うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

NHK杯2018⑯

テレビ観戦もいよいよラスト。ショートの振り返りも含めて朝からずーっとテレビを見てるので、思ったほど疲労が回復しなかったよ(汗)。この日の深夜に放送があったジュニアのグランプリシリーズはさすがに諦めたわ…。島田君見たかった(悲)。

男子フリー

第1グループ

挨拶ちゃんと映してくれえ!!佐藤君いるよおおおお!NHKニュースの壁は厚い…←ほぼ崩せない
6分間練習で映るステファン。今日はスーツなんだ。ステファンは外さない。それがNHKの矜持←違う


1:イ・ジュンヒョン
綺麗に跳べてるジャンプもあったけど、足がもつれるような転び方もしてたしなかなかまとまった演技にならなかったのが残念。でもショートと合わせてロマンチックで、ちょっと気になったな、この選手。ラフマニノフのピアノ協奏曲は本当にすべての選手に一度は滑って欲しい選曲。


2:ケヴィン・レイノルズ
もしかして日本の大会に出るということで引っ掛かってしまったのか、まさかの直前の曲変更…。音楽の権利も大切なことだけど、悪意のある場合もない場合もいっしょくたの現状は音楽が廃れていくだけだと個人的には思うんですけどね。もっと気軽に好きな歌の話がしたいよ。歌詞の素晴らしさを語り合ったりさ…。
序盤は良かったんだけど(っても結局回転不足だったけど…)中盤から崩れてきてしまった(泣)。元々4分半だった曲を4分に短縮しないといけないし、公式練習でも調子がいいように見えなかったので、うーん、出来としては厳しい。でもゲームのキャラそのもののようだったよ。広島来てくれてありがとう、私の夢を叶えてくれて。ポケモンセンター行ったかな?すぐ近くのそごうにあるんですよ。


3:佐藤洸彬
ああああ、冒頭良かったんだけどなあ、4回転も素晴らしかったしアクセルも綺麗に跳べたんだけど、そのあとが…(泣)。特に後半は転倒や抜けが続く。最後のスピンももう力を振り絞るかのようで、4分になった大変さは後半に来るのかな。ああああ(泣)。全日本でこそいい演技してな…。遠くから広島来てくれてありがとう。東北から来るの大変だよね。


4:ヤロスラフ・パニオット
ふおー、4回転フリップ!決まらなかったけど(泣)。次の4回転のコンビネーションも綺麗だった。でもそのあとから抜けてしまったり転倒が続く。本人も疲れてきたのか、炭酸の抜けたコーラのような演技になってきてしまった。最後のスピンも曲がもう終わっちゃってる。
苦いグランプリシリーズデビュー戦になったけど、挨拶でちゃんと笑ってるの偉いな。あんまり落ち込んでなかったのかもしれないけどさ。


5:アレクサンダー・ジョンソン
抜けちゃったジャンプなどミスもかなりあったけど、後半盛り返してきてたし、心を込めて丁寧に滑ろうとしてるのが伝わってきた。ジャンプさえ精度が上がればいいものがたくさんあるスケーターだという気がする。


6:デニス・ヴァシリエフス
4回転はいつも決まらないイメージだったので、立っただけでも良かったと思ってしまう。明らかに両足だったけども…。ジャンプの転倒や抜けが多く、得点は厳しいかもだが、ステップやコレオは素晴らしかった。
しかし、みんな後半になるとあからさまに失速してしまうな。これが4分の世界…。こりゃ今シーズンは見守るしかないな…。
ステファンの髭が昨日より濃いよねこれ…。剃らないのね…。兄ちゃんテレビやで…。

第2グループ

挨拶が飛ばされなかったああああああ!ニュース入らなかったああああ!やったああああ!挨拶から6分間練習まで映るとテレビでも臨場感あっていいですね。


7:ヴィンセント・ジョウ
冒頭のルッツが抜けてしまったが、後半で4回転ルッツを入れてくるとは。あそこで跳べちゃうジャンプなのか4回転ルッツって?すげええええええ!
回転不足かなと思うジャンプはやっぱりあって、得点はどうか、という感じだが、真面目そうな人柄みたいなのすごく伝わってきたな。
って、やっと女子の試合でも台乗りできる人が!男子みんなグダグダ過ぎるんですけど…。頑張ってくれえ(泣)。


8:マッテオ・リッツオ
決まったジャンプは綺麗なんだよね、アクセルの幅もすごかった。昨日はあまりパリッとしない演技だったせいか良さがわからなかったが、今日はショートよりいいところが出てる感じかな。4回転の転倒とかミスもあったけど、ポイントはきっちり外してこない、基礎のある選手なんだろうなという感じ。


9:山本草
冒頭のアクセルがシングルになってしまいどうなることかと思ったが、そのあとトリプルアクセルを綺麗に決めた。最後の三連続も3番目がシングルになったくらいで、ミスにも慌てず冷静だった。やはり滑りが美しい、イーグルも絶品。
衣装がとてもよく似合っているし、いい顔してた。スピンで手を切ってしまったらしく、真っ赤な血が手を染めて、はからずも侍っぽい…。でもお大事に。


10:ドミトリー・アリエフ
うううううううんジャンプがああああ(泣)。冒頭2本が抜ける…。2本目は氷に引っ掛かったように見えた。そのあと綺麗なアクセルを跳んでいて、本来はこういうジャンプが跳べる選手なんだろうなとよくわかるのですが、終盤でもまた抜けてシングルジャンプに。うーんいいものはあるはずなのだがなかなか安定しない。それでも点が出た方では。


11:宇野昌磨
4回転3本までは記録コースかなと思ったが、コンビネーションが1本しか入らなかった…。うううん…。しかしアクセルはさすがだったし基本的なレベルが高いのでそれなりに高い点は出るだろう。あっ、冒頭のサルコウは回転不足だったのか…。
演技としてはカナダの方が良かったと思う。追いかける立場ではないせいだろうか、また淡々とした無色透明な月光に近くなってたかも。
コンビネーション1本でもこのぶっちぎりの得点が出るあたり、本当に強い選手。まだ若いし、北京までずっとトップクラスを走っていくんだろうな。


12:セルゲイ・ヴォロノフ
このヴォロノフのフリーが見たくて土曜日のチケットが欲しかったのだが、よりによって土曜日のすべての試合を締める最終滑走…。運命的。ああ、見たかった。献花にも行けなかったから、この演技に拍手を送ることでテン君の追悼をしたかったんだ…。
4回転綺麗だったな。ループは3回転にしてしまったが、新ルールは転倒の減点がすごいのでリスクを取ったか。そのあとのジャンプのいくつかもダブルになっちゃったのか予定通りだったのかはわからないけど、決して転倒しないという気合いが伝わってきた。これだけ調子の上がらない選手が多い中、この安定ぶりは素直にすごいと思う。
滑り終わったあとも感極まってる感じ。きっとテン君の分も背負って滑ってるんだな…。衣装以外は最高にイケメンでした…。
しかし2年連続表彰台の30代…。すごいです何もかもイケメンです、衣装以外は…。


表彰式。出る前に「空気読みます」って言ってたの何だったの昌磨君(笑)。
昨年に比べると思いっきり若返った(笑)表彰台。そこに2年連続で立ってるヴォロノフ、しかも仁王立ち(笑)。
おお、メダルの授与は荒川さんからなんだ。会場めっちゃ沸いてるし、さすがの昌磨君も「マジで?」みたいな顔に。ヴォロノフがめっちゃ嬉しそうな顔してたな。昌磨君たちほど大幅に荒川さんと世代違うわけじゃないしな←すげえなよく考えると
オリーブの授与で笑いが起きる。可愛いの想像できるからか。本人も笑っちゃってるし。私もかわいいだろうなと想像してたけど(笑)。んでめっちゃ似合うし(笑)。トロフィー持ったり置いたりしてるし(笑)。うんかわいい…。
リッツオ君が自撮りしてる。クールなリッツオ君と何かを超越してる昌磨君と仁王立ちのヴォロノフさん。いい感じに濃い表彰台。表彰式じっくり流してくれるのありがたい。男子だけかな、こんなたっぷりやってくれたの。

草太君のインタビュー。めちゃめちゃ顔が大人になってる…。手は大丈夫って言ってるけどタオルに血が…。

で、最後にぶちこまれたレジェンドオンアイスの映像…。ってあそこビッグウェーブじゃん…。何これビッグウェーブが聖地化しとるがな先週から←サンクスツアー


男子はなかなかのなかなかにグダグダ大会でしたね…。女子の試合でも台に乗れない選手が何人いるよ…。紀平さんが男子の試合に出ててもあやうく台乗りしかけてたって…。ふおおおおお前ら次頑張れよおおおおお(泣)!

以下次号。


「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。これまでにこちらにも書いていた、フィギュアスケート以外の話題は現在ほぼnoteに集約させております。自分自身の話や日常の話題など、日記的に使ったり小説書いたりしてますので、noteにも是非遊びに来てくださいね。
note.mu