うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

スケートカナダ2017雑感①

グランプリシリーズ2戦目ですね。ロステレコムが終わったばかりだと思ったら…。10月から年内はいつもこんな感じであっという間に過ぎていくんだよな。この時期は週末に予定を入れないのがデフォルト(笑)。

とっくに結果は出ている状態での地上波放送。こんな真っ昼間に流れるというのも不思議な感じ。でも競技の終了時間を考えると比較的早めに放送してくれてますよね。夜だとタイムラグが大きくなり過ぎて皆結果を知ってしまってるからなあ。しかし今年はロステレコム以外はずっとこんな感じで昼間や深夜の放送なんですね。

まずは女子ショートプログラム。トップ選手ばっかりなんですけど!やべえ!燃える!

真凜ちゃん。6分間練習から丁寧に放送されている。注目されてるなあ…。
曲が気に入って作ったという新しいプログラム。綺麗な色の衣装ですな。
ああ、冒頭のルッツ低い…。セカンドジャンプで転倒。ループは良かったけどアクセルはシングルになってしまいショートプログラムの規定に引っ掛かって得点がつかない。動きも固く、見せ場のスパイラルもすぐ足が落ちてしまった。緊張したのだろうか、真凜ちゃんの良さがまったく出せていなかった…。
演技直後は呆然とした表情で、キスクラでも無表情…。仕方ないとは言えもうインタビューしないでそっとしてあげてと思ったくらいだったけど、涙声でも必死で答えてた真凜ちゃん、よく頑張った…。ショックだっただろうけど、きっといい経験になったと思う。これをバネにして頑張って欲しい。日本女子フィギュアスケート界がずっと待っていた、実力も華も兼ね備えたスケーターですものね。

本郷さん。カルミナ・ブラーナ。昨年と同じプログラムですね。
ジャンプふたつがタノ入り。このプログラムは後半からが本番。恵まれた体格を生かしたプログラムは迫力があり彼女にピッタリ。去年全日本の会場で見た演技もめちゃくちゃ良かったもんな。あ、全日本の記事やっと書けたので近々掲載します。おいやっとかよ、1年近く経ってるぞ(汗)
ノーミスの非常にいい演技だったけどこれだけしか点が出ないのか。回転不足等々あったかな。
煽り映像に出演されていた彼女のおばあさまがとても素敵だった。お若い。

カレン・チェン。おお、ロクサーヌのタンゴか。リカバリーで跳んだコンビネーションが音に合わせてあってめっちゃかっこよかった。最後のスピンもスピードもあって見応えあったな。何となく固かったし少し雑だったようにも見えたけど、なかなか。

アシュリー。うおおおお、今年のショートプログラムこれか!『Hip Hip Chin Chin』!彼女にピッタリですよねこれ、大好き。
スピンしながら客を煽る余裕はさすがの一言である。一見ノーミスだったが、コンビネーションのセカンドが回転不足?これだけしか点出ないのか…。そう言えばスピードもいつもほどなかった気がした。髪は黒い方が似合う気がするんだけど、今年は金髪にするのかな?

ソツコワ。えっ、去年着てた衣装と似てない?てか同じ?まだ出来てないのかしら、新しい衣装…。
素晴らしく足が長くて美しい。ただ滑ってるだけでも映えますね。みんなタノ入りジャンプやってくるなあ。ノーミスに見えたけど得点はこんなもんなのか?彼女の演技はいい意味で空気のようで、いつも気が付いたら終わっている…。

ポゴリラヤ。衣装の上半身部分が肌色っぽい色のせいか、衣装の皺が贅肉の皺みたいに見えてしまう…。衣装がちょっと大きいのかな。真っ直ぐ立ってる時は素敵なんだけど…。
演技はさすがにピリッとしたキレがありかっこいい。そう、かっこいいんだよ彼女は。最初のスピンが素敵だった。さすがのノーミス。

オズモンド。去年のプログラムですね。衣装も同じか。プログラムの持ち越しや再演が多いあたりオリンピックシーズンって感じ。
スピードもすごければジャンプの高さも幅もものすごい。女子は体の軽い若いうちが有利な競技になりつつあるが、彼女みたいな選手はひとつの希望ですね。筋肉大事。
プログラムも衣装も彼女にぴったりで、あっという間に終わっちゃった。持ち越しで正解ですね。

続いて男子ショートプログラム。おい大丈夫か放送時間?

無良君。ファルーカに戻したのか。ああ、冒頭の4回転詰まってしまった。アクセルはめちゃ迫力だったけど…。相変わらずの素敵なプログラムなんだけど、ちょっと体もスケートも重そうだったな。ケイトリンの方が点が高いのか…。
男子のオリンピック代表は実質3枠目の争いだと思うけども、なんだかんだ言っていちばんそこに近いのは今のところ無良君だという気がするので、チャンスを掴んでいって欲しいなあ。

サマリン。実は初めて演技見ます。わくわく。プログラムは『月光』。こんなボーカル入りバージョンがあるのね。
ショートから4回転2発。すげえ。フリップよりルッツを跳ぶ選手が多いのは何故なんだ。難しいのか、4回転フリップ。アクセルはよくあれで転倒しなかったな、すごい身体能力。
回転不足もあったようで点はそれほど伸びず。しかし魅せたいという気持ちは伝わったので、シニアの大会に慣れてきたらいい選手になりそう。

ジェイソン。衣装かわいい!よく似合いますね。
4回転を入れないとやはり演技はまとまるものなのね。しかし彼はそれだけじゃなく、とにかくプログラムがギュッと詰まってる。人の2倍くらいなんかやってる気がするもんな。バレエジャンプ最高です。
おおー、90点出たわ、4回転ないのにすげーな。めちゃ楽しそうでいいプログラムですね。それでもつい足元見ちゃう。さすがです。

パトリック。衣装がいつもより衣装っぽい!これでもいつもより衣装っぽい!
アクセルはどうしても苦手なのかな。ステップ以降はひたすら足元ばかり見てしまった。ジャンプはダブルまでしか跳んじゃいけませんみたいなルールだったら彼10連覇くらいしてる気がする。あー、もう一回ステップ見たい…。素晴らし過ぎる…。

昌磨君。四季。ほぼノーミス?最後までスピードも落ちなかった。まさにアクセル全開、ものすごい思いっ切りやってきた感じ。シーズン序盤とは思えない完成度!
起きてる!明らかに起きてるよ昌磨君。眠くなかったらこんなに調子が出るのか!早めに現地入りする作戦は大正解ですね。てか今まではやっぱり時差ボケだったんだな(笑)。
6分間からずっとニコニコしててどうしたんだろうと思ってたら調子が良過ぎて笑顔だったのか。彼は普通の19歳の男の子と基本的にメンタルが別の次元にあると思うのよ。強いとか弱いとかじゃなくて、そもそも構造が違うというか。規格外だよなあ。今シーズンもどんなことをやってくれるか楽しみ!
ところで男子の最後の3人、ギュンギュングイングインギュインギュインって感じで、超眼福でした。お願い伝わって(笑)。

私にしては珍しくさっと書けたわ。基本的に大会が終わってから書き上げるようにしてるんですが、たまにはこういうのもいっか。ではではまた明日お会いしましょう!