うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

スターズ・オン・アイス2017雑感③

さて、ショーの放送は終了しましたが、番組の時間はまだ残っています。ここからは出演者によるトークコーナー。おお、これは会場では見られない内容ですね。わくわく。


★スターズ・オン・トーク2017
出演は宮原知子樋口新葉本田真凜宇野昌磨の四人。昌磨君はやっぱり君づけで呼ぶのね、ナレーション(笑)。
トークコーナーのゲストは一体誰?という話題に全然ついていけてなさそうな昌磨君。やっぱりテレビ見ないんだ。女優さんなんかもまったく知らなさそうだったし。隣に座ってても全然緊張してなさそうだったもんなあ。って大谷翔平も知らない?それはちょっとびっくり。でもわかったみたいだけど。現実世界では会いたい人はいないって、誰に会いたいのかめっちゃ聞きたい。やっぱりゲームのキャラかな(笑)。
てかボルトが何故か大人気(笑)。なんかこのメンツに混ざってると新葉ちゃんがめっちゃ普通の子に見える…。

司会は織田君なんだ。でもみんな織田君の話を聞いてなくて笑う…。
うう、お肉美味しそう。やっぱり白米と肉しか食べてないんだな昌磨君(笑)。真凜ちゃんが知子ちゃんに蟹味噌をあーんしてあげてるのかわいいな…。
ほう、ベタだけど占いコーナーをやるんですな。占いって言われてちょっと喜んでる?のがみんな女の子だなあ。へー、ゲッターズ飯田を呼んだのか。決して有名でないわけではないが、彼がゲストだというのは普通に当てるのが難しかったんでは?
でもみんな恋愛運とか金運は心底どうでも良さそう(爆笑)。って昌磨君の心は60歳なんかい!金運も恋愛運も運の話っていうか興味ゼロなだけだろこれ(笑)。どうやら昌磨君のドリームなファンはあと20年くらい精神的に安泰のようですね。良かったね、って言っていいのか?(汗)
不動産王になる新葉ちゃん見たいわー。意外と社長とかやってそうよね将来(笑)。んで真凜ちゃんどんだけボルト好きなんだよ(笑)。勝負運の話は今聞くと当たってる感じだなあ…。将来は織田君ポジションになってる知子ちゃん見たいですね(笑)。まったく想像つかんあたりがなんとも(笑)。ああゲッターズさん私の金運を観てくれ…(泣)
ああ、トークコーナー面白かった、大笑いしちゃった。またやっておくれ。

以上。CMが全然ないのでごはん食べる暇なかったしトイレも我慢。それってショー見てるのと変わんないんですけど(汗)。でも楽しかったからいっか。

2017年の公演の放送はここまでだったんですけど、ついでにさらに深夜になって放送された、2015年と2016年のスターズ・オン・トークについてもちょこっと感想を。さすがに朝から深夜までぶっ続けでテレビ見てたので疲れてうつらうつらしてしまい、単独の記事にする程の文量が書けなかった…。

★スターズ・オン・トーク2015
そんなわけで、もう眠くて死にそうですがせっかくなので見てやる…。こんだけ一日中テレビ見てるとか滅多にないんですけど。普段テレビはつけてるけど、無音だと集中できないだけで見てないからな。ものすごく妄想したい時とかは無音がいいけどそんな時は滅多にないから(笑)

2015年は高橋大輔浅田真央織田信成鈴木明子の四人によるトークバンクーバーを思い出す、ちょっと涙。
うむ、なかなかぶっちゃけてて面白いな(笑)。オリンピックの話は興味深かった。男子二人はまだ出たいのね。3年くらい前の話なので今は気持ち変わってるかもしれないけど…。
熱愛報道のバッサリぶりも面白かった。あんなの信じる人の気持ちがさっぱりわからないが呆れることにこれがいっぱいいるんだよなあ…。明らかに異性だと思ってないだろって当時めちゃくちゃ突っ込んだけど(笑)。まあそれも私の勝手な感想ですけどね。

★スターズ・オン・トーク2016
2016年も同じ四人なのね。ほお、総力挙げての撮影なんだ(笑)。長丁場もこれで最後だと思うと少し目が冴えてくる自分。やっぱりこの四人の並びを見てると目に浮かぶのはバンクーバーのリンクの壁の色だな…。
へえ、真央ちゃんも野菜嫌いだったのか。じゃあ昌磨君もいつか野菜食べるようになったりしてね(笑)。織田君のお菓子マニアぶりが面白い。
引退後の話もすごく面白かった。運動してる方が楽っていうのはスポーツ選手以外にはない発想じゃないかなあ。子供の頃からの習慣って大事ですね。
高橋君の言う「性格のきつい女性スケーター」が最近ファンになった人絶対わからんメンツで時代を感じる…。

絶妙なグダグダ感(笑)がリラックスした雰囲気でとても面白かったです。私はソルトレイクシティーオリンピックからのファンなので、彼ら四人は皆シニアデビューくらいから現役引退までをゆるく見守れたということになります。それだけに、彼らの姿がもう競技のリンクにはないということがいまだにどこかで信じられなかったりするのですが、たとえ競技のリンクを去ったとしても彼らの輝きは今も何一つ変わることはない。これからもそっと応援させてもらえたら嬉しいな、という気持ちを込めて、この長い感想文の筆を置きます。最後までお付き合いいただいた皆様、本当にありがとうございました。これだけ時間を取って無料放送してくれたTBSにも本当に感謝です。楽しかったですよ。