うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ふらふらと求職中)

Fantasy on Ice 2015 in Shizuoka⑩

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp

 

土曜日は浜松に戻って1泊。やっとこさホテルに着いてお風呂にでも入ろうと思ったら、しまったクレンジング一式忘れた。財布が死にかけなのに…と半泣きでホテル内のコンビニに買いに出ました。
お泊まりセット的なものと夕食のヨーグルトを購入して部屋に戻る。その日特別にお金がなかったのもあるけど、そもそもこの頃私の家での夕食はだいたいヨーグルトひとつだけでした。いつでもお金がないんだ…。ガハッ。

疲れていたので爆睡。翌朝は化粧しようとしてアイブロウが無いことに気付き、昨夜のコンビニに再び足を運ぶ羽目に。頼むからこのすっぴん状態を見られませんように、と祈りながら急いで買いましたが、たぶん気にする人なんていなかったと思います(笑)。
朝食は非常に美味しかったです。うなぎ入りのごはんがあったし、ケーキも小さいながら本格的な味でした。しっかりホテルの名前が入ったプレートがささってましたよ。それなりのホテルはだいたい朝食も立派なので、ガッツリ食べて昼食代を、可能だったら夕食代まで浮かすことができて非常にコストパフォーマンスが良い。ということにしておきたい(笑)。たまには贅沢しないとやってらんないっすよ…

日曜日はAさんと合流して駅まで歩きました。愛野駅に到着すると、改札にも入れないくらい人が溢れているではないですか。何でも、JRの沿線で火災が発生し、電車のダイヤが大幅に乱れているとか。これは当分無理だ、とコンコースを埋め尽くす勢いの人の群れを見て諦める私とAさん。どこかお店にでも入ろうと思ったけど、カフェとかファミレスの類いが見当たらない。仕方ないのでずっと駅にいました。
Aさんと喋り倒しているうちに電車は無事に動き出した様子。とにかくものすごい人の数だったので、何本か見送ってから乗り込みました。Aさんとはここでお別れ。今回もありがとうございました。ひとりじゃなかったおかげで非常事態でも慌てず楽しく過ごせましたよ。

やっとこさ乗れた浜松行きの電車ですが、ダイヤが乱れた影響で駅のすべてのホームに電車が停まっていてこれ以上入れないとかで、かなりの長時間動きませんでした。座れて良かった…。この暇な時間を利用してショーの内容についてのメモを書いたんですが、まさかそれが1年経ってこれだけ役に立つとは(泣)。何かを予感したわけではないと思うけど、この静岡以降毎回メモをとるようになりました。いや、やっぱり何かを予感してたとしか思えない…。

浜松を観光して帰るつもりだったのに、すっかり予定が狂ってしまい、ホテルに預けていた荷物を引き取ると、急いで名古屋方面へ向かって在来線に乗る。既に予想到着時刻を二時間は過ぎてたと思います。Aさんに頂いたお土産を早速開けてもりもり食べる。だって予定外の出費(お泊まりセットとアイブロウ)がかさんで夕食代が出せる状況じゃなかったんだもん(泣笑)。それに、名古屋駅でどうしても行きたい場所があったんですよ。そのための予算だけは死守したかったのです。

確か豊橋で乗り換えたんだけど、慌てた私は何故か名古屋ではなくどこか途中の駅(どこか忘れた…)で降りてしまって、またまたタイムロス。知らない土地の静かな駅は本当に寂しかった…(泣)。て言うかアホやがな。そんなわけで、名古屋駅に着いた時はもう9時回ってました…。出発前に名古屋駅で暇を潰せる場所も色々探したのに、そんな必要まったくなかった…。
でも、あのお店だけはどうしても行かなければならない。名古屋駅に到着するなり、私はある喫茶店に向かって急ぎました。その喫茶店の看板メニューに会いたくて仕方なかったのです。
何とかラストオーダーに間に合い、ウエイターが運んできたそれを見て、無事に名古屋駅に到着できたことを神に感謝する私。
そのメニューとは「ぴよりん」。ひよこの形をした、それはもうとんでもなくかわいいプリン(ケーキ?)です。
本当はぴよりんプレートなるメニューを頼みたかったんだけど、私に残された力ではぴよりん単品しか注文できませんでした。飲み物すら無理。本当に…、本当にお前…。いい年した大人とは思えん(血涙)
ああ、ぴよりん。名古屋に行ったら絶対お前に会おうと心に決めていたんだ。諦めなくて良かった。なんてかわいいんだ。フォーク刺すのがかわいそうになるけどいつまでも眺めていられないから食べちゃうよ。ぷるぷる柔らかい。美味しい。絶対また会いに来るからね。←この人頭ヤバイ
皆さんも名古屋に行かれた際は是非チェックしてみてください。季節限定のぴよりんもいるらしいよ。

名古屋駅からは夜行バスに乗車。女性専用シートを予約したら、確かに周囲の乗客はみんな女性で、何となく安心して爆睡できました。
待ち時間も入れて往復に30時間ほどを要した上、火災の影響で結局名古屋に到着するのに5時間程度かかったことも手伝って、帰宅後は疲労困憊でした。無茶な旅程は散々組んできたけれど、今回は本気で疲れた(泣)。財布の寒さは絶対零度に近いレベルでたぶん過去最凶だったと思われる。お土産も世界の山ちゃんスナックを一袋買うのがやっとだったし。静岡じゃないし。美味しかったけど。てかお土産なのに自分が食うな(笑)。

そんなわけで、一切観光してない(笑)静岡旅日記は以上で終了です。すっかり色々忘れてしまっているので適当な感じですみません。次は金沢旅日記でお会いしましょう。

ー終ー

2018年追記:
結果としてハードな行程になってしまった旅は色々あったけど、この静岡への旅も相当ですね(汗)。名古屋を出た頃には財布には1枚もお札がなかったんじゃないかと思う…。しかもそれが全財産だったような…。どうやって生きてたんだろう←記憶がない(汗)
シェネルはなかなかいい人選だったように今振り返ると思います。オープニングもかっこよかった。めちゃくちゃ無理しましたが、金沢や神戸とはまったく演出が違ったので、バス乗り継ぎとか在来線で移動とか、時間を金で買えなかったことがありありとわかる行程で大変でしたけど(泣)、行って良かったです。ヴァーティゴも見られたしね。
ぴよりんにどうしても再会したくて名古屋のグランプリファイナルを狙っていたのだが…。貧困の壁が厚すぎて太刀打ちできなかったです(泣)。また会えるかなあぴよりん…。今度こそぴよりんプレート注文するんだ←見果てぬ夢