うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

全日本選手権2018雑感④

さて、地上波に移って後半グループ。BSでもちょこっと流れたが、高橋君の会場入り映像とか何年ぶり…。今ホントに2018年だっけ?って一瞬疑ったわよ…。昔の男子はひたすら高橋君映してたからなあ。

地上波のしょっぱなから、ちょっと派手目のシャツを着て電話しながら歩いてるステファンが映り込む…。やっぱり今年も伝説作るつもりかお前…。何でタイミングよくそこにいる…。とっくに自分の生徒の演技終わってるのに!普通に関係者席でほかの選手の演技見てるんだろうけど。ヤバい、どこうろついてるかわかんないから休憩してる暇がない(笑)。

地上波は本田君が解説、実況西岡さん。西岡さんかー!

男子ショートプログラム

第4グループ

実質このグループが表彰台争いの中心だろう。いきなり優勝候補から登場するあたりなんかすごいことになりそう…。
このメンツでも6分間練習はCMなのね、生放送するかと思った。ここでまとめてCM流しちゃうんだろうな、整氷ももうないですよね。
そのCMの間に昌磨君が足を怪我したっぽい…?えええ、ジャンプ跳んでない、大丈夫…?


18:宇野昌磨
前述の通り心配したんだけど、ジャンプすべてクリーンに着氷、フリップなんて加点3点以上ついてる。厳しい判定の多いステップもレベル4…!ステップの途中で痛そうな表情浮かべてた気がするんだが、それでもレベル4だった。滑り終えてガッツポーズ。クールな昌磨君には珍しい。
衣装も新しくしたんですね、よりワイルドな感じに。怪我?の状態はわからないが、フリーに影響しなければいいが。
ジャンプが全部シングルに抜けるとか、そのレベルの事態でも起こらない限り昌磨君の優勝は固いだろうし、んでそんなことはまず起こらないだろうから、とにかく無理しないで…。


19:佐藤洸彬
出だしはNHK杯よりいいように見えたので、このままいけるかと思ったが、ううんジャンプ…。なかなか綺麗に着氷できず、コンビネーションが入らなかった。うーん、得点的に痛い…。でも動きのキレは断然NHK杯より良かったと思うよ。
キスクラでCMが入ってしまった。せつない(泣)。


20:田中刑事
サルコウで転倒(泣)。アクセルも着氷が危ないように見えたが、シャープでカッコ良かったし、ステップは最強にカッコ良かった…。持ち越しプログラムなだけあってもうすっかり彼の一部と化している。ああああ、あのステップ…。フリー頑張って欲しい…!


21:中村優
綺麗なアクセルから入った!ルッツだけかな、ジャンプのミスは。でもそこまで大きなミスじゃなさそう。むしろ少しだけどルッツにも加点されてる!こんな選手も隠してるんだよな日本…。全日本くらいでしかテレビで見る機会ないのが残念な気もする。
ジェフの振付なのか、選曲もすごくジェフっぽい。何となくだけど。いいプログラムだったと思う、すごく短く感じた。


22:髙橋大輔
これ相当緊張してるんじゃないかな、とドキドキしながら見守る。トリプルアクセルは練習見てたらもっとクリーンに跳べたと思うから、そこまでいいジャンプではなかったかもしれない、足をつくのが早かった。しかしそこでスイッチが入ったのだろう、そのあとのジャンプは美しく決まる。
ステップはもう、これが見たかったんだろうお前ら、という高橋大輔のステップ。PCSは間違いなく出るだろう。しかしスピンとステップのレベルはまだ取れるはずだよな。あ、本田君によると最初からレベル3のスピンもあったのか。あんまりスピンは得意じゃなさそうだったしな、復帰前の現役の頃も←ややこしい
滑り終わった時の表情に感動しちゃったよ。こんな楽しそうな高橋君初めて見たよ…。絶対この選択、間違ってなかったと思う…。泣いた…。


23:本田太一
滑走順的に彼がいちばんやりにくかっただろうけど、逆に力になったのかもしれないね。アクセルよくこらえた、頑張った。でもルッツで転倒、ああ(泣)。
彼はいい意味でお坊ちゃんって感じで、優しい品がありますね。彼も環境を変えて少しずつ変化していってるとこなのかな、頑張れ。うう、これフリー行ける…?厳しい?(泣)

第5グループ

無良君が映った。今までどこに隠してたー!会場にいるって聞いてたからいつ出てくるのかとドキドキしてたのよー!
挨拶でCMに行かれちゃった(泣)。煽りもぶち込まれますね。スケートファン的にはワックワクの最終グループですが、一般のファンには「誰?」な選手も多いでしょうし(泣)。逆に目ェキラッキラさせてこのグループ見てたら、そいつ多分結構なガチオタ(笑)。


24:友野一希
友野君は舞台が大きいほど強い、という印象があったのでいけるかと思ったんだけど、サルコウがあああー(泣)。前向きに倒れてたし痛そう。そのあとは良かったんじゃないかな、ステップもすごく情感こもってたし、切ないけどどこか希望が残ってるような演技で、それが彼の明るさで、いいところなんだろうなと思った。余韻がすごい…。
このプログラムすごく見たかったんだよね、だから全日本行きたかったんだよな…。うう…。


25:山隈太一朗
うおおおおー!彼もいい演技!すっごい変わった曲なんだけど、全然それに振り回されてない、手なずけてる。スピンも軸が細くて(この表現正しいかわかんないけど)いいし、動きが独特なんだけどしなやか。こういうプログラムが見られるのも男子の面白いところだよね。斬新なプログラム、すっごい良かったです!こりゃガッツポーズも出るって!


26:山本草
足元についつい目が引き寄せられてしまう選手はそれほど多くないから、彼は本当に貴重な選手。トリプルアクセルも決まれば綺麗だったろうから、転倒はもったいなかった。スピンを無良君がすごく褒めてたけど、その辺もサラリとやってるようで、サラリと見られるってことは上手いんだよね。


27:鈴木潤
おおおプログラム持ち越しなんだ、昨シーズンもこれすごい素敵だったからまた見られて嬉しい。紀平さんの今シーズンの選曲のきっかけが彼の月の光だったとは!初耳それ。
トリプルアクセル綺麗だったし、イーグルも素敵…。ほんっとに月の光と語り合ってるみたいだった。北海道の冬の空に浮かぶ白い満月と、樹氷みたいな。厳しいけど優しい世界。彼にしか滑れないプログラムなんじゃないかな。


28:小林建斗
フリップいいジャンプでしたねー。しかしアクセル(泣)。イーグルから入るアクセルだったのだが…。ちょっと緊張してたのかな、表情や動きにちょっと固さがあったかも。もっとイキイキ踊れそうな気がするのでフリー頑張って欲しい。進出おめでとう!


キスクラでは昌磨君のインタビューが挟まれてしまった…。怪我については言い訳にしたくないからコメントは控えさせて欲しいって、うう大丈夫かな…。
んでやっぱり羽生君のあとをついていけるからプレッシャー的な意味で楽できてた、みたいなニュアンスのいつもの話が出るんだけど、今回高橋君が出てるからまたちょっと注目が分散してて本人的には楽だったのか?そういうこと隠さず言っちゃうとこが昌磨君らしくてすごい好きだったりする。


29:唐川常人
スピンに入るフライングの段階で転んじゃったのか。起き上がってスピン回ったけどレベル1(泣)。いや、採点表を確認したら無得点(泣)。ジャンプ頑張ったのに(泣)。ルッツはヒヤッとしたけどしっかり降りたのにな…。
足元や手のひらから音が鳴ってるみたいでカッコ良かったですね。ショート最後の滑走者のコーチも佐藤コーチ、信夫全日本←違う(笑)


同じくキスクラでは高橋君のインタビューが挟まれた(悲)。てかめっちゃハイテンションじゃないですかあなた(笑)。ノリ軽っ(笑)。いい演技でしたしねえ、最終グループに入るって目標も果たせましたもんねえ。正直ここまで戻してくるとは思ってなかったよ、フリーも楽しみです。


草太君のあとくらいからかなあ、あんなにぎっしり埋まっていたスタンドに、結構な空席が目立つのに気付いた。もしかしたら第4グループだけがあんなに埋まってたのかもしれないけど…。前半グループも空席多かったと思うし。
2年前に同じ会場での全日本を1日だけ見に行ったけど、あそこまで空席あったっけ。前半グループはそうだったかもな…。NHK杯も昌磨君終わったら帰る人いたし、ペアやアイスダンスは空席多いし…。
事情があるのも、体力的に大変なのもわかるんだけどね、私ならせっかくチケット取れたなら最初から最後まで見るし、見られるような日程を最初から組むけど。その試合そのものに優先順位を高くつけられる人に見て欲しい、ってやっぱ思っちゃうよね。

それでも男子はとてもいい演技の多い、どこか充実感のある大会だったように思います。技の難易度とか完成度とは別のところにある、競技や自分の演技に対するそれぞれの選手の熱い想いみたいなものを感じました。フリーもとても楽しみです。

いつもだいたいそうなんだけど、この記事、その日のうちにほとんど書き上げちゃってるのね。だから当日の興奮の余韻が文章には残ってるんじゃないかと思います。載せるのは例のごとく少しずれてると思いますが、それを感じ取っていただけたなら嬉しいです。

ではでは、女子フリーの感想でまたお会いしましょう!


「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu