うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

オータムクラシック2019雑感③

さてさて、大会も2日目です。ジュニアグランプリシリーズのロシア大会にロンバルディアトロフィーも開催されていてカオスな週末。ロシア大会は少しでも見ましたが、ロンバルディアは睡眠不足が祟って諦めちゃいました、とほほ。ブログ記事書かずにただ楽しむだけだったらきっとハシゴして見たんだけど。あと私いまいちライストよくわかってないんですよね、もっととほほ。

本日も男子の公式練習から見たので、まずはその感想を少し。

男子公式練習

羽生君の曲かけはショートプログラム。いやショートの前だからみんなそうか…。アクセルの余韻が凄かった、ため息が出る。コンビネーションをミスしてしまったが、パーフェクト演技は本番に取っとけばいいのさ…。もうすぐおそらく変更されるであろう衣装と共に彼の新シーズンが始まるのかと思うと動悸が止まらない。

ジュンファン君は練習から衣装でしたね。衣装だったの彼だけかな?男子は時々「それ練習着ですよね?」って突っ込むしかない衣装の選手いるからな…。

カメラがちょうど背中を映すアングルで、セレスティーノ君のTシャツのイラストがガン見できてしまいじわじわ面白かった…←そんなとこに注目せんでいい

しかし、グランプリシリーズが三大会まとめてダイジェストでお送りされていた頃を覚えている身としては、公式なものとは言え練習風景がライブ中継される日が来るなんて考えてもいませんでしたね…。そんな練習やってるなんてきっと知ってすらいなかったよ、ダイジェストの時代には…。


続いてアイスダンスの感想も載せていきますが、実は眠くて眠くて睡眠学習状態だったため、はっきり言ってまともな感想文になってないです。とりあえず自分の日記的に置いてるだけだと思って以下は流し読みしていただけたら(泣)。うわーん、すごく面白そうだったのに…。

アイスダンス・リズムダンス

第1グループ

1:オリヴィア・スマート&アドリア・ディアス
オリヴィアさんの髪型…!くるくる。ヅラじゃないよねあれは、地毛だよねきっと(笑)。
洒落た振付がいっぱい入っててつい見てしまう。睡魔にやられそうだったのがつらい…。


2:マチルダ・フレンド&ウィリアム・バダウイ
ピンクと黄色のはっきりした縦縞の衣装。インパクト十分です。眠すぎてちゃんと演技見られなくてすみません…。


3:パイパー・ギレス&ポール・ポワリエ
二人とも蝶ネクタイにタキシードってことかな。これまたなかなかインパクトあります。エキシビションで見かけるような凝った衣装で、見てるだけでも楽しくなってくる。睡魔にやられてたので細かいこと何も書けなくてすみません…。

しかし、今シーズンのリズムダンスはなんかレトロでいいですね。ミュージカルとかオペラが課題なの?うわあ、これは楽しめそうだ。チラッとは聞いてたけど、実際に見ると元々物語のための曲だから分かりやすくてすごくいい。

第2グループ

4:ライラ・フィアー&ルイス・ギブソン
すんごいリフト。リフトすげええええ。あの持ち上げ方すげええええ。ライラさんの身体能力凄いんだろうなあ。ライラさんも胸の真ん中がネクタイみたいなデザインになってる衣装で、何となく二人のデザインが合わせてあるのが、キスクラで見るとはっきりわかって面白い。


5:マリー=ジャード・ローリオ&ロマン・ルギャック
ローリオさんはノースリーブの水色のワンピース、ルギャックさんはボーダーのシャツ。衣装かわいい…。こういうのもありなのね。
衣装だけでも物語を感じてしまう。今シーズンのリズムダンス面白いな…。


6:キャロラーヌ・スシース&シェーン・フィルス
彼らの衣装も素敵。カチューシャにピンクのワンピースがレトロな感じですごくかわいい。
ツイズルが楽しい。たのしーい。会場いたら喜んでガン見しそう。


眠すぎて何度も意識飛んでたので、演技の細かいとこまで見られた選手ほぼいません…。すみません…。睡眠学習状態でしたが、プログラム自体はすごく楽しめそうだなと感じたので一応載せますね、こんなんですみません…。

ではでは、次回は男子ショートプログラムの記事でお会いしましょう。ちょっとだけ長いですよ←予告




「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu