うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

「うさぎパイナップル」へようこそ・再改訂版

2018年5月、2019年1月にもプロフィールページを作成しておりましたが、更新頻度の変更等ありましたので、三度書き直してみます。大きくは変わらないので、前回の記事を手直しする形で記事にします。
当面の間、この記事がトップに君臨し続けることとなりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

「うさぎパイナップル」とは

改めまして、当ブログへのご訪問ありがとうございます。2016年9月23日から毎日更新し続けて3年目のブログです。

タイトルの意味をほんの時々尋ねられますが、「説明してもほぼ間違いなく意味不明なのでとりあえず「カオスだから」ってことにしといて欲しい」と回答させていただきます。回答も意味不明ですみません(笑)。何を書いてもOKなブログにしたかったので、タイトルも思いっ切りカオスにしました。うさぎは大好きですが、パイナップルはそうでもないです(笑)。

自分自身のことや好きなゲームの思い出なども綴っていましたが、ブログの大半を占めていたのは「フィギュアスケート」。ソルトレイクシティーオリンピック以来のスケートファンです。そこそこ長く見ておりますが、いまだにジャンプの見分けもつかないどうしようもない素人だったりします(泣)。
全国のアイスショーに出掛けて書いた旅日記、テレビ観戦に熱中して綴った感想などをつらつらと載せております。スケートファンになった経緯や、好きなスケーターについての話題は以下のリンクをご参照ください。
特に好きなスケーターはいますが、基本的にどのスケーターも素晴らしいと賞賛しながら楽しく見ております。そういう境地でいた方が清々しいや、って心から感じたので。

特定のスケーターやショーの記事をお探しの方は、PCなら右側のサイドバー、スマホなら下部に表示されているブログ内検索をご活用下さい。私も自分の記事をチェックするためによく使ってます(笑)。


usagipineapple.hatenablog.jp


usagipineapple.hatenablog.jp


「うさぎパイナップルnote分室」の開設

2018年9月24日より、ブログの方向性を少し変更しました。このはてなブログをほぼフィギュアスケートの記事に特化し、9月24日より新たに開始した「note」に、はてなでも書いていたエッセイ的な内容を書くことにしています。
はてなについては、お題記事は時々書いておりますが、現在はほぼフィギュアスケートに関する記事のみを粛々と更新しております。フィギュアスケートにあまり興味のない方は、noteを読んでいただいた方がいいかもしれません。
イベントの体験記など、たくさんの方に読んで欲しいと思った記事は、フィギュアスケートに限らず今後もはてなブログに掲載していく予定です。

noteでは、自分自身のことに関するエッセイや日記、小説などを粛々と更新しております。フィギュアスケートのことも結局時々書いてます。すべて無料で公開中。有料化する予定も今のところありません。
noteも基本的にブログとして使っておりますが、クリエイター向けのプラットフォーム?ということなので、最近は創作の比率も増やしつつあります。noteも応援していただければとても嬉しいです。


noteの簡単なプロフィールページはこちらです。
note.mu


更新頻度について

開始当初から粛々と毎日更新し続けてきた「うさぎパイナップル」ですが、1000日連続更新を達成したのを機に、2019年6月で毎日更新を終了しました。
今後は当面、はてなブログとnoteのどちらかだけを毎日更新していくスタイルで続けていこうと思っています。

現在の更新スケジュールは、

はてなブログ:月・水・金・日
note:火・木・土

です。基本的なスケジュールなので、臨機応変に変更していく可能性があります。たとえばスケートが本格的にシーズンインすれば、はてなの更新頻度を上げるかもしれません。
日曜日はnoteかはてなのどっちかを更新する予定でいましたが、結局毎回はてなを更新してるので、このままはてなが週4、noteが週3になりそうです。

筆者のプロフィール

最後に、簡単に筆者のプロフィールを箇条書きで。

山羊座A型
・よく当たる手相鑑定によると「超マニアックなオタク」らしい←反論できない
・ジャンプの打ち切り漫画に心惹かれてやまない
クソゲーを力でねじ伏せるのが好きな元ゲーマー(※ゲームは下手です…)
メガドライブを愛してやまないバリバリのセガ
・うさぎが宇宙でいちばんかわいいと断言するバリバリのうさぎ派
・好きなアニメは『カラオケ戦士マイク次郎』
ふくやまけいこさんのファン
・高知の観光PR隊「土佐おもてなし海援隊」のファン←追加したので太字
・懐メロ好き、カラオケ好き
・好物はアイスクリームとポテトチップス
・嫌いな教科は数学、体育、家庭科
・もし100万円もらったら札束で嫌な奴の頬をはたきたい
・「そこまで酷いと笑えてくる」と友達に言われるレベルで人生が暗黒
・人生のあまりの悲惨さに話を聞きながら泣き出した人がいる(実話)
・超がつく貧民
・社会不適合
・口癖は眠い、飽きた、疲れた、おなかすいた
・人としてクズ
・クズだけど生きてていい?

こんな感じ?あっ、今何人かページ閉じましたね。そりゃそうですね(笑)
現在物書きを名乗っておりますが、社会不適合過ぎてもう社会に戻れない気がする、と悩んでいるうちにいつの間にかこんなことに…。

各種窓口はこちら

そんなわけで、物書き、ライターです。はしくれ中のはしくれなので、ポートフォリオはこのブログとnoteです。もし気に入っていただけましたなら、一生懸命働かせていただきますので是非お声をかけていただければと思います。

当ブログのお問い合わせフォーム、ツイッターのDM、noteの「クリエイターへのお問い合わせ」のいずれかからご連絡いただければ幸いでございます。noteの「仕事依頼」ページもご参照ください。


お問い合わせフォーム↓
usagipineapple.hatenablog.jp


ツイッターアカウント↓
twitter.com


noteの仕事依頼ページ↓
note.mu



一応、改訂前の記事も置いておきます↓
usagipineapple.hatenablog.jp



ではでは、ポエムだらけで暑苦しいブログですが、また遊びに来てくださいね。お待ちしております。

※この記事は随時更新する、かもしれませんししないかもしれません

ジュニアグランプリシリーズ2019 ラトビア大会 雑感③

男子ショートプログラムの続きです。前半グループの記事も安らかに寝てますが後半グループは本気で寝てます…。もうただの備忘録だと思って生暖かい目で見守っていただけましたら(泣)。


※注記:
BS朝日でテレビ放送された選手については、お名前の前に★をつけて区別しております。
また、お名前のカタカナ表記は調べるのが大変なので、カタカナ表記が既にある程度使われている有名どころの選手だけにとどめております。お名前の読み方って難しいですよね…。

男子ショートプログラム

第3グループ

12:Lucas STRZELEC
この曲も、グレーのグラデーションの衣装も人気のようですな。ジャンプの着氷にミスがありましたかね。またまた睡魔にやられててすみません…。この曲は睡魔を呼んできちゃうね…。


13:Aleksandr SELEVKO(アレクサンドル・セレフコ)
む、彼はどこかでお見かけしたような。世界選手権だろうか。この青いジャケットも見覚えが…。プログラム持ち越し?


14:Yauhenii PUZANAU
15:Tom BOUVART
16:Basar OKTAR
17:Nikolaj MEMOLA

こちら4名の皆さん、申し訳ございません。完全に寝てしまいました…(泣)。フリー頑張って見ますね(泣)。

第4グループ

18:Kornel WITKOWSKI
何とか最終グループだけでも睡魔に負けずに見届けたいですが果たして…(汗)。またもスローで睡魔が呼ばれてきちゃう曲ですよ…。
衣装がシンプルに見えてすごくキラキラ。スピンはどうして減点されてたんだろ?


19:Nikita MANKO(ニキータ・マンコ)
彼はお見かけしたことありますね、カザフスタンの選手。おお、コーチにプルシェンコの名前が。同行してはいないようだけど。
滑り終えて本人嬉しそう。なかなか頑張りましたよね。スピン得意なのかな?


20:Lev VINOKUR
13歳!まだとても幼い印象。また睡魔が襲ってきたので(曲が呼んでくる…)一部しか見てないですが、本人笑顔だしうまくいったのかな?スピンが正確な印象でしたがレベル4取れてる?おお、3つともレベル4!


21:Alexander ZLATKOV
これはステファンの使ってたロミオとジュリエットですな、何度も聞いたのですぐわかっちゃうの(笑)。
曲の盛り上がりに合わせて踏むステップがすごーく素敵でした。思わず目が覚めてしまいそうなくらい。おお、レベル4か!なかなかステップでレベル4出す選手いないよね、すごい。


22:三浦佳生
サフリデュオー!ライズー!盛り上がる眠くならない曲をありがとう!(笑)
トリプルアクセル美しい。ループも息をするように軽々と。ステップすごく体力が要りそうだけど盛り上がりそう。あああ、コンビネーションジャンプの転倒が惜しい…。あとスピンは頑張らなきゃいけない感じかな?コーチは佐藤信夫さんなのね。


23:Azizmurod SHABAZOV
お、お名前の読み方がわからん…。とっても勇壮な曲でしたが、演技にはミスが細々とかなり…。最後のスピンはレベル取れなかったってことなのか…?いや、採点表見るとレベル1か…。


以上です。ホントのホントに申し訳ない(泣)。生放送やらライブ中継やらはどうしても時差との戦いになりますからね、しょうがない…。ってことにしてください(泣)。
ではでは、次回は女子フリーの記事でお会いしましょう。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu

ジュニアグランプリシリーズ2019 ラトビア大会 雑感②

ラトビア大会の続きです。本日は男子ショートプログラム。全体にわたり、睡魔に襲われてまともな感想が書けていないのですが、とりあえず載せてみます…。こんなんですみません(泣)。


※注記:
BS朝日でテレビ放送された選手については、お名前の前に★をつけて区別しております。
また、お名前のカタカナ表記は調べるのが大変なので、カタカナ表記が既にある程度使われている有名どころの選手だけにとどめております。お名前の読み方って難しいですよね…。

男子ショートプログラム

第1グループ

1:Oliver PRAETORIUS
曲にピッタリ合ったトリプルアクセルでしたね。クリーンではなかったにしろいい出だしだったのでは。微妙に不思議な編曲なのはスウェーデンの伝統でしょうか(笑)


2:Evan WRENSCH
ちょんまげ…?というかちっちゃいポニーテール…?もう髪型に目が釘付けになってしまい演技に集中できなくてすみません…。衣装もシンプルだし曲も定番の『Fly Me To The Moon』なのに髪型が気になりすぎる…。


3:Edward APPLEBY
14歳だそうですが既に男っぽく凛々しい雰囲気ですね。ジャンプに光るものがあった気がする。セカンドがありゃりゃだったけどコンビネーションで跳んだトリプルルッツ、いいジャンプに思えたし、最後のループも良かった!


4:Andrey KOKURA
カッコいい黒いスーツに白いシャツな感じの衣装なんですけど、とにかく曲のインパクトが凄くてすべての印象がかき消される…。滑ってる内容が頭に入らない(汗)。なんすかこの叫び声みたいな歌…。冒頭のアクセルが抜けちゃいましたね、無念。


5:Andrew TORGASHEV(アンドリュー・トルガシェフ)
睡魔に負けてました…。すみません…。ジャンプはちょっと不調?月の光のこのアレンジ、スケーターに人気ですね。

第2グループ

6:Andrei MOZAREV(アンドレイ・モザレフ)
おおお、いいジャンプが決まってた!冒頭のループも余裕があるし、トリプルアクセルかな、着氷まで綺麗でした。全体的な演技のレベルが高い…!おお、高得点も出たぞ…!


7:Daniil SAMSONOV
ごめんなさい睡魔に襲われました…。なかなかいい演技だったように見えましたが。まだすごく若いように見えるのにすごい。


8:Joseph PHAN
すいませんまたも睡魔が…。でもコンビネーションジャンプの美しさはしっかり目に焼き付けた!いい演技だったのでは?ジェフの名前が解説から聞こえたけど振付?


9:Liam KAPEIKIS
優しい曲調に合わせたかのようなふわっとしたジャンプ。決まると綺麗ですねえ。高さもありますね。まだ睡魔にやられててすみません…。


10:Eric LIU
ごめんなさい睡魔がこの辺で最強に…。人気あるのか応援団が元気なのか、歓声だけは耳に残っていたのですが(泣)。


11:Sihyeong LEE(イ・シヒョン)
ジャンプすべてクリーン!トリプルアクセルもバッチリ!ジャンプはタノで跳んだ方が軸が取れたりするんだろうか、アクセル以外はタノでしたね。あ、ルッツにアテンションついてるけど見た目はどれもクリーンでした。
美しさのあるなかなかのいい演技、上位に入りそう。おお、やはり暫定2位。


…ほとんど寝てるじゃないか、と突っ込まれた皆様、本当に申し訳ございません…。次回はもっと寝てます…。
ではでは、男子ショートプログラムの後半の感想はまた次回に。ほとんど寝てるけど…←すみません…。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu

ジュニアグランプリシリーズ2019 ラトビア大会 雑感①

ジュニアグランプリシリーズも第3戦目、続きましてはラトビア大会。すべてを見るのは難しくても、少しずつでもライスト観戦していきますよ…!

…実は試合が始まった頃にちょうどカメムシが出現し、長い戦いの末に追い出しました。しかし至る所に気分が悪くなるほどの悪臭を振り撒かれてしまい、すっかりやる気を無くした結果、試合始まってるのを忘れてぐったりと落ち込む羽目に…。よって、あんなに張り切っていたのに、見られたのは第6グループ、最後の1グループだけです…。すみません(泣)。
ほんの少しだけですが一応載せたので、何となく読んでいただければ幸いでございます…。とほほ。


※注記:
BS朝日でテレビ放送された選手については、お名前の前に★をつけて区別しております。
また、お名前のカタカナ表記は調べるのが大変なので、カタカナ表記が既にある程度使われている有名どころの選手だけにとどめております。お名前の読み方って難しいですよね…。

女子ショートプログラム

第6グループ

31:Arina SOMOVA
パンツ衣装ですね、振付とも相まって個性的で不思議な雰囲気が出てますね。冒頭のループ豪快だった、減点されてたけど…。全体的にはまとめたんじゃないかなあ。


32:Elisavet VOULGARI
パーティードレスを思い起こさせる、シックな黒の衣装。うーん、ジャンプの調子が悪かったですね…。全体的に粗かった気がしますし、得点的には厳しいか。フリー頑張れ。


33:Tsin Nam Nicole CHAN
髪の色はピンク?個性的。衣装もさっきの子と同じ黒でもこちらは多少ロックな感じ。でもアップになるとやっぱりシック?
ジャンプがフワッとして不思議に印象に残る。ダブルアクセルは残念だった…。


34:Maria LEVUSHKINA
おお、いい演技でしたね!綺麗な滑りで曲調もしっかり拾ってるし、ジャンプもしっかり跳べた。スピンも正確で美しかったですね、特に最初のスピン。


35:Anastasija KONGA
14歳…?年齢見間違い…?横顔はもっと歳が上のアンニュイな女性のようなのに…。
うーん、このジャンプの出来では上位は厳しいか。でも解説によるとたぶん彼女の地元での大会なのだろう。フリーでも是非地元を感じながら頑張って。


36:Oceane PIEGAD
リズムが取りにくそうな曲が繋げてあって滑るのが難しそうな印象でした。ちょっと睡魔が襲ってきたので記憶が曖昧ですみません…。


以上です。もう本気でめちゃくちゃ中途半端…。ホントのホントにすみません(泣)。男子はもうちょっとだけしっかり見てるので…。うん、一応…。一応ね(汗)。
ではでは、次回は男子ショートプログラムの記事でお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu

THE ICE☆フィギュア夏祭り 雑感

8月31日にBSフジで放送された番組の感想です。2019年公演のうち、大阪公演の模様や舞台裏が流れました。関西で放送した番組を全国でもやってくれたのかな。ありがとうございます。掲載が延び延びになり、今更の感想で申し訳ありません。

まずは各選手の演技の感想から。オープニングは流れず。元々無いのだろうか?


紀平梨花
今シーズンのフリー。おおお、初めて見る。ショートもフリーもエキゾチック系なのね。まだ滑り込んでいないでしょうし転倒もありましたが(どよめきが上がってたし4回転?)物語性を感じるプログラムで、また名作が生まれそうな予感がしますね。


★坂本花織
今シーズンのショートプログラム。これも初めて見る。ショートもフリーもクール系で行くんですね、うわあ楽しみ。曲調も迫力のあるジャンプに似合いそうだし、観客もゾクゾクしながら手拍子できそうなプログラムで試合が楽しみだわ。相変わらず雄大なジャンプで気持ちいい。


本田望結
観客が自然に手拍子できちゃう楽しいプログラムですね。望結ちゃんは表情の付け方や腕の動かし方が完全にジュニアのレベルじゃなくて、めちゃめちゃ上手くてついつい引き込まれて見ちゃう演技になってるとこがホントすごい。振付はキャシーなんですね。


☆本田紗来
ダイジェストでちょっとだけでした。


本田真凜
今シーズンのフリー。もう何度か流れたプログラムですが、試合で見るの本当に楽しみなんですよ。
演技前には今シーズンに懸ける真凜ちゃんの想いなどが特集されていたが、今本田武史にも指導受けてるのか。インタビューまで取っててびっくりした。勝負のシーズン、良い結果が出ますように…!


アリーナ・ザギトワ
このプログラムは名作になりそうな予感…。昨シーズンのカルメンによって培った表現の幅のバリエーションという感じ。衣装も似てるし。これから変更されるかもしれないですけど。
まだ大人になりきる前の透明感が残っているからこその悲哀がとても魅惑的。これも試合が楽しみだなあ。照明が無い状態だとどんな印象になるかな。


★ネイサン・チェン
今シーズンのショートプログラム。おお、ネイサンも哀愁系かあ。だけど情熱もそこここに感じるし、決してゆったりと退屈な感じでもなく密度が濃い!競技でどんな感じに仕上がってるかが今からワクワクですね。
あとは衣装がどうなるか(笑)。さすがにこの曲なら練習着化することはないと思うけど(笑)。


★ガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン
解説が「凄い」しか言ってなかった(笑)。絶対会場で見たらもっと凄いんだと思うよ。何だあのスピン、もう何もかもがそうだけど。もう1プログラム滑って、って言いたくなる。凄すぎて短く感じるにも程があるわ…。彼らが流れるとは思ってなかったので嬉しい。


宇野昌磨
今シーズンのショートプログラムにするんだっけこれ。4回転も入れてたし(もうショーですよ!とか突っ込むこともなくなるくらいみんなしれっと飛んでくるようになったなあ)、もうそのつもりがあったのかなあ、この時点で。パーフェクトならものすごく観客の沸く選曲だと思うので絶対いいチョイスなんじゃないかしら。今回の演技も良かったですね。衣装もどうなるか楽しみ。


舞台裏コーナーも充実。芸人さんのノリといい、実に大阪の番組っぽい(笑)。
一瞬映ったボーヤンのセーラー服がかわいくて「それを今から30分特集しないか?」と叫びそうになった(笑)。

ぶっちゃけトークと称して色々なスケーターが登場。大阪の番組なので関西弁も自然に飛び出しますね(笑)。
坂本さん夏休みの宿題を残してそうだなと思ったけどやっぱり(笑)。踊りながら質問に答える望結ちゃん可愛すぎるんですけど!途中で紗来ちゃんも乱入。望結ちゃんわかるー、兄弟が勝手に自分の服とか着てると腹立つよね、わかるー(笑)。しかもよりによってその日着ようと思ってた服とか着られるんだよ(笑)。
昌磨君とネイサンは相変わらず昌磨君が独特で面白かった(笑)。勉強は疎かにしてるとかゲームの大会はそんな甘いもんじゃないとか(笑)。ゲームの話はスケートの話より実感こもってない(笑)?あとネイサンが餃子好きなの初耳。不味い餃子も美味しいってあのイケボで言って欲しい(笑)

ザギトワをおもてなしするコーナーでは、彼女も一緒に市場を歩いてお刺身を食べたり通天閣の説明をしたり(エッフェル塔がモデルなんだ、知らなかった)。居合い斬りに挑戦するザギトワ、道着も似合っててカッコいい!


もうちょっと演技を流して欲しかった気もしますが、見られるようにしてくださっただけマシですもんね。未見だったプログラムもいくつか見られて嬉しかったです。あとセーラー服ボーヤン←どんだけ気に入ったの(笑)

ではでは、また次回の記事でお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu

フィギュアスケートつらつら語り in 10月② ―アイスダンススペシャル―

これが載る頃にはとっくに今更の話題ですし、書いてる今ももうとっくに今更の話題なのですけど、やはり触れておきたいかな、と思ったので、つらつら語りで取り上げます。何でも語るために広く付けてるタイトルですからな。

アイスダンスに関して大きなニュースが続きましたね。だいたい察しがついてらっしゃると思いますが、私にもちょっとだけ語らせてください(笑)

ヴァーチュー&モイヤ引退

テッサ・ヴァーチュー&スコット・モイヤが競技引退を発表しました。
2017年のNHK杯を制した際に、これが最後のNHK杯になるって言ってたし、平昌後に競技からは退くんだろうな、とは思ってたけど、もう平昌から1年半程経っていたので、続行の可能性もなくはないのかな、とちらりと頭を掠めたりもしましたが…。やはり、覆ることはなかったですね。

2017年のNHK杯は会場へ出向きました。予定が立たなかった金曜日以外、土日を申し込んだら両日当選し、ビギナーズラックだな、と感心したのを覚えています。
競技は緊張するし、NHK杯はテレビ放送がいちばん充実していたので、それまで一度もチケットを取ろうとしたことがなかったのですよ、実は。給料が安過ぎて、夏のアイスショーでだいたい燃え尽きていたので、資金的にも厳しかったですし…。

そのおかげで、最初で最後の機会になりましたけど、ヴァーチュー&モイヤの演技はリズムダンス、フリーダンス、エキシビションとすべて見ることができました。本当に、行って良かったと思っています。上の方の席でもはっきりわかる、存在感を放つ滑り。磁石が吸い寄せられるようにスコットに身体を預けるテッサの動きを目にした時の衝撃は忘れられません。やはり生で、この目で見ることに勝るものはないと痛感しました。

このNHK杯があったので、平昌のムーランルージュのエネルギーみたいなものを強く、強く感じられたのかもしれません。彼らと頂上を争っていたパパダキス&シゼロンは、美術館の彫刻が踊っているような無機質さがたまらなく素敵ですが、ヴァーチュー&モイヤはまったく逆で、人間の生きるエネルギーそのもののように感じていました。ムーランルージュってきっとそんな話じゃないんだろうなと思いつつも(見たことない)、私が平昌の演技に感じたのは「人間讃歌」でした。

もうショーでも滑らなくなるのでは、という話もありますが、はっきりしたことはどうかな、わかってないのかな。またこの目で彼らを見る機会があることを願いつつも、あのNHK杯の思い出をくれてありがとう、初めて生で見たアイスダンスの競技にあなたたちがいて本当に良かったと、今はそれだけを言わせてください。平昌の、団体戦個人戦の輝かしい金メダル、きっとずっと覚えています。ありがとう、お疲れ様でした。

髙橋大輔&村元哉中カップル結成

昨シーズンの競技復帰には誰もが驚いたことでしょうが、まさか2年連続で驚かされるとは…。

髙橋大輔、アイスダンス転向。
もう、今シーズンの10大ニュース入りは確実ですね。いやあ、びっくりしました。

確かにびっくりしたんですけど、どこかで驚いてなかったのも確かです。実はですね、チラッと思ったことがあったんですよね、私も。

いつだったかな、髙橋君がバラエティ番組に出演した時に、アナウンサーの安住さんとアイスダンスっぽいことやってたことがあるんですよ。僕女の子やりますね、って髙橋君がリードしながら一緒に滑ってた、ような。ちょっとうろ覚えなんですけど。その時にね、髙橋君将来アイスダンスに転向しないのかな、ってひっそり思ったんですよね。何故か。
どうも自分は髙橋君が本当に引退した気がしてなかったんですけど、そんな風に思ってたあたりからしても何かずっと引っ掛かるものがあったんだな、って今にして思います。

そう言えば、メリルの大ファンだし、アイスダンスが好きっていう話もどこかで聞いたような気もする。まったく興味がなければ挑戦もしないでしょうし。
もちろん一筋縄ではいかないでしょうけど、なんかもう、ホントに漫画みたいで面白すぎる。ひっそり願ってはみたけど、ホントのホントに転向するなんて誰が思うよ?いやあ、面白いわ…。


村元さんももう現役を続けないのだろうか、と少し心配していたので、まさか髙橋君と組んで戻ってくるなんて、本当にびっくりです。クリスと組んでいた彼女は本当に華やかで、これからグイグイ日本のアイスダンスのレベルを押し上げていくのだろうと期待していたので、クリスとのカップル解消は本当に残念に思っていました。
彼女もシングルの出身ですし、アイスダンスについては初心者の髙橋君を精神的にもうまくカバーできるかもしれない。二人とも華があるので、男子選手が添え物にならず、二人とも主張しまくるねっとり濃い滑りが見られるかもしれませんね(笑)。

何より大きいのは、髙橋君が出場するなら、ファンもメディアもアイスダンスに注目せざるを得ないことです。これまでほとんど地上波に乗らなかったアイスダンスの楽しさを、広く伝えることができるかもしれない。
私も観戦者としては本当に初心者で、詳しい解説入りの放送や、分かりやすいルールの説明などがあればいいのにな、とずっと思ってました。アイスダンス、単に美しさや華やかさを見てるだけでも十分楽しいんですけど、ルールまできちっと頭に入れて見ようとしたら、細か過ぎてまったく覚えられない。独学よりも、きちっとした基礎の知識を最初に頭に入れたい、と考えてしまうタチなので(基礎がしっかりしていれば独学の知識も綺麗に乗っていくので。勉強やスポーツの基本かなと)、そういう機会が欲しかったのですね。

スター選手の存在は競技の裾野を広げる最も大きな要因だろうと思います。かつて髙橋君が、女子にばかり注目が集まっていたシングルにおいて、男子の競技にも目を向けさせようと頑張っていたように、今度はアイスダンスに注目を集めることがモチベーションになるかもしれませんね。もちろん、そのためには実力も伴わなければならない。国内にもたくさん素敵なカップルがいて、彼らとも切磋琢磨していかなければならない。大変な道であることは本人たちにも分かっているでしょうが、その役目を背負う覚悟も感じられて、ああ、本当に頑張って欲しい、と素直に思ってしまいました。

身長差があまりないこと、経験の少なさ、リフトのための筋力、課題は山程あるでしょうけど、不思議と「やってみたらいいよ」って思えてしまう。きっときっと大変だけど、夢を見させて欲しいと思ってしまう。世界と戦う覚悟がなければ二人ともこの決断は下さなかったでしょう。色々言う人はいるかもしれないけど、まだ何の結論も出てないんだからとりあえず黙ってろよ、とだけ申し上げて、そっと見守りたいと思います。


そしてこの転向により、髙橋君のシングル選手としてのキャリアは全日本で最後になるとのこと。世界選手権に出場しないで引退したこと、最後の場を設けられなかったこと、ずっと引っ掛かってたんだろうなあ。これで彼も、スッキリと未練なく、新しい道を踏み出せるのではないかな。

何度か書いてる話ですが、私、髙橋君がジュニアの世界選手権で優勝したことを告げる新聞記事、スクラップしてまだ持ってるんです。私がフィギュアスケートに熱中するようになったのは2002年のソルトレイクシティーオリンピックから。髙橋君のシニア選手としてのキャリアを、スタートからずっと見つめてきたことになります。それだけに、感慨深いものがあります。是非、最後の全日本、彼だけにしか出来ない、素晴らしい滑りを見せて欲しい。

…こうなるとね、全日本めちゃくちゃ行きたいですよね。バンクーバー、ソチ、平昌のメダリストが勢揃いする、最初で最後の大会になるかもしれないんですよ。これだけ熱い全日本を、男子シングルのファンが見逃せるはずがないでしょうよ…。
現状寝言なんですけどね…。最高に熱い記事を書く自信ありますけどね、諭吉が私のことをちっとも見つめてくれないんです…。頼む、なんか某占い的に来年は行けない気がするので(もちろん先のことはわからんけど、これまでのことはぜーんぶ当たってるので、たぶんまた当たるよ…)、今年だけはどうしても行かせてくれ…。ネタの神様ー!


そんなところで、長くなってきてしまったのでそろそろ終了といたしましょう。ジュニアのグランプリシリーズも一区切りし、いよいよシニアのグランプリシリーズ開始も間近。今シーズンも全力で応援していきましょうね!すべての選手にとって、最高のシーズンとなりますように!




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu

1年に1度だけの不器用なごはん

毎年初詣には、厳島神社でご祈祷をしていただいていました。

時には雪の舞う中、友達と震えながら受付をして、順番を待って、数十人の人々とお賽銭箱よりも中のエリアに通していただいて、今年1年の無病息災とか、願望達成とか、厄除けとか、ありがたい気持ちで願ってました。冬の朝の、冷たい空気に包まれて座る神前は、身の引き締まる思いがしたものです。

時間が遅くなると、観光地でもある宮島は初詣客で相当混雑するのだけど、始発に乗る勢いで早朝からやって来て、最初の鳥居までぎっしり並んだ行列を横目に島を出る、くらいのスケジュールだとあまり混まないので個人的にはおすすめです。めっちゃ寒いけど。あと、付き合ってくれる友達がいないと正月からちょっと寂しい(笑)。


ご祈祷が終わると、お神酒を少しいただいて、お下がりを受け取ります。内容はその神社の方針とかご祈祷料とかで変わると思いますが、たぶんお米は必ず入ってるんじゃないのかな。白い和紙で包まれたあのお米ね。

私はこのお米、普通のごはんに混ぜて炊いて、ありがたくいただいてます。
昆布とスルメも一緒にいただけるので、それも混ぜて炊き込みご飯にしてます。

昆布もスルメも出汁にでも使えばいいのだろうが、私は実は料理がものすごく苦手である。出汁をとるなんて器用なことできるわけがないだろう。飲み会の帰りに泊まりに来た友達に朝ごはん出したら、不味すぎたのかゴミ箱に捨てられた女だぞ私は。言っとくけどただの目玉焼きだぞ。もちろん実話…。
てか捨てるくらいなら自分で食べるから言ってえええ!もったいねえええ!←そういう問題じゃない…

…ちなみに、水を入れるのを忘れて米を炊いてしまったこともあります。しかもそれをずっと身内がネタとして使っていたらしいです。いいです、どうせネタ人生。私の失敗談と奇行の数々で皆様が爆笑してくださったらそれで本望です…。笑わせる目的でやらかしてるつもりはまったくないけどな…。塩と砂糖を間違える?当然実行済みだよ!!悔し泣きしたよあまりの不味さに!!


話を戻して(汗)。
お下がりだし、できるだけ余さずお腹に入れてありがたくご恩をいただきたい。昆布はどうやって食べるのかわかんなかったし、スルメは焼いて食べたら固かったので、ついでにごはんに混ぜて炊いちゃえ、とこう考えたわけですね。

昆布もスルメも固いので、何とか小さく手でちぎってみる。昆布はサイズが大きくなると気持ちが悪くなってしまって駄目なので(理由はわからないけど昔から苦手)小さく小さく…。
それをお米に混ぜて、お下がりのお米も混ぜて、醤油を入れて、それだけでシンプルに炊き込みご飯にしてみる。

醤油だけはちょっとこだわってるせいか(川中醤油を好んで使ってました←何故過去形かと言うと、今すっごい貧乏だからですトホホ…。川中醤油は広島のメーカーです)昆布とスルメと醤油だけの炊き込みご飯でも美味しい。おこげが美味しい…。スルメも昆布もやわらかくなるし。
炊飯器が壊れた時に昔の上司にもらった、炊飯と保温しかボタンのない、平成の製品かどうかもあやしい炊飯器でもしっかり炊けるものですな。アホなので、ボタンがふたつしかないシンプル設計は迷わなくて最高ですけど。迷いようがないし!


きっともっといい食べ方があるのでしょうけど、私はこのシンプルで不器用な炊き込みご飯から、1年をスタートさせていました。

近年は年末年始に必ず体調を崩していることと、色々あって大貧民なので初詣にもご祈祷にも行けていないけど、近く訪れるはずの来年のお正月には、また不器用な炊き込みご飯が作れたらいいな、と思っているのです。



パナソニック炊飯器「Wおどり炊き」×はてなブログ特別お題キャンペーン #わたしの推し米

パナソニック炊飯器「Wおどり炊き」×はてなブログ特別お題キャンペーン
by パナソニック

フィギュアスケートつらつら語り in 10月①

フィギュアスケートに関するコーナーのある番組や、スケーターの出演した番組の感想をつらつらと語るシリーズ。そろそろ競技の感想がガッツリ入ってくる時期なので、つらつら語りシリーズも遅れ気味の掲載になりつつありますが、懐かしく思い出しながらのんびり読んでいただければ幸いです。
本日はローカル番組スペシャル。プリンスアイスワールド広島公演開催に伴い、安藤さんが告知に広島を訪れてローカル番組に出演されてましたので、その感想をガッツリと。

テレビつらつら語り①

まずは9月19日放送、『5up!』。広島ホームテレビで平日の夕方に放送されている帯番組です。視聴者からメッセージを募集されてた頃には何度も読んでいただきました(笑)。

本日はなんと安藤美姫が出演。安藤さん出演の予告を聞いた時点でプリンスアイスワールドかなと思ったがビンゴ。ホームテレビ開局50周年記念らしい。
今年は時期的に使用可能なのでビッグウェーブなんですね。町田樹を育てたビッグウェーブですよ皆さん…。いちばん前の席は手すりが邪魔かもしれませんよ…。

安藤さんによると広島では7回目の開催らしい。安藤さんが広島開催のプリンスに出演したのは昨年が初めてだろうと思いますが、大都市との開催とは異なり、意外なところで拍手がもらえてそれがあたたかくて嬉しかったとか。
あのね、安藤さん、みんな待ってたんだと思うよ、スケート関連イベントの開催を。広島でアイスショー開催されるの10年振りくらいだったもん。本当に人口の割には不毛の地だったんですよ。拍手に思いもこもるってもんですよ。

出演スケーターの見所を教えてくれる安藤さん。荒川さんはもちろん「イナバウアー」。去年は出産のため出演してなかったそう。そう言えばそうでしたね。
髙橋君は「エッジワーク」。ジャンプを跳ばなくても魅せられるスケーターで、今年のショートプログラムは必見だそう。うん、見たい。それ滑ってくれるんなら行きたいですわ…。
去年は怪我のため挨拶のみだったので、今年は演技が披露できるといいですね。髙橋君は岡山の子だから、仲間みたいなもんだから広島の民にとって(笑)。中四国だいたい仲間だから(笑)。

本田三姉妹は「天使の微笑み」だったっけ?ごめんなさい、失念。たぶん間違ってると思うのですみません。三人揃うのは珍しいとか。
で、最後に安藤さん自身は「日本女性」。安藤さんのプログラムが日本女性をベースにしたものだからだそう。ファンタジー・オン・アイスで滑ってたやつか?!あああああ、あれ見たいいいいい!すごく似合うと思ったんですよあのプログラム。

『5up!』は16時45分から19時前くらいまでの放送で、18時ちょっと前からいったん全国ニュースを挟むんだけど、17時台の最後の方には去年のふれあいや周回の様子が映ってました。町田君の姿も見えたけど、今年はもういないんだよねえ、と今更ちょっと寂しくなりました。引退後初めて、これだけはっきり寂しいと思ったかもしれない。


安藤さんは告知だけでなく、番組を通して出演してくれるらしい。なんと。
てなわけで、クイズコーナーの「5up塾」にも参加する安藤さん。クイズ番組にはNGを出してるそうで、クイズに答える安藤さんは珍しいらしいです(笑)。それは貴重な(笑)。
負けず嫌いのスケーターらしくクイズの答えに納得いくまで必死になってた。正解はしてた(笑)。
ちなみに、クイズの担当の先生は先行電話予約でチケット買ったらしい(笑)。早い(笑)。さっき告知出たばかりなのに(笑)。
出演者が「お美しい」とか次々ヨイショしてるのちょっと笑った…。

前述通り、安藤さんは番組の最後までお付き合いしてくれるそうで、各コーナーでここぞとばかり話を振られていた。
大ちゃん(番組のレポーター)の中継で、食べ物は何が好きかと聞かれて「おもち」と即答するが、中継で使った食べ物から選ぶという約束をガン無視して答えてるらしく、かなり自由な安藤さん。
…達川が!今日、達川が出演していたらいい勝負だったのに!←笑

今日のカープコーナーの担当は冷静な北別府さんだったが、CM前に安藤さんに一言と急に振られてさすがの北別府さんもリアクションできてなかった(笑)。
そうですよ、北別府とか達川とか普通に各ローカル番組出てらっしゃいますよ。オフシーズンになれば現役選手も色々出るので、カープファンなら移住してもいいレベルだと思います…。
カープの街でごめんな安藤さん…。そのネタ外せないんで、もう広島って言うかカープなのかなここは、って時々思うくらいだし←意味不明


18時台には広島のスケートリンク事情についても触れられていました。
子供たちがアウトレットモールにある「ワンダーリンク」の一般営業前に貸し切って練習している様子が流れる。昨年かな、新しく出来たばかりのアウトレットモールにリンクもオープンしたのですね。ただ、通年リンクではあるけど競技を行えるリンクではないので本格的な練習は難しい模様。
そしてビッグウェーブが通年営業でないという話に。練習のため岡山まで通っている選手も多く、各方面に負担が大きい。環境が厳しいのでやめざるを得ない選手も多いとか。うっ、それは初耳…。

それに対して、事情はわかるが諦めて欲しくない、と安藤さん。スケートを続けていくには、という問いに対してだったかな、スケートが好きであること、家族の支えが大事、とも。オリンピックだけがゴールでなくショースケーターになることも夢のひとつ、といったニュアンスの話もされてました。
少しだけど真面目な問題も取り上げられてて良かったかも。

で、またカープの話なんだけど(笑)、ナイトゲームがあったので、試合経過について触れられる。4点差で勝ってて、ドラゴンズファンなのに安藤さんも一緒に喜んでくれた!と感激する松本さん(笑)。ごめんね安藤さん、カープの街だから…(汗)。

本当に番組の最後までいた安藤さん。スケートの話いっぱい聞けて楽しかったです。またプリンスの開催時にでも出演してくだされー!

以上、録画してないので内容間違ってたら申し訳ありません…。

テレビつらつら語り②

続いて9月21日放送、『フロントドア』。同じく広島ホームテレビ。ロザンのお二人が毎週わざわざ広島まで来て生放送している、土曜日のお昼の番組です。ほぼカープの番組(笑)。

その番組ラストに安藤さんがVTRで登場。5up出演時に撮ったんだろうな。もちろんプリンスアイスワールドの告知です。
宇治原さんが住んでいた牛田にあるビッグウェーブ、と無駄に地元感を強調する安藤さん、絶対言わされてるなあれは(笑)。牛田なんて地名出されてすぐ理解できるの広島の放送だけだから(笑)。
菅さんは信成も出るし、と信成呼ばわりであった(笑)。

ちょこっとだけでしたが、広島では滅多に無いスケーターの出演なので(笑)、浮かれて記事にしちゃいますよホホホ。


以上です。上記の通り地元では滅多に無いことなので、丁寧に書いてみたら長くなってしまいました(笑)。
現状寝言ですが、旅費がまったく要らない地元のアイスショーは、チケットさえどうにかなれば行けるので、どうにかなることを天に祈るばかりです…。泣。

昨年はチケット即完売だったと番組で強調されてましたが、町田君の最後のプリンス出演だったり復帰したばかりの髙橋君も出演したりと話題が多かったことも大きかったでしょうね。去年は奇跡的に見に行けて、本当に一生の思い出になりました。最後の最後に間に合って良かった、現役引退後の町田君の滑る姿を見届けられた…。

貧民過ぎてアイスショーにも試合にもまったく行けず、観戦鑑賞レポートがまったく書けない状況で、個人的にもすごく物足りないので、せめてこれだけでも見られるよう何とかしてみたいです。

私は夢を追っていて、ずっと下積みの毎日。たぶん、今がいちばん苦しい。未来にも現実にも何の保証もなく、破綻していく生活に押し潰されそうな日々だけど、何故か「きっとあの未来にたどり着ける」と小さな希望の灯りだけが燃えている状況。その灯りに消えて欲しくない。最後まで裏切ることなく信じてくれている人たちのためにも…。その灯りのひとつとして、来年の1月でしたかね、燃えてくれてるといいです。
まあ、現状は寝言なんですけどね。1日の食事が食パン2枚とヨーグルト少しだけ、という状況がこのところ続いてて、さすがにどんどん痩せてきちゃったよ。太るよりはいっか。


ではでは、また次回のつらつら語りでお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu

ジュニアグランプリシリーズ2019 アメリカ大会 雑感⑤

体調が良くなかったため女子のショートは丸々諦めたのですが、フリーも結局あまり回復せず寝ておりまして(泣)。どうにか起き出して最終2グループのみ視聴しました。それでもやはりあまり集中できなかったので、ちゃんと感想の書けていない選手もいます、申し訳ありません。
ではでは、少しだけですが女子フリーの感想をどうぞ。


※注記:
BS朝日でテレビ放送された選手については、お名前の前に★をつけて区別しております。
また、お名前のカタカナ表記は調べるのが大変なので、カタカナ表記が既にある程度使われている有名どころの選手だけにとどめております。お名前の読み方って難しいですよね…。

女子フリー

第5グループ

21:Julia LANG
マラゲーニャ。後半は疲れが出てきたのか乱れが…。ちょっと滑りが止まりそうになってるように見えた箇所も。少し噛み合わない感じもありましたが、ミスなく滑ることができればすごく曲に合った滑りが見られそうなプログラム。彼女自身の動きがどこかパキッとしててカッコいいので。


★22:田中梓沙
緊張したかなあ、動きは少し固いように見えたしジャンプも大きく乱れてしまった。けどアクセルのコンビネーションは幅があって綺麗だったし、最後のスピンも余韻があってとても素敵でした。解説の方が何度も「beautiful」と口にしてたのも印象的。
コーチは田村岳斗氏なんですな。相変わらずイケメン(笑)。

テレビで見るとスピードが凄いなあ。半年で随分背が伸びたのか、男子もだけど女子は特に成長期問題が大きいから何とか乗り越えてほしいなあ。


23:Victoria ALCANTARA
まあ、かわいい衣装。そうか、メリー・ポピンズか。真央ちゃんもこんな衣装でしたね。
三連続ジャンプがしっかり決まった。しかし終盤は疲れてしまったか、ジャンプがパンク…。スピンが正確な印象で、フィニッシュもばっちり曲に合ってましたね。


24:Lucrezia GENNARO
滑り出しがとても雰囲気あってかっこよかったです。お名前はルクレツィアさんかな。
実は体調不良のため集中して演技が見られなかった…。ほとんど感想書けなくてごめんなさい(泣)。


25:Mandy CHIANG
すみません、彼女もあまりちゃんと見られませんでした…。フリーは皆なかなかうまくいきませんね。前のグループで滑った子がずっと暫定1位。
ポニーテールとそれ以外の部分で髪の色が違う。そういう染め方したのかな。


26:Jessica LIN
どこからどう見ても羽生結弦氏の『Hope & Legacy』の衣装…。グラデーションもフリルの感じもそのまんま…。と思ったら曲も一緒か!きっとあのプログラムにすごく憧れてるのね。あれは伝説ですからね…。
冒頭のコンビネーションジャンプ綺麗でした。最後に跳んだコンビネーションも良かった。スピンでも衣装がとても映える。そもそも女子が着るような可憐で美しいデザインの衣装なのだと思い知り、改めて羽生結弦氏の年齢・性別不祥ぶりに震えております…。阿修羅なのに、阿修羅なのにね…←震える声

第6グループ

★27:河辺愛菜
衣装ですぐわかる、ブラックスワン。二つ目のコンビネーション良かったですね、伸び上がるようなジャンプで。スピンもとても華やか。プログラムのせいかもしれませんが、はっきりした強めの華という感じで印象に残る演技でした。
コーチはやっぱり田村岳斗さんなのね。おお、ついに暫定1位に躍り出たぞ!

この子もトリプルアクセル跳べるのか。でも今回は外してた。演技をそこそこまとめられたのは跳べてもアクセル入れなかったからかもですね。それだけ大変なジャンプなんだよね。


★28:Anastasia TARAKANOVA(アナスタシア・タラカノワ)
身のこなしなどからして、明らかにレベルの違う子が出てきたのがわかる。ジャンプもノーミスでしたかね、加点もいっぱいついてるし。実際には回転不足などあったみたいですけど。
いい演技でした。本人もすごく嬉しそう。

印象的な衣装だなと思ったけどフリーダかあ、そう言えばこの曲で滑る選手多いね。変わったスピンが多いと実況。変わったスピンは大歓迎です!←スピナー好き


29:Emily BAUSBACK
彼女もいいジャンプ持ってますね。真っ直ぐ上がっていくシャープな軸。決してパーフェクトな演技ではありませんでしたが、頑張ってたのでは。タイタニック、定番だけど久しぶりに聞いた気も。


★30:Alysa LIU(アリサ・リウ)
話題の子ですね。おお、大人気…!
冒頭いきなりトリプルアクセルのコンビネーション…。次のジャンプの高さ、綺麗な4回転だと思ったらルッツ…?ルッツ…?!えええええ…。すげええええええ←白目
大きなミスは単独のトリプルアクセルの転倒だけでしょうか。後半に跳んでたトリプルジャンプなんてクソ余裕に見える…。
これ何点出すねん。ひいいいいトータル200点超えたああああああ←白目

国際大会デビューだったのこれ?!えええええ…。スローで見ると4回転ルッツが素晴らしく綺麗。4回転見ちゃうとトリプルルッツがつまんないって、こらこら佐野先生(笑)
成長期問題はあるものの、ジャンプの天才ですねこりゃ…。なんかテレビで見るとより圧倒された…。なんやあのルッツ←白目


31:Seoyeon JI
会場がどよめいたであろう凄い演技の直後の登場だったのに、落ち着いてしっかり滑っていて、いい演技でしたね。韓国の選手らしい独特の浮遊感と言いましょうか、そんなものを彼女にも感じました。韓国も次々いい選手が出てきますね。


★32:Yeonjeong PARK(パク・ヨンジョン)
うわあ、かわいい衣装。キラキラぶりも素敵だけど、スカートのデザインがかわいい…。
体調不良再びで(泣)、集中して最後まで見られたわけじゃないのですけど、彼女もなかなかいい演技に見えました。慎重にこなしてるようにも感じたのですが、ミスをしないことも大切ですもんね。
おお、高得点!表彰台だ!採点表に回転不足の表示等もなくて清々しい…。

ジャンプが素直、って佐野先生の解説面白い。アクセルの跳び方が気になるそうだが、気にして見てなかった。今度確認しよう…。


ちょっと無理して見てたので、あんまり集中できてなくてホント申し訳ない。でも無理して見たおかげですごいルッツを目撃できたので良かったってことにしよう。4回転もトリプルアクセルも備えた女子って、ロシアに対抗できる条件を満たした脅威の存在では…。うおお、北京までの女子の戦い全然読めない!熱い!あとは身体の成長とジャンプの技術とが共存できるかどうかだろうか…。

女子の試合でアメリカの国歌聞いたのめちゃくちゃ久しぶりな気がする…。ロシアか日本って感じだったじゃないですか近年はもう…。

テレビではアリサ・リウのインタビューも少し流れたけど、テレ朝が大注目しちゃうのも仕方なかろうな。


フランス大会はわらわらしていてライストを見たのも少しだったしメモも取ってなかったので、全部じゃないですが今シーズン初めてそこそこがっつり試合を見ました。楽しかったー。記事も渋滞してきたし、テレビ放送を待ってからの掲載になってると思うのですけど、今更の内容にお付き合いいただいて本当にありがとうございます。また次回の記事も読んでいただければ幸いです。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu

ジュニアグランプリシリーズ2019 アメリカ大会 雑感④

アメリカ大会の記事はもうしばらくだけ続きます。本日もよろしければ最後までお付き合いください。


※注記:
BS朝日でテレビ放送された選手については、お名前の前に★をつけて区別しております。
また、お名前のカタカナ表記は調べるのが大変なので、カタカナ表記が既にある程度使われている有名どころの選手だけにとどめております。お名前の読み方って難しいですよね…。

男子フリー②

第3グループ

11:Matyas BELOHRADSKY
凝ってて面白い振付。後半になってもスピードが落ちなくて、その流れの中で次々に決めていったコンビネーションジャンプが素晴らしかった。リンクサイドのトマシュの笑顔にもやられました…。すごく嬉しそうだった…。個人的にいちばん男子が面白かった時期の選手たちが次々コーチになっていって、キスクラで相変わらず素敵な姿を見せてくれるのも嬉しいですね。


12:Matvei VETLUGIN
本日二人目のグレイテストショーマンでしょうか。うう、ジャンプの転倒がちょっと痛かったか。序盤は小気味良い振付なども見えて調子良くいけるかと思ったのですけどね。


13:Beres CLEMENTS
決まると流れのあるいいジャンプ飛べてたんだけど、転倒が2回か、上位は厳しいか。全体的にふわふわとして不思議な雰囲気のある滑り。重めの曲なのに重くなりすぎずに聞こえるくらいの。


14:Jaeseok KYEONG
この曲も本日2回目ですね。確かに滑りやすそうな曲のような気がするわ。
冒頭のコンビネーションジャンプから綺麗だったけど、しっかりまとめあげて頑張ったんじゃないかなあ。ラストのポーズが曲にピッタリのバッチリで、カッコ良かったです。


15:Ryan DUNK
ああああ、冒頭のアクセルが抜けてしまった…。きっとトリプルだよね(泣)。しかし、スピン、ステップ、ダブルアクセルと畳み掛ける終盤は素晴らしかったです。ミスなんて忘れさせちゃう。
今日も解説がスピン褒めてる。彼のお気に入りなのか。ステップ入る前のスピン素敵だった…。

第4グループ

★16:Gleb LUTFULLIN(グレブ・ルトフリン)
冒頭美しかったですね…!あまりに自然で4回転だと気付かなかった(汗)。選曲も月光と、ロシアのスケーターの独特の美が堪能できるチョイス。演技は決してパーフェクトではなかったですが、最後まで目を離させない魅力はあったと思います。キスクラのミーシンの存在感(笑)。

テレビで見ても序盤の演技がやっぱり美しかった。演技はまだジュニアのそれだし、後半は疲れてたけどこれからだよね。ラストのラストがジャンプって、リスクもあるけどカッコいいプログラムですよねえ。


17:Joseph KLEIN
ジャンプがちょっと詰まり気味に見えたかな。しかしそれ以外は、スピード感や正確なスピン、めちゃめちゃ反るクリムキンイーグルなど、とても密度の濃い演技で良かった。キスクラでの表情はまだあどけなくてかわいいですね。


18:Ilia MALININ
ああああ、ループが抜けてしまった…。それ以外はすごく良かったと思います。まだ演技はジュニアっぽいけど、見た目もまだ本当に子供でかわいらしいので違和感ないかも。スローで見るとジャンプ綺麗だな…。ん?タチアナ・マリニナさんの息子さんなの?


★19:佐藤駿
冒頭から4回転が3本。ジュニア…?コンビネーションも単独も4回転トゥループ綺麗だった…。トリプルアクセルのコンビネーションも良かったけど、少しずつ乱れもあり、もう最後のルッツは体力もたなかったかな。切なさを感じるロミオで、完成形が楽しみになりますね。
さすが4回転3本は大きい。メダル確定。あとはその色!

佐野先生が言うとおりシニア並の構成ですよね。今年の全日本にもきっと出場するだろうし台風の目になりそうだなあ。インタビューが初々しい…。


★20:Stephen GOGOLEV(ステファン・ゴゴレフ)
トリプルアクセルと4回転サルコウという難易度の高いジャンプが冒頭に続くのだが両方転倒。ラストのスピンにもミスが出ていた。6分間練習でも転倒してたけど、調子が良くなかったのかな…。しかし全体的なレベルの高さはやはりひしひしと感じましたね。
時々プルシェンコっぽく見えたのは金髪と黒手袋のせいだな。衣装が練習着ー!
おお、ギリギリでミーシンの生徒の子をかわして2位。

佐野先生、衣装っぽくないってそれ禁句(笑)。6分間練習で「なんか大人っぽくなった」って言ってるのも茶の間っぽい(笑)。身長8cmも伸びたのか、身体の成長が影響したのでは、ってやっぱり分析されてるな。ジャンプの軸の取り方とか乱れてたって、茶の間っぽいけどちゃんと見てらっしゃるよねやっぱり。


てなわけで佐藤君が優勝!すげえ、日本男子2大会連続の快挙ですね!表彰式も見たけど、写真撮ってる間に君が代が流れ始めたように見えたぞ(汗)。周回で、日本とロシアは大きな国旗があったみたいなのに、ゴゴレフ君が手渡されてたカナダ国旗がちっちゃい手旗みたいなのでかわいくて笑ってしまった。日本だったら絶対誰か客が持ってるのにね(笑)。

アメリカ大会の記事も次回で最終回です。次回は女子の試合の記事でお会いしましょう。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu

ジュニアグランプリシリーズ2019 アメリカ大会 雑感③

本日もISU公式のライブストリーミングで視聴。体調がかなり良くなかったので、女子やアイスダンスも見たかったのですが諦め(泣)、男子も無理すまいと思いはしたのですけど、ショートは見られたんだから何とかフリーも、と頑張って見届けることに決めました。
これ打ってる今、最後までもつか心配ですけど、何とか感想を綴っていこうと思います。よろしければショートに続いてお付き合いくださいませ。


※注記:
BS朝日でテレビ放送された選手については、お名前の前に★をつけて区別しております。
また、お名前のカタカナ表記は調べるのが大変なので、カタカナ表記が既にある程度使われている有名どころの選手だけにとどめております。お名前の読み方って難しいですよね…。

男子フリー①

第1グループ

1:Muhammad Dwi Rizqy APOLIANTO
ジャンプやスピンに大きなミスも見られ、決していい演技ではなかったのですけど、指先の気の払い方とか、うまく降りたジャンプの柔らかさとか、ものすごくいいものを秘めてる選手だという感じがひしひしとしましたね。次の機会が楽しみになる。


2:Ze Zeng FANG
最後まで初々しい雰囲気ですごくかわいかった。頑張ったねえ、って声かけたくなっちゃう感じで。アクセルはイーグルから入った?見間違いだったらすみません。


3:Harrison BAIN
フリーもきらびやかな衣装。右足のデザインも凝ってる。
ジャンプは転倒もありいい出来ではなかったのだけど、スピンがとにかく素晴らしかった。柔軟性を活かした個性的なポジションがいっぱいで、スピンだけでこれだけ盛り上げられそうな選手なかなかいないのですごく面白かったです。


4:Pagiel Yie Ken SNG
冒頭のサルコウ、すごく綺麗でいいジャンプだった…。わりと高さのあるいいジャンプが跳べそうな印象のある選手なので、今後の成長が楽しみになってしまいました。まだ本当に少年という感じでかわいらしい。


5:Heung Lai ZHAO
見た目上は大きなミスなくしっかりまとめられてたんじゃないかな、特にジャンプ。後半はスピードが無くなってきて心配しましたが。ありゃりゃ、ステップレベル1か。曲が特に盛り上がりなく終わってしまうので、あれれ、これでラスト?とちょっと面食らった…。
キスクラ今日もひとりかあ…。ひとりでも頑張ったね。

第2グループ

6:Darian KAPTICH
フリーでもキラキラしたディスコみたいな衣装。髪型がアフロだと似合う衣装が限られてくるのか。意外とフリルとかいけない?(笑)
彼もスピンが面白い。フリーでも入ってたビールマンにドーナツ、身体柔らかいのね。せっかくの個性の固まりみたいな素材だし、すんごい弾けたプログラムとか見てみたくなりますね。キスクラ座ってるとさらにインパクトがすごい(笑)


7:Casper JOHANSSON
音が鳴った瞬間にわかる曲、ロクサーヌ。まだ13歳ととてもかわいらしい子なのでギャップがなかなかでした。スウェーデンの男子と聞くとどうしても不思議な編曲とか衣装とか諸々を連想してしまいますが、普通だったのでちょっと安心した(笑)
ん?キスクラいるのマヨロフ?


8:Nikita KOVALENKO
滑りが美しい。なので演技に流れがあって、ステップなんて見入ってしまった。レベルは2だったけどさ。滑りがいいのでジャンプも決まるとなかなか見映えしますね。ちょっとこの子将来が楽しみ。


9:Mykhailo RUDKOVSKYI
冒頭のジャンプ美しかったですね、湖面に落ちる雨粒みたいで。ミスはありつつも終始静寂の雰囲気を保ててたと思うのですけど、ラストのスピンは完全に曲に遅れてしまいましたね。タイムバイオレーション大丈夫かしら。あ、やっぱ取られてるね…。


10:Fang-Yi LIN
東洋の美を感じさせるアジアの貴公子みたいな雰囲気の子なので、トゥーランドットはとても似合う…。演技にも不思議な浮遊感があって気になる。コンビネーションで跳んだルッツすごく綺麗だったのに、セカンドで壁にぶつかりそうになってて惜しかった…。


本日はここで一旦終了です。続きはまた次回に。次回の記事も読んでいただければ幸いです。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu