うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

世界選手権2019雑感⑰

とうとう、とうとう最後の種目です。これで今シーズンの世界選手権の覇者が本当に、本当にすべて決まります…!

男子フリー①

第1グループ

このグループだけライブ配信なのですが、リンクインや挨拶、6分間練習も生で見られるので、ある意味いちばん満喫できるかもしれない…。てか第1グループのメンツなのかこれが…。嘘やろ…。


1:アレクセイ・ビチェンコ
いきなりビチェンコって、日本のスケートファン大歓喜だな…。本当はもっと後のグループで滑る選手なのでしょうが…。
コンビネーションジャンプの4回転が抜けた、トリプルになったか。ということはもうトリプルトゥループが使えん、とドキドキしたが、さすがにベテラン、冷静に次のコンビネーションのセカンドをダブルに。
トリプルアクセルは得意なイメージがあったのに転倒してたし、昨シーズンのような調子はやはり戻っていないが、飄々とした魅力は失われてなくてある意味安心。
ジャージ脱いだ瞬間にビクッとしてしまったが、衣装ですからね。血のついたデザインの衣装なんだよな。


2:田中刑事
落ち着いてるか、どうだ…。大丈夫、観客が味方してくれる…!
4回転サルコウのコンビネーション降りた!降りた…!しかし次のサルコウは3回転に。抜けたのか、抑えたのか。コンビネーションジャンプのセカンドをダブルにするなど、ザヤックにならないよう冷静に滑っている。トリプルアクセルもこらえたが降りた。転倒なし!
ああ、これテレビで生中継したかったろうなフジも…。いい演技だったよ!いい演技だったよおおおおおお(号泣)


3:デニス・ヴァシリエフス
彼の衣装、今回のキスクラにピッタリ合いますね。たぶんキスクラではジャージ着ちゃうだろうけど。
4回転トゥループ、振付のような珍しい降り方だったけど転倒扱いだろうなあれは…。ってあれ、ディダクションないぞ。へえ、転倒にならんのかあれは。
トリプルアクセルも上手く決まらず、序盤に固めた高難度ジャンプで点が取れなかったかもしれない。しかし後半は綺麗にジャンプも決まったし、何よりプログラムが早く終わる印象だった。表現する力はあると思う。

スローで映ったステファン…。リンクサイドのステファンにもGOE1くらいつきそうですね。ステファンだけを映してライブ配信しても需要ありそう…(笑)。今日はコート着てませんね。
あ、デニス君衣装のままでキスクラに。やっぱりすごくしっくりくるな。日本開催の世界選手権に合わせたプログラムだったのでしょうが、細かいところまで絵になりましたね。


4:ブレンダン・ケリー
4回転トゥループ綺麗だった…!しかしサルコウは3回転に抜けたか。後半に跳んだ4回転トゥループも3回転に抜ける。彼もザヤックにならないよう冷静にジャンプを跳んでた印象。
終盤はせっかく楽しい曲なのだからもっと楽しく滑ってー、っていつも思ってたけど、今日は今まででいちばん楽しそう。うんうん、いいぞ。観客の手拍子も後押ししたかな。


5:ジュリアン・ジー・ジエ・イー
トリプルアクセルが2本綺麗に決まった!これは大きいだろう。肩の動きなどもとても上手く、楽しく見ていられる。
しかし何でもないところで突然背中からひっくり返ってしまった。「ゴツッ」って音がしたような(泣)。最後まで滑り切れてホッとしましたが、すごく痛そうでした…。あの転倒、ジャンプ跳ぶ直前だったっぽい?あとから別のジャンプ跳び直したっぽいですね、冷静だな。


6:アレクサンドル・サマリン
4回転ルッツきたああああああ!半端ない高さ!測って!アイスコープあれを測って!!てか第1グループですけど?!
4回転トゥループの転倒など序盤はミスもありましたが、後半は盛り返してしっかりジャンプを跳んでました。ちょっと必死に見えたので、その辺は来シーズンの課題かな。
てかアイスコープ!何でトリプルループ。ルッツを測ってくれ…。コンビネーションジャンプは無理なのか?


ここでライブ配信は終了。テレビでの生中継に移動です。相変わらず5分ほどタイムラグがあり挨拶などは映らないが、全選手ライブで見られるなんて最高だからちょっとくらいはしょうがないかな…。
なのでアーカイブで6分間練習は見たけど、リンクインの時のサモヒン君かわいい…。

第2グループ

7:キーガン・メッシング
冒頭のルッツ相変わらず美しい。しかし4回転が…。トリプルアクセルも転倒してしまった。最後のジャンプもトリプルアクセルで、こちらは綺麗に決まったもののコンビネーションにできない。最後に入れてるということは得意なジャンプなんだろうにな…。
しかしコレオのお茶目さなど、キーガンの魅力は出てたんじゃないかな。来年の枠もあるし、緊張したか。いつもほどイキイキしてなかったもんな…。


8:ウラジミール・リトヴィンツェフ
彼は初めて地上波に流れたのでは。間違ってたらすみません。しかも選曲がくるみ割り人形。衣装といい、そこはかとない王子感が漂う。こりゃ落ちた人いるな…(笑)。
4回転トゥループすごく綺麗!2本目のトリプルアクセルだけ転倒してしまったが、着氷した時の姿勢なども美しく、なかなかいい演技だったのではないかと思う。基礎がしっかりある印象。これから表現面も伸びてきたらいいスケーターになりそう。


9:アレクサンドル・マヨロフ
このフリー、壊滅的な出来になってた記憶しかないんだけど、今日は4回転トゥループ綺麗に降りたあああああ!ミスもちらほらあったしパーフェクトでは決してないけど、彼の競技生活最後になるのであろうジャンプ、トリプルサルコウはクリーンに降りた…!
撫でると金色に変わるネクタイの仕掛け、個性的な選曲、観客を楽しませてくれるプログラム。長い間本当にありがとう…!


10:ダニエル・サモヒン
序盤のジャンプの出来が壊滅的に…。4回転が2本ともダブルに抜けたので、序盤のジャンプ3本で得点が5点くらいしかない(泣)。その後もジャンプがなかなかクリーンに決まらなかった。演技後になかなか立ち上がれなかったし、怪我などしていなければいいが…。
このプログラムは最後のステップがめっちゃカッコいい。カッコ良すぎてミスを全部忘れるくらいカッコいい。


11:ナム・ニューエン
4回転サルコウ2本ともものすごく綺麗だった…!しかし今日の鬼門はアクセルだったらしい。上手く決まらず、2本目はコンビネーションにもできなかった。その後もジャンプの乱れがあり、冒頭の好調ぶりを維持できずに演技終了。無念。
冒頭でシャツの襟を掴んで暗い顔をしていたが、曲調が変わるといちばん上のボタンを開けるような仕草。悩みを忘れて弾けることにしたのかな。だからここまで笑顔も封印してたのかな?細かい演出に気付くと物語が一気に浮かんできますね。


12:チャ・ジュンファン
4回転が2本とも上手く決まらない。ルッツとループのコンビネーションも綺麗だったが、回転不足気味に見えるジャンプが多い…。アクセルのためも長いし…。
シーズン序盤の勢いがまったくなくて、怪我でもしているのかと心配になってしまった。ハラハラしていたので「ジュリエーーーーーッ」が耳に入ってこなかったです(泣)。
でも彼はとても若い。まだまだ長く続くであろう競技生活で、焦らず成長してきて欲しいです。
え、振付シェイリーンなのこれ?ウィルソンって聞いてたが、あれショートの方か。四大陸の時は実況が間違えたんだな。あとで該当の記事修正しとこ…。


ここで整氷タイム。整氷タイムもこれで最後か…。おそらく刑事君の演技はこの間に放送されるであろうと予想したが、やはりそうだった。やっぱりテレビの画面で見る方が迫力あるわ、表現面が細かく伝わってくる。アクセルは手をついてたのか、解説ないと気付かなかった。

最終グループの会場入りやウォームアップの様子。羽生君の絶対に諦めない気持ちが本当に色々なところから伝わってきた。これからは楽しもうと言っていた人の、「必死こいて」。ああ、彼は本当に、本当に骨の髄からスポーツ選手なのだ。

長くなってきたので、後半グループについてはまた明日。是非明日もお付き合いください。ちなみに明日は超絶長いです←予告



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu