読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎパイナップル

ただ、書くことが好きなだけです。

Stars on Ice Japan Tour 2011①

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp

 

新年早々煩悩旅行のお時間です。スターズ・オン・アイス大阪公演の思い出を書き留めていきましょう。

実はこのスターズ・オン・アイス、2年前の公演に行かなかったことをいまだに後悔しています。私の好きな3大スケーターのうちふたり・ジェフリーとステファンが日本限定のプログラムで共演するという、この先あるかどうかもわからないような事態が発生にしたにも関わらず、足を運ぶことが出来なかったからです。
今回の公演にはステファンがいないけど、ジェフは出演しています。ジェフに会いたいと願い続けて8年。私はやっとその願いを叶えることにしました。

と言っても万年金欠病(重度)の私にとって長野に行ったばかりで大阪にも出向くのは簡単なことではありません。悩む私の背中を押したのは、福井でお会いしたおふたりでした。高橋君ファンとライサチェックファンのふたりにとって、スターズ・オン・アイスは大好きな人たちに会えるショー。一緒に見よう、という声が私に決意させてくれました。

チケットもその福井の方がまとめて確保してくださり、しかも支払いは当日でいいと言ってくれました←実はそう言ってもらえてすごく助かったのだった…。ありがとうございます(涙)。

チケットは無事確保できたとなれば、あとは大阪までの交通機関。休みは2日間請求したものの(ここに集中して休みをずらした影響でその後の出勤がちょっと笑えることになってたうひゃーい)ショーには結局1日しか行かないことにしたので、さてもう1日はどうしよう。
そこで友人を誘ってお伊勢参りすることに。誘ったのはタメ年の友人。タメ年であることがポイント。ちょうどその時期、お伊勢方面は私と友人にとって開運の方位だったのです。
開運旅行なんて眉唾もいいとこですが(笑)意外と馬鹿にしたものでもない、というのが感想。勿論普段から方位なんて気にしてたらどこにも行けなくなるので程々が肝心ですが。スケート行脚の旅でも無視してます。そもそも単なる旅行と開運旅行は別物だろうし。でもやっぱり印象深い旅の場合にはいい日程に出発してるのがちょっと面白いかも。

てなわけで、ホントにやっすいプランを利用して友人とこだまに乗って大阪へ。
こだまは何故安いのか。何故なら大阪まで3時間もかかるからだ!
道中、遅い遅いもうこだまはいやだーと言い続ける友人に「安さに負けたのは自分たちなんだからさ…。わかってて選んだんでしょ」と泣きたい気分に(悲)。うん、気持ちはわかるよ。でも在来線での往復と変わらないくらいの値段で在来線の半分の時間で移動できて宿泊込みなら我慢できる範囲だと思うけどな。
ううむ、貧乏旅行に慣れ過ぎて私の感覚が麻痺しているのかしら…。
いやー、貧乏に関しては経験値多いからねー(笑)←そんな経験値いらねえええ

鶴橋で近鉄に乗換え、一路伊勢へ。時間短縮のため行きは特急。ぽかぽかしてて気持ちが良かったなあ。

伊勢市駅に到着し、まずは徒歩で外宮へ向かいます。
以前訪れた時も思ったけれど、やはり伊勢は空気が違う。ひんやりとして、清浄という言葉がぴったり。樹々のマイナスイオンの成せるわざなのかな。でもそれだけじゃないと言われても納得できます。
御正宮も多少は並んだけれど、どこより混んでいたのが多賀宮。道が狭いのも原因だろうけど、後から聞いた話によると現実的な願い事は多賀宮で祈るんだとか。だからかなあ。
並んでいる間に空を見上げると、樹々の枝の間を鳥が飛び交っていました。
外宮は左側通行だったのですが、ほぼ境内を出る頃になって「あれ?どっち通行だっけ?時々本気で左右がわかんない時があるんだよねー」「茶碗持つ方が左だしっかりしろ」てな会話をしていたら、知らないおじさんにそれを聞かれて笑われてしまいました(汗)
笑いの神は今回はここで降臨か…ってなんか違うぞ!

さて、シャトルバスに乗り込みお次は内宮へ。外宮も賑わってはいましたが、ここは比較にならないくらいの人でした。すごい…。
外宮とは逆に、内宮は右側通行。橋を渡り、砂利道をざっくざくと歩いて行きます。内宮は広い上このように砂利道なので、歩きやすい靴じゃないと辛いぞ。しかも靴が砂利で真っ白になるから気をつけよう。
冬の冷たい五十鈴川に手を浸し、別宮も回って御正宮へ。大きな石段にはびっちりと人がー!でも右側はすいすい進めるんだけど何故かしら、と訝しがりながらすいすい上って行くと、理由判明。
御正宮の正面の横に、たぶん臨時の拝礼所が作られていたのです。
真正面じゃないけど今更戻れないし、そこで参拝。
その後向かった荒祭宮ではやっぱり並び、また別宮を回って内宮参拝を終えました。冷えたけど、いいお天気で爽やかな気分でした。

さあ、おはらい町だ!この賑わい、財布に余裕があれば食い倒れたいくらいわくわくしてしまう。
まずは伊勢うどん。月見うどんでいただいたけど、冷えた体が温まって美味しかったなあ。
さらに豚捨で串カツを。ここの串カツ安い。なんと85円。ちょっと並びましたが、こちらも美味しかった。
お土産もここで調達。友人は赤福を4箱も買い、あまりの重さに帰るまでずっと嘆いておりました。道理で、道行く人が手に手に提げた袋には、1箱しか入ってないわけだ、赤福
私は悩みまくった末に松阪木綿のうさぎを購入。本当はでかいのが欲しかった。しかも4匹欲しかった。でも
そんな金あるかあああああ

おはらい町を堪能していたらすっかり日が暮れてしまい、最後に猿田彦神社を訪れて伊勢を離れることにしました。
暗くて境内の様子がよくわからなかったので、また明るいうちに来たいなあ、猿田彦神社

うっかり外宮でバスを降りてしまい、歩いて伊勢市駅に向かう途中のお土産物屋さんで「真珠煎餅」を購入。偶然見付けたお土産ですが、これはヒットでした。とっても品が良くてかわいらしいの。いやあ伊勢のお導きですなー。

帰路は特急券をケチって快速急行に乗車しました。なんとこの車両、特急とあんまり変わらない快適さ。…行きもこれで良かったんじゃないかしら(汗)
しかし、関西はだいたいどこでもICOCAが使えて便利ですね。

宿泊は淀屋橋。やっすいプランのホテルをさらにケチってダブルに泊まったため、もうすんばらしい狭さ(泣)。綺麗な部屋だったんだけどね。
宿泊者専用フロアで無料のコーヒーをいただいたところ、私の分を作り終えたところでコーヒーマシンがストップ…(汗)
ただの水切れだったんですが、ホテルマンが補充し終わるまでにペットボトルを飲み尽くした友人はコーヒーを諦めてしまったとさ。ごめんよ(泣)

さっさと寝支度に入る友人をよそに、辞書を2冊トランクから引きずり出す私。
すっかり恒例、ホテルでファンレター執筆。…もう出発までに書き上げるのは無理な気がしてきた←お前…
容疑者Xの献身」を見ながら下書き、清書。ニュース番組でショーの模様もチェック。この日はオペラ「椿姫」の放送もあったのに、気がついた時には終了していた…。未見なのでテレビでいいから見てみたかったんだけど…。残念(泣)

ちなみに、淀屋橋はイルミネーションが綺麗でした。うさぎのイルミネーションもあってかわいかった。時間と体力があればじっくり見て回りたかったな。

あくる朝。本日は友人とは別行動。先に出掛けた友人を見送り、カップ麺のしょぼい朝食を済ませた私も出発。目指すはなみはやドーム

以下次号。