うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(ライター始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

ジュニアグランプリシリーズ2019 アメリカ大会 雑感⑤

体調が良くなかったため女子のショートは丸々諦めたのですが、フリーも結局あまり回復せず寝ておりまして(泣)。どうにか起き出して最終2グループのみ視聴しました。それでもやはりあまり集中できなかったので、ちゃんと感想の書けていない選手もいます、申し訳ありません。
ではでは、少しだけですが女子フリーの感想をどうぞ。


※注記:
BS朝日でテレビ放送された選手については、お名前の前に★をつけて区別しております。
また、お名前のカタカナ表記は調べるのが大変なので、カタカナ表記が既にある程度使われている有名どころの選手だけにとどめております。お名前の読み方って難しいですよね…。

女子フリー

第5グループ

21:Julia LANG
マラゲーニャ。後半は疲れが出てきたのか乱れが…。ちょっと滑りが止まりそうになってるように見えた箇所も。少し噛み合わない感じもありましたが、ミスなく滑ることができればすごく曲に合った滑りが見られそうなプログラム。彼女自身の動きがどこかパキッとしててカッコいいので。


★22:田中梓沙
緊張したかなあ、動きは少し固いように見えたしジャンプも大きく乱れてしまった。けどアクセルのコンビネーションは幅があって綺麗だったし、最後のスピンも余韻があってとても素敵でした。解説の方が何度も「beautiful」と口にしてたのも印象的。
コーチは田村岳斗氏なんですな。相変わらずイケメン(笑)。

テレビで見るとスピードが凄いなあ。半年で随分背が伸びたのか、男子もだけど女子は特に成長期問題が大きいから何とか乗り越えてほしいなあ。


23:Victoria ALCANTARA
まあ、かわいい衣装。そうか、メリー・ポピンズか。真央ちゃんもこんな衣装でしたね。
三連続ジャンプがしっかり決まった。しかし終盤は疲れてしまったか、ジャンプがパンク…。スピンが正確な印象で、フィニッシュもばっちり曲に合ってましたね。


24:Lucrezia GENNARO
滑り出しがとても雰囲気あってかっこよかったです。お名前はルクレツィアさんかな。
実は体調不良のため集中して演技が見られなかった…。ほとんど感想書けなくてごめんなさい(泣)。


25:Mandy CHIANG
すみません、彼女もあまりちゃんと見られませんでした…。フリーは皆なかなかうまくいきませんね。前のグループで滑った子がずっと暫定1位。
ポニーテールとそれ以外の部分で髪の色が違う。そういう染め方したのかな。


26:Jessica LIN
どこからどう見ても羽生結弦氏の『Hope & Legacy』の衣装…。グラデーションもフリルの感じもそのまんま…。と思ったら曲も一緒か!きっとあのプログラムにすごく憧れてるのね。あれは伝説ですからね…。
冒頭のコンビネーションジャンプ綺麗でした。最後に跳んだコンビネーションも良かった。スピンでも衣装がとても映える。そもそも女子が着るような可憐で美しいデザインの衣装なのだと思い知り、改めて羽生結弦氏の年齢・性別不祥ぶりに震えております…。阿修羅なのに、阿修羅なのにね…←震える声

第6グループ

★27:河辺愛菜
衣装ですぐわかる、ブラックスワン。二つ目のコンビネーション良かったですね、伸び上がるようなジャンプで。スピンもとても華やか。プログラムのせいかもしれませんが、はっきりした強めの華という感じで印象に残る演技でした。
コーチはやっぱり田村岳斗さんなのね。おお、ついに暫定1位に躍り出たぞ!

この子もトリプルアクセル跳べるのか。でも今回は外してた。演技をそこそこまとめられたのは跳べてもアクセル入れなかったからかもですね。それだけ大変なジャンプなんだよね。


★28:Anastasia TARAKANOVA(アナスタシア・タラカノワ)
身のこなしなどからして、明らかにレベルの違う子が出てきたのがわかる。ジャンプもノーミスでしたかね、加点もいっぱいついてるし。実際には回転不足などあったみたいですけど。
いい演技でした。本人もすごく嬉しそう。

印象的な衣装だなと思ったけどフリーダかあ、そう言えばこの曲で滑る選手多いね。変わったスピンが多いと実況。変わったスピンは大歓迎です!←スピナー好き


29:Emily BAUSBACK
彼女もいいジャンプ持ってますね。真っ直ぐ上がっていくシャープな軸。決してパーフェクトな演技ではありませんでしたが、頑張ってたのでは。タイタニック、定番だけど久しぶりに聞いた気も。


★30:Alysa LIU(アリサ・リウ)
話題の子ですね。おお、大人気…!
冒頭いきなりトリプルアクセルのコンビネーション…。次のジャンプの高さ、綺麗な4回転だと思ったらルッツ…?ルッツ…?!えええええ…。すげええええええ←白目
大きなミスは単独のトリプルアクセルの転倒だけでしょうか。後半に跳んでたトリプルジャンプなんてクソ余裕に見える…。
これ何点出すねん。ひいいいいトータル200点超えたああああああ←白目

国際大会デビューだったのこれ?!えええええ…。スローで見ると4回転ルッツが素晴らしく綺麗。4回転見ちゃうとトリプルルッツがつまんないって、こらこら佐野先生(笑)
成長期問題はあるものの、ジャンプの天才ですねこりゃ…。なんかテレビで見るとより圧倒された…。なんやあのルッツ←白目


31:Seoyeon JI
会場がどよめいたであろう凄い演技の直後の登場だったのに、落ち着いてしっかり滑っていて、いい演技でしたね。韓国の選手らしい独特の浮遊感と言いましょうか、そんなものを彼女にも感じました。韓国も次々いい選手が出てきますね。


★32:Yeonjeong PARK(パク・ヨンジョン)
うわあ、かわいい衣装。キラキラぶりも素敵だけど、スカートのデザインがかわいい…。
体調不良再びで(泣)、集中して最後まで見られたわけじゃないのですけど、彼女もなかなかいい演技に見えました。慎重にこなしてるようにも感じたのですが、ミスをしないことも大切ですもんね。
おお、高得点!表彰台だ!採点表に回転不足の表示等もなくて清々しい…。

ジャンプが素直、って佐野先生の解説面白い。アクセルの跳び方が気になるそうだが、気にして見てなかった。今度確認しよう…。


ちょっと無理して見てたので、あんまり集中できてなくてホント申し訳ない。でも無理して見たおかげですごいルッツを目撃できたので良かったってことにしよう。4回転もトリプルアクセルも備えた女子って、ロシアに対抗できる条件を満たした脅威の存在では…。うおお、北京までの女子の戦い全然読めない!熱い!あとは身体の成長とジャンプの技術とが共存できるかどうかだろうか…。

女子の試合でアメリカの国歌聞いたのめちゃくちゃ久しぶりな気がする…。ロシアか日本って感じだったじゃないですか近年はもう…。

テレビではアリサ・リウのインタビューも少し流れたけど、テレ朝が大注目しちゃうのも仕方なかろうな。


フランス大会はわらわらしていてライストを見たのも少しだったしメモも取ってなかったので、全部じゃないですが今シーズン初めてそこそこがっつり試合を見ました。楽しかったー。記事も渋滞してきたし、テレビ放送を待ってからの掲載になってると思うのですけど、今更の内容にお付き合いいただいて本当にありがとうございます。また次回の記事も読んでいただければ幸いです。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.mu