うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(物書き始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

世界の果ての小さなお城はうさぎと工夫とこだわりでぎゅうぎゅう

今週のお題「わたしの部屋」


インテリアの雑誌とか、アパートの情報誌とか、読むの大好き。インテリアのお店も大好き。引っ越しするわけじゃなくても、お金なかったり欲しいものが特になかったりしても、ついつい見てしまいます。きっと好きなんですね、住環境に関する様々が。

子供の頃に暮らしていた部屋は狭くて、収納も少なかった。けれど物はとても多かったので、どうしても窮屈になる。家族に物を溜め込むタイプや片付けができないタイプが多かったし、私も本だの何だの買ってたし。どこからともなく親が貰ってくる洋服の収納が大変だったわ…。

けど、子供の頃からこだわりが強かった私は、自分の部屋は大抵綺麗にしてました。物を置く位置をだいたい決めてたんですよ。ぬいぐるみを並べる順番とか、文房具をしまっておく位置とか。
お菓子の空き箱やちょっとした隙間を使った収納も自然に覚えて、どうにかして大量の物をしまっておいて、少しでも部屋の中は可愛くしたい、と常に野望に燃えていました。なかなか難しかったですけどね。模様替えもよくやってたな…。

実家を離れて独り暮らしを始めてからいちばん楽しかったのは「インテリアを自分の意志で配置できる」ことかもしれません。いかに効率よく部屋を使うかを何度も考えては、模様替え(笑)。不要品を捨てたら怒る人もいなくなったので、できるだけ物を増やさないようにしつつ、スッキリ暮らせる方法を常に模索しています。家具や収納用品はどうしても値が張るので、今は結構ごちゃごちゃしてて、何とかしたい…、と軽くイラッとしながら暮らしています(泣)。ある程度は家にあるもので工夫して片付けるんだけど、どうしても限界がありますし。


そんな私の部屋にお越しになった皆様は、やたらある動物の姿が目に入ることにお気付きになるでしょう。それは「うさぎ」です。私はうさぎが大好き。ぬいぐるみから小さな置物から、敷物やら風呂桶やらに至るまで、わりとうさぎだらけ。
だってかわいいじゃないか。あいつらめちゃくちゃかわいいじゃないか。なんだあのずっとひくひく動いてるお鼻とかふっかふかしたおなかの毛の下から見えるちょこんとした後ろ足とか。なんだあいつら。

どうも本当に幼児の頃からうさぎが好きだったらしいので(赤ん坊の頃にミッフィーのぬいぐるみを親戚がプレゼントしてくれたらしく、たぶんそれがルーツ)、ついつい選んでしまううさぎのグッズ。気が付いたら家中うさぎだらけ。私がうさぎ好きなのを皆知ってるので、頂き物にもうさぎが多くて、とにかくごろごろいる(笑)。
集め出すとキリがないので、できるだけ生活必需品だけをうさぎグッズにするようにしてるんですけどね、傘とかタオルとか。ただ、ボロくなっても捨てづらい、という欠点がありますけど。

うさぎをはじめ、小鳥とかペンギンとかかわいい何かと、フィギュアスケート関連の書籍あたりが現在の我が家で目を楽しませてくれるインテリアでしょうかね。羽生結弦選手のクリアファイルを飾ってみたりとか。愚民を見下ろすような眼差しの写真が使われたファイルがあって飾らずにはいられなかったんですよ!!!←個人の感想なのでそっと流してください←馬鹿がばれる←何を今更
すごいお金持ちになったらフィギュアスケート専用の部屋作って心行くまで関連書籍やらグッズやら集めたいのですが見果てぬ夢です(笑)。オタクなんで、この人(笑)。こだわりますよ、そういうのめっちゃ(笑)。

模様替えする体力も経済的余裕もなく、代わり映えしない毎日のここ数年。自分の部屋で過ごすのは好きなんですけどね。お金さえあればそりゃこだわって整えるのに…。住環境大事ですよ…。
何年も前から引っ越ししたくて、石油王(仮称)が迎えに来てくれるのをずっと待ってるんですけど、私の呼び掛けに気付いてないみたいです(笑)。

…なんか、前も似たような話書いた記憶があるんだけど…。まあいっか(笑)。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com