うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(物書き始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

Fantasy on Ice 2014 in Niigata②

※内容が薄く、気に入らなくてずっとお蔵入りしていた旅日記を今更解き放ってみます。6年も前の話なので、そんな頃もあったのね、程度に読み飛ばしていただければ…。

 

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp

 

富山の時と同じく、金曜日は午後から夏休みを入れる。しかし急いで帰らねばならなかった富山とは異なり、深夜0時出発の夜行バスに間に合えばいいので、余裕を持って自宅に戻れました。
急いで荷物を詰めて、夕方頃の便で東京へ。車内ではいつものように手紙を書いていた、はず。もう覚えてないけどどうせそんなところだろうと思う(笑)

スーパー早得はどうやら同じ駅で乗降しなければならないようなのですが、早得便なら行きと帰りで異なる駅での乗降を指定することも可能な様子。なので、帰りは東京から乗るけど行きは品川で降りて待ち合わせ場所の新宿に向かうことにする。22時頃だったかな、友人Aさんと合流。ロイヤルホストで夜行バスの出発時刻まで待つことに。

ロイヤルホストは全店舗でドリンクバーが行われていると思い込んでいたが、ここはやってなかった…。なのでコーヒーのみ注文。もう深夜なので食事は翌朝まで我慢することにする。Aさんはガッツリ食べてたけど(笑)。
そして手紙の清書。ロイホで書くから、とAさんに宣言していたため、Aさんも書き物系の用事を持参していた(笑)。彼女のこういう抜かりないとこ尊敬してる(笑)。ちなみにAさんは中学時代からの友達。私、学生時代からの親しい友達はほとんど中学の同級生なのね。珍しいと言われることもありますが、そうなんでしょうか。自分がどういう人間か一から説明しなくてもいい関係性というのは貴重なものですな。対人関係に常に極度の不安を抱いている(らしい)私には特に貴重だと思われる。色々あるんだよ、色々な。

さて、乗車時間が近付いてきたのでバス乗り場へ。しかしどうやら道に迷って、到着したのは出発時間の数分前。あ、危なかった…(汗)。
車内は3列と4列それぞれのシートに分かれていて、友人が予約してくれたのは4列。しかし隣同士では取れなかったらしく、隣は知らない人。4列なので狭いし、知らない人だと気を遣うし、体もろくに動かせず、寝づらくて仕方なかった(泣)。新潟までは5時間というところだったのでどうにか我慢できたけど、「4列の夜行バスはどんなに安くても絶対に乗らない」という自分のポリシーを改めて貫こうと心に誓いましたとさ。

バスは順調に新潟へ到着。早朝5時くらい。真夏のことなので、既に夜は明けている。
今回利用したバスの運営会社は有名どころだったけど、やはり鉄道やバスの会社が運営している「正規」のものではないらしい。降車した場所は駅から徒歩15分は離れた道端で、なにやら棒が立ってるだけでバス停ですらなかった。普通は駅の構内やその近くのバス停を利用できると思うんだけど…。当たり前だけど安さには理由があるんだよね。
このくらいの時間までにこの場所へ行こう、とAさんと決めていたのに、結局かなり予定の時刻を回ってから到着。荷物を引きずりながらどれくらい歩いたっけ…。まさかあんな遠くに降ろされるとは、と友人と朝から苦笑したが、まあ仕方ないさ。

さて、ここからは夕方まで観光の旅。私も事前に色々調べたけどさ、基本的にAさんにくっついて回るぜー!
…全部友達任せじゃねーかお前、と突っ込みたくなった皆様、まさにその通りです。だってAさんの行動力ってすごいんだぜ。案は出しても基本お任せで大丈夫なの。彼女が男だったら求婚してるから私(笑)

そんなこんなで、我々は夏の青空の下へ駆け出しました。以下次号。

 

「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。

note.mu