うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

フィギュアスケートだらだら語り in 6月②

オリンピック直後ということもあるのか、なかなかオフシーズンでも話題が尽きないですね…。というわけで今月2回目のだらだら語り。たぶん今回だけでは語りきれないので、7月は月3回くらいだらだら語るかもしれないぞ。


まずはこの話題でしょうか。ダイスこと村上大介の引退発表。正直覚悟はしていたのですが、この時期までその話が出ないということは続行するのかな、とも思っていたので、突然の発表にはやはり少しショックでした。でも、自分の言葉で精一杯語っているのを見て、彼のあの優しい笑顔は、きっとこれからの彼の道を照らしていくのだろうと素直に思えた。きっときっと大丈夫。
2016年の全日本は会場で見ることができたものの彼の姿はなく、昨年のNHK杯でやっと競技での演技を見られるチャンスができたと思ったのだけど、残念ながら彼は欠場で、結局この目で競技での姿を見る機会のないまま引退という節目を迎えてしまったのが個人的に無念ではありますが、きっとまた彼の滑りに出会える日もあるでしょう。その日を楽しみに待っていようと思います。
これで日本代表クラスの選手は羽生君や刑事君くらいの年齢の選手が最年長になってしまうのかな…。いつも一人くらいは20代後半の選手がいた気がするのに、一気に若返ってしまったような印象です。現在現役の選手たちが、少しでも長く競技の舞台で輝いていけることを願っています。


さらに町田樹のプロスケーターからの引退。カーニバル・オン・アイスが最後になるのですかね。学業はどうするのだろうと思いつつももう少し滑り続けてくれる気がしていましたが…。何となく、彼はもうよほどのことがない限りリンクには戻ってこないような気がします。少しでも見に行きたいという気持ちがあれば、躊躇せず見に行くようにした方がいいです。どんなことでも「次はない」と思って掴みに行った方がいいけれど、これは本当に「次はない」事態だと思われます。是非後悔しないように、自分の心に嘘をつかなくて済むように、自分のその目で、彼の姿を焼き付けて来て下さい。
私ももちろん行きたいです。でも今の生活でははっきり言って不可能。無理がきかないほどの経済状態だからです。血塗れになるまで身体を掻きむしりたいほどの悔しさです。
しかもプリンスアイスワールド広島公演はどうやら完売の様子。CMやらなくなっちゃいましたし。ええ、私は地元なのです。彼が中学生くらいだった頃、地元の新聞に載っていた小さな記事を目にしたあの日から、ずっと心に留めていたスケーター。ビッグウェーブに演技を見に行ったこともあるし、2014年のメダリスト・オン・アイスは現地で見ました。ずっと凱旋を待っていたのに、何もできなかった自分に情けなさしか無いです。この目でその有終の美を見送れない辛さを、どうか少しだけわかってください。この涙の分も、その有終の美を見守ってきてください。心から、心からお願いします。


メドベージェワやボーヤンの移籍など、びっくりすることの続いていたクリケットからはトゥルシンバエワが移籍することに。思ったほど結果が出ていなかったからかもしれないけど…。また新たな可能性が見つかりますように。

ケイトリンがグランプリシリーズに出ないという発表もありましたね。世界選手権には出場するのかなと思いますが、休養のまま引退してしまう選手もいることを考えると…。それでもケイトリンは戻ってくるだろうとは思いますが、カナダは本当に主力選手が抜けてしまいましたね。四年かけてまた強くなっていくのかな。

同じく休養を発表したハンヤン。引退だという話が出ていたので、残念に思っていたところの休養発表で少しホッとしました。前述した通り、休養のまま戻ってこない選手もいますけれど、次のオリンピックは北京ですもんね。怪我が癒えたら、あの美しいトリプルアクセルとともに元気な姿を見せてくれることを願っています。


ハンヤンは良かったんだけれど、なんかゴタゴタしてる中国。カップ・オブ・チャイナが中止らしいという話にはびっくりしました…。オリンピックの予行演習をひとつでも多く重ねていくんだと思っていたのに。
代替開催地はこれを書いている現在では発表がありませんが(基本的に予約投稿なので、記事は掲載の何日も前に書き上げてることが多いのです)、噂通り韓国なんでしょうか。オリンピックで盛り上がったばかりなのでいいと思いますけど、うーん、何があった中国。色々な話を耳にしますが、どれも憶測の域を出ないのかな…。


特段の発表はないものの、もう競技には戻ってこないんだろうな、と思われる選手も見受けられ、少々寂しい気持ちもしております。ルールの大幅な改正も決定したとのことですし、来るべきシーズンは様々な状況に慣れていく、文字通りの新シーズンとなりそうですね。ルールについてはシーズンが始まってから、試合を見ながら慣れていく予定。ええ、説明書あんまり読まないタイプです←こらこら


ふむ、やっぱり書ききれなかった(笑)。では、近々まただらだら語りでお会いしましょう!