うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

カップ・オブ・チャイナ2019雑感①

グランプリシリーズも後半戦に突入ですね。第4戦の舞台は中国。地上波での放送はありませんでしたが、BSで第1グループの6分間練習前の挨拶から生放送!てかジャッジの挨拶がちょこっと映ったほど、ホント最初の方から生放送ー!やったあああああ!
地上波で視聴率の取れる選手がいない、と踏んだのかもしれないですけどね。そう考えると、いいのか悪いのかわかりませんけれども…。

女子も解説は織田君。織田君の解説大好きなので楽しみ!

女子ショートプログラム

第1グループ

1:イー・ジュウ
お名前の読み方、間違ってたらごめんなさい。へえ、シニアの国際大会初出場なんですね。たぶん初めてお目にかかる選手かな。
とても丁寧に滑っていましたね。丁寧過ぎて少し勢いはないかなと思ったけど、ミスが無いクリーンな演技で良かったです。
技術点カウンターの要素名がやっぱり選手名で隠されてしまうのですが、織田君が全部名前言ってくれるので助かる…。


2:ホンギー・チェン
ダブルアクセル以外はジャンプが両手タノ。冒頭のルッツは転倒してしまいましたが、それ以外は丁寧に滑ってたんじゃないかな。何となく緊張が伺えたけど、やはり自国の大会だからでしょうかね。織田君によると回転不足等々があるっぽい?ホントだ、ルッツのアテンションとフリップが回転不足だ…。
衣装のスカートがかわいい。裾のデザインとか、裾に向かって濃くなっていくピンクのグラデーションとか。


3:チェ・ユジン
グランプリシリーズデビューなんですね、緊急してしまったかな。少し演技が固いように見えてしまったので。単独ジャンプがダブルになってしまって得点が入らない痛いミスも。少し噛み合わなかったかもしれませんが、緊張感が解ければカッコ良く滑れそうなプログラムですね。衣装も黒地に赤がキラキラでカッコいいです。


4:カイラニ・クレイン
ループ、ループのコンビネーションを予定してたってことは、冒頭のループは単独になってしまったってことかな。後半にリカバリーしてたけど、セカンドジャンプがシングルに。でもセカンドが跳べないよりはいいのだろうか。あ、織田君によると大きく減点されちゃうのかシングルだと。ショートプログラム厳しいなあ、規定だしなあ。
表情の付け方がとっても良かったですね。衣装もはっきりしたオレンジでかわいいな。お、NHK杯出現するんですね。昨年も代替出場だったような、NHK杯


5:イー・クリスティ・レオン
おお、ジャンプしっかり決めてきましたね!しかし織田君はさすがに見逃さないな、コンビネーションのセカンドは回転不足だそうである。それどころかプロトコルチェックしたらジャンプ全部回転不足だった…。うう、無念。
なんか彼女、演技がくっきりしてると言うか、存在感があっていいですね。アイスダンスやっても似合いそう。


6:アンバー・グレン
冒頭のコンビネーションジャンプ、とても勢いがあってカッコ良かった。ほかのジャンプもしっかり決まっていましたし、ステップも素敵。ここまでの選手の中ではいちばん魅せる演技が出来ていて、プログラムが終わるのが早く感じました。織田君も非常に褒めていましたが、とてもいい演技だったと思います。
キスクラ明るくてかわいい。ぬいぐるみで遊んでるコーチもかわいい(笑)。おおお、いい点が出たぞー!

第2グループ

おや、製氷しないのか。まあ6人しか滑ってないし。
あれ、挨拶での日本人選手の紹介が、名字→名前の順だった。日本の大会以外ではだいたい名前→名字で呼ばれるよね?中国は違うのかな?
なんかこのグループ、衣装の黒率高いな。てか黒かグレー系がほとんど?


7:ユ・ヨン
トリプルアクセルは大きく転倒してしまった。素人目にも回転がどうだろうか…。うーん、やはり回転不足。コンビネーションジャンプはしっかり決まりましたが、トリプルフリップでまた転倒してしまって、得点的には厳しいかもしれない。ファイナルが見えて緊張してしまっただろうか。演技も曲がBGM状態だったように見えたし。でもスピンやステップは綺麗だったなと思います。
あ、指導してるの濱田コーチなんだね。そう言えばそんな話聞いたっけ。


8:アンナ・シェルバコワ
柔らかに動く指先、繋ぎで盛り込まれるしなやかなスパイラル。ラストに跳ぶルッツとループのコンビネーションもしっかりと決まる。スケートアメリカで見られたミスもなく、確実にアメリカよりいい点が出るだろう。これがシニア1年目の選手の演技だとは…。トリプルアクセルも4回転も無くても70点以上出せる。強い…!


9:本田真凜
衣装マイナーチェンジしたのかな?肩のストラップ可愛かったんだけどな。
事故の影響だったのでしょう、スケートカナダでは見られた不安感が無くて、真凜ちゃんらしい飄々とした明るさが戻ってきていて安心しました。トリプルフリップは転倒してしまいましたが、コンビネーションジャンプも綺麗に決まったし、ステップは加点が1以上ついてることからも分かるようにとても良かったです。


10:宮原知子
コンビネーションジャンプはとても慎重に跳んでいるように見えましたが、ステップやスピンはスピードや独特のキレがあってさすがでした。マイナス要素が全然無いぞ、と感心しながら見ていたのですが、最後のループは減点だったな、うーん、回転不足だったのか。コンビネーションジャンプもセカンドが回転不足か…。彼女は元々その傾向があったから、判定が厳しくなった今シーズンは大変かもしれないな…。
振付はリショーなんだ。新しい彼女の魅力が出ていていいですね。


11:エリザベータ・トゥクタミシェワ
トリプルアクセル、回ったと思ったんだけどな…。残念ながら転倒。コンビネーションはセカンドがダブルになったがファーストをトリプルフリップにして構成を上げてきたのね。ルッツはもう彼女らしくて素晴らしいジャンプ。余裕があって本当にカッコいいし、跳ぶ前の身体の反らし方も彼女らしさに溢れてて良かった。
スピンがひとつ得点がカウントされてなかったように見えたけど、カウンターが混乱してただけ?どうなんだ?点は入ってるな、私が見間違えたのね、たぶん。


12:ソフィア・サモドゥロワ
ノーミスきたああああ!さすがですよサモドゥロワ姐さん。衣装もよく似合ってらっしゃってカッコいいわ。えっ、シニア2年目?もう5年くらいやってるような貫禄が!
ジャンプの難易度はそこまで高くないし、織田君によると回転不足もある模様。確かにコンビネーションのセカンドが回転不足判定。しかし彼女らしい迫力がありましたね。またまた織田君によるとあまりスピードも無かったよう。本調子ではなかったか。うーん、得点伸びないもんな。


宮原さんさすがのショート2位。グレンさんはすっごい頑張ったのでは。だけども、まだまだフリーでどうひっくり返るかわかりませんね。これ書いてるの、まさに競技を見終わってすぐのタイミングなので、フレッシュな感想でございます。掲載はずっと先のことになるでしょうが…。

ではでは、次回は男子ショートプログラムの感想でお会いしましょう。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu