うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

カップ・オブ・チャイナ2019雑感④

ドキドキの男子フリーです。ボーヤンが本命かと思いましたがわりと不調なので、全然表彰台の行方が読めません。刑事君は大チャンスだと思うしハンヤンの優勝なんて展開もあり得るわけですし。そんなに大幅な点差もないのでホントドキドキ…。ショートで3桁叩き出しちゃうあいつらはやっぱり宇宙から来てるんだなと実感しているよ…。

男子フリーも生放送。まさに6分間練習を見ながらここを書いてます。多少なりともこのライブ感が伝わっていただけてたら嬉しいな。ではでは、よろしければ最後までお付き合いください。

男子フリー

第1グループ

1:チーイー・ツァオ
赤い衣装が映えますね。男子の皆さんは、シンプルでもいいのでせめてこれくらい衣装感のある衣装で滑って欲しいかも。と言いつつも普段着衣装もそれはそれで面白いんですけど(笑)。
うーん、冒頭のトリプルアクセル、綺麗に回れたかと思ったんですけどね。なかなかクリーンには降りられませんでしたが、最後まで頑張ってジャンプ跳んでましたし、コレオでジャッジの前を滑って行くときもいい表情してましたね。
コーチはアンソニーリュウさんなんだ。お久しぶりにお見かけする気が。


2:コンラッド・オーゼル
4回転3本の構成。しかし冒頭のルッツはトリプルに見えたなあ…。やっぱりトリプルか。トゥループは本当に何とか降りていましたが、2本目をコンビネーションにできて良かった。アクセルが全然決まらなくて、ちょっとここは得点的に厳しいか。
最初からスピードが無くてちょっとハラハラしましたけど、最後まで滑り切れて良かったです。ちょっと苦い経験になったかもですが、これを活かして次回はいい演技できますように。
しかし、衣装見ただけで何の曲か分かるようになってきちゃったなあ。映画や舞台を知らなくても。よく似合ってますね。白いシャツにベストの衣装は男子の定番だけど、やっぱり素敵ですよね。


3:チャ・ジュンファン
4回転トゥループ降りた!4回転サルコウはかなり減点されるジャンプでしたし、前半は乱れもありましたが、後半がとても良かったですね。トリプルアクセルが2本とも綺麗に決まったのは大きいはず。
昨シーズンは演技全体を通してもっと身体を正確にコントロールできてるイメージだったのですけど、今シーズンは少しそれが重そうに感じる。それでもこのフリーは頑張ってたんじゃないかな、本来はこれくらい滑れる選手だという。
衣装なかなか素敵ですね、アップになると細かい飾りも綺麗で。


4:アンドレイ・ラズキン
4回転ルッツは両手をついてしまったけど、最大限に減点されてはいないのね、速報だと。次の4回転は転倒。ジャンプはなかなかクリーンに行かなかったか…。
アランフェス協奏曲、久しぶりに聞いたような。男子では近年あまり使ってる選手いない気がしないでもない。
佐野先生、4回転になるとルッツの方が跳びやすいのでは、って話ここでもしてるな。前々からそういう説唱えてたような。


5:ブレンダン・ケリー
4回転トゥループ綺麗でしたねえ…!このまま行ってくれるかと思いましたが、うーん、パンクしたジャンプもあったりとミスもちらほら…。綺麗なトリプルアクセルも跳んでたし、コミカルな振付も楽しめるのですが。そして衣装が似合うんですよ、水玉のタイもいい。同じグループで刑事君と曲がかぶるのね。っていうか続くのか!


6:田中刑事
世界各国のシャーロック先生が続くよ。素敵衣装が続くので私は嬉しい。
冒頭の4回転サルコウ、流れが止まっちゃったかと思ったがコンビネーションに。単独の方がトリプルになってしまったのと、後半のアクセルがパンク。4回転トゥループも降りたと思ったけどステップアウト。コンビネーションジャンプはどれも綺麗だったし、ステップも良かったですけど、うーん、スケートカナダのような得点にはならないか…。
悩みながら事件を解決するってあたりがちょっと日本人っぽい。金田一とか。ケリー君はもう西洋のホームズそのものでしたが。そういう振付や解釈などの違いも面白いですね。
演技後にめちゃくちゃ叫んでる男性の観客がいて気になった…。田中刑事かっこいいいい!とか叫んでない…?大ファンの方?気持ちはめちゃくちゃわかりますが落ち着いてください、めちゃくちゃわかりますが(笑)。

第2グループ

7:カムデン・プルキネン
前半のジャンプ4本がいずれも綺麗に決まらなかった。パンクや転倒などで。後半のジャンプはしっかり跳べていたのですけど、ちょっとこのミスは得点的に厳しいな…。とても美しいプログラムなので、ミスなく滑ることができれば非常に情感豊かに観客を引き込むことができたでしょうから残念です。シニアの洗礼ですね、こんなこともある…。うーん、得点伸びなかった…。


8:キーガン・メッシング
冒頭のルッツはトリプルに。いつもトリプルになっちゃうけど、綺麗なルッツですよね。4回転トゥループは2本とも綺麗に決まらない。最後のトリプルアクセルは転倒してしまった。いつものようにスピードもあったし、コレオのイーグルなど盛り上がりも素晴らしかったんですが、少しミスが多くて微妙な演技になってしまった。いつものキーガンの空気みたいなものもちょっと緊張感にかき消されていたかもしれない。それでも暫定1位!底力あるな、やっぱり。


9:フー・ジャン
ここから中国の男子が3人続く。なかなか熱い展開。
そうか、4回転は構成に入れてないのか。それならノーミス演技は必須になってしまうが、多少着氷乱れが見られた。それでも大きなミスはなく、最後までまとめた演技にはなってたんじゃないかな。想いみたいなものは何となく感じることができましたよ。


10:ボーヤン・ジン
4回転ルッツ!ルッツ降りたああああ!ボーヤンのルッツは「えげつない」のでもう大好き。久しぶりに綺麗に決まったのでは…?
4回転が1本パンクしましたが、それ以外はとても良かったと思います。これだけいいボーヤンは平昌以来くらいでは…?ラストのポーズを取る前にはちょっとつまずいてしまいましたが、佐野先生はそういう振付、と言い張っている(笑)。その適当さがこういう時には暖かいですね(笑)。…でも転倒の減点ついてるね、最後につまずいたとこの減点だよねあれは(泣)。
はいはい、高得点出ましたよー!ボーヤンは北京までにもっと化けてくるんじゃないかと私は勝手に思っている。


11:ハン・ヤン
ポケットに手を突っ込んで滑っても様になるのは滑りの達者な選手だけでしょうな。コレオやステップでもそれが繰り返されるのだけど、コレオがとにかく素晴らしい。あれは足元の技術がなければできないんだろうな。
前半のジャンプは最高だった。夢のように美しいジャンプ。後半になると乱れが出て来て、最後のトリプルフリップは手をついたが、転倒などの大きなミスはなし。4回転が入っていないので、とにかく要素の質が高くなければ点が出ない。その質の高さを見せつける得点。表彰台確定!
ああ、ハンヤンは生で滑りを見たいスケーターなんだよ実は。試合に戻ってきてくれて本当にありがとう!北京オリンピック行きたいいいい。


12:マッテオ・リッツォ
冒頭のループは4回転の予定だったのかな。トリプルだけど綺麗。4回転トゥループトリプルアクセルも綺麗。基礎のしっかりした選手なので決まるととても綺麗ですね。前半は素晴らしいペース。
後半のトリプルアクセルの転倒くらいかな、大きなミスは。ステップも腕の振付が印象的で、安心して見られる演技という感じ。うんうん。
トリプルアクセルくらいでは、と思ったけど意外と点伸びてない?ルッツにアテンションだし4回転も1本だけだしな。でも3位、表彰台確定!


終わってみれば、復調の兆しが見えたボーヤンが優勝。やっぱり本命でしたな。ハンヤンの2位にスケオタは皆涙したことでしょう…。ハンヤン表彰台だったら明日は美味しいものでも食べるか、と勝手に決めていたのですが、本当に美味しいオムライスとソフトクリームを食べてきました(笑)。たまたま予定があっただけなんですけどね(笑)。
ファイナルまであと2戦ですが、ファイナルのメンツの行方が何だかよくわからなくなってきたような…。ロステレコムの結果次第では荒れそうですな。まあ、ドキドキしながら待ちましょうか。これが載る頃にはだいたい決まってるかもしれませんが、どういう結果になってても全力で応援したいです。

ではでは、次回はエキシビションの記事でお会いしましょう。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu