うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

グレードアップ・アップグレード

実は、一家総出で旅行したことが一度もありません。盆と正月は父親の田舎に滞在していましたが、それは旅行じゃなくて帰省。準備のことで必ず親は喧嘩していたし、そんなに楽しいものでもなかったです(悲)。旅行っていうのは非日常を味わうもので、日常と地続きの帰省を旅行とは言わないと私は思ってます。

となると書くことがないので(汗)、せめて兄弟と旅行した時の話でも。これも旅行というほど観光とか色々したわけじゃないですけど、帰省よりはずっと旅行なので←変な日本語


夏のある日、私は兄弟ととある場所に滞在しておりました。予約していたホテルにチェックインすると、フロントのお姉さんがこんなことを言うではないですか。

「本日は特別なお部屋をご用意させていただきました」

部屋をグレードアップしてもらえることはたまにありますよね。シングルで予約してたのにツインにしてくれたり、普通の部屋だったはずがレディースルームにしてくれたり。でもまだこの頃の私は、そういう体験をほとんどしたことがなかったんじゃないかと思います。

どういうことなんだろう、とドキドキしながら案内してくれるホテルの人についていくと、何だかちょっと特別っぽい場所に本当に入っていく。えっ、どこに行くのこれ?特別な部屋ってホテルの布団部屋とかじゃあるまいな(笑)?

そうこうしているうちに、どうやら部屋に到着したようです。明らかに普通のフロアではなく、不審そうにしている我々を前に、お姉さんがドアを開けてくれます。


一目見て唖然。

ひ、ひ、ひ、ひひひひ広い!

そこは我々が予約したはずの普通のツインではありませんでした。リビングルームとベッドルームに分かれた広い室内にはキッチンも備え付けられています。あとから確認したことですが、お風呂もホテルには珍しくトイレと別になっていて、ちゃんと洗い場がありました。

思わず顔を見合わせる我々に気付いたお姉さんは、たぶんちょっとニヤッとしてたと思います(笑)。ずっと不審そうにしてた上に明らかに驚いてたので、反応が素直過ぎて面白かったんでしょうね(笑)。たぶん私でも笑っちゃうと思います。それくらい私たちは唖然としていたのです(笑)。


ホテルのお姉さんが去って行った途端、
「うわーーーーーーーーーーい!」
と叫びながらベッドにダイブする兄弟。
テンション爆上がりやんか、お前(笑)!

いやー、それくらい広かったんです。ホテルの部屋というよりちょっと立派な1LDKくらいの印象でした。確か憧れのアイテム「バスローブ」もあった気がするんだけど、これは私の妄想かもしれない(笑)。結構あちこちうろうろしてるので、記憶も混ざっちゃってますしね。

でも、お風呂とトイレが別だったのは確か。これがいちばん嬉しかったんですよ私。部屋は狭くてもいいから風呂だけは綺麗じゃないとイヤなんですよー!たぶん、この時のお風呂がいちばん満足いったかも。
せっかくいい部屋に泊まることになったんだから何か記念になることをしよう、と私が考えたのが、「風呂でアイスクリームを食べること」だった。でもどうせならハーゲンダッツとか買ってくればいいものを、100円くらいのやっすいみかんのアイスを買ってきて食った(笑)。でも別にそんなに贅沢感なかったので、すぐやめて普通に部屋で食べたと思います(笑)。前々からアイスが好物だと言い張っている私ですが、この時の発想からもそれは伝わったのではないかと思いますがいかがでしょうか(笑)。


あんなにおもいっきりグレードアップしてもらえたのは、あの時が最高だったんじゃないのかな。確か一泊しかしなかったのですけど、もっと居たかったですもん(笑)。ずいぶん昔の話ですけど、いい思い出です。
その次に嬉しかったグレードアップは、エアウィーブの部屋にしてもらえてた時かな。部屋に真央ちゃんがいる!って、ただそれだけなんですけど(笑)。ここはエアウィーブの部屋ですよってPOPみたいなのが置いてあったんですよ。でもスケートファンにはある意味最高のグレードアップだから、それ(笑)。

大人になるまで旅行とは無縁だったけれど、いざ遠出するようになると、自分にはあちこち旅するのが向いてるのかもな、と思うようになりました。旅じゃなくてもいいんです、自分の目で見てインプットできれば。それをアウトプットしていこうとすることが、まさに「創作意欲」なんですよね。だからもっとふらふらしていたいんですけど、諭吉が全然足りなくて家に縛り付けられているよ!確かに体力ないから休み休みじゃないとあかんけど、でもたぶんって言うか絶対もっとふらふらしないと腐るタイプだよ私!腐るのは巨神兵だけでいいから←意味不明

ちなみにだいぶ前からずっと狙ってるホテルがありまして、広島の竹原市というところにあるホテルなんですけど、なんとうさぎだらけのお部屋があるんですよ。写真見た瞬間に叫んじゃいましたよ。うさぎ好きにとってはまさに夢ですよあれ…。
今年中に行きたい!と誓ってたんですけど、なんかもうどうしようもなさそうでつらい(泣)。諭吉が増えないからしょうがない(泣)。ってかこれ書いてる今私の財布の中身245円だからもう生きることも諦めようかって感じだね←泣笑

#思い出の家族旅行

ちょっと贅沢な家族旅行はヒルトンで!
Sponsored by ヒルトン