うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

フィギュアスケートだらだら語り in 3月⑥

フィギュアスケートに関するコーナーがあったりスケーターが出演したりする番組の感想をだらだらと語るシリーズ。では、早速いってみましょう。

テレビだらだら語り①

まずは3月2日放送、『炎の体育会TV』。TBS。
「フィギュア話題の2世…皇帝プルシェンコJr初参戦SP」、というサブタイトルだったはず。間違ってたらすみません。

プルシェンコ、久しぶりの出演ですかね体育会TV。あき竹城を見るプルシェンコの目…(笑)。タケジョウのこと大好きでしたよね(笑)。
今回は息子のサーシャ君と一緒。サーシャ君はまだ6歳、時差なのか眠そうなサーシャ君に語りかけるプルシェンコの話の聞き方が、めっちゃ距離近くて日本のお父さんとは違うなあって感じ。
あとサーシャ君の好きな食べ物が「わかめ」なの意外だった。寿司とか焼き肉じゃないんだ。まだ子供だからかな、子供って結構不思議な好みだったりしません?

番組の内容は、体育会TVチームとプルシェンコチームに分かれての三番勝負。まずは表現力対決。3つの課題曲のうちどれを踊っているのか、動きだけで判断するというもの。
まずは本田紗来ちゃん。紗来ちゃんが踊るリトルマーメイド、何となくわかったけど、意外と当てるの難しいなこれ…。

続いてプルシェンコチーム。候補曲を聞いた時のプルシェンコの反応にいちいち吹いてしまった。もうクイズしなくていいんじゃないかと思うくらい、これだけで面白いから(笑)。
スケートの振り入れてやっぱ踊るのねサーシャ君。てかマイケルですよねそれ…?6歳の子の引き出しから一生懸命振付出してきたんだろうなあ。うまくできなかったって機嫌悪そうなのをプルシェンコがなだめてる。まだホントに子供なんだな…。

本田望結ちゃんのミッションインポッシブルはわかった!めっちゃかっこよくていいダンスでした、いいもの見たっす。

プルシェンコはさすがでしたな。予告でちょっと流れただけの段階で、何だあれ、吉幾三でも踊らされてるの?とか思ってたらホントに吉幾三だったとか、ある意味神じゃね…?どんな曲調でも表現出来るってことだし。ていうか、あれが出来るからプルシェンコなんだよね(笑)。散々肉襦袢とか見せていただきましたからな(笑)。

続いて二人三脚対決。
普通に考えても滑る方が速いでしょ(笑)!そりゃ勝つでしょプルシェンコとサーシャが(笑)。でも体育会TV軍は滑るより普通に走る方が速いか…。

最後が鬼ごっこ対決。サーシャ、プルシェンコがそれぞれ鬼になって体育会TVチームが捕まえるというもの。
まずはサーシャが鬼。サーシャはちっちゃくてすばしっこいから逆に捕まえにくいかもしれんですね。スケート始めて2年であんなに滑れるのか、さすがDNA…。二人三脚も鬼ごっこもさすがでしたな、子供らしくはしゃいでて楽しそうでしたね。
プルシェンコはステップ入れたりしながら逃げてて完全に遊んでた。大人が7人、完全に遊ばれていた。普通に考えても勝てるわけないでーす!

ちなみに、サーシャの憧れは「ユヅル」だそうである。プルシェンコいわく「パパもユヅルが憧れ」に吹いた。ユヅル見てるかー?永久保存したかこのVTRー?(笑)ソチの時も、プルシェンコの自分へのメッセージを見て「このビデオください」ってマジな顔で言ってたよね羽生君←私の好きな羽生君の中でもかなり上位で好きな羽生君←は?(笑)

プルシェンコチームの圧勝で番組も終わりかと思いきや、なんとまさかの「次回に続く」だった…。引っ張るんかい!
そんなわけで、2週間後の2時間スペシャルに続く。

テレビだらだら語り②

てなわけで再び『炎の体育会TV』。3月16日の放送。体育会TVチームとの対決に勝利したプルシェンコチームが、恒例の障害物レースに挑戦。

二人で手を繋いで挑戦って、なかなか難しそうな…。案の定、1回目はバーをジャンプして越えるのに失敗してしまった。泣き出すサーシャ君に心配したが、2回目は見事成功!どうしてもサーシャ君に集中して見てしまったのでリプレイはプルシェンコの方を見たけど、プルシェンコは楽々こなしてる。難易度をサーシャ君に合わせてあるんだろうな。当たり前か、6歳だもんな。

ご褒美にミニカーを買ってもらって嬉しそうなサーシャ君。ビックカメラプルシェンコが買い物かごを提げているという図にじわっじわきてしまったのは私だけかしら…(笑)

ファンに描いてもらった絵も飾ってくれてるんですねサーシャ君。あんなの見たらファン泣いちゃうよね。ネットにイラストをアップしていいのかどうかは悩むところだが(気にするスケーターはそんなにいないだろうけど、色々話を聞いてると悩んでしまう…。でも漫画家さんとか普通に載せてたしなあ、平昌の時とかさ。考えれば考えるほどよくわからなくなってしまうんですよ…)、スケーターに直接プレゼントするのは構わないんじゃないかな。
もうほぼ筆は折ってるけど絵を描くのは実は大好きなので、今更ソフトとペンタブレット?を揃えてお絵描きしたい、とうっすら思ったりしてるのだった。何もかも諭吉がいないと無理だぜ!結局諭吉かよ!しかも結局ブログのアイコン描いたりするのにしかたぶん使わないと思う(笑)

プルシェンコの学校の様子がチラ見できたのも面白かった。レストランもあるんですね、ごはん食べに行ってみたい←目的がおかしい


ではでは、次のだらだら語りでまたお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu