うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

スケートカナダ2018雑感②

地上波では男子ショートプログラムに続いて女子のショートプログラムを放送。野球中継が延びに延びたためもう日付変わってますよ。さすがに眠かったけど頑張ったよ…。
地上波のほかにBSも視聴しての感想です。地上波は技術点カウンターが左上に出ていましたが、先週表示されてたものよりもわかりやすくなってる。これがあるとつい気になって見てしまい演技のポイントを見逃してしまうこともあるんだけど、だいたいのGOEやレベルを演技を見ながらチェックできるのはスポーツの放送という感じが強くて面白いですね。

女子ショートプログラム

第1グループ

1:ダリア・パネンコワ
実況が画面上に技術点カウンターが表示されるって言ってるのにされてねええええ!されてねえええええBS!地上波ではあったのに!
最初のジャンプは完全に抜けてしまい、コンビネーションもタノなんだけどほんとにギリッギリのジャンプ。ちょっと苦いシニアデビューになってしまったか。これからが長いから、まだまだ大丈夫頑張れ。
えっ、タノって加点対象じゃなくなったの?!両手タノだけ?片手もなのか?あわわ知らなかった…。


2:アリシアピノ
健康的でパワフルで、いい演技でしたねえ。素晴らしいシニアデビュー。地元の応援も後押ししてくれましたね。これ生で見てみたい、すっごい盛り上がりそう。なんか明るい気持ちになれたわ。
お名前はパインオーと読むのか…?


3:スター・アンドリュース
スケートアメリカと連戦ですね。お疲れかと思ったが、先週よりもずっといい演技でしたね、素晴らしかったです。スピンがとても綺麗。アメリカの感想でも書いたけど衣装のキラキラが本当に美しくて、気だるい曲を聞きながらイルミネーションを眺めてるみたいな贅沢さがあります。


4:アレイン・チャートランド
彼女も連戦。結構皆さん多いですね。でも彼女もスケートアメリカよりもずっといい演技。この歓声の中で滑れるなら連戦でもいいのかな?
後半は物語性みたいなものが感じられて良かったです。さすがにベテランですね。織田君がジャンプの回転不足を指摘しているのでものすごくいい点にはならないかもだけど、早速スケートアメリカのリベンジが果たせて良かった。


★5:松田悠良
首もとのパール(に見える)ネックレスに水玉模様がとてもかわいい衣装。隙のない、品のいいかわいらしさ。右足を怪我しているという話なので慎重に滑ってるようにも感じたけど、ミスのない演技には見えた。スピンのレベルが1だったり(プロトコル確認したら2だったけど。技術点カウンターはやはり暫定なのだな)、織田君が回転不足を指摘したりしてたように得点は伸びなかったが、キスクラでの様子からもできる範囲で頑張ろうとしている姿勢が伺える。しっかり治してね…!

第2グループ

★6:山下真瑚
シニアのグランプリデビュー戦でこんなにたっぷり煽り映像が。期待してるんだなテレ朝…。
緊張が全然感じられない。デビュー戦だということを忘れてしまうほどのノーミス演技。あ、でも織田君がエッジエラーを指摘してるな。しかしジャンプそのものは素人目には素晴らしかったし、本当に日本女子!どこまで!どこまで層が厚いのこれ!
曲がなんか癖になる…。面白い。しかしこれは一気にカナダにファンを増やしたのでは。可愛らしいだけでなく全然気負わない滑りにあのジャンプである。心がっちり掴まれた人絶対いるよ会場に。


7:マライア・ベル
ダブルアクセルから始まるプログラム。それでぐいっと観客は彼女に惹き付けられる。素晴らしいノーミス演技だったが、何が素晴らしいって彼女の魅力を最大限に引き出すこのプログラムだ。これリッポンの振付なのか、素晴らしい…!曲のイメージを最高に活かしながら、彼女のことが大好きになるように作られてる。可愛すぎて涙出てきた←あんた何なの


★8:エリザベータ・トゥクタミシェワ
この選曲、編曲、どことなく漂うハッタリ感。さすがミーシン門下である。目の覚めるような素晴らしいトリプルアクセルに、後半に跳んでいるとは思えない高さのルッツ。ラストのスピンまで余裕でしたね。これを!これを待ってたんだよな、なあみんな!うおおおおおすげえ点出たああああああああ!
彼女は目の色が好きなんですよ。めっちゃ綺麗。目を見てるだけで虜になる。NHK杯が楽しみでしょうがないです。


★9:エリザベート・トゥルシンバエワ
たぶんルッツの着氷くらいですよね、ミスは。スピンもさすがだし、丁寧な演技で全体的に良かったのですが、得点が伸びない。うう、回転不足か…。コーチをエテリに戻したとのことですが、その成果が出るのはこれからなんでしょうかね。


★10:エフゲニア・メドベージェワ
衣装も振付も選曲もこれまでの彼女のイメージにはなかったものですね。氷河の中で滑っていたような厳しい彼女がプログラムからいなくなってる。ロシアっぽさをここまで消せるところはさすがの演技力だなと思う。
しかし、コンビネーションが入らなかったのは得点的にものすごく痛いし、取るべきレベルも取れてない。こんなメドベージェワを見ることになるとは…。まだ評価を下すには時期尚早かとも思うが、コーチ変更が最終的に吉と出れば良いのだが…。


★11:樋口新葉
池江選手との煽り映像が面白い。背が高いのね池江さん。
翅に顔の模様があって怖い蝶々みたいな衣装。迫力。すっごい印象的で面白い振付がいっぱい入ってる楽しいプログラム。ものすっごい不思議で、リズムも取りにくそうな曲調なのに演技に違和感が全然ない。それどころか癖になる。これはまた当たりプログラムになりそうですな。ジャンプも問題があったとしたら最後のフリップくらい?素晴らしかったです!


樋口さんと山下さん、ほとんど点差がない。もうこの大会の結果すっ飛ばして全日本が怖い…。実はこの結びの部分を書いてるのは地上波を見た直後で、現地でのフリーもまだ始まってないんだけど、メドベージェワの巻き返しにも期待したい…!

さて、明日は男子フリーについてです。よろしければ明日も読んでくださいませ。


「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。自分自身のことや日記などフィギュアスケート以外の話題は2018年9月より主にこちらで綴っています。noteにも是非お越し下さい。
note.mu