うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ふらふらと求職中)

白い氷を去る背中と白い紙の変わらない自分と白い米はしばらく見たくない

はてさて、今日もだらだら語りです。いつもそうじゃねーか、というツッコミはとりあえず桜吹雪と一緒に流してください←またそのネタかい

オリンピックも終了し、また四年後に向けて長くて短い日々が始まりましたね。まだ年若い選手たちについてはこれからの四年が楽しみで仕方ないというところですが、オリンピックシーズンは選手生活に区切りをつけるスケーターも多いシーズン。おそらくもう競技者としてその姿を見ることはないであろう選手たちが、しかもかなりベテランの選手たちに相次ぎました。明言しているわけではない選手も見受けられますが、明言はしないもののそのままフェードアウト、というパターンも多いので…。

情報が入りやすいせいかもしれませんが、日本の選手ははっきり明言される方が大半、と言うか全員、のような印象です。
今井遥さんについては少し前に書いたので、まずはやはりこの人ですかね、無良崇人さん。イベントへの出演情報がぼちぼち入っていたことと、世界選手権に友野君が出るということから覚悟はしていましたが…。引退を決めた理由に胸が詰まる想いもしつつ、ああ、かっこいいなあとも思いました。たぶん私が最初に無良君の演技を見たのは彼がノービスだった頃のはず。ちょっとうろ覚えなのですが。だから、あの子がベテランと呼ばれるまで最前線で活躍してついに引退なのか…、と何とも言えない気持ちを味わっています。いつもどこか優しさのあった演技を、これからはプロの世界で存分に見せてください。
それから高橋成美さん。彼女ももしかしたら、とは思っていたけど…。イキイキと弾けるように滑っていた彼女の姿が今もありありと浮かびます。寂しいけれど、日本のペアの道を切り開いてくれたひとりであることは間違いない。これからどうするのかな…。柴田君も…。
そして川原星さん。昨年のスケートヒロシマで見た演技のステップが素敵だったなあ…。見に行っておいて良かったです。お疲れ様でした。
引退についてメディア等で何らかの言及がある選手はごく一部で、そういう選手になれるまでスケートを続けていた選手は皆素晴らしいんですよね。今シーズンで競技のリンクを去られる皆さんの未来が輝かしいものであることを心から祈っています。

外国のスケーターは、まずハビエル・フェルナンデスヨーロッパ選手権にはまだ出ると言ってるのかな、だから引退ではないんだけど、オリンピックの表彰式の前に羽生君に告げて彼を泣かせていたように、もう世界選手権やグランプリシリーズには出場しない、と考えていていいのかな…。オリンピックを見ていても、そして彼のいない世界選手権を見ていてもはっきりとわかったことだけど、本当に素晴らしい選手でした。彼と羽生君の対決がもう見られないなんて…。ぽっかり穴の空いたような気持ちです。
オリンピックのその羽生君とのシーンね、あれ小説や漫画の一場面じゃなくて現実だからな…。あんなにも美しい友情とライバルの物語が誰の脚色でもなく普通に生放送されてたとか、もうフィクション作家はみんなで廃業しようぜ、みたいな気分でしたね…。

パトリック・チャンケヴィン・レイノルズ、エラジ・バルデ、デュハメル&ラドフォードも皆引退でいいのかな。ヴァーチュー&モイヤも明言はしてなかった気がするが、NHK杯の優勝インタビューから考えて今シーズンが最後かなと思った…。カナダは大幅に選手の顔触れが変わってしまいますね。男子シングルはお馴染みの選手ばかりなので寂しいどころの話じゃない。特にパトリック。頭角を現してきてから誰も彼に勝てない時代を築き、そして静かに去っていくまでをずっと見てきた。スケートファンだけじゃなく一般の人にもある程度知られた選手だったから、もう彼の名前を競技の場で見ることがないなんて信じられないです。
ミーシャ・ジーも何となく最後なのかな、という印象です。一度引退を撤回してるので、今度こそ、なのかな…。カッペリーニ&ラノッテも引退ということでいいのかな。ほかにも噂されてる選手はまだまだたくさんいるようで…。うん…。
でも、知らなかったけどミハルは引退撤回っぽい?そんな選手もいるわけで、まだまだみんなどうなるかはわからないけど。一度引退してもやっぱり戻ってくる選手もいますし。

大好きな選手が引退するたびにダメージがでかすぎて「もう立ち直れない」と本気で泣くのを繰り返してきたけど、つらいと感じつつも結局競技はゆるくずっと追ってたので、この先も自分はずっとこうなのかもしれない。こうやって「熱い思いを書き残す」という方法を取るようにしたところ、わりと寂しさと付き合えるようになってきた感じも。それでもまた本気で泣きじゃくる日がこの先も何度も何度も訪れるんだろうな。その日を迎えた時に後悔しないいちばんの方法は、精一杯応援することだけだと思う。明日なんて必ず来るものじゃないから。永遠に続くものなんて何もないから。その人が人生を懸けて氷にぶつかっている時間はほんの僅かだから。人はそんな一瞬に居合わせるために今ここにいて、人生は一瞬を積み重ねることでのみただ成り立つ。その一瞬にすら懸けようとせず積み重ねていく人生に、果たして後悔以外の言葉が残るだろうか?
でも、できれば、泣きじゃくる日はずっとずっと先であって欲しい。その日まで後悔しないで突っ走り切れるように。今は何も見えないし、現状を打破したい、という私の声はどこにも届いていないけれど。叫んでも叫んでも。世界でいちばん難しいのは、ただ話を聞いてもらうこと。フィルターをかけることなく、フラットに。人は自分の見たいものしか見てないし聞きたいことしか聞いてないし、結局ひとりの世界でしか生きていないんだと、こんなにも思い知らされる。この世界で生きていくということは私にはとても難しい。


話が全然変わりますが、先月の3月は何故かブログ開始以降最もアクセスの多かった1ヶ月でした。もちろん、なんだそれだけか、と間違いなく鼻で笑われる数値ですけど。でもそんなもんではないのかなあ。
手相鑑定の感想を述べた記事をその手相家の方がご自身のブログで晒し…いや紹介(笑)してくださった時、その頃このブログが1ヶ月かかってようやく到達する数値に2日でたどり着いたんですよ。人気のある方の力って凄いんだなあと感心したんですけど、その時の数値を初めて自力で超えました。てか2月の1.6倍くらいに…。ああ、すごく見えるけど元が少ないだけなんで(笑)
今週のお題」で記事が紹介された時もたいしてアクセスなかったし、はてな経由で見てる人はたぶん以前からほとんどいないので、検索エンジン経由で訪れてくださった方がさらに増えたのかな。なんでかはわかんないや。ブログ始めた頃は確かヤフーの検索ワードは表示されてたんだけど、そういうのは伏せるシステムになったらしくて今全然わかんないし。

アクセスが増えるということはその中には記事を読んで気に入ってくれる人がいるかも、ということだから、そういう意味でチェックはしてる。私は書きたいから書いてるというただ書くのが好きなだけの人間なので、未来の自分という読者がいれば究極的には問題なかったりするんですよ。けど、自分の文章は果たして社会で通用する代物なのか?と試してみたい気持ちもあるので、読んでもらいたいとはやはり思う。数はその目安にはやはりなる。でもそれはあくまで「読んでもらいたい」なんですよ。アクセスが10しかなくてもその10人が全員ある程度記事を読んでくれた人なら問題ないどころかとても嬉しい。けど、アクセスが1000あってもそのうちの999は誰でもいいから痕跡だけ残した人で全然読んでなんかない、ということがわかってしまうのは嬉しくないどころか落ち込んでしまう。ブログ始めた当初はわかってなかったことだけど。人のためと口では言ってても自分のことしか考えてない人がこんなに溢れているんだな。それはそれでひとつの方法かもしれないし理解もできるけど、んで短期的には満足かもしれないけど、たぶんそれどこへ行っても同じことしかやってないってことだろうし、結局それで何が残るんだろう?とは思う。かなり。
あまり数もないので、痕跡を残してくれた人のところには訪れてる。だいたい最初に書いた記事は見る。その人が何のためにブログを始めて、どんな思想の元に動いているのかある程度時間かけて見る。そうやって見極めさせてもらってる。読む気もないのに読者になるとかその人の渾身の作品に対して失礼過ぎて私にはあり得ないので。読みたいから読者になるんであって読者になって欲しいから読者になってるわけじゃない。その辺はあまり妥協しない。てかそういうもんじゃないのか?読んでてやっぱりあんまり、と思うこともあるけどそれは仕方ないし。だから誰でも良かった人のアクセスアップにも貢献はしてると思うよ(苦笑)。一時的だし、誰でも良かっただけあって読んでると疲れるな、とほとんど思ってるけど。ごめんなさい。これだけ情報が溢れてる社会だし、文章や情報はできるだけ取捨選択しないと私の脳はどうやらとても疲れてしまうようです。自分のこと棚に上げてあまりそういうこと言いたくないけど…。読むものにうるさい人間ですみません。

またそのうち元のアクセス数に戻るんじゃないかなあ、と思ってますけど(笑)。美少女の絵でも描いたら誰か騙されて開いたりするんじゃね?とか姑息なことを考えたりもしたんだけど(笑)。この間出来心で、はるか昔に折った絵筆をとって何年ぶりだかわかんないくらい久しぶりに色までつけた絵を描いたら(捨ててなかったんですねえ画材…)、これがまた息するように描けるでやんの。相変わらず酷くデッサンの狂った落書きだったけど、自分全然変わってないし絵にはやっぱりその人間が居るなあと思った。ちょっと驚きでした。自分が永遠に飽きずに出来ることって文を書くことと落書きなんだなと久しぶりに思い知ったね…。僕の考えた適当な美少女的なものならまだ描けるかもしれないな。たぶん描いても載せないけど。左向いてる顔しか描けないんですよ、そりゃ折るって、絵筆(笑)。もう絵なんて一切描かない振りまでしてたからね…。

こんな世界の果てにたどり着いてくださった皆さんに私はとてもとても感謝してます。是非またいらしてください。気に入っていただけるかはわからないけど、いつも全力で書いた記事を用意してお待ちしてます。たまに手抜いてますがその時はごめんなさい(汗)。

羽生君の凱旋公演のライブビューイングが全国で行われると知って、どうしてもどうしても行きたいんだけど、冗談でもなんでもなく米しか食べるものなくてずっとオリーブオイルと塩で味付けて食べてたらさすがに栄養が失調したらしく、まともに動けなくなったばかりか脳にも栄養が失調したらしくてマジでおかしくなりかけたという現状でライブビューイングの代金が払えるはずもなく、ちっとも打破できない毎日に泣くばかりです。もー疲れたよ…。
米は分けてもらえることがいちばん多い食べ物だし主食だからこれさえ食べてれば命が保てるって思いがちだけど、やっぱりダメみたいですよとほほ。もしいつかそんな事態になったらSNSでも何でもいいから助けを呼んでください。米以外も食べよう。てか食べなきゃいかんです。あんな思いをする人を自分以外に作りたくないよ(泣)。
こんな世の中だし、いつ周囲から誰一人いなくなるかわかんないから、自分だけは大丈夫だと思ってても絶対なんて無いから、今はさすがにちょっと厳しいけど、この先もし自分が立ち直れたら、何に対してもじゃもちろんないけど、自分の目に入ったことだけでも目を逸らさずにいたい。声に耳を傾けられる自分でありたい。それは幼い頃からずっと思ってることではあります。それで引っ掻かれたことももちろんあるけど、何もしないでいたわけじゃないから後悔はないです。今も落ち込んだりしてることもあるけど、ぶつかり合ってわかり合えなかったのならそれはしょうがないもの。まあ、今の自分だと何理想垂れ流してるんだ、という話にしかなんないんですけど(泣)。でも勘違いされてるなあ、と感じることが多いので、少しだけ書いておきたかったんだ。
今こそ私の宝物の『北斗の拳』のCDを売るしかないのか。メガCDの『サイボーグ009』はそこそこ高値がついてると聞いた気がするがそれも私の宝物でさ(泣)。売りたくないので仕事が欲しいですよ(泣)。体調不良と社会不適合過ぎて本気で居場所がない…。頑張りたいって気持ちだけが激しく空回りしてるよ…。扉は絶対あるはずなんだけどな(泣)。