読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎパイナップル

ただ、書くことが好きなだけです。

Fantasy on Ice 2011 in Fukuoka②

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp

 

そんなこんなで迎えた出発当日。
あいにくの大雨で、ずぶ濡れになりながらも無事バスに乗車。
おお、4列シートだけど結構広いじゃん。隣もいないし快適快適←何故か2人分席を押さえているのに、私とAさんは通路を挟んで隣り合わせで、Aさんは誰かと相席だったという…。意味不明…。

福岡に到着した頃には雨は止み、だんだん太陽も顔を覗かせはじめました。
とりあえずホテルにチェックイン。…想像以上に大きくて立派なホテルで、実はちょっと慌てた…(笑)
Aさんが持参したパソコンで色々調べてくれて、近くのラーメン屋が美味しいとの情報を得、遅い昼食を取りに向かいました。
これが、ほんっとに美味しかったの!一緒に食べたチャーハンもすごーく美味しかったのー!ホント大満足でした。
…なのに、あんなことになるなんてねえ…(遠い目)

夜はもつ鍋に行く予定にしていたので、この満腹状態を何とかしないと(笑)ということで、周辺をぷらぷら探索することに。
この日は某人気漫画のイベントがあったようで、人気漫画に登場する帽子の人(大人も子供も…)が指折って数える程いました。ラーメン屋の客もほとんどそのイベントの帰りっぽかったです。翌日も某人気漫画イベントに長蛇の列ができていました。恐るべし某漫画←実はほとんど読んでない
それから、ちょうど博多祇園山笠の時期だったので、飾り山笠を見学することもできました。これ、すごく面白かった。いくつか見て回りたかったのですが、まあ、あんなことになっちゃったんで(遠い目)

ゲーセンのお菓子引換券をもらったので、何となく入ってちゃっかりお菓子をもらい(笑)久々にキャッチングにチャレンジしてチロルチョコをゲットしてみたり(←絶対取れそうな台があったから)、お土産を見て回ったり、それはそれは楽しく過ごしていたのですが…

自分の体調がおかしくなったことに気付いて、とりあえず休憩できる場所を探す私。歩いているうちにもどんどん気分が悪くなってくる。
これはダメだと判断する事態に陥ったため、Aさんに電話で断ってホテルに戻ることにしました。ホテルからあまり離れていなくて良かった。
あんなに美味しかったラーメンなのに、こってりし過ぎていたのか単に食べ過ぎたのか(でもそんなに量があったわけじゃない…)、私の胃は受け付けられなかったようです(号泣)

部屋で横になっても苦しさは治まらず、ひたすら唸り続けながらも予感がしてテレビをつけておりましたら。
あ、あの話の内容は…と力を振り絞って起き上がると、画面には羽生君・安藤さん・荒川さん・佳菜子ちゃんが!ローカルコーナーでショーの宣伝をやっていたのでした。日本人ばっかりのメンツで何故織田君がいないの?と不思議に思ったのだが、その理由は後ほど判明。
ステファンは全然映らなかったけど、部屋にいなければ見ることはなかったので、ラッキーだったかも。
部屋にいた理由はアレだけど(泣)

Aさんは一度戻ってきたのですが、私が回復の見込みなしだったためひとりで映画に行かれました…。ご、ごめんよおおお(号泣)。もつ鍋…もつ鍋…←でも翌日行ってきたみたい。良かった
映画から帰ってきたAさんはリラックマの巨大枕を抱えていました(笑)。ゲーセンでキャッチングしたらしい。素晴らしい抱き心地で、私が何とか翌日に復活できたのはこれのおかげかもしれません(笑)

まだうっすら気持ち悪かったけれど、翌朝は無事起き上がることができてホッ。恒例行事「手紙をホテルで清書」が行えて良かったです←学習能力皆無…
Aさんはいつの間にか何か食べていたようですが、たぶん胃の中がからっぽだった私は懇願して会場行きのバスに乗る前に朝食を取らせてもらうことにしました。朝食つけてなかったんですよ。つけてても絶対ほとんど食べられなかったけど…。
時間的にマックやスタバくらいしか開いてなくて、ファーストフードはまだ体調的に無理だと判断したためスタバへ。

店内には一組若者グループがいるだけでまったりした空気。空いていたので店員さんも朝のおすすめメニューを教えてくれたりして、でも赤パプリカをトマトと見間違えて「トマト抜いてください」と頼む私に店員さんも普通にトマトと間違えたりして(笑)←トマトじゃなかったから食べました←お前…
腹ごしらえも済ませたところで、いよいよマリンメッセに出発です!

以下次号。