うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(物書き始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

Fantasy on Ice 2014 in Niigata⑥

※内容が薄く、気に入らなくてずっとお蔵入りしていた旅日記を今更解き放ってみます。6年も前の話なので、そんな頃もあったのね、程度に読み飛ばしていただければ…。

 

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp

 

土曜日夜公演終了後は歩いてホテルに戻りました。AさんともBさんとも違うホテルなのでひとり。
朱鷺メッセからホテルに戻るには橋を渡らなければならないんだけど、観光名所にもなってる方の橋を渡ろうとしたら、どうやら工事中らしく、迂回等しなくちゃならないとなると面倒だったので、そちらより手前にある別の橋を渡ることにしました。

橋を通行する人はほとんどなく、ひとりでだらだら歩いてエレベーターに乗る。橋の上り下りのためにエレベーターが付いてるの。凄い。あとから自転車のおじさんが乗り込んできた。ああそうか、自転車も上り下りできるようエレベーターがあるのね。
お客さんスケート見に行ったの?と尋ねてくるおじさん。毎度毎度思うけど、何故バレるんだ(笑)。
そうだと答えると、さっき近くの道をバスが通って、某スケーターが窓から顔を覗かせてたよ、と教えてくれた。おじさんラッキーだったね。貴重なお話ありがとうございます。

ホテルに戻る前に近くのコンビニに寄り道。明日乗車する高速バスのチケットをまだ発券していなかったのです。支払い期限ギリギリだった。危なかった…。行動範囲から某コンビニが消えたのはとても痛い…(血涙)


いったん部屋へ戻ってから、タクシーで迎えに来たAさんと合流して居酒屋へ。新潟名物らしいメニューを色々いただく。油揚げおいしかった。酒豪のAさんは日本酒の飲み比べセットを注文していたが、絶対に翌朝起きられないので私はお茶(笑)。
長岡も入れると新潟に来るのは4回目だけど、今日がいちばん充実してたかも。こうして振り返るとあからさまに食ってた記憶しかないけど、まあ充実してたってことにしてくれ…。

ホテルの部屋はそれほど広くないけど落ち着いていて、ゆっくり過ごせました。でもこのホテルを選んだのが「以前宿泊した際に部屋に置いてあった持ち帰りアメニティの櫛がなかなか良かったんだけど使ってるうちに折れたのでまた貰って帰ろうと思った」というなかなかどうでもいい理由だったのに、肝心の櫛はなんか前にあったのと違う気がする…。最大の目的が…←それが最大?

翌朝はホテルで朝食をとり、チェックアウト後に本日もAさんと合流。雑貨などを見て回る。昼食に向かったAさんと別れ、徒歩で朱鷺メッセに向かって日曜日公演を堪能。
公演終了後はやはり歩いてホテルに戻るつもりだったのですが、外は激しい雨。私も今晩は駅前にホテルを変えるため、Bさんと一緒にタクシーに乗り、私の泊まってたホテルに荷物を受け取りに行って、今日中に関東へ帰られるBさんと新潟駅に向かう、はずだったのだが。
やはり突然の激しい降雨で(朝から小雨続きだったとは言え)タクシーの利用者が多く、なかなか列が捌けない。結局Bさんを先に駅で降ろし、私が後からホテルに向かうことに。

相当待ちましたが無事タクシーに乗車し、Bさんとは新潟駅でお別れ。今回もお世話になりました。
タクシーの運転手は私が広島から来たと知ると、やはりカープの話題を振ってきた。広島県民には気を遣ってカープの話をしなければならないと思ってる様子。でもカープファンかと問われても決してイエスではないんだよな私は。別に試合も見に行かないし熱心に結果をチェックしたりもしないし。いつも気にしてはいるけれど。何というか、カープが広島にあるということは、富士山が日本にあるということのように当たり前で自然なことで、言うなればそれはまさに通勤電車の窓から見る風景のような日常であって、長年広島で暮らしている者にとっては敢えてファンという言葉で括ったり意識したりする以前の問題なのではないだろうか。まさに地元密着。って違うか(笑)。
アイスショーを見に来た客だとわかると、「今井遥は新潟で練習してるんですよ」と教えてくれた。もちろん知ってはいたけれど、地元の人の口からこうやって話題に上るということは、それだけ大きなニュースだったってことなんだろうなあ。運転手さんも何だか嬉しそうでしたし。遥ちゃん、頑張って欲しいです。


ホテルで荷物を受け取ったあとは、バスで新潟駅まで移動し、今晩のホテルにチェックイン。
…昔の2時間ドラマに出てきそうなロビー。大きな時計、雑誌のラック、何となく雑多なこの感じ。ひっさびさに来たこの感じ(笑)。
お部屋ももちろん古い。うちの風呂より狭いんじゃ?って感じのユニットバス。小さな窓。部屋は狭苦しくはないけど決して広くもなく、ベッドの頭の上に棚があって、それが机も兼ねてるタイプ。何となく殺風景だし、まさに古いビジネスホテルなのだけど、翌朝早い時間のバスに乗るために取った寝るだけの部屋だし、不快な感じはなかったので価格を考えると合格。東京でこんな感じのところに泊まった時は今回の2倍以上したと思う。新潟はホテルが安いような。その代わり広島からだと交通費がものすんごくかかりますけど。北海道の方が安く早く行けるよ!←マジ

AさんもBさんも関東へ戻ってしまい、ひとりになった私は荷物を部屋に置いて身軽になるとぶらぶらと新潟駅へ。アイスが!アイスが食べたかったの!昨日も食べたけど別にいいだろ(笑)
店内にのんびり座っておいしくいただく。ヨーグルトとか、アイス以外の持ち帰り商品も買いたかったんだけどどう考えても広島まで保たないので諦める。てなわけで晩御飯はアイス。相変わらずひとりだといい加減だな。

追加でお土産を買おうとうろうろしたが、結局また瑞花でせんべいやおかきを買い込んでしまった。買いすぎ(笑)。でもばらまき土産のつもりだったせんべいはあまりに美味しくて半分くらい食べちゃいました。すみません(笑)。


翌朝はホテルで朝食。朝ごはんが美味しいという口コミを見たのもこのホテルを選んだ理由だったのだけど、その通り素朴だけどとても美味しくて、特にお米はさすが新潟と言うしかないほどの味でした。手作りの美味しさが伝わるこの朝食は設備の古さに目をつぶれるほどのレベルだったので、やはり値段以上にいいホテルだったと思います。あまり時間が無くてたくさん食べられなかったのが残念。食欲もなかったのかも…。
チェックアウトして高速バス乗り場へ。平日の朝だけど意外と乗客が多い。

5時間ほどで池袋に到着。新幹線の時間まで東京を楽しもうと思っていたけど結局そんな心の余裕もなく、すぐ東京駅に移動して、遅い昼食をとりながらぼんやりと喫茶店に座っていました。そんな状況だったので乗車時刻を1時間も遅く勘違いしていたのにギリギリで気がついたのは奇跡としか言いようがありません…。危なかった…。

といったところで新潟旅日記は終了です。ようやく終了です(汗)。仕事が忙しく通勤も辛くストレスも疲労も溜まる一方のため書いてる余裕がなく、少々思うところもあってまったく完成しませんでした…。今更の内容を最後までお読みいただき誠にありがとうございました。


新潟旅日記2014


2018年追記:

実は今回の旅日記はお蔵入りさせる予定でした。正直修正し終えた今も、やっぱり掲載は見送ろうかな、という気持ちです。ただ、気が変わった時にすぐにでも載せられるように、修正だけはしておこうと考え下書きの中に加えておくことにしました。皆様がこの文章を読まれているということは、すなわち私の気が変わったということです。

読まれた通りにショーの内容もダイジェストにしちゃってますし、最初に執筆した段階から手抜き感が酷かったので、これは載せなくてもいいかな、と考えたんですけどね。この頃から段々と旅日記を書く時間が取れなくなってきて、どんどん内容も忘れていってしまうし色々思うところもあって気が乗らず、でも2014年の年末に行ったメダリスト・オン・アイスのことだけはどうしても書き残したい、という強い想いがあったので無理矢理完成させた、という代物がこの新潟旅日記だったのです。順番に書いていって順番に頭から追い出さないとごちゃごちゃになってしまいそうで。やっぱり今更載せるほどの内容でもないと思うけれども、それでも少しでも皆様に楽しんでいただけたのなら幸いでございます。

新潟に行ったのはこの時が最後かな。西日本からはあまりにも遠いし朱鷺メッセの座席は見えにくさにかけては随一なので、よっぽど経済的に余裕がない限りはもう観に行くことはないかな、と思っています。あれだけ時間もお金もかけて行っても見えないんじゃ、気持ちも折れてしまいますよ…。この2014年の観賞時は幸いにも視界に関してはあまり問題なかったようですけどね、特に何も書いてないので…。忘れただけかもしれないんだけど(汗)。

2019年追記:
何度読み返しても気に入らないのですが、思い切って載せてみることにしました。記事のバランスが悪過ぎて情けなくなってしまう…。過去の旅日記はこれですべて終了のはずですが、突然発掘されたらまたお付き合いいただければ幸いでございます。

2020年追記:
それでもお蔵入りさせておりましたが、載せるものがなくなってきたのでついに掲載します(笑)。本気で内容薄くてびっくりしましたがさらっと流して読んでいただければ…。最終回だけ比較的ちゃんと書いてるのはなんでなんですかね、あまりの薄さに嫌になって最後だけ頑張ったのか。だったら途中もちゃんと書けよ。もう書き直そうにも記憶がないよ…。
まともな感想が書けていないスケーターの皆さん、ホントごめんなさい(泣)。当時はメモなども取ってなかったんですよ。

 

「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。

note.mu