うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

星は返事をしないけど、あなたの声が星の光

今週のお題「星に願いを」

実はこのお題、七夕当日に間に合わせようと大雨の恐怖に震えながらほぼ書いていたのですが、それどころではない状況になってしまい、全面的に書き直します。またリサイクルできる機会があれば没記事はリサイクルしましょう←たぶんそんな機会はない


この状況で願うことはもうひとつしかないです。

「これ以上被害が広がらないで欲しい」

どれだけ伝わっているかわかりませんが、少なくとも私の一昨日と昨日の記事ではかなり抑えて書いていることもあり伝わっていないと思っていますが(詳しく説明しても伝わらないくらいだし…。私の説明能力の無さに泣いてる)、ちょっと信じられない状況です。一ヶ所で発生するだけでも大変な被害が西日本の各地に起きていて、少々の打撃では済まないでしょう。

本当は願いや祈りなんてこんな時に何の役にもたたないと思うんですよ。非常事態の発生時に、その言葉が適切かどうか、いつも悩みます。実際に自分がそう声をかけられても、確かにその言葉で希望は持てないなと思いました。
こういう事態に折り鶴を送ろうとする人、今回もいるのかな…。広島には普段からたくさんあるのでたぶん大丈夫です…。むしろ「住民は折れて当たり前」という認識なので…。折り方は知ってるけど下手すぎてうまく折れない私に「鶴折れない人初めて見た」ってつめたーく言い放たれるようなお土地柄なので←筆者実話←ちなみに発言者には自分だけお菓子もらえなかったり段ボールの空き箱投げつけられたり色々あってゴニョゴニョ←こんなネタは豊富←いらん

じゃあ何が必要なのか、と問われれば、私は「情報」かな、と思います。今回ものすごくツイッターの情報に助けられました。テレビではまだまったく放送もされていなかった時点から、様々な被害状況が流れていて、とても判断の役に立ちました。
自粛などは必要ないと思いますが、今はいつもの日常よりももっと情報が欲しい、と感じたことも確かです。あまりにも過多な雑多な情報で、大切な情報が埋もれてしまうのはちょっと困るかもしれません。

そして、当事者であってもそうでなくても「ある程度でもいいので正確に情報を把握すること」がいちばんかなとも思います。すべてに対してそうするのは確かにとても難しいし、おそらく無理です。ですが、今回の件は、日本中の人の仕事や生活に何らかの影響をもたらすのではと思います。状況がわかっていれば、ご自身の周辺で問題が発生した場合にも、的確に対処できるのではないかと思います。
非常に広範囲に被害が発生しています。お知り合いが住んでいたり、何らかの縁のある土地が含まれている人も多いのではないでしょうか。大なり小なり被害を受けた人もいるのではないでしょうか。こういう時に連絡を取るのは邪魔だという声も聞きますし、一理あると思います。その一方で、不安な日々にかけてもらえた「大丈夫?」の一言に救われる人もいるんじゃないかと思います。状況がわかっていての言葉ならなおさらです。
それは、折り鶴を折ることや、あてもなく祈ることではカバーできないのではないか、と思います。

見慣れた景色が。見覚えのある風景が。壊滅状態です。すぐ近くでたくさんの方が命を落とし、行方不明になっています。ちょっと受け止めきれない。つい数日前まで、すぐそこにあった日常が無い。
雨音と言うよりも轟音の中、家にいたら死ぬかもしれない、でも逃げても死ぬかもしれない、と早鐘のように鳴る心臓の音と戦いながら、たったひとりで不安な夜を明かしました。たったひとりで。たぶんやっと落ち着いたところです。
長く読んでくださっている方はお気付きかと思いますが、私はかなりショックを受けやすい性質で、少し落ち着いた今、反動のようにいろんな感情が押し寄せています。本当に申し訳ないと思っているのですが、東日本大震災のニュースも私は途中からショックが大きすぎて見られなくなってしまったような人間で、自分を保つので精一杯です。家も自分も無事だったのに、情けないと思ってます。

だから、生きてるかどうか聞いてもらえるだけでも、そうやって誰かに自分の状況や胸のうちを話せるだけでも、私にはとても大きなことでした。
つい最近も寝込むほどショックなことがあったり、身内の心配事があったり、長い間仕事や生活がうまくいかず悩んだり、それを相談できる相手もおらず、誰とも話さずに過ごす日も非常に多く、正直ずっといっぱいいっぱいで、やっと色々進めるかも、と思ったところの先の見えない災害…。逆にこれを機に頑張ろうと思っていましたが、やっぱりいっぱいいっぱいです。
心強いと思った言葉もあれば、正直今はつらい、と思う言葉もありました。後者については、たぶん関心が薄く、状況が具体的に想像できていないのでは、と感じたケースもありました。人間ですから仕方ない部分もありますし、悪気が無いのはわかるので、心が重かったです。関心も持たれないよりはずっとましですよね、ごめんなさい。

私だけじゃなく、ものすごく広範囲で、交通の遮断や物資の不足で生活に支障が出ている人が非常に多いと思います。自分の身内も孤立状態になっています。
たぶん、ものすごく多くの人が不安だと思います。元気な人もいっぱいいるだろうけど、様々な事情で、とても不安になっている人も多いと思います。
皆さんの知っている誰かが、その状況かもしれないなら。まずは声をかけてあげてください。邪魔になりそうになければ、話を聞いてあげてください。その上で、どうするか判断したらいいんじゃないかなと思います。

何気ない一言が、誰かを救うことがあります。
起きてしまったことはもう元に戻らないけど、せめて今在る誰かや何かが救われて欲しいと思います。
それが、私の願いです。