うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

世界選手権2019雑感①

さあ始まりました、世界選手権!フジテレビがエキシビション以外はテレビの生中継とネットでのライブ配信とを敢行してくれるため、思う存分競技が堪能できます(感涙)。本当は死ぬほど会場行きたかったけど、現在の経済状態では完全に寝言なので諦めました…。
お金あっても迷ったとは思うけどな。何せ私がチケットを取った試合で羽生君の欠場が続いてしまったので、また何かあったらと思うと恐ろしくて(泣)。いや、このジンクスは来シーズンこそ破る予定です…。

前々日、前日と公式練習や日本の選手の記者会見(ライブ配信してくれてありがたかった)の様子も入ってきました。羽生君の帰国報道から、フジテレビの独占インタビュー、公式練習で見せた4回転ループ、そして男子3人がかわいくてかわいくてかわいかった記者会見…!あんなかわいい会見でも火花が散ってることになるんですなマスコミ的には…。
ペア開始までに色々準備を済ませるつもりだったのだけど、公式練習と記者会見だけで怒濤の情報量で、しまった1日読み違えてた、と己の計算ミスを後悔する。刑事君と昌磨君が手を繋いで?じゃれてる写真なんなの…?世界平和…?!←正気に戻れ←正気だったことは人生に一度もない

ではでは、2019年の世界選手権最初の競技はペアショートプログラム!戦いの幕が切って落とされます!

ペア・ショートプログラム

第1グループ

6分間練習だけでなくリンクインから見られるの楽しいですね。リンクインの時に流れる曲に合わせて手拍子するとめちゃくちゃテンション上がるので、会場に行かれる方はぜひぜひその楽しさも味わってきてください。


1:リョム・テオク&キム・ジュシク
世界選手権最初の滑走者は北朝鮮のペア。このペア実力ありますよね。
ああ、スロージャンプで転倒…。ショートはミスすると痛いからなあ、あまり点数に影響しないといいな。
えっ、アイスコープペアでも使うんだ。スロージャンプを測るのかな。ちょっと面白そう。っていちいち数値を覚えていられないのがつらいが…。


2:レベッカ・ギラルディ&フィリッポ・アンブロジーニ
彼らの演技はたぶん初めて見ますな。ソロジャンプがダブルアクセルだと無駄にワクワクしてしまうアクセル好き。いや、得点考えるとほかのジャンプの方がいいのでしょうが…。
スロージャンプは何とか耐えた。印象としてはちょっと粗かったけど、大きなミスはないように見えました。
へえ、スロージャンプって5mも距離が出るのね。アイスコープ面白い…。


3:ハンナ・アブラジェーヴィッチ&マルティンビダル
場内アナウンスも聞いてたけどお名前の読み方よく分からなかったです、すみません。
女の子がすごくほっそりして可憐な印象で、ペアの競技を見てる!って感じがする。完璧ではなくてもジャンプなどは綺麗に決まってるように見えたけど、得点は出ないのね…。


ここでいきなり整氷が入る。ギリギリまで風呂入ったり掃除してたから(※禊)一息つけて良かったかも。場内の大型スクリーンに流れているのであろうCMの音声が聞こえてくるのが何とも言えない(笑)。
結構お客入ってるように見えるな、午前中だということを考えても。大きな会場なのにすげえな。一度しか行ったことないけどめっちゃ広いなあそこ。

第2グループ

4:ゾーイ・ジョーンズ&クリストファー・ボヤジ
リンクイン前からジョーンズさんにベテラン感が漂っていると思ったが、お子さん3人いらっしゃる39歳!大ベテランじゃん!すげえ、カッコいい…!こういう選手の情報がわかるのも選手紹介のアナウンスが日本語だから。国内開催ありがたいねえ…。
おお、いい演技でしたね。若い選手にはない味がすごく出てた。40歳近くてこれだけ技術を保っていて、さほど大きなミスなく(見た目はですが)試合で滑り切っちゃうとは。衣装もデザインが揃えてあって一体感があっていいです。ボヤジさん笑顔かわいい…。


5:イヴリン・ウォルシュ&トレント・ミショー
会場が盛り上がる選曲きたー!ビートルズ?のすごいロックなアレンジ。
ソロジャンプ綺麗に流れてて良かったように見えましたし、全体的に余裕があったように感じました。なかなかの演技だったんじゃないかなあ。
キスクラ綺麗だな、桜だ。外国の選手も喜んでくれそう。


6:ミネルヴァ・ファビアン・ハーゼ&ノーラン・ジーゲルト
ハゼー&ジガートに聞こえますね場内アナウンスは。衣装の色が合わせてあって綺麗。ノーランさんの内側のシャツの色とミネルヴァさんの全体的な色。ミントグリーンというかブルーというか、綺麗な色です。
ソロジャンプが惜しかったけど、あとはしっかり決まってたのでは。スロージャンプとか。リフトもすごかった。


7:ラナ・ペトラノヴィッチ&アントニオ・ソウザ=コルディール
カルディルさんに聞こえますね、場内アナウンスは。
おお、これいろんなショーで使われまくってるあの曲ですね。グレイテスト・ショーマン。盛り上がりそう。
ツイストリフトたっか!ラナさんの動きが鋭くてカッコいいな。いい感じで進んでいたと思ったのだが、最後のスピンが崩れてしまった…。スピンの得点が入ってないように見えたけど…。うう残念…。

第3グループ

8:ラウラ・バルケロ&アリツ・マエストゥ
NHK杯でも印象に残ったペアですね。華があるんですよ。衣装もすごくかわいい。髪飾りとポケットチーフの柄や色も合わせてあるのかな?
リフト上げる前の動きとか、ちょっと足を上げる仕草とか、そういうのがすごくかわいくて、技術云々の前に見てて楽しい、って思わせてくれるところがいいですねえ。
ところでスペインのジャージカッコいいな。各国のジャージチェックも楽しいのだった。


9:アニカ・ホッケ&ルーベン・ブロマールト
場内アナウンスはホックさんに聞こえるな。どっちがいいのかしら。
ソロジャンプでアニカさんが転倒。うう、痛そう…。でもスロージャンプはしっかり降りてたように見えたし、ラストのポーズがすごい。よくそこで止められるなって位置にアニカさんを降ろすので思わず声が出そう。


10:ミリアム・ツィーグラー&セヴェリン・キーファー
ミリアムさんはシングルの選手だったのか。そう言えばそうだった気も。衣装の色がこのペアも綺麗。綺麗なグラデーション。
ツイストリフトはギリギリな感じに見えたけどどうだったんだろう。ステップが素敵でした…!これまでのペアではいちばん印象に残ったけど、あれ、レベル2なのかあ。素人の印象とプロの採点はやっぱり違うんだなあ。


11:ウェンジン・スイ&ツォン・ハン
このペア見るためだったら私も午前中から行きますとも…!6分間練習で見せたスロージャンプが美しすぎて目が覚めた…。格が違う人たちが来ちゃったよ感。さすがオリンピックメダリスト。
デススパイラルのふんわりした滑りからもう惹き付けられて、あの豪快かつ美しいリフト!スロージャンプの飛距離が6m!6mを出したのはここまでで彼等が最初だろう。プログラムの中に見所しかなかったです。すげえ…。
演技も格が違う印象でしたが得点も格が違いましたね。怪我の影響でランキングが下がっちゃったんだろうな、本当は最終グループに出てくる選手ですよね。


ここでまた整氷。整氷の間に休憩できるのでありがたい。この間にツイッターをざっと見たりこうやって急いでメモ取ってます。ほぼ清書に近い形で。休憩してるようでしてない(汗)。

てなところで、長くなったのでいったん切ります。ペア後半グループの感想はまた明日。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu