うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

Fantasy on Ice 2015 in KOBE⑨

※この記事は昔書いたものを修正して今更載せています。詳細についてはこちらをご覧ください↓

usagipineapple.hatenablog.jp

 

ラストを飾るのは最早この人しかいませんね、羽生結弦。プログラムは金沢と同じ、『天と地のレクイエム』。
人は悩み苦しみながら前に(明日に、だったかも)進んでいく、あの日栄光を掴んだ彼でさえも、といった感じの金沢と同じナレーションが流れて、演技がスタート。土曜日は結構よく見える席で感激。
頭を抱えたり、苦しそうな振付が印象深いこのプログラムだけど、今回はその笑顔にも気付けて、ただ過去や現在に苦悩しているだけではなく未来のあるプログラムなのだな、と感慨深く見られました。ステップの途中に急に振り向いて氷の飛沫が舞い上がる振付が本当に本当に、最高に素敵。思わず息をするのも忘れて見つめてしまう。美しすぎる。
日曜日の演技は言葉にできないくらい素晴らしかった。非常にキレのある演技だったせいもあるけれど、羽生君の強い想いが感じられて、思わず涙が出ていました。ショーで羽生君の演技を見るのはもう何度目かわからないけど、泣いたのはこれが初めてだったかもしれない。今年のファンタジー・オン・アイスの締めくくりに相応しい、最高の演技でした。

岡本知高の歌う『ボレロ』が厳かに流れ出す。2015年のファンタジー・オン・アイスが、今終わろうとしている。
フィナーレ冒頭はアンサンブルスケーターに続いて、青や紫?の衣装の安藤さん、鈴木さん、デュハメルが布をひらめかせながら登場。ラドフォード、ステファンもこの辺だったかな?ちょっとあやふや。
ジェフ、トマシュ、ジュベール、織田君、昌磨君、と男子が続く。ジェフとトマシュとジュベールの3人が目の前に現れた時は死にそうになりましたね…。感涙…。なんだかんだ言ってトリノオリンピックくらいの時期に活躍したメンツが好きなんだよね…。
ジョニーだけは布をひらひらさせながら女子と一緒に登場したような記憶あり。まあジョニーだからね(笑)。

キャンデロロとヤキメンコは一緒にバックフリップ。盛り上がる。ウセンコとチェスナ夫妻も続く。たぶんこのあたりでフェルナンデスが登場し、プルシェンコの次、いちばん最後に現れた羽生君がスケーターの輪の中心でスピン。スピンの遠心力のせいかシャツがはだけてお腹見えちゃってました(汗)。
それぞれに見せ場があり、とても完成度の高いフィナーレだったと思います。青木さんだけどこに登場してたのか完全に忘れちゃってすみません(泣)。これまでのファンタジー・オン・アイスのフィナーレとしては一、二を争う内容だった気がするな。

土曜日は最後の挨拶でプルシェンコジュベール、トマシュ、ジェフが近くに並び、軽く死にそうでした。夢のような光景なんですけど!いい人生でしたありがとうございました←うわごと

周回も終わると恒例の一芸披露大会。織田君とジェフは一緒に登場して仲良くスピン。日曜日はステファンも一緒にくるくる回ってました。
ジョニーはスロージャンプを披露。もはや恒例ですね。アンサンブルスケーターのペアはブレードを持って回る、絶対競技ではできなさそうな技をやってくれたはず。会場では盛り上がったのに詳細忘れちゃったすみません(泣)。
ヤキメンコはバックフリップ、キャンデロロはうさぎ跳びみたいなやつとバックフリップだったかな?こちらも恒例ですね。

大会開催中、ステージで岡本さんがノリノリで踊ってて気になってしょうがなかった(笑)。すごい存在感(笑)。日曜日は福間さんもちょっと踊ってらした気がする(笑)。

さて、ここからはジャンプ大会参加者について述べていきましょう。
女子からは確か青木さんのみ参加。日曜日は三連続を成功させてました!
昌磨君はショーを通してジャンプが不調だった印象でしたが、日曜日はようやくクリーンに成功。良かったー。たぶん4回転だよね。
ステファンの4回転は手をついてしまったけど一応成功?だったのか?土日とも目の前で跳んでくれたので嬉しかったです。現役を退いて随分経つのにまだ4回転跳べるんだからたいしたもんだよなこの人。
フェルナンデスも挑戦、土曜日は成功で日曜日はちょっとミス、だったかな?うろ覚えですみません。
そしてどうかしてるのが織田君。なんとコンビネーションジャンプ。しかも土曜日は2本。最初が4回転3回転、次が4回転3回転2回転?の三連続。最後の2回転?はステップアウトだったけど。日曜日はさらにその三連続をクリーンに決める。いちばんキレキレだったのはひょっとして織田君では…。ああ、どうして引退してしまったの織田君…。

ジャンプ大会と言えば羽生君(笑)。しかし土曜日の彼は絶不調。土曜日は写真撮影もあり、羽生君がジャンプを跳びに行く前に撮影のジェスチャーをスタッフ(だったと思う)にされていて、結局ジャンプが決まらず、羽生君が何やらジェスチャーしながら戻ってきてから撮影が始まっておりました。羽生君のジャンプ待ちだったらしい。
その撮影ではステファンがラドフォードとチェスナ旦那さんの間にいるのが見えましたが、背伸びしながら写っていたとかなんとか。無理するな(笑)

最後に羽生君から挨拶もありました。土曜日はジャンプがまったく決まらなかったため、「練習しちゃってすみません」などと謝っていました。阪神大震災のことにも触れ、うろ覚えですが、復興ではなく新しく立て直す、みたいなことを言っていて、さらに東北だけでなく千葉や茨城にも支援を、と東北の震災についても言及。阪神大震災のことは年齢的にまったく覚えていないだろうに、きちんと神戸という土地のことも考えて話題にする辺りはさすがですね。話長いです、とも言ってたが、自覚あるのね(笑)。いや長くてもいいけど(笑)
最後はマイクではなく肉声で、恒例の「ありがとうございましたー!」。金沢では羽生君の挨拶なんてなかったからびっくりした。ちょっと嬉しいかも。

日曜日の羽生君については以下次号。次でラストの予定です!