うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

ロシアフィギュアスケート選手権2019雑感④

3月の無料放送ありがとうスペシャルもついに最終回でございます。エキシビション後半の感想をどうぞ。

エキシビション

14:アルチョム・ティマキン
地元枠スケーター。須本君のフリーの曲ですなこれ。なんかすごい堂々としてて好きな演技だったわ…。
チマキンに聞こえたけどティマキンって表記する方がいいよねきっと、間違ってたらすみません。


15:ソフィア・エフドキモワ&エゴール・バジン
衣装かっこええええ、超マイケル。途中で上着脱いじゃうんだけど、脱いだら脱いだでかっこええええ。これは盛り上がりそうですな。ずっと同じ相手と組んでるんだ、確かに珍しいかも。


16:アリーナ・ザギトワ
髪を縛って上着を脱いで、これからスナイパーとして一仕事するのか。最後はミッションコンプリートしたのかな。勝手なイメージですけどどっちにしろカッコいい。
5位という結果には私もびっくりしたけど、解説やっぱり優しい…。このブログもその方向性を見習って書いていきたいなあ。


17:ナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・エンベルト
このプログラム好きです、大好き。また見られて嬉しい。ザビアコさんの氷のような美しさがいいんですよねー。最後まで心を開かない感じで。この空気は日本のスケーターには出せないだろうな…。


18:アリョーナ・コストルナヤ
そう言えばエキシビション見るの初めてかも。女の子は成長過程が難しいけど、表現面ではシニアに混ざっても見劣りせんだろうな。
きええええスピンで足元映すのやめろおおおおお!スピンが超素敵な選手なんだから全体を見せてくれええええええ!


19:アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン
ステパノワさんの素晴らしいスタイルに釘付けでした。生まれ変わったらあんな体型になりたい…。今生では無理…。
そうか、オリンピック出られなかったんだよね、ロシアにはいろいろ疑惑があって…。北京には無事出られたらいいな…。


20:アレクサンドラ・トゥルソワ
こうして見るとまだ本当に少女なんだけど、エキシビションで跳ぶジャンプですかあれは!あの高さなんですかああああ!パネエ!とんでもねえええええ!表彰台のジュニアの女子は個性も三者三様でいいですな。


21:マキシム・コフトゥン
もしかして今シーズン初めてコフトゥンを見たかもしれない…。ロシアの男子は「やればできるだろうに」って選手が多い気が…する…。ううみんな頑張れ。いいジャンプ跳んでるなあ、うんうん。
解説がこれまためっちゃ優しい。その競技の演技見たかった。


22:アンナ・シェルバコワ
彼女もシニアに上がってくるのがすごく楽しみな選手。もうこのエキシビションも掴まれる。エキシビションとは思えないほどのスピード、ジャンプ、美しいスパイラルに語りかけるような手のひらの表情…。素晴らしい。


23:ヴィクトリア・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ
待ち合わせにドレスアップして現れた彼女か、それともバーでたまたま会ったのか。すっっごい見てて贅沢な気分になれるプログラムだよねえ。えっ、リアルカップルなんだ彼ら。そうか、その空気が演技にも出てるのね。


フィナーレ。選手が登場した順に出てきて、得意技や個性の引き立つ技を披露。こういうのもいいですね。シンクロの皆さんだけいなくて残念。
てか主要大会で表彰台に乗ってるような選手ばかりで、名前を聞いたことないのは地元枠のスケーターくらい。すっっっっっっげえ豪華。これ現地に観に行ってもいいレベルじゃ…。
いやー、超眼福でした。無料放送ありがとうございます!見て良かったあ…。


ロシア選手権の感想はこれにて最終回。最後までお付き合い頂いた皆様ありがとうございました。明日も何らかの記事をコツコツとアップしておりますので、また目を通していただければ幸いでございます。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu