うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(タロット鑑定してます2020・物書き(ライター)始めました2018)

全日本選手権2021雑感⑧

女子フリーの感想の続きでございます。長いので早速続きに入らせていただきます。

放送は後半グループから地上波へ移動。羽生君の曲かけ練習ガン見しちゃう。ものすごい接戦なので、やはり存分に煽ってきますな。製氷中だしな。

女子フリー②

第3グループ

13︰山下真瑚
SAYURI。いつかの蝶々夫人は「絶対待ってないし死んでないよこの夫人」って感じでしたが(笑)、今回は恋愛の悲哀や切なさ、激情みたいなものもしっかり演技から感じました。子供から大人に表現力も変わっていく過程が見られるのも楽しいですね。
ジャンプの高さが相変わらず素晴らしかったし、キレのある振付も素敵でしたね。ミスはありつつも、いい演技だったと思います。


14︰柴山歩
今大会最年少の13歳だそうですが、ジュニア枠から出場するあたりさすが肝が座ってます。まったくミスする気がしない。回転の速いジャンプが次々と決まる。ジュニアの試合とは異なり30秒演技時間が増えるので、体力面が心配でしたが、全然問題なくラストの素晴らしいビールマンスピンまでパーフェクトでした。採点表にマイナスが無いわ。
さあ、何点出すか。出た出た高得点。暫定2位。今のところ1位も2位もジュニア。ジュニア強!!!


15︰田中梓沙
序奏とロンド・カプリチオーソ。ヴァイオリンの、どこか艶のあるむせび泣くような音色に、序盤から全然負けてない。曲をBGMにさせない雰囲気はジュニア選手らしからぬ上質さ。
前半は非常に良かったですね、とても見応えがありました。後半にジャンプが崩れてきてしまったのですが、パーフェクトに滑れば上位も狙えそう。今回はジャンプのミスが響きましたが。回転不足やアテンションもあったのね…。


16︰千葉百音
とてもいい演技でしたねえ、ジャンプにキレがあるし、それだけじゃなく全体的にスピード感と柔らかさとがある。ラストのスピンは十分過ぎるくらい回って我々が満足行くまで魅せてくれるよう。それだけにコレオの途中で転倒してしまったのはもったいない。引っかかっちゃったのではって荒川さん。
暫定3位。やっぱりジュニア強い…!


17︰渡辺倫果
カルミナ・ブラーナ。迫力のある曲を持ってきましたな。勢いのある選曲も背中を押したか、トリプルアクセルに挑んでくる。挑みかかるようなジャンプ。しっかり降りた!
冒頭だけじゃない、ミスがその後もほぼ見られない。ショートに続いて素晴らしい出来!ジャンプのキレも滑りも曲に負けていなかった。
そうか、ユニバーシアード中止になっちゃったから彼女は出場できてるのよね。この演技は本来見られないはずだったのに、そう思うと運命だわ。
高得点出たああああ!これは出るよ。暫定1位!


18︰住吉りをん
4回転トゥループに挑戦してきた!これからは4回転が必要だとの判断か。女子が全日本の試合で4回転トゥループを跳んだのはこれが初めてらしい。転倒してしまいましたが、やはり明らかに高さが違いますね。
その失敗を少し引きずったのか前半でジャンプミスは出たものの、スピード感がありさすがの演技でした。順位も暫定2位で、ジュニアでは最上位決定ですね。ジュニアの代表争いもあるもんな。


緊迫の最終グループの感想に移る前に、いったん記事を分けさせていただきますね。一気に載せようと思ったけど、短めにして読みやすくしてみました。もう今更ですしね(遠い目)
ではでは、また次回の記事の感想でお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。タロット鑑定についてもこちらに書いております。週2、3回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com