うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

Fantasy on Ice 2019 in Makuhari 雑感②

昨日の続きです。早速どうぞ。


エリザベータ・トゥクタミシェワ
出演するの久しぶりだよね?あの時はミーシンがくっついてきてたんじゃなかったっけ(笑)。トリプルアクセルを跳ぶ凄い選手が現れたって騒がれてた頃で、それなのにすごく小柄で可憐で、びっくりした記憶があるんだよね。
プログラムはヴァイオリニストの方とのコラボ。すぐ脱いじゃったけど冒頭で羽織ってた和風の衣装似合うなー。彼女の演技は媚びがなくて、何よりジャンプが豪快で大好き。しかも超かわいい…。大好き←どさくさに紛れて何を


アリーナ・ザギトワ
彼女もヴァイオリニストとのコラボ。昨シーズン(いやまだ今シーズンか?)のフリー、カルメンをアレンジしたもの。
髪型もきっちりまとめてないので、ほつれた髪がくだけた感じ。冒頭の椅子の演出といい、ただれた雰囲気が競技のプログラムよりさらにカルメンっぽいかも。なかなかいいですね、これ。
珍しくジャンプ転倒してたけど、ショーだしね。フィニッシュポーズは競技と一緒ですね。


★エフゲニア・メドベージェワ
このロシア女子の面々だけでもめっちゃ見たかった…。めっちゃ見たかったわ…。
冒頭から作り込んでる。ショッキングピンクのものすごくインパクトのある衣装で、これまた思い切ったな。歌い手をイメージしたそうですが、これまでと似たようなイメージだけにとどまらないところが面白いですね。
めっちゃアレンジされてるけど、これサウンド・オブ・ミュージックの名曲ですよね?


羽生結弦
羽生君は日によってプログラムを変えたようで、ここで初日の演技が流れる。たまたま流していた夕方のニュースでどうもオペラ座っぽい、と気付いた時は震えるとともに最強に落ち込んでしまった。個人的に羽生君のオペラ座のプログラムには非常に思い入れがあったので、ああ、それなのに見られないのか…、と本当に落ち込んでしまった。会場で見るのとテレビで見るのは全然違うからね。
放送だけでも楽しもうと思ってたけど、自分の状況も酷すぎて、最後の支えが折れる音がハッキリ聞こえたよ。誰が悪いって話じゃないんですけどね。ごめんね。

しかし、オペラ座のメロディは前奏と最後だけかな?ToshIの楽曲にこんなのあったんですね、ちょっと運命的。

ってか、耽美と耽美の相乗効果で破壊力無限大なんですけどおおおおおお!前々から言ってるけど私「俺様な羽生君」が大好きなんですけどおおおおおお!私の人生の最高到達点は2015年のFaOIでSEIMEI様の眼差しを真正面で見た時だったんですけどおおおおおおお!あのあとはずっと「いい人生でしたありがとうございました」ってうわごとを繰り返すだけの脱け殻だったんですけどおおおおおお!つまり最高なんですけどおおおおおお!最後に手袋バッシイイイイイ!が最高なんですけど!中二っぽさ全開で最高なんですけどおおおおおおおおおおお←永遠に続く

やべえなこれ。やべえ。どうしても睨まれたいんだけど(←何言ってるかわからない)どうやったら会場に潜り込めるかな。もはや権力者の愛人になるしかないが、権力者もそんなに暇じゃないからな…←錯乱

羽生君のファン同士の挨拶と言えば「柚子製品の交換会」だと思ってたけど(笑)、これからは手袋バッシイイイイイ!で!各地の会場の前で手袋叩きつけ合ってる人たちがいたら結弦ファンって認識で!
…どうしようホントに流行ったら←大丈夫さすがにそれはない…


ハビエル・フェルナンデス&アントニオ・ナハーロ
冒頭の女性の歌からして引き込まれる。演奏も生なのか、これは期待。
ああ、ナハーロさんお久しぶりです。以前はFaOIの群舞の振付もされてたんだよね。その頃見たナハーロさんのダンスが忘れられない。マジで全部ナハーロさんが持ってった…。だからずっともう一度生で見たかったんだよおおおお(泣)。
あああああこれ見たい、めちゃくちゃ凄い…。ずっとナハーロさんだけ見てたい。超一流ってこういう人を言うんでしょ、きっと…。

ナハーロさんのダンスから女性3名と男性1名の氷上での群舞へと移る演出。やはりフラメンコは男女で滑るのが似合う。
そして再び舞台。ナハーロさんとハビエル。いきなり滑るのではなく、舞台の上で踊ってから氷上へ。ナハーロさんをガン見したかったので、ハビエルと同時に映るカメラアングルが最高でした…。
ふあああカッコいい…。このプログラムだけ芸術作品みたいでめっっちゃ良かったです…。


★エラッジ・バルデ
バルデさん、オープニングからキレてて楽しみでした。ラストの方にお楽しみに取っておくイメージのバックフリップを序盤で入れてきて、やっぱりキレキレ!
似た印象のスケーターがいないので、彼の個性は際立つ。柄物のシャツもお洒落で、プログラムのイメージに合ってて素敵。たぶん会場で見てたらもっと最高なやつ。


紀平梨花
ナレーションから放送される。昨シーズンは大活躍でしたからね。
新しいショートプログラム。衣装からして個性的だけど、競技では変更しちゃうかな。シェイリーンの振付だそうだが、独特な選曲からもそれが伺える。競技でもダンス系のプログラム見たかったから嬉しいけど、これをエキシビションではなく競技で使うとは。競技のリンクで見た時が全然読めなくて楽しみ。

女子はガラリとイメージ変えてくる選手が多いな。挑戦のシーズンなのかな。


織田信成
ヴァイオリニストの方とのコラボ。ミッション・インポッシブルだし、カッコいい系のプログラムかと思ったら、ギャグあり客いじりあり。キャンデロロか織田君にしかできないな、こういうのは(笑)。
ものすごく「暴れてる」プログラムでした。コラボだったの忘れてたけど、ヴァイオリンの音色も織田君に呼応するように暴れてて、何気に名コラボでは…。


そろそろ長いので、本日はここまで。明日で最終回です。また明日の記事も読んでいただければ嬉しいです。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。毎日更新中なのでお気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu