うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

スケートヒロシマ2019④

男子のジュニア選手権に続いて、女子のジュニア選手権です。男子が4名だったのに対して、女子はショートプログラムで勝ち残った24名。ぎっちり24名。男女の競技人口の差がくっきりと。こう考えると女子のトップ選手って凄いよな…。

Jr選手権・女子フリー①

第1グループ

1:出下和
上半身が赤と黄色で、スカートが黒。元気なイメージの衣装ですね。トップバッターで緊張もあったでしょうが、元気に滑ってました。特に大きなミスもなかったように見えました。
しかし採点にちょっと時間がかかっている。回転足りてるかどうかとかそんなん?確かにちょっとそう見えるジャンプもあった気はしたけども。それとも単にフリーだからだろうか。


2:澤田怜奈
ジャンプを跳んだあとにちょっと躓いたりもしていたが、大丈夫だろうか。衣装のスカートが、スピンで回ると花が開いたみたいでかわいい。最後のスピンからフィニッシュまでは音にぴったり合ってて良かったですね。ラストが決まるとやっぱり印象が違うなあ。


3:川畑貴音
オレンジシャーベットみたいな衣装でさわやかです(←アイスにたとえるな)。って、この曲はオペラ座の怪人!そりゃさわやかな話じゃあないな…(笑)。
表情や仕草で曲を表現しようとしていることが伝わってくる、そこまで神経のいく選手はいいですね。仮面をかぶる?外す?仕草なども素敵でした。大きなミスもなく、いい演技だったと思います。


4:宇多村彩花
ジャンプの軸が細くてシャープ。身体も細いので余計にそう感じるのかも。うーん、かっこいいジャンプだ…。
不思議な何かがひそんでいそうなおどろおどろしい森から慌てて逃げてくみたいな曲だった。ちょっと面白い、ストーリーが読めなくて。


5:林紗陽子
1本ジャンプを転倒してしまったが、三連続を跳んだり、終盤にもコンビネーションジャンプを決めたりとしっかり立て直していた、ほっ。ラストのビールマンもかっこよくフィニッシュ。これも何の曲だっけ、よく聞くやつ…←こればっかり


6:岡本花凜
衣装からしてそうかな?と思ったけどやっぱりチャイナな曲。真っ赤なかわいい衣装でした。
いいジャンプから入ったと思ったのだが、パンクしたジャンプなどもあり、ちょっと不本意な出来になってしまったかもしれない。またの機会に頑張って。

第2グループ

7:久家鈴
ジャンプノーミスかな?降り方が綺麗で見映えのするジャンプだと思った。荒川さんのトゥーランドットみたいな色合いの衣装。
結構いい演技だったのでみんなもっと拍手してあげて…。でも点が伸びないのは回転不足かな、何となく気付くこともあるけど、会場で見てると正直わかんないことも多いんですよね。


8:久森いろは
パフスリーブの白い袖。白と黒の上半身に赤いスカート。伝統的な感じの衣装。
うーん、ジャンプの転倒が…。でも転倒以外は頑張ったんじゃないのかなあ。最後のお辞儀のポーズがかわいかった。


9:横田胡幸
近くで見ると印象が違うかもしれないけど、紫と緑と黒の、配色が面白い衣装。なかなか素敵。
ジャンプの転倒が2回かな、ちょっと噛み合わなかったかもしれない。悔しそうな様子に見えました。


10:増田未夢
光沢のあるオレンジシャーベットみたいな衣装。シンプルだけどいいですね(←だからアイスにたとえるな)。
前半は良かったんだけど、うーん、パンクが…。疲れたかなと思ったが最後までしっかり滑ってた。おどけたようなかわいい振付もいっぱい入っていて、それもしっかりこなしてました。


11:森未縞琴
アラビアのロレンス。男子が使いそうな迫力のある曲ですね。2本目か3本目のジャンプで転倒してしまったのだが、すぐ立ち上がってポーズを取っていて、おお、と思いました。
このグループ、拍手が少なくて寂しい…。広島や隣県の岡山の子の場合は、やっぱり家族や友達がたくさん来てるんだろうな。


12:翠川莉加
6分間練習で痛そうな転び方をしていたので心配したが、元気に出てきて良かった。背中の銀のラインが印象的な黒い衣装。
洋楽が繋げてあるんだろうか、後半は滑るのが難しそうなリズムの曲。それだけにビシッと滑れたらかっこいいのかも。大人びてシニアの雰囲気があったけど、まだジュニアの選手なんですね。


ジュニアの競技はまだまだ続く。以下次号。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu