うさぎパイナップル

ただ、書くことが好きなだけです。

Fantasy on Ice 2013 in Fukuoka⑰

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp

 

そんなこんなで福岡でのバカンスは終了したわけですが、最後に福岡と関係あるようなないような後日談を。
ステファンが福岡公演のあと長野で合宿の講師を勤めたことは少し触れましたが、実は例のごとく、この件のことだと思われる夢を見ていたのです。
日本で子供たち相手に学校の先生をしているステファン。仕事が忙しいのにショーの隙間を縫ってまでよくやるな、と感心しながらステファンの引っ越し先の掃除をする私。窓の外に広がる光景は豊かな緑の山々。懐かしい感じさえする日本の、山奥の静かな場所。
この夢を見たのは2月の初め。ステファンの合宿参加を知ったのは5月末。それが「野辺山合宿」と呼ばれる有望な子供たちを集めて行われる合宿のことだと正確に判明したのは福岡公演直前の7月。野辺山は長野の山奥だと長野出身の人にも確認。

…予知夢なんてこじつけの部分も多いと思うけど、これはこじつけでも何でもないと思う。これが予知夢じゃなければ何が予知夢なんだ、って水準ではあると思うんですがどうだろうか。自分の場合は見たことも聞いたこともないものは基本的に出てこないらしく、夢の中では中国地方の山奥ってことになってたけど、このタイミングでこんな内容の夢を見るということが果たして偶然なのかどうか。

この話にはさらに続きが。野辺山合宿開催期間中、私はおよそ2日に一度というハイペースでステファンの夢を見続けていました。しかも人に内容を語れるくらいハッキリと記憶に残る夢ばかり。ステファンの夢はよく見るけど、こんな頻度で覚えていられる夢を見ることはほとんどありません。
その夢が、野辺山合宿終了後も続くのです。何か変だと思いました。野辺山合宿の後に愛知でジュニアの合宿が行われることも情報として知っていたので、もしかするとステファンはそちらにも参加するのでは、とうっすら感じていた予感は、ステファンが愛知開催のアイスショーを観客として見ていたことで真実だと発覚。ステファンは本当に、ジュニア合宿でも講師を勤めていたのです。
そしてジュニア合宿終了と同時に、夢の頻度は一気に下がりました。夢の内容を覚えている確率も激減しました。今度こそステファンはスイスへ帰った、のでしょう。

これまでにも何度か書いてる内容だけど、ネタでも何でもなくただ自分の記憶を事実として淡々と綴っているだけだったりするのですねこれが。そりゃ何の証拠があるわけでなし、イカれたファンの戯れ言、と受け取られても仕方がないわけで、これが私以外の誰かの話だったらたぶん私もそう思ってることでしょう。でも私の記憶には確かにこれらの夢が残っているのである、困ったことに。そんな嘘ついたって私には何の得もないぞ。
結構真剣に悩んでたりするので、解決の糸口になりそうないい本でもあれば教えていただければ嬉しい…。いつかわかる日が来るのかもしれないですけどね。にしても、相変わらずステファンのことしか見ないな。普通身内や知人の大きな変化を見るって言うのに、どんなに気になっても身近な人の予知夢は見ません。ええもうまったくもって。たぶんこの先見ることもないと思う。でもステファンについてはまた見てしまう…んだろうか、やっぱり。

なんと完成に3ヶ月以上もかかってしまいました…。もっといろいろあったはずなのに忘れてしまって少々薄っぺらくなってしまった気がする(泣)。文章を書くのは好きなのですが、こうも時間が経ってしまうと筆も乗りませんわ…。消化不良な感じもありますが、こんなところで福岡の旅日記を終了させたいと思います。次は埼玉旅日記でお会いしましょう!

福岡旅日記2013
ジョニーの旦那編←身も蓋もない
ー終ー

2017年追記:過去最長じゃないかなこれ(笑)。最後までお付き合いくださった方がもしいらしたら、本当の本当にありがとうございます(感涙)。
しかしまあ、当時はあまりの過剰報道ぶりに心底ウンザリしていたけど、4年経った今となっては、そんなこともあったなあ、程度の記憶になってるのが何とも…。安藤さんのことが嫌いなわけじゃないんだよ(泣)。そもそも嫌いだったら「あっそ、ふーん。皆さん暇ですね」くらいのことしか書かなかったろうし。少子化が叫ばれる一方で、小さい都市の人口くらいの数の中絶が毎年のように行われていると聞いて私はかなり驚いてしまったのだが、その数はそれだけ望まない子を宿す人がいて、その救済措置としての中絶が是非は置いておいて当たり前の権利として厳然と存在するということであって、それでも生んで育てると決めた安藤さんの決断に対して外野がグダグダ言うのはお門違いだと思う。同じ事を書くけれど、問題はそこじゃなくて、発表の仕方とかそれに対する彼女の反応のまずさだと思うんだよね。大変だということはわかってて、覚悟して生んだはずなのに、「世間の人がわかってくれないせい」にしちゃいけなかったんじゃないかな…。法の範囲内での堕胎が認められているのはそれだけ「育てる」ことがいかに重責かということの裏返しなのだろうし。この報道で振り回された人はたくさんいるけれど、誰よりも迷惑がかかったのは彼女のお子さんであろうということは忘れてはいけない気がする。まだ小さいから何もわからないだろう、じゃなくて。我々一般視聴者も少しは自分の頭で考えて様々なニュースを受け止めなければいけないんじゃなかろうかとこういう報道の際にはいつも思います。それは本来当たり前のことのはずなんだけれども。
そしてジョニーの旦那さん…。もうとっくの昔に元旦那さんなんですけど。この時はいい人そうに見えたんですけどね…。人ってわからないものだな。
野辺山合宿の予知夢っぽいのはねえ、もう夏だから怪談ってことでいいよ、と今は思うし、たぶんこの時がピークで、だんだん変な夢も見なくなってきたから、昔ほど頭を悩ませてはいなかったりする。悩むの疲れたと言うか、この頃からだんだんとそれどころじゃなくなってきてたんですよね、今考えると…。半年くらい前に見た夢を最後に、とりあえず変な夢からは解放されててホッとしてます。でも見るペース、そんなもんだった気も…。いやいやもういいって(泣)。
んでもってステファンのコラボプログラム、私はすごく好きだったけど、今となっては夜空に散った炎のかけらのように存在が消えてしまった気がしてちょっとさびしい。すごくどうでもいいが、私がステファンに一番滑って欲しい日本の曲は五輪真弓の『恋人よ』です。この曲スケートに合うような気がするんだけど、ものすんごく表現に長けたスケーターじゃないと100%曲に負けると思う。でもステファンなら間違いなく100%この曲の魅力を引き出せるに違いない。めちゃくちゃ勝手に、ずっと前からそう思ってるのですが異論は認める(笑)。五輪真弓、歌唱力もあるし名曲も多いからゲストに呼んで欲しいが、いくらなんでも渋すぎるかなあ(汗)。大物だしなあ。『時の流れに~鳥になれ~』とかめっちゃ好きなんだけどさ。あと歌唱力という観点からT.M.Revolutionを個人的には呼んで欲しいけど、スケートに曲が合うかどうかは疑問か…。でも『HOT LIMIT』あたりで踊り狂う羽生君、見たくないですか皆さん(笑)。まあ妄想は自由だってことで(汗)