うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(物書き始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

ジュニアグランプリシリーズ2019 クロアチア大会 雑感③

うっかりうたた寝してしまい、変な時間に起きてしまってそのまま眠れなくなったので、もう乗りかかった船だってことで途中からですが女子の試合も少し見ました。
この日は髙橋大輔選手のアイスダンス転向が発表され、スケートファンが大いにざわめいた1日だったのですよね。髙橋君が生出演するフジテレビの番組を見ようとしていたはずが見事に寝てしまって、いじいじしながら色々検索してたら女子の試合始まってたことを思い出したのでした。髙橋君については別の機会に。たぶんこれが載る頃にはとっくに記事書いてるんじゃないかな。

ラトビア大会で気になったヘインさんは何とか見たいなあ、と思ってたんだけど、ちょっと間に合わず、第5グループの途中から見てます。中途半端な感想文ですが、それでもよろしければお付き合いください。


※注記:
BS朝日でテレビ放送された選手については、お名前の前に★をつけて区別しております。
また、お名前のカタカナ表記は調べるのが大変なので、カタカナ表記が既にある程度使われている有名どころの選手だけにとどめております。お名前の読み方って難しいですよね…。

女子ショートプログラム

第5グループ

このグループ6人のうち最初の4人はまったく見られてないです、すみません。


28:河辺愛菜
冒頭は見逃してしまいました、すみません。シットスピンの入りが音にピッタリで最高に素敵!でもアクセルが…。アクセルがパンク…(泣)。それでも全体的な動きなどはキレがあって良かったので、やはりそれなりの点が出てますね。


29:Amy MORRIS
前半は調子が出てなかったのかしら、転倒もあったし。でも後半になってスピードやキレなど増してきたような。ダブルアクセル綺麗でしたね。

第6グループ

30:Andreea VOICU
黒に銀の衣装、こういう感じのデザインのものよく見かける気がする。定番なのかな?
もうシニアの選手みたいな雰囲気ですね。細かいミスもありましたしスピンのレベルなども取れていませんでしたが、まとめてきてたんじゃないかと思います。ラストのポーズも決まりましたね、悩ましい…(笑)。


31:Daria USACHEVA(ダリア・ウサチョワ)
すげええええええ…。非の打ち所がねえええええ…。なんつー美しい演技だ、完璧じゃないか…?ラストのスピンの高く上がった足が美しい…。
衣装もとても美しい。紫をベースに、ビーズやスカートに水色が入っていてものすごく素敵。そして本人もかわいい…。ロシアにはかわいい子しかおらんのじゃろうか…。
そりゃ高得点も出るだろう。暫定1位。


32:Josipa JAGODIC
やっぱりこの曲スケートに合うのかな、わりと聞くような。
なんか不思議な力が抜けた、独特な空気の演技だった。ミスが多かったのであまり点は出ないかもですけど。赤?濃いオレンジ?ハッキリした色の衣装が目を惹きますね。


33:Ana CMER
まだジュニアなんだ、もうシニア選手みたいな雰囲気。
演技は少しミスが多かったかもしれない。でも気だるい雰囲気がなんとも言えなくて、ぼんやり動きを目で追ってるうちに終わってしまった…。最初のスピンはしっかりレベル4取れてましたね。


34:Eugenia GARZA
ん?回転が逆なのかな?ステップがどうも元気ない?と思ったらレベル1だった…。スピンは頑張ってたなと思いましたが、最後のスピンもレベル1なのか…。
キスクラでの様子が明るい。笑顔かわいいですね。


35:Alina URUSHADZE
えっ、15歳…?シニア10年目みたいな雰囲気なんですけど…。
ジャンプが綺麗に決まってましたね。コンビネーションは回転不足を取られてたけども。スピンも変わったポジション色々入ってて面白い。なかなか実力のある選手ですね。
すっげえピコピコしたボレロだな、と思ったらボーカルが入る。違う曲に変わったのかとぼんやり聞いてたらまたボレロに。なんつーか…、テクノ?って言うのこういうの?すんごい変わったボレロ。この不思議な曲で暫定5位の演技ができたのはすげえ…。


以上、中途半端ですみません。フリーは見られるかな、テレビ待ちかな…。どっちにしろ、また次回の記事でお会いしましょう。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu