うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

四大陸選手権2019雑感①

J SPORTS?何それ(泣)、な私にとっては久しぶりの競技観戦です。試合が続いた影響で掲載がズレズレになっていた記事がほとんど無くなったので、さほどタイムラグなく掲載開始。すべて掲載が終了する頃にはやっぱり遥か過去の話になってるだろうと思いますが(泣)。


テレビ放送の初日はシングルのショートプログラム。テレビ放送は男女合わせて二時間の枠内で放送なので、流れる選手が限られるのはしょうがないかな。
冒頭で修造の幻が見えていたが、これよく考えなくてもフジだった…。おお無良君がいる。大忙しだな無良君。高橋君現役に戻っちゃったしね。

放送終了後にはフジテレビの公式サイトで全選手の演技が視聴可能となったので、テレビ放送とライブにこだわらなければ余さず見ることができました。やるなフジ。テレビ放送が終わるまでは出せないのはしょうがないでしょうね、テレビ局も商売だからな…。

てなわけで、まずは第3グループまでの選手の演技の感想。このグループまでの選手はテレビ放送されなかったのですが、フジの公式がネット配信してくれたのでそちらを見ての感想です。
ネット配信の方は解説やテロップが出ないので、お名前の表記や技等に間違いがあったら申し訳ありません。

実際の競技は女子シングルが最初だったと思いますが、地上波放送は男子からでした。よってその順番に記事も掲載します。

男子ショートプログラム

第1グループ

1:ニキータ・マンコ
カザフスタンと言えばテン君だったけど、彼にはもう会えない。ラキムガリエフひとりで頑張るのだろうかと思っていたが、あれ、彼出てないんだ。この選手初めて見かける。名前だけはそう言えば聞いたことあったな。
テン君ともラキムガリエフとも違う、シャープな雰囲気。曲のせいかもしれないが、とすると曲をしっかり捉えてる。まだまだ発展途上だろうとは思いますが、どんな風に伸びていくのかちょっと楽しみな感じです。


2:レスリー・マン・チュク・イプ
四大陸はいろんなアジアの選手の演技が見られるのが楽しいですね。親近感とか安心感とかやっぱりあるのかしら。彼もお初にお目にかかるな私。
ルッツで転倒してしまったがコンビネーションはしっかり。スピンが結構減点されてたので苦手なのだろうか、頑張れー。


3:イ・ジュンヒョン
おお、歓声が凄い。人気なのね。
このプログラムめっちゃ素敵なのでクリーンに滑って欲しかったけれど、うーん、ジャンプが2本乱れてしまった。残念。
男子は一度はこの手の「王子が迎えに来ましたよ」系のロマンティックなプログラムを滑ってみて欲しい。似合わなかったら来シーズンから変えればいいから(笑)。彼はとっても素敵です。うんうん。


4:ハリソン・ジョンイェン・ウォン
最初のジャンプをクリーンに跳べなかったけど、全体的には良かったのでは。スピンがなかなかいいですねこの選手。特にキャメルスピン、足の位置が綺麗で見入っちゃった。


5:フー・ジャン
やっぱりアクセルはトリプルになると迫力出るなー。ルッツは転倒してしまったが、スピンやステップもしっかりレベル取れてる。最初のグループに出てくる選手としてはなかなか力がありますね。男子は年齢的に味の出てくる頃だし。おお、暫定1位。

第2グループ

6:ドノヴァン・カリーリョ
カリーヨなのかカリージョなのかカリーリョなのか、はたまた違う読み方か。アナウンスがカリーリォっぽく聞こえたのでカリーリョにしてみたが。
てか何このイケメン。龍樹君系のイケメン。絶対好きな人おるやろ。会場からフォーフォー言われてるのもメンがイケてるからですか(笑)
ヤンキー座りから始まる(笑)。でもすげえ楽しそうに滑るし魅せてくる。おお、今大会初めてのほぼノーミス?是非4回回れるようになって欲しい、君はもっと行ける。


7:マイカ・タン
余裕のあるダブルアクセル。ジャンプも全部決まったし、ほぼノーミスの、堅実な感じのするいい演技でしたね。彼も初めて見る選手。最初の方のグループから見てると競技がもっと面白くなるなあ。
キスクラでおお!って叫んでる。本人納得の点?


8:イ・シヒョン
韓国男子のショートはみんなロマンティック路線か。いいぞー!
アクセルがシングルになってしまった、得点的には痛い。でもコンビネーションはタノ付きだ。もうタノは得点にならないとは聞いたが綺麗に跳べてたのでは。でも減点されてる…。うう。最後のスピンはちょっとよろけてたかな。
笑うとかわいいですねこの選手。6分間練習の挨拶でも思ったけど。緊張してる表情から一気にホッとする感じ。


9:ミカー・カイ・リネット
おお、懐かしのポエタではないか。ステファンの印象が強すぎるけど曲としては盛り上がるしそろそろみんなもっと使って。
スピンはぶれたり最後は音に遅れたりしてましたが、ジャンプは頑張ってたのでは。トリプルフリップ綺麗に跳べてるように見えたけど、ああアテンションなのか…。
お辞儀が仏教の国の人って感じ。タイの選手でしたっけ。


10:マーク・ウェブスター
お城の門で警護してる人みたいな衣装。絶対強いよ。変なことしたらつまみ出されるやつだよ。
レベルとかGOEとかは、うん頑張れ、まだまだいくらでも伸ばせるぞ、ってとこなんですけど、この重量感というか、重心が下にある感じがあんまりいないタイプで面白いかも。振付も個性的。決して嫌いじゃないわ…(笑)。

第3グループ

マレーシアのジャージ強そう。ジュベールが着てても違和感ない。むしろ着て欲しい←お黙りなさい


11:アンドリュー・ドッズ
おお、すごくいい演技だったのでは!ジャンプもクリーンだったし、曲に身を任せて流れる景色をゆったり見ていられるような演技。私は良かったと思うわー。
若々しく見えるけどもう27歳か、年齢を重ねた男子選手の演技は味があっていいですよねえ。おおシーズンベスト!


12:カイシャン・チュー
コンビネーションのセカンドが抜けた…。単独のジャンプも2回転になったからこれは点が入らない…?ステップはハラハラする感じだったが、えっ、これも得点入らないの?要素を満たしてないとかかな…。でも採点表チェックしたらGOEは引かれてるがレベル2になってた、良かった。ダブルアクセルは決まってホッとした。
今回は彼だけフリーに進めなかったのかな(泣)。ううう、また四大陸来て頑張ってね!


13:ジュリアン・ジージエ・イー
うーん、4回転サルコウ高さあったと思うんだけど、手をついてしまった。アクセルも転倒。相変わらず助走が…。
プログラムも短く感じるし、トップグループに近付く力は持ってると思うだけに色々もったいない。シーズン序盤は調子良かったのになあ(泣)。
いつ見ても「クールビズの時期に会社行ったらこういうサラリーマン居そう」とか思う衣装←やかまし


14:樋渡知樹
すっげーキャーキャー言われてる。そうかアメリカの選手だもんな。
6分間練習でやっと気付いたけど、彼ジャンプが逆回転だ、時計回り。アクセルあたりは見慣れないからびっくりしちゃう。
バレエジャンプの足の開きやビールマン、あとステップがめっちゃいい。4回転が入るようになったら相当見応えありそう。キスクラのピースかわいい(笑)。


15:ニコラ・ナドー
体格が良くてペアの選手みたい。その身長で跳ぶトリプルアクセルは迫力ありましたね。しかし次のジャンプ、壁にぶつかりそうになってしまった。大事にならなくて良かったけど。ん?彼も逆回転?見間違いだったらごめん。
ステップは余裕があって素敵ですね。最後のスピンは曲に遅れてしまったように見えたがちゃんとGOEついてるな。おお、暫定2位だ!


長くなったので、第4グループ以降はまた明日。是非明日もお会いいたしましょう!



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu