うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

世界選手権2019雑感⑧

大熱戦のペアの競技が終了し、続いてはいよいよ男子ショートプログラム。第3グループまではライブ配信してくれます。ありがたい。
ペアのフリーと男子の間にフジテレビの番組にまさかの町田樹氏が出演していたり(フジテレビ出るの何年ぶり?!)、急いでnote更新したりしてたのでごはん食べる暇がなかった…。おなかが空いた!おなか空いたよ!

競技の2日前に日本男子3人の記者会見もライブ配信されたので見ましたが、昌磨君は相変わらずマイペースだし羽生君は「めっちゃ試合したい」感が出まくってたし、刑事君は、大丈夫飲まれるかもしれないが観客が力にもなるよ、と応援したくなったし、すごい見ててワクワクした。何ならかわいすぎて世界平和はここにあると思いましたね←正気に戻れ←無理

出場者が多いため、女子のショートプログラム同様3回に分けてお送りします。第3グループまではフジテレビ公式サイトのライブ配信を視聴しての感想です。

男子ショートプログラム

第1グループ

1:パウル・フェンツ
いきなり彼からなんだ、もっと後のグループかと思ってた。笑うとかわいいんだよな…。
彼の綺麗なトリプルアクセルから男子の競技はスタート。4回転は決まらなかったしコンビネーションも何とか、という感じではあったけど、基礎点の高い技が多いのでフリーには進めそうな気はするけど。って、あまり点が出てないような。回転不足?うう、やっぱりそうか(泣)。


2:アレクサンドル・セレフコ
衣装カッコいいな、普段着系だけど決して男子によくあるシンプル過ぎる衣装じゃなくて、しかもイケメンじゃないと着こなせそうになくて素敵。
彼もいいトリプルアクセル跳んでる。しかし中盤、コンビネーションがギリギリだったりスピンが怪しかったり…。何よりルッツがパンクしてしまった(泣)。しかもアクセルは回転不足。
うーん、フリー進出はつらいか。動きもぬるっとしてて面白いし、何よりもイケメンなのに…。滑り終わったあと頭くしゃくしゃっとした仕草で何人か落ちたと思うよ?(笑)


3:ヴァルター・ヴィルタネン
場内アナウンスはヴァルテルさんって言ってるように聞こえるな。スケートファンが好きそうな突っ込みどころ満載の衣装(笑)。
あああ、単独ジャンプがダブルになってしまった…。得点が入らないので厳しいな、ほかのジャンプの基礎点もあまり高くないよね…。キスクラで悔しそうな表情に見える。うーん、フリーも見たかった…。


4:ジュリアン・ジージエ・イー
第1グループから素晴らしい演技きたあああああああああああ!ジャンプノーミス、ステップも曲をよく捉えてとても感情がこもっていた。
本人の様子を見ていても、ノッていてカチッとハマるとすごくいい演技のできる実力のある選手だという気がする。フリー行けるよね、きっと。


5:スラビク・ハイラペティアン
ウルマノフがコーチなんだ。お名前もカッコいいしお顔立ちもカッコいい…。お茶の間に流れたらマダムが応援してくれそう…。
ルッツで転倒してしまったが、ダブルになるよりはトリプルの転倒の方がいいだろう…。トリプルアクセルなかなか豪快。スピンが途中から逆回転になってたよね?なかなか個性的で面白いなこの選手。
しかしこの曲は…。テン君…。涙….。

第2グループ

6:ピーター・ジェームズ・ハラム
滑り出しからブッ飛ばしてくるハイテンションなマイケル・ジャクソンプログラム。すっごい個性的な振付いっぱい入ってて、体力が大変そうだけど観客も一緒に盛り上がれそう。着氷が乱れたジャンプもありましたが、本人も満足そうだしいい演技ができたのでは?
スローでちょいちょい映るコーチの後頭部がじわじわくる…。


7:アレクサンドル・マヨロフ
リンクイン前に映るマヨロフの貫禄。これで引退なのかなあ、寂しいなあ。
4回転は手をついてしまった。でもコンビネーションジャンプや面白い入り方のアクセルも決まったし、何よりこの不思議な曲で滑りこなせてしまう力が凄いです。ステップもぬるぬるしてて良かった…。表現として適当かどうかわからんが…。
おお、いい点が出たぞ!フリー残ってくれー!


8:ウラジミール・リトヴィンツェフ
彼は初めて見るかも、名前も全然知らなかった。何で知らなかったんだろう、めっちゃ上手いやん…!ジャンプがすごく綺麗だし、しかも難易度の高いものを入れてる。全体的に大きな破綻もない。第2グループからすごい演技が出た…!
このまま順調に実力をつけていけばもっと後半グループでも滑れそうですね。要チェックですな。


9:アンドレイ・ラズキン
コフトゥンが欠場で、代わりに出場なんだっけ。チャンスを活かして頑張れ。
4回転ジャンプがとても綺麗だった。確実に4回回ってることがわかる余裕のあるジャンプ。コンビネーションはちょっとこらえてるように見えたが、このジャンプ技術はミーシンの生徒たる故か。チャンスしっかり活かしましたね!
リンクサイドに戻る時にミーシンが「チャンピオン!」ってやるみたいに手を取って上げてなかった(笑)?おお暫定1位、めまぐるしく1位が変わる。


10:ダニエル・サモヒン
4回転のコンビネーション決まった!4回転サルコウを転倒してしまったが、転倒からの立ち上がりが高速。トリプルアクセルもちょっと危なく見えたが降りた!危なく見えたが加点ついてるので、私に危なく見えただけらしい。
曲が彼の雰囲気にピッタリで、しかもすごく演技から気合を感じた。ステップにそれが表れてたと思う。ラストは曲が先に終わってしまってたかな。でも彼もフリーに進めそうだ!


11:ブラク・デミルボア
場内に流れる選手紹介を聞いてると、兄弟でスケーター、という選手が多いような、男子。彼もそうなんですね。
トリプルアクセル決まりましたね、みんなバンバン決めてくる、さすがシーズン終盤。ジャンプの着氷とか、最後のスピンが頑張りきれてない感じだったとか、多少ミスはあったけどそこまで致命的に悪くはないと思ったのよね。でもフリーへの進出は厳しそうに感じる。
うーん、やっぱり点が出なかった。要素がほとんど減点されてる。ううむ、そうか…。


ここで整氷タイム。この間に急いでごはんを食べることにする。洗い物を出さないように、ラップに包んで冷凍したお米を大きな海苔で巻いておにぎりにするだけです。ふりかけかけたりうっすら醤油かけたりする。ほかに家にねえんだよ具材が!←逆ギレ←やかまし

そんなところで予告通りいったん終了。第3グループ以降はまた明日。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu