うさぎパイナップル

ただ、書くことが好きなだけです。

Stars on Ice Japan Tour 2011⑤

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp

 

第二部の開始もグループナンバー。…ってこの歌…、KinKi Kidsかい。日本語の歌とはびっくり。日本公演だから当然と言えば当然なんだけど。
「Heyみんな元気かい」に合わせて、カウボーイ姿の男性陣が踊ります。最後に全員が並んだ時のカート、おいおいおい下ネタかい(笑)。でもこのオヤジ面白過ぎる。まさに一流のエンターティナーだな、とショーの間中感心しっぱなしでした。
しかし、何ゆえKinKiだったのか?別にいいけど(笑)

さて、確かここでまたまたスケーターによる選手紹介があったはず。紹介していたのはトッドかな?うろ覚え…。
滑り出してきたのは安藤美姫。やはり日本人選手には大きな歓声が沸きますな。
この日のお客さんはどうやら「高橋君と真央ちゃんが出るから見に来た」という感じの方が多かったようで、客席は割と静かで、国旗を振ったりスタオベしている人は少なかったです。ひとりで一生懸命にアメリカ国旗を振ってる人を応援したくなったくらい(泣)。本田君や荒川さんに至っては知らない人も多そうな感じでした…(泣)。
昨夜のニュースで、アランフェスを滑る安藤さんが紹介されたので、今日もそれかなと期待したら、今回は長野でも滑っていた白い衣装のプログラムでした。
安藤さんも羽生君同様、春からのスケート行脚の旅で私が鑑賞したすべてのショーに出演していて、たぶん生で見た回数としては彼女が最多なのですが(昔々に行ったエキシビションも含めると)、ここまで見応えのあるスケーターに成長するとは思ってなかったです。いつまで現役を続けるのかわかりませんが、もし引退すれば、一番需要のある日本人プロスケーターの座は彼女の元に落ちてくるだろうなと思います。

続いてコールされたのは…
8年待ったよ、この瞬間を。
茶色の髪。赤いパーカーにサングラス。
ジェフリー・バトルの登場。
何だかもう、胸が一杯であんまり覚えてないです(泣)。
あんまり調子が良くなさそうに見えたけど、あの美しいスケートは健在でした。
衣装も地味だし、音楽もいつも難解な曲を選んでいる気がするジェフですが、そんな全然飾らないところが好きなんだけどちょっとだけ勿体ないなとも思います。でも華が無いわけじゃないんだよね。大輪の花ではないけれど、ひっそりとしっかりと咲いている、そんなイメージの人。
ああ、もっと近くで見たかった。その滑りも、岩も溶かすと呼ばれたあの笑顔も。自分がどれだけ彼のファンなのか思い知らされた大阪の2時間でした。
今度は絶対絶対もっといい席でジェフを見よう。また記憶が飛びそうだけど(泣笑)

ジェフに会えた感激でぼんやりしていましたが、次に登場したスケーターも楽しみにしていたひとり。サーシャ・コーエン
黄色の衣装で、遠目にも目立つサーシャ。小柄でかわいらしいんだけど、気位の高い猫のようで、魅力的な人だなあと思います。バンクーバーで復帰できなくて残念だったけど、ここでお会いできて嬉しかったわ。
ああ、やっぱりジェフのおかげでコーエンの記憶が飛んでいる(泣)

記憶ぶっとばしの原因は、次に滑った人が濃過ぎたからでもあると思う…。
シルクハットにステッキ。面白過ぎるオヤジ、カート・ブラウニング登場!
ちょっと何だよこの曲!お前の喋りが延々と入ってんのかよ!(笑)英語だからよくわかんないけどさ(泣)、「黙れスケートしろ」って自分で突っ込んでるよコレ大爆笑なんだけど!訳が欲しい(笑)
でも笑わせてくれるだけじゃない。この人40過ぎてるよね?何この滑り…。これ相当鍛練してるんだろうなあ。しかも若いうちには出せないだろう味わいまで。
現役時代は全然知らないけど(きっと髪の毛がふさふさしていたんだろうな…って失礼だよ←笑)また見たい!と思わせたスケーターでした。ステファンやジェフも、彼のように長く長くリンクの上にいて欲しいです。
この個人演技の時だったかどうかはっきり覚えてないのですが、お客さんを「You are cute」とか言いながらいじってました(笑)。ショーはこれが楽しいよね。

続いては、ジェイミー・サレー&ディビッド・ペルティエ。論争を巻き起こしたソルトレイクオリンピックのダブル金メダルペアの片方です。
あの時は、技術点ではちゃんとこちらのペアが勝っていたけど、芸術点で上回ったロシアのペアが金メダルだっただけなのに、って感じの話を確か五十嵐文男さんがされていて(雑誌だったかテレビだったか忘れちゃったけど…)、勿論五十嵐さんの話が100%正しいという保証はないんだけれど、でも色々すっきりしない結果だなあ、と思っていたので、あまりいい印象のないペアだったのですが…。
凄かったよ!
ソルトレイクから9年経ってるとは思えない。ダイナミックでスリリング!お客さんからも「おお~」という驚きの声が上がってました。実にショーらしい、魅せるプログラムでした。楽しかったー!すっかり印象変わっちゃいました。

第二部はもう少し続きますが、以下次号!