うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

オータムクラシック2019雑感②

女子のショートプログラムの続きでございます。シーズン序盤からなかなかのメンツが揃っていて熱いですね。ではでは早速どうぞ。

女子ショートプログラム

第2グループ

眠かったので6分間練習は横になって目を閉じて、少しだけでも寝てました。なので全然見てなくてごめん…。


6:ニキ・ヴォリーズ
首もとに銀のキラキラした飾りがあしらわれた赤系の衣装が人気の大会。みんなそれぞれに細部は違うけど綺麗。う、ジャンプが抜けてしまったか。ルッツの得点が丸々ない、ああああ…。


7:Maya GORODNITSKY
すみません、ジャンプ部分は睡魔が襲ってきて記憶が曖昧…。大きなミスは無かったのかな?あ、違うや、ジャンプ1本丸々点がない(泣)。
途中面白い振付入ってたな、魚がすいすい泳ぐようなイメージだったが、眠かったのでわけのわからん感想になってると思いますごめんなさい…。
読みはゴロニツキーさんかな、ゴロドニツキーさんかな。男子にも同じ名前の選手いたよね?


8:Chloe ING
滑り出しの柔らかい笑顔に引き込まれてしまいますね。時々その笑顔を浮かべて滑ってるのすごく素敵…。ベビーピンクの衣装もその柔らかい雰囲気を引き立てる。ジャンプの転倒が痛そうだった、大丈夫かな。あと個人的なことですが睡魔が強い…。どこか行ってくれええええ。


9:Nina POVEY
衣装見てると女神って単語が浮かぶのは何故なのか。曲をしっかり感じながら滑ってるように見えました。ちょっとした仕草にも説得力が出てきますね。最初に回ってたスピンが良かったな。


10:紀平梨花
ショーの放送で何度か見たプログラムですが、本番用の衣装になると一気に試合感が出てくる。抑えた装飾ながら品のある衣装で不思議な曲調が中和されてる。髪飾りも可愛いです。
目の覚めるようなトリプルアクセル!たとえでなくマジで目が覚めた(笑)。コンビネーションジャンプは加点がゴリッゴリに付きそうに見えたが、採点表確認するとそうでもなかったわ…。紀平さんの足を真っ直ぐ頭の上に伸ばすスピン好きなんですよ、すごく綺麗。
キスクラのカメラがちょっと不調だったらしいが、シーズン序盤とは思えないハイパーな点を叩き出してしまわれた。今シーズンも楽しみいいいい!

第3グループ

11:エフゲニア・メドベージェワ
珍しい、全身タイツ衣装。腕や足にあしらわれた青い布が、スピンの際にかすかな青い炎みたいに見えて綺麗だ…。
ショーの演技でかなり調子が戻ってるように感じてたのですが、今日はまさにノーミス、鉄壁のメドベージェワでしたね。表現面では安心感があるので(彼女の演技はどこか文学の薫りがすると勝手に思っている)、定番のエクソジェネシスですが、思わず見とれました。セーラームーンが好きな少女だった彼女もすっかり美しい大人の女性になったな…。
トリプルアクセルも入ってないのにこの点は流石だわ…。エテリの元を離れて演技から詰め詰め感も少し薄れたように思うのに。よく見るとアテンションなど付いてるしもっと点が伸ばせるということですね。


12:イム・ウンス
高くて豪快なコンビネーションジャンプ!素晴らしい。なのにダブルアクセルが…。うう、転倒が無念。まあまだ序盤だしこれからですな。
可愛らしい顔立ちなのだけど、はっきりした曲調に合わせて強めに笑うところがギャップがあって魅力的ですね。パーフェクトな演技が見たくなるプログラム。
採点に時間かかってる。回転不足かな…。やっぱそうだな。うーん、あんまり点伸びてないし…。あれ、得点つけ直してる?機械のトラブル?


13:アレクシア・パガニーニ
この曲聞いたことあるわ、『Sixteen Tons』だっけ。違ったらごめん。耳に残るんだよね何故か…。後半は『素敵なあなた』かな。
演技開始の遅れをものともせず、よく音を捉えたいい演技だったと思います。ジャジーなメロディーも彼女に合うような感じですね。


14:カイラニ・クレイン
お客も一緒に乗れそうなノリのいいプログラムですね。パーフェクトではなかったかもしれないですが、シーズン序盤にしてはまとめた演技だったように見えました。滑り込んでいけばもっとキレキレになっていくかな。そうなるともっとお客も湧くはず、シーズン後半が楽しみです。


15:Michelle LONG
これまたジャジーなプログラムですが、笑顔で滑ってて楽しそうでいいですねえ。コンビネーションジャンプが音に合ってて良かったです。こういう風にジャンプが決まると気持ちがいいですね。衣装がすっごくキラキラ。
お名前はミシェル・ロングさんって読むのかな。どうだろ。


16:ヴェロニク・マレ
わりとよく使われる曲だなとは思ったけど、一大会でかぶるとは思わなかった…。『True Colors』ですっけ。
ジャンプが迫力あって回転が速くて、キレのあるカッコいい系。さすがカナダ女子。


紀平さんとメドベージェワが初戦からカッ飛ばしてますね。フリーは高難度ジャンプの出来で二人の順位が入れ替わるかどうか、というところでしょうか。これ書いてる今はまだフリーの前なので、とっても楽しみにしております。起きていられるかな…。いやいや、頑張るぞ。

ではでは、次回はアイスダンスの感想でお会いしましょう。ただし眠すぎてまともな感想文になってないので、今のうちからとりあえず謝っときます…。とほほ。




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu