うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

カップ・オブ・チャイナ2019雑感②

女子のショートプログラムに続いて男子も生放送。素晴らしい。時間的にちょうど視聴しやすいことも関係してるのかな。大歓迎ですよ、生放送。BSならそんなにCMもうるさくないしね。
解説は佐野先生なのね。織田君が男女どっちも解説するのはそりゃきついよな。

ではでは、早速感想をどうぞ。これ書いてる今、まさに第1グループの6分間練習中でドッキドキしてますよ!

男子ショートプログラム

第1グループ

1:フー・ジャン
お名前の読み方、合ってるかしら?
イントロで分かったわ、ステファンも使ってた『Don't Stop The Music』。この曲、意外と競技にも合うなあ、と思ってたので、使ってくれる選手がいて何だか嬉しい。やっぱいいな、この選曲。
トリプルアクセルしっかり跳びましたね。演技としては粗もあったけど、曲の緩急もついてて、私は見てて楽しかったですよ。


2:チーイー・ツァオ
お名前の読み方やっぱり間違ってたらごめんなさいよ。テレ朝は恒例の音読みなので…。
グランプリシリーズ初めてなのかあ。トリプルアクセルは綺麗だったけど、そのほかのジャンプにミスが出てしまった。コンビネーションのルッツは高さあったと思うんだけど、セカンドがホントギリギリの無理矢理に…。でも全体的には魅せる演技が出来てたんじゃないかなあ。佐野先生も背中のラインが綺麗って言ってたけども。


3:ハン・ヤン
うおおおおお!ハンヤンー!ハンヤンー!またあのつるつるすべすべスケートが見られるのかああああ!号泣…。って、つるつるすべすべって何だよ(汗)。
トリプルアクセルきたああああああ!着氷はあまり流れてなかったが、あの幅。ハンヤンのトリプルアクセルはとにかく幅がすげえんだよなあ。コンビネーションも単独のルッツも余裕があった。引退も囁かれていたのに、素晴らしい復帰戦。とても落ち着いていて、なんか大きくなって帰ってきてくれたなあ、という印象でした。これからも楽しみにしてるからね!


4:コンラッド・オーゼル
彼もグランプリシリーズ初参戦か。身長183cm?おお、それは演技が映えるね。
4回転二種類降りてきた!コンビネーションの方はどうにかこうにかでしたが、単独のサルコウは綺麗でした。スピンもとてもいいですね。オータムクラシックでも見かけた選手ですが、テレビで細かいところまで見える方が良さがわかる選手かな、という感じ。しかし得点はあまり伸びなかった、回転不足?ああ、やはりサルコウが回転不足だし、GOEもマイナスの要素が多いな…。


5:ブレンダン・ケリー
4回転は何とか…でしたが、トリプルアクセルすっごい綺麗でしたねえ。出だしから振付が面白くて、特徴的な手の動きを見てしまう。グランプリシリーズの初戦よりは随分良かったのでは。って記憶違いだったらすみません。
選曲が何だか『今日の料理』を思い出してしまいますが関係ないですね、はいすみません(笑)。


6:アンドレイ・ラズキン
4回転ルッツ降りた!着氷は良くなかったですけどしっかり降りた。トリプルアクセルもとても綺麗で、いい調子で演技を終われると思ったのだが、コンビネーションジャンプのセカンドが入らない…。これは得点的に痛い…。でも全体的にはすごく演技にまとまりがあって、しっかり世界観を作れてたと思う。衣装も定番だけどいいですね。
ところでスピンを天井から映すのはやめてくれええええ、全然そのスピンの良し悪しがわからん!分かる人もいるかもしれないが私は分からないんだ、ごめんな!

第2グループ

7:田中刑事
トリプルアクセル勢いよく降りた!いい出だしだったのですが、コンビネーションジャンプ、これは4回転のパンクか。パンクと言ってもトリプルだし、コンビネーションにもなってたのでミスは最小限に抑えたのではないか。トリプルルッツは綺麗に降りてましたね。ステップはとてもキレがあって好きですが、うーん、レベル取れてないのね。
ファイナルの可能性もあるからなあ、表情も固いように見えた…。フリーで巻き返せー!


8:カムデン・プルキネン
4回転ジャンプの回転、すごく速かったんだけどなあ、残念ながら転倒。トリプルアクセルは素晴らしい出来でした。加点すごいな。
まだまだ粗はあると思うのですが、魅せる演技が出来る選手はいいですね。若い選手ですがそこがしっかり出来ていて、とても引き込まれて見てしまいます。細かいところまで詰められていくといいなあ、フリーも楽しみですね。


9:チャ・ジュンファン
髪型変わった?なんかふわふわ。
4回転サルコウは転倒。これは回転足りてるかな…。うーん、やはり足りない。ルッツとループのコンビネーションは彼らしくビシッと決めたが、ああ、トリプルアクセルでも転倒してしまった。どうもジャンプが、ジャンプの軸というか跳び方というか、そういったものがずれてしまっているのだろうか。佐野先生も、ジャンプが狂ってるって言ってたけど。なかなか調子が戻らないですね、どうしたんだろうか…。全体的に焦りの見えるような演技だった気もするし…。


10:マッテオ・リッツォ
4回転トゥループ綺麗でしたねえ。あれだけ綺麗なら無理矢理コンビネーションにしなくても良かったかもしれない。トリプルアクセルも素晴らしく、このままノーミスで行けるかと思ったのに、ルッツで転倒。回転はどうか。あ、良かった足りてるわ。しかしコンビネーションにならず大きな減点になってしまう。ですがスピンは軸がピタリと真っ直ぐで、ステップも巧み。コンビネーションだけが惜しかったですね。


11:キーガン・メッシング
キーガンもどうした…。どうも噛み合わない選手が多い…。
4回転トゥループは転倒してしまったし、得意のはずのアクセルはダブル…?やっぱりダブルだよね、抜けてる。コンビネーションはきっちり降りられて良かったし、そのあとすぐの上を見上げる振付も素敵だったのだけど。
キーガンは順位によってはファイナルに望みがあるからなあ、気負ったかなあ。ただし皆あまり調子良くないから、まだまだフリーでは分からないかな。


12:ボーヤン・ジン
相変わらず豪快な4回転ルッツだけど豪快に転倒。ここから崩れてしまうかとドキドキしたが、4回転トゥループのコンビネーションとトリプルアクセルがきっちり決まってホッ。
前半にジャンプを固める構成にしたのね。スピンもステップも確実で美しかったです。全部レベル4だったのも頷ける。プログラム全体の構成としてはあまり面白くはないかもしれないですが。
ジャンプが上がりやすいリンクなのだろうか、と佐野先生。よく滑り過ぎるっていうか、重力が軽いリンクなのか?って、んなわけないか(笑)。


まさかのハンヤンがトップでショート終了。確かにそれだけの実力のある選手ですけども、大混乱ですがなこの大会。トップのハンヤンでも86点と、そこまで高得点の選手もいませんし、フリーの順位予想がすっごい難しいですよこれ…。ハンヤン優勝しちゃうかもよ、スケオタ号泣じゃないそんなの?
例のごとくショートの放送中にここ書いちゃってるので、フリーの結果はもちろん知りません。明日生放送なの超嬉しい。すっっげえドキドキしながら見られちゃうもん。

そんなわけで、次回はドッキドキの女子フリーの感想です。また次回も読んでいただければとても嬉しいです。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu