うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

フィギュアスケートだらだら語り in 7月④ ―NHK杯スペシャル―

豪雨災害の被害があまりに甚大で、結構利用の多い区間のJRの路線すら、復旧に相当な時間がかかると予想されている今、NHK杯にウキウキしてる気分では正直言ってなかったりします。アサイン発表の時点で記事にしておくべきだったのか、そうじゃなかったのか…。個人的にいちばんだったポイントについてはもう書いたけどさ。

同じ広島でも、被害の酷かった地域の人とほとんど被害のなかった地域の人ではまったく感覚が違うんですよね。しょうがないのかもしれないけど「他人事」というのがこれなんだな、と思った。その渦中にいないとわからないものなんだな、と改めて感じたし、前々から思ってたけど非常時にこそ人間が出るんだな、とも実感した。もちろんその人なりに一生懸命な人もたくさん見たし、自分だって何かができたわけじゃないけど…。
あんなに被害が酷かったのに、明るく「お互い命があって良かったね」って言い合えた時、やっとなんかホッとしたんだよね。 当たり前のようにあった日常が突然滅茶苦茶になってしまって混乱し、今後に不安を感じていた心を、やっと受け止めてもらえた気がして。それこそ本当に「みんな大変」なのにさ…。

そんなわけで、この状況を多少なりとも実感してる身としてはNHK杯に浮かれられる心情が信じられない、という毎日だったのですけど、地元の人の移動が大変なままの可能性がかなり高い、というだけで開催中止になることはないでしょうから、無理矢理楽しみな心境に持っていくことにします。災害発生までは、本当の本当に楽しみにしてたんですよ。チケット取れるかどうかわかんねえじゃん、というツッコミはとりあえず置いておいてください…。

アサインについて

まずいちばん驚いたのは、ケヴィン・レイノルズのエントリーですね。もう散々書いたけど、昨シーズンで引退だという話だったので本当に驚きました。ケヴィンの演技は一度も見ることがないままだったので、間に合わなかった…、とものすごく後悔してたのですけど、まさかのエントリーに思わず泣いてしまいましたよ…。
あの、すぐ近くに、すぐ近くにポケモンセンターあるから…←ぽそっ

ざっとアサインを眺めても、女子以外はオリンピックの銀メダリストが揃っていて豪華な顔触れ。パパダキス&シゼロンはショーで一度見たことあるけど競技はないのでめっちゃ見たい。どこの世界から来たの?って感じですよね彼ら←意味不明
ちょっと気になってるスシース&フィルスもエントリーしてるし、アイスダンス面白そう。アイスダンスは前方で見た方が絶対楽しいような気がするんだけど、たぶん無理だな…。
ペアはスイ&ハンがまた見られる。ワックワクですがな。去年のNHK杯のフリーの演技は会場で見ましたが最高でした。ペアは放送も少ないし、見られる機会があったら見ておきたい、ってめっちゃ思ってしまう。
女子はトゥクタミシェワがああああ!ああああ!ソツコワにラジオノワもいる!デールマンもいる!顔触れやばい!やばいわー!

男子も全体的にスケートファン垂涎のメンツという感じですが、個人的には佐藤洸彬君が出るのめっちゃ楽しみ。ひそかに大好きなんですよ。去年のショートプログラムめっちゃ好きでした…。
同じく引退だろうと思ってたヴォロノフが元気にエントリーしてるのもワクワクですね。しかも彼、テン君に振付してもらったって話でしたよね…。涙無しでは見られないだろうな…。
そしてデニス・ヴァシリエフス君出場。大和ミュージアムのリベンジができるね。ちょっと交通網がどうなってるか微妙だけど(後述)。で、彼が出るということはついにステファンが広島を訪れるのか…。いつか広島に来てね、って確かにずっと願ってたけど(←大ファン)いざ実現するとなると何かの間違いじゃなかろうか、と思ってしまう…。どこまでもチキン(汗)。今年一度もステファンの演技を見られないままで終わりそうなので、せめて1日だけでもいいからNHK杯に…、とは強く思ってます…。本人滑らないけど、たぶん動きがでか(強制終了)

グリーンアリーナへのアクセスとグリーンアリーナからのアクセス

会場のグリーンアリーナは広島県で最も便利な場所にあるので、交通アクセスには何の問題もないでしょう。空港からはリムジンバスに乗りバスセンターで降りれば目と鼻の先。新幹線の場合は、広島駅から紙屋町を経由するバスに乗るか路面電車に乗るか(比治山下経由には乗らないように)タクシーに乗るか、30分弱歩いても良ければ徒歩か。ちょっと遠回りにはなるけどこのルートなら徒歩でも迷うことはないんじゃないか、と思う経路はあるけど、土地勘のない人は素直にバスか路面電車に乗った方がいいと思います。コンサート等が行われても臨時バスなどが運行されたのは過去に見た記憶がないので、お帰りはなかなか混雑するんじゃなかろうか。高速バスの場合も、バスセンターで降りれば目と鼻の先です。
っても会場に直接入る人は少ないか。普通皆さん先にホテルに寄りますよね。
交通についてはNHK杯やグリーンアリーナのホームページを見る方が正確かと思いますので、来場される方はそちらをご確認下さい。

グリーンアリーナ周辺は繁華街で、目と鼻の先にそごうがあるほか、地下街のシャレオ、おそらく広島で最も規模の大きな商店街である本通り、少し歩きますが福屋や三越といった百貨店も存在し、食事や買い物に困ることはないと思います。
個人的にお気に入りなスポットを紹介しよう、とずっと思ってるんですけど、とにかく今食べ歩くお金すらない(泣)。できるだけ最新情報載せたいしなあ、とちょっとまだ計画段階。好きな店、郊外が多いしなあ…。

広島城原爆ドームは会場からすぐです。特に広島城は本気で目と鼻の先。宮島は少し距離があるのですが、会場付近から宮島口行きの路面電車に乗って終点の宮島口で降りればフェリーの桟橋まで行けます。路面電車はのんびりなので、時間かかりますけどね。島での観光も考えると、半日くらい見ておいた方がいいかも。
大和ミュージアムのある呉周辺はこの度の豪雨災害で壊滅的な被害を受けた地域で、JR呉線が最寄り駅の呉まで再開するのは11月中という発表のため、NHK杯の時期までに復旧しているかどうか微妙なところです。道路の被害も酷く、代替バスなどは出ているものの渋滞で大変な様子。道路の復旧はどこも意外と早いので(ご尽力に本当に頭が下がります。山陽道や2号線があんな短期間で復旧するとは思わなかった)、11月までには解消されてるといいのですが…。こうなったら広島港からフェリー、が観光気分も味わえて楽しいかも。
呉周辺にお気に入りのお店があったのですが…。うーん、呉線次第だな(泣)。
竹原も落ち着いてていいところですし、うさぎだらけの島・大久野島もそのあたりなのですが、呉線の全線開通は来年の見込みなので、JR経由で竹原入りは無理ですね(泣)。山陽本線も11月中に復旧予定の区間があり、在来線でのんびり尾道や三原に行くのは厳しいかも…。西条には行けるようになるはず。日本酒好きな方はどうぞ(笑)
JRが厳しければ高速バスですかね。主要な街にはだいたいバスセンターからしゅぱっと乗って行ける、はず。
特に広島の南東部は被害が酷かったので、お目当ての観光スポットの復旧具合は事前にチェックしておいた方がよろしいかと思います。
観光スポットについてもぼちぼち詳細に紹介できたらいいなと思ってるんですけど、何せ金が(汗)。取材みたいで絶対楽しいのになあ、とほほ。

広島駅周辺も熱い(赤い)、ビッグウェーブもいかが

そうそう、ちょうど開催期間中に福屋広島駅前店でNHK杯に関する展示が行われるそうですね。福屋は駅から地下道で直結ですし、カープグッズの充実具合やフードコートからの眺めの良さなども含めてなかなかオススメです。ちょうどカープの年賀状が売り出されてる頃かも?そんなものまであるんですよ広島は。普通ですよ(笑)。
広島駅は周辺も含め整備が進んで、駅もかなり綺麗になり飲食店の数も増えました。駅構内にリンツが入ったので、スイスと聞くと思わず食いついてしまうステファンのファンの方はどうぞ(笑)。駅周辺にも前述した福屋や、蔦屋家電の入っているエキシティ、ビッグカメラなど様々に建ち並んでいるので、飲食や買い物はそれなりにお楽しみいただけるかと。マツダスタジアムへの最寄り駅なので、広島県民のカープ大好きぶりを最も味わえるのがこの界隈かもしれません(笑)

スケートファンの皆様ならビッグウェーブにも足を運んでみたい方がおられるかもしれませんが、こちらもグリーンアリーナのすぐ近く(県庁前)からアストラムラインに乗ればわりとあっという間です。牛田で降りてね。アストラムラインは広島でいちばん強い乗り物なので、よっぽどの悪天候でも運休になりません。安心して乗っていただけると思います(笑)。

おわりに

いずれまた数回に分けて情報を発信していこうかと思っております。思ってるだけでできなかったらすみません(泣)。でもめっちゃやりたい。私は知らないことが書けない、自分の中できちんと納得してから書きたい人なので、ちゃんと自分の目や耳や舌で確認してから記事にしたいんですよねえ。
ま、チケットが取れるとはまったくもって限らないんですけどね!取れなかったらグリーンアリーナの売店でバイトします←だからそれじゃ試合見られないだろってば


ケヴィンのエントリーにギャン泣きしてる記事はこちら↓
usagipineapple.hatenablog.jp


去年まさかの広島に浮かれて書いた記事はこちら↓
usagipineapple.hatenablog.jp