うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

スケートヒロシマ2019⑥

2019年のスケートヒロシマも大詰め。残すは男女の選手権のみ。

6分間練習はフリーも男女混合でした。あまり見かけない光景なのでちょっと面白いですし、男子のジャンプの音はこんなに響くんだな、と改めて実感できました。音楽がかかっていないので、余計によくわかりますね。

選手権・男子フリー

1:山藤一悟
ジャンプが後半で大きく乱れてしまい、誰か男の子が大声で何度も応援してた。うーん、不本意な出来だったかもしれない。
ジャッジ側に客がいればキャーキャー言われそうな振付も。ラスト付近は手拍子。スケオタが客席に戻ってきたのか?


2:小田尚輝
うーん、前半はジャンプが決まらなかった、転倒が続く。今こそさっきのガンバー!の声をかけてあげて、と思ったがまったくかからない。さっきの声、ひょっとして君か?
後半は決まり始めて良かった。ラストはおもいっきり音に遅れてしまったかな。6分間練習でも何度も転んでて心配したが、またリベンジしてね。トリプルアクセルが決まれば迫力ありそう。


3:中野紘輔
背中のふさふさが気になるマラゲーニャ。全日本より細かい動きなどがよく分かって良かった。よく細かな振付も表現してる。
前半はいい流れに見えたのだが、後半に転倒3回。特に2回目の転倒は壁にぶつかってしまい、とても痛そう…。頑張れ、の声が飛んでいた。怪我してないかな、大丈夫かな…。


結局小田君が逆転優勝。でも全員表彰台だから!

さあ、本当に最後の最後。女子の演技が始まります。出場者のひとり、中塩美悠さんはこの大会で現役を引退。それもあって、私は見に行くことを決めたのです。

選手権・女子フリー

1:那須夏海
黒い衣装なんだけど、スカートにひとふさピンクが入ってて、闇の中に咲いた花のようで物語を感じた。私が勝手に(汗)。
抜けたように見えたジャンプもあったが、大きなミスもなくよく滑れていたのでは。ラストはスピンを回り終える前に曲が終わってしまった。フィニッシュで合わせるの難しいのね。


2:伊藤実音
えっと、これリバーダンスかな?あんまり有名なメロディの部分が入ってなかったので勘違いかな…。
はっきりした緑の衣装が氷に映える。演技はちょっとジャンプが乱れてしまったか、うーん残念。フリーはやっぱり難しいのね…。また頑張って。


6分間練習。この大会で引退するという中塩さんにとっては、おそらく最後の6分間練習…。


3:津内胡菜
ブルーとホワイトのグラデーションがとても美しい衣装。6分間練習でも目を惹いた。髪飾りも遠目ですがキラキラして綺麗。
草太君と同じ曲かな、信長協奏曲?だっけ?しかしうーん、ジャンプがクリーンに決まらず。ラストのスピンも遅れてたかも。フリーは難しいんだなあホントに。得点がなかなか出なかった。回転不足だろうか…。


4:西尾帆花
4番目か5番目くらいに跳んだジャンプで身体の横側を叩き付けられるように転んでしまい、とても痛そうだった。直後のスピンも失敗してしまい、ステップはもう頑張れ、って気持ちに…。最後まで滑れて良かった…。
フリーでもウインドミル。手足が長い選手は武器ですな、これ。


5:本田翠
リベルタンゴ?違ってたらすみません。ワンショルダーの衣装かわいい。紫にオレンジが差し色で。
ジャンプはちょっと抜けたりしてたかな。でも最後のA字スピンがなんか綺麗だった。あのスピンあまり綺麗に見えないのに。きっと難しいスピンなのに、綺麗に見えるの凄いな。


6:井上晴絵
くっきりした黄色の衣装ですごく目を惹く。どことなくチャイナドレスっぽかったが、音楽もやっぱりチャイナ風。これもラストエンペラー?これまた違ってたらすみません。
ジャンプが詰まったりもしていたが、終盤はビシッと決まっていい空気で終われましたね。冒頭の振付が面白かった、腕をくるくる。


7:中塩美悠
転倒も2回あった。こらえたジャンプもあった。コンビネーションの数も足りてないかもしれない。本人も不本意な出来だったかもしれない。
でも、今日いちばんの歓声と、姿が見えなくなるまで送られた拍手。それが彼女の歩んできた道を物語っている。今日の観客は皆、中塩さんを見に来ていたんだろう。この滑走順、みんな思う存分泣けたんじゃないかな、天の采配だな…。


これにてすべての競技日程が終了。途中で無理かなと思ったりもしたけど、どうにかビッグウェーブの寒さに耐えられた、とホッとしてロビーに出ると、そこには人だかり。そう言えばロビーで表彰式を開催するって言ってたっけ。
やはり巻きで終わったこともあり、表彰式も一応見届けた。フィギュアスケートの選手は皆イケメンになるのかしら…。女子はまだ衣装のままで、とても華やか。
人だかりが選手を囲む様子を横目に、ビッグウェーブを出ました。皆バシャバシャ写真撮ってたけど、撮っていいものかどうかよくわかんないし、自分の目に焼き付けたのみです。

どうしようかものすごく悩んだけど、中塩さんの最後の演技を見届けることもできたし、やっぱり行って良かったな、と思います。そう言えば、中塩さんのことを知ったのも、このビッグウェーブでした。ひとつの時代が終わったことを、今は静かに噛み締めています。

来年は悩むことなく観戦できたらいいな、と天に祈りつつ、今年度の筆を置きます。つたない観戦記でしたが、最後まで読んで頂いた皆様、ありがとうございました。次の旅日記でまたお会いしましょう。


スケートヒロシマ2019


過去の大会の観戦記へのリンクも置いておきますね。これ以外に少なくとも2回は観戦してるのですが、記録を残さなかったようで(汗)、この2年分しかないです、すみません。
usagipineapple.hatenablog.jp


usagipineapple.hatenablog.jp




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu