うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

Christmas on Ice 2016③

※この記事は1年以上経ってからようやく執筆にこぎつけました。その後も延々と寝かせ続け、やっとお日様の下に出てこられたという悲劇(汗)のシリーズです。いつの話してんだという内容ではございますが、このブログはわりとそういう記事に支えられてきたブログだったりしますので、あと少しだけこの今更シリーズにお付き合いください。書いたのは遥か昔ですが一応初出です。寝かせてただけ(汗)。
↓↓↓↓↓↓↓↓


横浜駅に到着すると、改札でAさんと落ち合う。本日もお世話になります。ここに来られているのはあなたのおかげです…。申し訳なさすぎる(泣)。

早速ホテルに荷物を預け、昼時なので食事に向かいました。
新横浜に来る度に気になっていた「つばめグリル」に入店。昨年フレンズ・オン・アイスの際にもここで食事をとったのだけど、あまりの金欠で確かポテトサラダかなんかしか食べられなかったんですよ(泣)。だからリベンジです!
目玉焼きののったハンバーグと、サイドメニューにチーズのかかったじゃがいもと、牛肉とじゃがいもの料理を注文。ハンバーグ以外はAさんと半分こしたのだが、ハンバーグの付け合わせにもじゃがいもがついていたので、見事にじゃがいもだらけ(笑)。じゃがいも大好きだし(むしろじゃがいも以外のいもはすべて大嫌い過ぎてまったく食べられない)すごーく美味しかったけど、めちゃくちゃおなかいっぱいになった(笑)。当たり前だ(笑)。

ゆっくり食事を楽しんでからホテルにチェックイン。高層階なので素晴らしい景色である。天気もいいので最高の眺め。
今回のホテルはAさんが手配してくださった。本当にありがとうございました(涙)。

しばらく部屋でのんびりしてパンパンのお腹を落ち着かせてから(笑)、新横浜スケートセンターへ足を運んだ。会場の外でパンフレットを販売していたので購入。えっ、2500円?たっっか!!手提げ袋が付いてたからかもしれないけど、袋なくてもいいのでせめて2000円に…。しかも簡単なプロフィールくらいしか書かれてなくてただの写真集みたいだし。うーん、過去最高にぼったくり感が(泣)。それでも記念に買っちゃうんですけどね。とほほ。
舞ちゃんは急に出演が決まったのか1枚もののリーフレットが挟み込まれていました。手提げ袋は赤と白の2色あって、Aさんが赤を買われていたので私は白を選んでみました。

立ち見なのでそこそこ早めに来場したのだが、特に立ち見用に別の列を設けたりはしていないらしい。しばらく並んでいると入場待ちの列が動き始めた。開場時間だ。
そこそこ早めに到着したつもりだったが、狙っていた南は既に人で溢れかえっていた。仕方ないのでロングサイドの中央付近を陣取る。演技を全体的に見るならロングサイド真ん中がいちばん見やすいのでこれはこれでオッケー。

開演まではまだまだ時間がある。よく見ると皆さん膝掛けやバナーを手すりにかけて場所取りされていた。我々もそれにならって布類を引っ掛ける。今回はAさんもご一緒に立ち見。わーい楽しい。
場所もキープできたので食堂で温かい日本茶をいただきながら休憩。ふー、ぽかぽかするし美味しい。そう言えば新横浜スケートセンター、改修工事したんだっけ。食堂が綺麗になってたような気がしたわ。勘違いかもしれないが。

のんびりお茶を味わってからリンクに戻る。立ち見のできる通路は氷からそれなりに距離があるからだろうか、あまり寒くない。新横浜スケートセンターは死ぬほど寒い会場、という印象だったんですけど。これからじわじわ冷えてくるのかな。
立ち見は足が疲れるけれど、新横浜は狭い会場なので十分よく見える。早めに会場入りすれば好きな場所も選べる。大金を払って端に座るよりはもしかしたらずっとお得かもしれない。端でも新横浜なら見やすいかもしれないが。しかも後ろがいないのでスタオベに気を遣う必要もない。むしろスタオベしっぱなしである(笑)。もちろん体力が必要とか、最後列の椅子に座っている人がスタオベするとリンクが見えないとか、安いなりの理由はあるんだけど。てか立ち見ならもっとチケット安くてもいいんじゃないかなと思う。10年以上前に新横浜で立ち見した時の料金は2000円だったですけど(汗)。

長らくお待たせいたしました、いよいよクリスマス・オン・アイスが開幕します!以下次号。


noteも毎日更新中↓
note.mu