成形が楽しみ。

坂本花織はグラディエーター。男性が選びそうな選曲ですが、坂本さんには合いそう。相変わらずジャンプ決まると気持ちいい。リショーと作るちょっと不思議な世界は今シーズンも健在らしい。中盤が戦に祈りを捧げる乙女みたいな感じでいいな…。わりとそんなところで終わるの?感もありましたが今後が楽しみですね。
紹介映像も笑いました(笑)

樋口新葉はライオンキング。これプリンスアイスワールドの番組でも見たけど、さらに良くなってる感じ…!オリンピックシーズンに勝負のプログラムを持ってきたなと唸りました。早く試合で観たい。

宮原知子は小雀に捧げる歌。今回だけ滑るのかな、それともこれにショートプログラム戻すのかな?宮原さんの渋みみたいなものが味わえるプログラムですよねえ、久々に見られて嬉しいな。
横井ゆは菜と三原舞依はダイジェストでした。でも二人ともそれぞれの個性が出てる選曲でフルで見られる日が楽しみ。三原さんの衣装の色すごく綺麗。

男子選手は田中刑事エヴァンゲリオン!!衣装の色に緑と紫が入ってて、それだけでファンにはわかりますよね。映画見に行けなかったので無念。振付は宮本先生なのですな。
佐藤駿もダイジェストでしたが、四季は彼に合いそう。三浦璃来&木原龍一ペアも!!このペア大好き。ダイジェストだったけど。
鍵山優真は今シーズンも快進撃に期待ですね。羽生君出るんだ!ってびっくりしたって、普通にファンみたいなこと言ってるの可愛いし(笑)。

キッズから質問コーナー。小さい子ども相手には思いっ切り「自分より年下を可愛がりたい末っ子」モードになりますよね羽生君(笑)。可愛いって呟きがいかにもです(笑)
子供たちへの返答も明確でわかりやすいですが、人生でいちばん緊張したのがドリームオンアイスなんかいあんた(笑)。そしてミーハーな彼らしくBTSにハマってるとか言ってるし(笑)。よく知らんけどBTS、あの有名な曲くらいはわかる←言いたいことは理解していただければ
んでフィナーレで踊ってるの、その曲はかかってなかっただろうに音がピッタリでびっくりするわ!!!
ジャンプ跳ぶ時は何も考えてないって、なんかそんな選手多いですよね。パッとやってシュッと跳ぶみたいなこと言ってたの彼だったっけ?
なんでダンスがうまいんですか?「わからん」も爆笑なんですが!!!

過去の演技の振り返りも面白かった。13歳から20歳までの記録ね。羽生君は素になるとたまに口の悪い普通の青年だってのがよくわかる振り返りじゃないかしら。「コイツ(回転)抜きましたね」には爆笑。そうそう、SEIMEIの初披露ここだったはず。当時、衣装の写真見て発狂しそうになったわ。待ち望んだものが見られるって。
2010年の会場には私がいますよ(笑)

ああもう時間がない!!!マスカレイド諸々の感想は次回に!!!
ちなみにこの番組、明日の15時くらいまでで配信終了らしいので、皆様お早めに!!!これが言いたくて今日アップしました!!!



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。タロット鑑定についてもこちらに書いております。週2、3回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com

フィギュアスケートほろほろ語り in 7月⑦

フィギュアスケートに関する番組の感想をほろほろと語るシリーズ。本日はスケーターの出演した旅番組の感想を。

テレビほろほろ語り①

まずは7月18日放送、『クチコミ新発見!旅ぷら』。読売テレビ

村上佳菜子が出演。事前に出演情報チェックできてなかったのですが、たまたま見られました。ラッキー。ネタがないので神が助けてくれたのか(笑)。
てなわけで、ざっと感想を。

最初の10分は作業しながらだったので十分見られなかったのですが、ピザ食べてるところから見ました。
淡路島はタマネギが有名でしたっけ。めちゃくちゃのってる(笑)。タマネギ大好きなので私もめちゃくちゃのせて欲しい(笑)。しらすはそんなにいらんかな(笑)。
お店が窓から海も見えて眺めも最高ですねえ。私が住んでた頃はきっとあんなお洒落なお店なかったな(笑)←住んでた時期があるのですよ

ブルーベリーを摘んだりも。佳菜子ちゃんの明るいキャラはテレビ向きですよねえ。メガネかけてる人に「ブルーベリー食べてるから目はいいですか?」って聞いちゃうあたり可愛すぎです(笑)。
アイスクリーム大好きな人類なので、ブルーベリージェラートめっっちゃ食べたい。ブルーベリーのせなくていいからひたすらクリーム食べてたい。クリームが好きなのよクリームが…。とろとろしてるものが好きなんですな。シチューとか。でもとろろは嫌いです(笑)

佳菜子ちゃんの入浴シーン、いいのか?!と思ったけど、フィギュアスケーターってわりと露出の多い衣装で滑るからそこまで違和感も…。ってことはないか(笑)。
…すっかり本命になってしまった(いやもうずっと前からだけど…)某氏の入浴シーン恥ずかしくて直視できなかったなんて言えない、いい年して言えない…←スケーターではない
キャンデロロにいくら脱がれても何とも思わないのにこの差(笑)
すみません、誰にも何の話かわかんないと思いますがそれでいいです!

旅館のお部屋でゴハンって、実は一度も経験ないんだよねえ。おっさんの愛人になる機会とかあったら行けたのかしら←不倫旅行と殺人事件のイメージしかないらしい
二人の間に透明な板があるのがちょっと切ないですが。

淡路島名物をこれでもかと食べる番組であった。まあ、旅番組って基本グルメ旅ですよねえ。あとは絶景?
って、なんと2週連続で淡路島らしい。ってことで、また視聴して記事にいたしますね。

テレビほろほろ語り②

そんなわけで後編。7月25日放送の『クチコミ新発見!旅ぷら』。結局同じ番組の感想しか今回書いてないですね(笑)。

淡路島の旅がまだ続く。最初の5分くらいは見逃しちゃいました。特殊な乗馬体験について見逃したっぽい?面白そうだったのに。

まずはかき氷。佳菜子ちゃんかき氷好きだったよね、美味しそう。やっぱりぶっこんでくるのねかき氷(笑)。

瓦割り体験めっちゃ面白そう。さすが元スポーツ選手、綺麗に割ったなと思ったら、割りやすく開発された瓦なんですね。
瓦割り後のインタビュー笑える。さすがインタビュー慣れしてるってナレーションも言ってるけど、確かに慣れてるけど話の内容が(笑)。

うにしゃぶなるものがあるのね。うにって見た目や食感が苦手で食べないんですけど、ほぼ液体化してるなら食べられるかも。いろんなお料理があるのですねえ。真夏の今は、画面だけで暑いですけど、鍋料理(笑)。
佳菜子ちゃんがうに食べてる間にニュース速報が。オリンピック見ないで佳菜子ちゃんと川村さん見てました(笑)。

以上なんですけど、川村さん同様玉ねぎくらいしか淡路島名物が思いつかなかったので(あと浄瑠璃とか?)色々新発見で面白かったです。淡路島にも引っ越してからは1回か2回くらいしか行ってないから、行ってみたいなあ。全然覚えてないしね。


ではでは、次回のほろほろ語りでまたお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。タロット鑑定についてもこちらに書いております。週2、3回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com

フィギュアスケートほろほろ語り in 7月⑥

フィギュアスケートに関する雑多な話題をほろほろと語るシリーズ。とりあえずオリンピック始まったってことで、今日はオリンピックの話題をざざっと。あんまりスケート関係ないかもしれないですがお許しください。

ってもほぼ開会式の話題です。
コロナの影響で随分簡素化されたんだろうな、というのが第一印象でした。直前にゴタゴタしてましたし、当初の予定をどれだけ詰め込めたのだろうか。
世界的イベントと言うより、なんか派手めの国体のオープニングくらいのイメージだったかなあ。あとEテレ感。簡素化するとこうなってしまうのだろうか。

前回のオリンピックの閉会式の演出、全然子供騙しじゃない洒落たものだったじゃないですか。あれを思い出すと、全然別物になったんだなって感じです。日本の技術の粋を見られると思ってたので、コロナが憎い。


とは言え、入場行進が全部ゲームの曲だったのは面白かった。日本開催以外では無理な演出ですね。ゲームを全然知らない人にはただの勇壮な曲にしか聞こえなかったでしょうし、何かのクラシックだと勘違いしてる人もいそう。

私はいい加減ゲーマーだったので、だいたいのゲームのタイトルはわかるんですけど、ものすごくB級寄りのゲーマーで、今回使われたような有名どころはろくに遊んでいなかったため、実はわからない曲も多かったです(笑)。
やっぱドラクエでスタートなのがいちばん良かったんじゃないかなあ。あの曲は聞いたことある人が大半でしょうし、勇者感半端ねえ。

ゲームの曲で滑る選手やゲーマーの選手も多いので、テレビ見ながら興奮してた選手いるだろうなって勝手に想像しながら見てました(笑)。レイノルズの方のケヴィンとか、あと羽生君とか。友野君はなんか呟いてましたね(笑)。

トルコの旗手の男の人素晴らしい眼鏡男子じゃない?とか、カザフスタンの旗手の女性美し過ぎない?とか、アメリカのユニフォームボーダーでかわいい、とかひとりで騒ぎながら見てました。オリンピックはいつも開会式だけは絶対見るの。各国の衣装が素敵だし、行進にもお国柄が出てて面白くて。
コロナじゃなかったらもっと弾ける選手多かったんだろうなと思ったけど、スピーチする橋本聖子さんの後ろでカメラに映り込もうとしてる選手たちを見て、あんまりコロナ関係ないかもと思いました(笑)。


聖火ランナー、結局真央ちゃんも羽生君も走らなかったですね。冬季の選手ですから可能性は低かったですけど、荒川さんが映像で登場してたり、ちょっと期待をもたせるような演出にはしてあったような気がする。
特に、コロナの前は震災からの復興を随分掲げてたと思うので、そのままなら羽生君以上の適任がいないレベルだったから可能性あったのではとちょっと思うし、何より彼を望む声は大きかったんじゃないかなと推測してしまう。最高に美しい点火が見られたんじゃないかと思うと残念ですが、妄想の中で点けてもらうか…。
また日本で冬季オリンピックが開催されればおそらく羽生君でしょうが、「また」があるかどうかなんてわかんないですしね。

しかし、1年くらい前に応援映像に出てたり、パラリンピックのゲームのキャラになったり、なんだかんだと関わってはいますね羽生君。

8年前に、オリンピックの誘致を兼ねていた国体の開始式に行った時、その前に開会式のかなりガチな予知夢を見たのだけど、その時、国体にまったく関係ない羽生君の姿が夢にあったんですよ。当時はまったく意味がわからなかったけど、あれは羽生君がオリンピックに関わるって意味だったのかもな、と今更推測しています。ちょっとこじつけっぽいですけど。
当時書いた夢の記録があるので、一応リンク貼っときますね。

usagipineapple.hatenablog.jp


ではでは皆様、オリンピック楽しみましょうね!国内開催ってことは時差がないんだ、って今更びっくりしてる(笑)。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。タロット鑑定についてもこちらに書いております。週2、3回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com

フィギュアスケートほろほろ語り in 7月⑤

フィギュアスケートに関する雑多な話題をほろほろと語るシリーズ。オリンピックの開会式の開始と同時に予約投稿される予定の記事ですが、果たして誰がその時間に読むのでありましょうか(笑)。

そんなこんなで、なんとなく本日は東京オリンピックの話題で統一。

ペガサス・ドリーム・ツアー

地味にやってました。けどある日、アップデート後かなんかに立ち上げたら初期画面に。自分の分身の作成からやり直しになっちゃったんですけどおおおおお!

しばらくそのまま続けて、ようやくチュートリアルが終了。自由に操作可能になってから、データの引き継ぎを試みようとするもできない。有事の際のためにちゃんとパスワードとIDは控えておいたのに!

慌てながらいったんゲームを終了させて再度立ち上げ、昔のゲームで言う「PUSH START BUTTON」の画面を色々いじってると、あっ、引き継ぎコードの入力メニューがある。ゲームをスタートさせる前の画面でやんなきゃ駄目なのか。って当たり前か…。

パスワードは一度使うとリセットされてしまうので、引き継ぎコードでデータを復活させたらすぐに再設定することをおすすめします。私はもう一度初期化されてしまったので。今後もまだまだ初期化されそう。クソゲーの匂いがしてきたなあ、ゾクゾクするわ←名作ゲームより、根性出せばクリアできてしまう程度のクソゲーが好きというヤバめの元ゲーマー←ヤバさ以外何も感じない一文


そこまでして遊ぶのは羽生結弦氏のスナップを撮影するためなのですが、これが全然出現しない。私がそんなに長時間遊んでないのもあるけど、出現期間前日まで1枚しか見られてなかったです。

諦め気味で最終日。最終日の前にメンテナンスが行われて、それでまた確か初期化されたんですけど(泣)、めげずに引き継ぎコードで復活させたところ、スナップのシェア機能も実装されてた上に羽生君の出現率が大幅アップ。結局この日だけで4回スナップ撮影に成功し、3種類ともきっちり揃えることができました。

一日中遊んではいられないので、作業してる間ひたすら街を走ってもらいつつ、コンディションには気を配って試合はこなして、という感じでやってたので、遊んでたと言うより放置してたに近いですけど…。ただ走ってるだけで進むゲーム。クソゲーの匂いが…。い、いや何でも。

時間があるときはトレーニングしまくったりギア鍛えまくったりもしてるんですけどね。そのおかげなのか4日に一度の公式試合はほぼ負けなくなってきた。練習試合の方がよっぽど負けるのは何故(笑)。


ちなみにアバターは男の子にしてるんですけど、皆さん大半は女性にされてる?私はこういう主人公を自由に設定できるタイプのゲームはたいてい男の子にしちゃうんですよね、自分好みのイケメンで遊んだ方が楽しいでしょ(笑)。

でも気分で女の子にもできるように(いつでも変更できる)、ちょっと顔立ちいじってみた。自分の顔を元に勝手に作られたアバターのままだと、やっぱどうにも華がなかった(笑)。でも、自分の顔とは全然似てない顔になってたけどね、撮影した顔が元のはずなのに(笑)

そうそう、最初に好きな言葉を設定するのですけど、私はそれが音声テスト的なものだと思い込んで、適当に「もて海」って入れちゃったんですよ。私が好きだった、高知の観光PR隊の略称ね。
そしたら、インターバルのたびに「もて海」って喋るので吹き出しちゃって。しかも変更できないっぽいぞこの言葉。しまった、「カウンターからのトリプルアクセル」にするべきだったか(笑)。
もて海好きだからいいですけどね。しかし、適当に入れる言葉にまだそれ選んじゃうあたりがさー…。未練か。いや、何も聞くな…。

羽生君はもう出現しないかもしれないですけど、今後も色々イベントがあるようですし、またぼちぼちと遊んでみようかなとは思っております。

東京オリンピック

なんだかんだと始まりましたな。誘致や整備にあれだけかけた金を、この騒動で回収することもできずこれからどうせ経済は傾いていくんだから、せめて開催くらいしないと絶望しか残らないだろうと思いますよ、色々意見はありましょうが…。

スケートファン的には聖火リレーですよね。辞退したけど宇野昌磨選手の名前もあったし、紀平梨花選手や髙橋大輔選手、荒川静香さんなど有名どころはやはりだいたい既にランナーとして走ってる様子。

しかし、ある意味日本のフィギュアスケート界の代表的な人物の名前がまだ出ていない。そう、浅田真央羽生結弦。普通に考えれば、この国家をあげたスポーツイベントで走らないことが考えられないはずの人物。
沿道がカオスになるから辞退、という可能性がないわけではないけど、二人のこれまでを考えたら断らないと思うんだけど。

ということは、二人は開会式に登場する可能性があると考えていいんじゃないかと思われる。そもそも東日本大震災からの復興をテーマに掲げていたことから、羽生君の関与はかなりの高確率であるだろうと私は踏んでおりました。

ただ、こういう世の中になってしまったことで予想が難しくなってしまった。しかも羽生君も真央ちゃんも冬季の競技の選手。ここはやはり夏季の選手から選ばれるだろうか。

しかしですよ、じゃあペガサスドリームツアーに羽生君が出現していたのは何故なのか。そりゃ知名度は抜群ですが、彼は冬の競技の選手ですよ。しかも知名度抜群の選手なら、ほかにもいっぱいいるじゃないですか。何故そこで羽生君?
なんたって今回は、国をあげての一大イベントなわけですから、夏も冬も関係なく起用する方針なのかもしれません。これだけ若く、美しく、しかも現役で揺るぎない実績のある選手が今まさに日本に、しかも東北に生を受けてるわけですよ。ここで羽生結弦を起用しない物語の神はボンクラ作家もいいところです。
真央ちゃんだってそうですよ。ソチのラフマニノフを忘れてない人も多いでしょうよ。日本が浄化されたでしょ、あの日。

これ書いてる今は開会式2時間前くらいなんですけど、さあどうなるのでしょうね。とりあえずお風呂入って禊してきますわ。試合でもないのに禊(笑)。二人が出るかどうかもわからんのに(笑)。


ではではがまた次回のほろほろ語りでお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。タロット鑑定についてもこちらに書いております。週2、3回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com

ISUスケーティングアワード2021

今年も開催されたスケーティングアワード。でも世間の状況が状況なので、今年度は生涯功労賞の発表のみらしい。
試合もいくつも中止になったし、開催されても変則的だったし、しょうがないでしょうねえ。でもスケートの世界に長年貢献した方の功績はいつでも讃えられますからね。

今年度の開催は、日本時間で7月10日の深夜。去年とだいたいおんなじ感じかしら。
今年も司会はチャーリー&タニス。この二人素敵過ぎなので、動いて喋ってるとこ生?で見られる、と深夜にテンションが上がる(笑)。


のっぴきならない事情で最初の15分ほどは見逃した。どうもネイサンのインタビューを丸々見逃したらしい。とほほ。深夜にあの低音ボイスを聞きたかった(笑)。

そんなわけで、チョック&ベイツの演技あたりから見た。何だろうこのカメラアングル、すごくスケーターに近付いて撮ってる?ちょっと酔いそう…。リンクサイドからの撮影じゃこうは撮れないよね?前に羽生君の映像も撮ってた人かなあ。

生なのか録画なのかよくわからないけど、紀平さんと鍵山君も出演。二人一緒の画面に収まっていたので、DOIでちょうど集まってるってことなんでしょうな。

このコーナーが可愛過ぎた。今シーズンのプログラムのことや、紀平さんに鍵山君のどのジャンプが好きか、鍵山君に紀平さんのどのスピンが好きか、それぞれに聞くところまではまあ普通なんですけど、いきなり紀平さんに鍵山君の好きな色を聞くという無茶ぶりが始まる(笑)。想定外の質問に戸惑う二人が可愛いのなんの。でもヒントもあってか、しっかり正解する紀平さん(笑)。

しかし無茶ぶりはまだ続く。今度は鍵山君に、紀平さんの好きなアイスクリームのフレーバーを聞く司会。まず紀平さんが何味が好きなのか決められず、そこ決めないと答えられないとド正論の鍵山君。どうしようとアワアワする紀平さんでしたが、鍵山君なんと正解。マンゴーらしい。よくわかったねと驚く紀平さん。そりゃ本人もさっきまで決められてなかったんだから(笑)。

このラスト2問のアワアワぶりが可愛くって可愛くって、深夜にほわほわしてしまいました(笑)。いいものを見た…。
チャーリーやタニスの質問に対して、わりと間髪入れず二人が答えてた上にテロップもすぐ出てたので(二人は日本語で答えていた)録画なのかな。


それから、トゥルソワ・コストルナヤ・シェルバコワの練習の様子なども流れる。やっぱこの3人大注目だもんねえ。さらにミーシン門下生の練習リンクで何やらパフォーマンス?
ここで何故か登場するトランコフ。相変わらず胡散臭い。何故か一緒に滑ってる。タチアナさんお子さん生まれたばかりだったっけ、ひとり活躍の場を求めてやってきたのか。

その後もトランコフがちょいちょい登場して、しかもロシアンジョークなんだか何だかよくわからん登場の仕方をしていていちいち笑ってしまいました(笑)。トランコフだからしょうがないよね☆←それで済ますな

ジェイムス&ラドフォードの演技もちょっとだけどいち早く見られた。何かのプロモーションビデオみたいで素敵な映像。トランコフとの落差が(笑)。

番組内ではほかにもクイズコーナーだかなんだやってて、ツイッターで参加できたみたいなんですけど、スマホでアワード見てたのでスルー。羽生君関連の問題もあったのかしら、司会のチャーリーのところに投げ込まれる黄色いくまさん(笑)。
このままコロナの世界が続くと、くまの雨はもう降ることはないのですかねえ…。物なんだしさして関係ない気もしますけども、どうなんですかしらね。


で、メインの生涯功労賞は3組が受賞。
まずはトービル&ディーン。アイスダンスボレロと言えば、スケートファンなら一度は聞いたことがあるであろう。現役の頃の映像もいっぱいで、ガン見しちゃう。

それから、タマラ・モスクビナ。泣く子も黙るロシアの大御所コーチですね。川口悠子さんも彼女に師事してましたっけ。

さらに、泣く子も黙るロシアの大御所コーチ、ミーシン先生。モスクビナとは現役時代ペアを組んでいたそうですが、それ故の同時受賞なのか。現役時代の写真貴重ー。
主な教え子として、ヤグディンやらプルシェンコやらトゥクタミシェワやらそうそうたるメンツの映像が流れておりましたが、ちゃっかりステファンも混ざってましたね(笑)。

リモートで出演するお二人。インタビューが始まるまでスマホいじってるミーシン先生にそこはかとなく漂う自由さ。オレンジのジャケットもお似合いです。何かカンペみたいなの読みながらお話なさってる?

結局ミーシンとトランコフにすべて持っていかれて終わった気がする。強過ぎるロシアの圧(笑)。
同時通訳的なものがないので話は曖昧にしかわかんなかったですけど、今年は今年でまあまあ面白かった気がする。主にトランコフのせいで(笑)。

来年もやるのかしら?このまま恒例になりそうな空気ですわね。元々は世界選手権の時にあわせてやるって話だったと思うけど、元の案に戻るのかどうなのか。
そうこうしてるうちに北京まであと半年か。こんなご時世なので全然実感持てないっすね…。

ではでは、また次回の記事でお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。タロット鑑定についてもこちらに書いております。週2、3回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com

フィギュアスケートほろほろ語り in 7月④

フィギュアスケートに関する番組の感想をほろほろと語るシリーズ。今回はスケーターが出演してた番組の括りで。

今回取り上げるのは、7月16日にTBSで放送された『中居正広金スマ』。長寿番組ですね。

今回は、村主章枝が出演する社交ダンスのスペシャルということで視聴。

社交ダンス始めて1年足らずで全日本7位ってすごい成績なのに、ずっと納得いってなかったらしい村主さんがめっちゃらしくてねえ。だって彼女、30代になってもずっと現役続けてた選手でしたものね。闘争本能なんだろうなあ…。

そもそもフィギュアスケートで世界と戦ってた人ですからねえ。オリンピック4位ですよ。そりゃ負けたくないよなあ。

しかし、猛特訓を開始したもののそのうちコロナの世の中に…。それでもアメリカで自ら先生を探してずっと練習してたなんて。どれだけ負けん気が強いのか。

コロナのせいで大会も開催されてなかったのかな、今回特別に日本トップレベルの選手を集めてスタジオで大会を開催ってとこ?日頃の成果を披露できる機会ができて良かったし、目の前で見られるスタジオゲストもいい経験になりそう。審判もいて本格的。

でもスタジオなんか狭そう。村主さんペアが中央に陣取ってるのは番組の都合でしょうか…。

まずはチャチャチャ。さすがトップレベルの選手たちだけあってキレが素晴らしい、見てて面白い。村主さんはバレエ的な上品さがどうしても出てきちゃう感じ?

続いてルンバ。村主さんのポーズが本当に美しくてさすがだった、見とれちゃった。
しかし曲的に官能的な踊りの方がいいらしく、そう考えると村主さんペアは綺麗すぎるかも。蝶の舞やってたペア、ものすごい世界観だったもん。あの技ひとつで世界に引き込んだもんなあ。

ここまでで村主さんペアは3位。ってロペスさんって芸人だったんだ、知らなかった(笑)。

ラストはジャイブ。運動量がすごそう。村主ペアだけを追ったカメラで見直すと、踊りに流れがあってとても美しい。
村主さんの化粧がほかのペアに比べて薄いからか、どのダンスもいい意味での下品さが村主さんに足りない印象だったけど、素人だから間違った感想かもしれない。

結果、村主ペアは4位。4位がこれまでも多かったって村主さん言ってたけど、オリンピックがまさにそうだったもんねえ…。そして、これが村主さんの金スマラストダンス。

アメリカが拠点の村主さんはコロナで日本に戻れなくなり、ロペスとの練習もかなわないまま、ずっと基礎練習をひとりで続けていたという。そもそも長年スポーツ選手だった人で、今もコーチ業や振付のためにスケートの練習をすることもあるだろう。彼女にとっては長年続けてきたことの延長で、苦ではないんだろうなと思った。

そうか、春に村主さんが帰国してたのはこのためだったのか。1年ぶりにロペスと踊っても息ぴったりですごい。
でもこのコロナの世界では頻繁に日本と行き来するのも難しいし、そもそも彼女には本業がある。スケートの仕事とどこまで両立できるんだろうかっていうのは確かに気にはなってた。明らかに本気でやってたもんね。

これでラストだそうですが、またこんな形で戦う村主さんを見られてちょっと嬉しかったです。


ではでは、また次回のほろほろ語りでお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。タロット鑑定についてもこちらに書いております。週2、3回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com

Dreams on Ice 2020 2日目雑感②

昨年開催されたドリーム・オン・アイスのテレビ放送の感想、後半です。前半に引き続いて読んでくださってる方、ぜひぜひ後半も最後まで読んでいただけたら嬉しいです!

アイスダンス


1︰吉田唄菜&西山真瑚
ドン・キホーテ。とっても華やか…!男性の方にも華があって、ウキウキと見てる間にあっという間に終わっていくとてもいいプログラムですね。アイスダンスに華は大事ですよね。

このカップルももう存在していないとは…。本当に氷上のバレエのようで、素敵だったのに。インタビューも貴重映像になってしまうなあ…。人間が二人以上になると、どうしても方向性や気持ちにすれ違いが出ることもありますよね。


2︰小松原美里&ティム・コレト
この時は衣装が以前のシーズンのままですね。ある愛の詩。そうか、2シーズン前のプログラムだったっけ。NHK杯で見た記憶。
思いを込めた表情のリフトが素敵だなあ。楽しげなパートから、悲劇に変わっていくあたりが見どころですよね。プログラムの色が濃くなったという話でしたが、それがものすごく伝わるプログラムでした。

ティムさんが日本国籍取得したのこのあとかな。もうどんどんいろんな話忘れちゃうね…。日本語すごく上達されてる。でもDOIの発音がさすがです(笑)
ライバルが増えたことについても聞かれてるけど、それはそれで大変だけど競技らしくなっていいよね。

男子フリー

第1グループ

二人だけなのね。ノービスとジュニアだからか。女子はノービスの子出てなかったのかな?


1︰森本涼雅
今シーズンからジュニアに上がるという話。ノービスから見てるから、13歳か!ジュニアか!とびっくりする。さすがにノービスまではチェックしてなかったけどこうやって放送の機会が増えると本当に親戚の子を見守ってる気分ですね。
後半はジャンプの転倒が多くシーズン序盤という感じでしたが、勢いは感じましたね。

インタビューもしっかりしてるな。男の子は声変わりするのでそこでも時の流れを感じますよね…。


2︰本田ルーカス剛史
007ですな。トリプルアクセル綺麗に降りたけど単発に。本当はコンビネーションだったようです。
ジャンプふわっとしてて綺麗ですが、崩れるような転び方をしてるジャンプも。でも全体的にはスピードもあって、なかなか良かったんじゃないかな。時間が短く感じました。

第2グループ

熱いグループですな。ボス戦って感じ…。


3︰鍵山優真
鍵山君は昨シーズンから活躍してましたけど、このシーズンは本当に大躍進でしたものねえ。その最初の一歩を振り返られる機会ですな。
フリー変更する前だねこれ。ある意味貴重な映像ですな。このシーズンほぼアバターでしたよね。

ぐうの音も出ない4回転のコンビネーションからのスタートでしたが、4回転トゥループトリプルアクセルも、単発の4回転サルコウも転倒。シーズン序盤ですからねえ…。シーズン後半はほぼ転ぶ気がしなかったのに。
ロード・オブ・ザ・リングなんですけど、私がこれ見るの初めてな気がする。幻のプログラムですな。
悪くはないけどインパクトもないのかなあ。いや、ジャンプミスのせいでそう見えたのかも。

インタビュー時に衣装の細かいところまで見えて面白いな。


4︰佐藤駿
リショー振付。途中でロミオとジュリエットに戻しちゃったやつだっけ?
きりもみするような4回転ルッツでしたが転倒。結局4回転4本は2本が成功。てか4回転が4回続くプログラムって恐ろしいなあ…。一本目のトリプルアクセルの入りもカッコいい。
転倒はありましたし後半は疲れが見えましたけど、わりとシーズン序盤から完成度の高さを感じました。けど何かが合わなかったのかなあ…。

滑り終えた選手たちがリンクサイドで見てる。女子も見てるし鍵山君もいますね。
本人も初披露にしては結構まとめたって言ってるな。うんそんな感じでしたよね。


5︰友野一希
友野君がもうベテラン枠なのねとしみじみしてしまう…。
プログラムはムーランルージュ。最初に見たときはなかなか衝撃のプログラムでしたね。

持ち越しプログラムなので世界観はもうすっかり構築されてる感じ。安心して見られます。
けどジャンプの転倒やミスが多かった、ちゃんと降りきれてない感じで。ループは綺麗だったけど。
でもラストは狂気も感じるスピードと盛り上がりで、全部まとめ上げて忘れさせていく感じが凄い。なかなかここまで曲に押されずに滑れないと思いますし。

インタビューの「ありがとうございました」がなんか可愛かった…。


★フィナーレ
ショートプログラムとフリーの2日開催だったんですね。試合形式だけどオープニングとフィナーレがあるのが何とも面白いな。
フィナーレの振付もソーシャルディスタンスかしら。女子だけ、男子だけで出てきがちですけど、男女ペアだったり3人で出てきたり。でもボス戦の男子3人はやっぱその3人で出てくるのね、女子の二人も。実績的には樋口さん坂本さんがいちばん上ですもんな、このメンツ。トリも飾るか。

今年は花火も出ないしDOIのテーマ曲みたいなのも流れないのね…。花火はしょうがないけど、久々にあの曲聞きたかったのにい。

このあとに選手の何人かは会見があったようですが、そこまではさすがに流れませんでした。
でもたっぷり堪能できて楽しかったです。TBSチャンネルさん、無料放送ありがとうございました!



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。タロット鑑定についてもこちらに書いております。週2、3回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com