うさぎパイナップル

フィギュアスケート旅日記とテレビ観戦記とその他色々色々・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

スケートアメリカ2018雑感④

地上波が朝の時間帯の放送でびっくり。少しでも早く放送してくれたんだろうな、と好意的に受け止めるけど平日だし見られない人も多いよね。
地上波、BS両方視聴。お名前の前に★がついてるのは地上波でも放送された選手です。第2グループは全員地上波でも放送されたということですね。

女子フリー

第1グループ

1:アレイン・チャートランド
ジャンプの回転不足を何度も指摘されてたのでそこがどう出るか…。プログラムは壮大な曲調といいすっごい素敵だと思ったので、是非パーフェクトに滑って欲しいです。会場で見たら映画一本見終わった時みたいな感動が生まれるやつ、きっと。


2:ルナ・ヘンドリクス
ショートの感想でフリー頑張って、って書いたんだけど棄権だった様子(泣)。ううう、残念…。怪我ならゆっくり治してな…。


3:ポリーナ・ツルスカヤ
昨シーズンの印象ではもっと上位に食い込んできそうな選手だったんですが…。今日はどうしたんだろう、ジャンプがいくつもダブルになってしまったりどうも上手くいかない。決まるととても迫力があるのでもったいない。リンクから上がるときもキスクラでも無表情でつらい(泣)。
スタイルが良くないと絶対様にならないよこの衣装。これを着こなしてるだけですげえ…。


4:スター・アンドリュース
いきなりジャンプがすっぽぬけてしまった。だんだん盛り返してきたと思ったのだが、後半でまた大きく乱れてしまう。演技も大雑把になってしまった印象だった。民族音楽みたいな曲で、上手く滑れて本人も乗ってきたらたぶんすごく盛り上がるんだろうと思うけど…。やっぱり落ち込んだ顔でキスクラに座っててつらい(泣)


5:ロリーヌ・ルカヴァリエ
ショートより好きかも、気だるい雰囲気もいいし衣装も肩や背中のデザインがすごく素敵。ジャンプはいくつも着氷がグラッとしてたりすごく良かったわけでは決してないのだが、転倒など大きなミスはなかったのでまあまあの出来だったのでは?本人も滑り終えて嬉しそう。

第2グループ

地上波でも6分間練習からしっかり放送。女子は衣装がきらびやかだから6分間は壮観ですね。あー国別行きたいいいい!福岡近いのにいいいい!チケットたっけえええええ(泣)


★6:ブレイディ・テネル
単独のフリップ、前後も合わせてめっちゃ好きだわ。ルッツとループのコンビネーションと最後の方のサルコウくらいだよね、ちょっと乱れたの。でも着氷くらいだし、さすがの演技。本人も嬉しそうで幸せな気持ちになるね。
しかしこれジュリエット兼ロミオなプログラムな気がしてきた。最後の方めっちゃ戦ってるような感じでかっこいいんですけど…。スナイパーの目だったんですけど…。


★7:メーガン・ウェッセンバーグ
やっぱりジャンプに高さがあると見ていて気持ちがいい。空間が広くなった気がするんだよね。アメリカの選手だなあって感じるスケールの大きな演技だったなあ。完璧ではなかったとは言え、いいシニアデビューになったのでは。


★8:本田真凜
ジャンプの着氷が衝撃に耐えられず足に力が入ってない感じのくにゃっとした着氷に見えた。ジャンプの抜けも続く。後半は何とか回ってたけどどうしたんだろうか。ショートとは別人のように生気のない印象で心配。ミスに気落ちしただけならまだいいが、体調不良とかだったら無理しないでほしい。
友達が「真凜ちゃんには同姓として乙女心を刺激される」と言ってて「それだああああ!」と思ったので本人に許可を得てここで使わせてもらいました(笑)。わかる!それだ!スッキリした!衣装今回もすっごいかわいい。ビールマンスピンの時に特に衣装が映えて、ほんっとに華やかで素敵でした。
ああ、インタビューによると足首ひねってたのか。原因はそれか…。もう聞いてあげないで、見てる方も泣いちゃう…。
って、あれ、地上波とBSでインタビューの内容が違う?地上波は真凜ちゃんが泣き出したところで終わってしまったように思ったが、落ち着いてからまた答えてくれたみたいだ…。私がちゃんと見てなかっただけかな、記憶違いだったらすみません。しっかり治してまた頑張って欲しい…!


★9:坂本花織
ルッツがちょっと傾いたくらいだよね、でもしっかり着氷してるし大した問題じゃない。素晴らしい!とにかくジャンプの高さと迫力と流れに圧倒され、リンクが広大な氷の海に見える。静かに重厚感を増していく曲もパーフェクト演技ならものすごく説得力と息を飲むような迫力を生む。
これ会場で見られた人羨ましい。優勝でもおかしくなかったくらいの高得点。まだ伸び代のある選手だろうから今後も楽しみである。


★10:宮原知子
ジャパンオープンとは別人のような演技である。本領を見せつけたという感じ。優勝がかかっていたせいか、まだほんの少し固いような気はしたが、同時に余裕も感じたし、シーズンが進めば曲の表現ももっと深化していくだろう。シーズン後半が今から楽しみになる。
この得点は回転不足取られてないよね?彼女はあとそれだけだったからな。どうも判定が厳しくなっているのでどうかなと思っていたが…。もう本当にあとは如何にロシア勢に割って入るかだけだな。顔つきが以前とまったく違うよね、日陰の花が太陽の下に出てきたみたいで自信を感じる。


★11:ソフィア・サモドゥロワ
あの二人の凄まじい演技のあと、しかもシニアデビュー戦でよくこれだけのパーフェクト演技ができたものである。素晴らしい!ジャンプの前にたまにちょっとだけ溜めがあるのが気になるくらいで、肩のちょっとした動かし方からしても上手いのがわかる。ものすごく頑張ったと思うぞ、陰のMVPだな。
えっ、ミーシンがいる。そうか、ミーシンの門下なんだ。なんか久しぶりに姿を見た気がするけど、ああスケートの試合見てるんだなって納得したというか安心したというか。って何だそれ(笑)


いやはや、初戦から凄い戦いでしたね。女子はあんまりルール変更の影響は今のところ感じないけど、男子みたいに時間が関係してないからかな。

スケートアメリカの記事は明日で最終回。ではでは、エキシビションの記事でお会いしましょう。


「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題(自分自身のこととか)は今後主にこちらで綴っていきます。noteにも是非お越しください。
note.mu