うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

四大陸選手権2015雑感④

デニス・テン追悼番組の第2弾として、ショートプログラムに続き2015年の四大陸選手権の男子フリーも無料放送されました。哀悼の意を込めて、番組冒頭からしっかり視聴し、感想を綴っていこうと思います。想いのこもった、丁寧な構成の番組を放送してくださり、本当にありがとうございました。

第1グループ

1:ジュリアン・ジー・ジエ・イー
冒頭のトリプルアクセル良かったですねー。全体的にジャンプの着氷があまりうまくいってなかったので点は伸びないだろうが、いい表情で滑ってたし、最後まで楽しく見られました。めちゃくちゃ上手いってわけではないんだろうけど、なんか好きだと思える滑りだなあ。


2:ピョン・セジョン
地元韓国、大歓声。いいジャンプから入ったのだが、緊張してるように見えるけど大丈夫かな、と思ったらやはりジャンプミスが続いてしまう。しかし後半は盛り返してきた。ラストのアクセルも抜けてしまったし、表情も含め固かったものの、姿勢がとても綺麗で見てて気持ちよさがありましたね。
フリーの得点ピッタリ100点。へー、こんなこともあるのね。


3:ユーハン・グァン
冒頭の4回転、高さあったんだけどなあ、ううむ残念。ステップがめっちゃ素敵だった、見入っちゃった。表情も柔らかくて、演技も曲をよく捉えて優しさがあって良かった。でもかっこよくクリムキンも。最後は声だけ、という不思議な編曲。でも面白いかもな。


4:アブザル・ラキムガリエフ
いいジャンプが2本続く。もっともサルコウは本当は4回転だったのかもしれないけど。転倒もありつつ、次々変わる曲調の中最後まで魅せてくれる。ラストは楽しいコレオ。キャリア長いし大きい大会にも出てるから実は知名度高い選手ですよね。


5:ハリー・ハウ・エン・リー
手の使い方とか、動きがなんか独特。ステップが特に。全体的にスローで、緊張してたのかもしれないがジャンプもなかなか決まらず…。最後のコレオだけは力を振り絞ってスピード出してたかな。選曲もフィギュアスケートらしくて良かったし衣装の背中のデザインなんかも素敵だったのですが。フリー滑れて良かったねえ。


6:チーイー・ツァオ
冒頭からいいジャンプが続く。壁にぶつかりそうでヒヤッとしたジャンプもあったし、1本だけかな、着氷があやしいものもあったけどそれくらいでは。あと年齢的にちょうどいいのかもしれないが、ものすごくロミオらしかった。いろーーーんな人が滑ってる曲ですが、彼は間違いなくロミオ。衣装の色も綺麗でしたね。

第2グループ


7:ナム・ニューエン
あーナム君のこの衣装、懐かしい!かわいい衣装ですよねえ。
冒頭の4回転がちょっと怖い降り方に見えた…。基礎的な力の高さが滑りから伺えるだけに、細かいミスがちょっと惜しかった。本当なら最終グループで滑れるであろう力があるだけに色々もったいない大会になっちゃいましたね。オーサーと並んで座ってる姿が今となっては懐かしい。


8:キム・ジンソ
強さのあるいいジャンプが続く。草原を走り抜けていく野生の馬の群れの姿が浮かんでくるようで、大陸的な雄大さがあった。コレオにも力が入っていた。素晴らしい演技でした、これは何度も見直せるやつですね。
衣装も綺麗、絵の具をまぶすやつ、スパッタリングだっけ、あんな感じで。キスクラで本人の目に涙が…。滑り終わった時の演技に入り込んでいた表情からも手応えがあったのだろうけど、いい演技できて本当に良かった…。


9:ロナルド・ラム
一度は男子に着てほしい衣装!かっこいいやつうううう!
冒頭に転倒してしまい心配したが、それ以外は素晴らしいジャンプが前半に続き、ミスもかなり抑え目だった。最後はちょっと疲れてるようにも見えたけど、しっかり滑りきったのでは。
ボーカル解禁のシーズンなのにボーカルなしのオペラ座なのか、と思ってたら最後の最後に突然歌が流れた。ビクッとした(笑)。な、謎多き編曲…。


10:デニス・マルガリ
いやー、良かったですね。1本だけトリプルがダブルになったんだろうというジャンプがあったけどあとはノーミス。切なさの漂う綺麗な曲で、粗さもあったし表現面ではまだまだだったけど、ラストはもう本人も出来の良さゆえか気持ち良さそうに滑っていて、見てて嬉しくなってしまいました。コーチもキスクラでにこにこしてましたねえ。


11:ブレンダン・ケリー
4回転が決まって波に乗るかと思ったんだけどなあ、ジャンプの乱れが多かったし演技にいいところがあまり出せてなかった印象。残念。
アメリってこうして聞くとすごくフィギュアスケート向きの曲だなあ。よく使われるのもわかる気がする。ケリーを見るたび誰かに似ていると思うのだが、それが誰だかいつも思い出せないのだった…。今回も思い出せなかった(汗)。


12:イ・ジュンヒョン
ああこのシーズン、オペラ座がかぶりまくってたあの時よね…。にしたって同じグループでもかぶるとは。今度こそボーカルなしのオペラ座。って、無良君もオペラ座だったはずだし1大会にどんだけ…。
全体的に良かったと思うんだけど、それだけにジャンプのミスが残念だった。でも演技に気迫を感じました。自国の大会ですもんね。


おお、インタビューもあり。全員じゃなかったけどね。

そんなところで、長くなってきたのでまた明日。


noteも毎日更新中。自分自身のことをエッセイっぽく綴ったりしてますのでこちらもよろしくです。
note.mu