うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(タロット鑑定してます2020・物書き(ライター)始めました2018)

ジュニアグランプリシリーズ2018 チェコ大会 雑感③

昨日の続き。ではでは早速どうぞ。

女子ショートプログラム

第3グループ

13:Alina SOUPIAN
体の動かし方みたいなものが綺麗で、それだけでぐっと見ごたえが上がりますね。最後のスピンもすごく個性的でいい。本人は滑り終わってあまり満足そうな顔してないけど、いい演技に見えたんだがなあ。年齢的にもこれから伸びそう。


14:Selina KANEDA
配色とかスカートのデザインとか、個性的で目を引く衣装。するすると流れていくような演技でいつの間にか終わってしまった。お名前からすると日系の方?たまたま?


15:Angela CAMP TORRES
うーん、転倒が2回。ジャンプの得点は厳しいだろう。最後のジャンプの転倒は壁まで滑ってしまい心配な感じの転び方だった。全体的に力が入ってないというか、スピードもなくおそるおそる滑ってたような印象。緊張したのかな。


16:Hiu Lok CHOW
うーん、最後のジャンプのステップアウトが残念。それ以外はまとめてたと思うんですけどね。この衣装ならタイツを靴にかけてた方がいいのかな、全体的なバランスが取れてて綺麗に見える。


17:Anete LACE
場内アナウンスからするとラッセさんかなあ?ジャンプに高さがあっていいですねえ。しかしスピンでまさかの転倒。スピンで大きくミスする選手はあまりいないのでびっくりしてしまった。とても足の長い選手。うらやましい。
採点に時間かかってたな。回転不足かな…。


18:Ann-Christin MAROLD
スカートが広がると花びらみたいですごくかわいい。ラテン?のリズムに乗って本人もイキイキ滑ってて、ジュニアの年代ならではの雰囲気を武器にできてるのは良かったですね。得点的にはちょっと残念な感じになってしまいましたが…。

第4グループ

19:Klara STEPANOVA
おお、地元チェコの子か。さすがに歓声が飛んでますね。自国の大きな大会ってきっと本人も嬉しいよね。
しかし大きなミスが…。フライングキャメルスピンに入ろうとしたのだろうか、お腹から落ちてしまった。なかなか起き上がれず心配したけど、無事最後まで滑りきれてホッ。


20:Giorgia Isabella SECHI
ジャンプが、うーん。どれもきっちり回れてなかったかも。どうにか滑りきった感じはあったけど、笑顔で迎えてるコーチが優しそう…。うん頑張ったね。6分間練習で衣装の上からジャージ着てるのかな、と思ってたがそれが衣装だった、あわわごめんなさい。勘違いもいいとこや…。


21:Seoyeong WI
韓国の女子も次々いい選手が現れますね。やはり偉大な成績を残すトップ選手が自国に現れるというのは大きいのだなあ。そこに憧れてスケートを始める子が増えればそれだけ眠っている才能も発掘しやすくなるわけですもんね。
いい点は出ると思ったがここまで出るとは!うおおおすごい!


22:Milania VAANANEN
ジャンプ高さがあってすごくいいし、スピンも早くて、なかなか今後期待できそうな選手。
頭の上にお団子を作る髪型はジュニアの選手がよくやってるが、ジュニアのうちしか似合わない髪型だということだろうか。シニアだと団子の位置が下がるような。いや関係ないかな…。


23:Yelim KIM(キム・イェリム)
ニューシネマパラダイス。うーん、頭ひとつ抜けてる印象。ジュニアでこれだけ曲調表現できれば十分なくらいではないか。ジャンプも素晴らしかった、特に最後のジャンプはさらりと流れて本当に美しい。シニアに上がってくるのが楽しみな選手ですね。って、もうシニアもびっくりな点が出てるし!


24:Hana KOSIC
外国の絵本に出てきそう、かわいい選手。やっぱり頭頂部にお団子髪型なのね。
この曲あれだ、アニーだ。舞台見たことないけどCMで覚えるよな。CMのインパクトすげえ。
ジャンプで2回転倒もあったし得点はかなり厳しかったが。


第5グループ以降はまた明日。明日で最終回です。


「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。自分自身のことや日記等、エッセイ的な内容などのフィギュアスケート以外の記事は2018年9月より主にこちらで書くことにしております。noteにも是非お越しください。
note.mu