うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018)

学問をすすめられたばかりに息すら止まりそうなので責任取って100人よこして欲しい←とばっちり

お題「もしもお年玉で100万円貰ったら」

具体的に内訳を書いてみます。

・引っ越し費用:30万
昨年のうちにどうしても引っ越したかったんですが、実行することができませんでした。初期費用や引っ越し業者に払う額、引っ越し先の窓のサイズが違うのでカーテンが合わなかった(笑)等の出費も考えるとこれくらいは必要かな。鉄筋コンクリートで水回りが綺麗で建物および周辺が気持ち悪いと感じない土地の物件であれば少々狭くてもいい。フットワークを軽くするための引っ越しなので実行したいです…。余れば生活費に回す。

・パソコン購入費用:20万
実は私、ブログは全部スマホで書いてます。パソコンは持っていますが10年以上前に購入したもので、ネットに接続させないで使っていたので今ではただの重くて大きな家計簿…←自分でエクセルで作った家計簿をずっと使ってる。ものすごく使いにくいのでカスタマイズしようと思いつつずっとそのまま(汗)
いや、ネットに接続させるつもりでウィルスバスターとか買ったんですけどね、結局繋がなかったんでいまだに未開封で放置したまま(汗)。捨てるに捨てられず困ってます(汗)。
スマホがあれば特に不自由することはないのですが、自分の体調を考えると自宅で仕事するのがいちばんかなと思うようになり、それにはやっぱりパソコンが必要かな、と考えた次第。無くてもどうにかなるなら面倒だから要らん。余ればやっぱり生活費に回す。

・炊飯器:1万
これも去年から新しいのが欲しいって言ってたんですけどね…。あまりにも汚くてもう心が折れるので使ってない。米が炊けません…。これだけは早急に欲しい。

・生活費の足し:残り全部
とりあえずしばらく何も悩むことなく暮らしたい(泣)。で、ここからやりくりしてアイスショーに行く。

ブランドの服とかバッグとか車とか酒とか全然要らないので、年に数回アイスショーや競技の観戦に行けてアイスクリームとポテトチップスが食べられればそれでいいです。
現実にはそんな感じでたいした贅沢もしていない私が何故あんなに底辺の生活をしていたかというと、月の手取りが13万くらいしかなかったから。通勤時間を含めた1日の仕事への拘束時間が15時間近い、というのもザラだったのに(酷いと週に4日はそれ)、その額と自由時間をやりくりしながら何年もひとりで暮らしてたらそりゃ体も壊しますって…。正社員じゃないので給料も上がることはなかったし(血へど)。そもそも社会に出た時の資産は大幅なマイナスでしたし。…今更返済の必要のない制度をって言い出されても、いちばん困っている世代は助けようとしないんだから意味なんてないとまでは言わないが絶望感しかない。正直これ以上生きていくのは限界です。お金に悩むことなく生活したいです。もう限界です…。これ以上頑張れないです…。もう体もボロボロなんですよ…。

と言っても諭吉さんが100人やってくるドリームはまさにドリームなんで(笑)、宝くじに夢を託すしかないですかね、現実には。
いやでも、上記の通り「今後の展開を見据えて生活を整える」という非常に現実的な用途に1円も無駄にせず使用するんだし、突然知らない親戚が増えて私に投資してくれるという超展開くらいあってもいいのではないか。やっぱり白昼夢か。うわごとか!だよな!年明けから傷を抉っただけだったね!げっはあ←血へど