うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(物書き始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

グランプリファイナル2015雑感⑨

今更綴る2015年のグランプリファイナルの感想も、いよいよエキシビションで最終回です。長くなったので、2回に分けてお送りします。
とりあえずわかりやすいよう登場順に番号振ってますが、もしも色々間違ってたらすみません…。

エキシビション

オープニングはひとりひとり違うTシャツの文字で「グランプリファイナル2015」を表す、よくありそうであんまりない演出。出演するスケーターは顔見せ程度に滑ってくれるだけで技の披露などはなし。このあとたっぷり滑ってくれますしね。


1:シンクロナイズドスケーティング
Team Fusionというグループなのかな。地元スペインのグループなのね。男性が二人混ざっているのが珍しい。
手を繋いで滑ったり、組体操みたいに持ち上げたり、簡単そうに滑ってるけど絶対大変な競技よねこれ…。


2:Celia ROBLEDO & Luis FENERO
今までにお見かけしたことあったかな?スペインのアイスダンスカップル。哀愁漂う曲で表現していたのは淡々と壊れていく叶わぬ恋だったりするのかしら…。


3:ポリーナ・ツルスカヤ
ジュニアの女子の優勝者か。ファイナルだからジュニアの選手も出演しますもんね。
また凄い選手が現れたものだと思っていましたが、ロシアの競争の激しさには時々心苦しくなりますね…。
黒いマントを暗転してる間に脱いで真っ赤な衣装に。小道具が林檎?白雪姫のお妃様みたい。


4:ロレイン・マックナマラ&クイン・カーペンター
続いてジュニアのアイスダンスの優勝者。このカップル上手いと思ってたんですが、カーペンターさんが引退してしまったんじゃなかったっけ…。残念ですね、まだ若いだろうに…。
バックストリート・ボーイズだっけこれ?ステファンが歌ってたやつ(笑)。曲は落ち着いた情熱のある歌なのですけど、演技はどこか溌剌と若い。


5:宮原知子
懐かしいプログラムですね、翼をください。英語の歌詞の翼をくださいなんてあったのねえ。
少女の滑るプログラムの選曲としてはとてもいいのでは。可憐で爽やかで、どこか希望を感じられますね。つい一緒に歌ってしまいそうになる、て言うかスローで歌っちゃったごめん(笑)。


6:エカテリーナ・ボリソワ&ドミトリー・ソポト
ジーンズにTシャツの、エキシビションならではの衣装。ぶんぶん振り回すリフトがめっちゃ迫力でちょっと個性的。面白い。ラストは悲しい別れか。ボリソワさんの嘆き悲しむ演技が印象的。


7:ボーヤン・ジン
アップになったボーヤンがわっか!つるんとしてる(笑)。曲にピタッと合わせたジャンプが素晴らしい。テープの早回しみたいな声の曲に変わると会場大盛り上がり。クリムキンイーグルで転んでたような気もしますが、かわいいボーヤンが見られたから客は満足のはず(笑)。


8:マディソン・チョック&エヴァン・ベイツ
雌豹のようなチョックさん。うおおおカッコいい…。ボーヤンのどこかおどけた世界観から一気に空気が豹変してしまいます。凄いねえ。朝の教育テレビから深夜番組に突然切り替わった感じ(笑)。


9:エレーナ・ラジオノワ
場内アナウンスやテロップが流れる前に演技が始まって、めっちゃ急いでアナウンスしてた印象。ファンタジー・オン・アイスで見た岡本知高さんみたいな金色の衣装を纏って登場したのですが、あの衣装着てたわけじゃなくハンガーかなんかにかけて立てて置いてあったのを羽織ってたらしい。なるほど上手い。その衣装から可憐な人魚姫が生まれてきて、また眠りの世界に帰ってくみたいなプログラムでした。


10:メーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード
フィギュアスケートではわりと定番の『スマイル』。この魔法にかかったみたいなチャーミングな曲を、芯の通った、地に足のついた落ち着きのある感じがする二人が滑るとこんな味わいが生まれるんですね。ラストのぶん回しからのメーガンさんの華麗な着地はさすがです。


11:安藤美姫
意外と聞くことのないハビエルのスペイン語。さすが母国語、よどみない。そのハビエルの紹介で登場したのが安藤さん。ああ、お付き合いなさってた頃かな…?
真っ赤な衣装がとても素敵なんですよね、このマラゲーニャ。スカートのカットと長さが好きです。日焼けした肌によく似合う。
しかし、何故ゲストとして登場したのかな。やっぱりこの頃は一緒になるつもりだったのかな。何があったのか私には知るよしもないですが、人生色々…。なんかそっちばっか気になってあんまり演技に集中できなくてすみません…。


12:ハビエル・フェルナンデス
出たあああああ!エアロビ!エアロビハビー!ハビエルマン(笑)。一時期ショーとか試合で死ぬほど見たやつ(笑)。靴が真っ赤なスニーカーみたいでかわいいんですよね。
水ぶっかけに来たのはラドフォードさん。このプログラム小道具も多いし長いし動き回ってるし、ハビの体力にもいつも感心します。でも久しぶりに見るとわりとあっという間に終わった感が(笑)。久しぶりだからか(笑)。


13:シンクロナイズドスケーティング
Team Paradiseだったかな?ロシアのチームでいいのかな?んでシンクロの大会もやってたのかな。曲はタイスの瞑想曲。
ハビエルが水こぼしまくってたのでリンクの状態大丈夫だろうかと心配しましたし、実際転倒してる選手もいましたが、非常に密度の濃い美しい演技を見せてくれたと思います。


ここまでが前半だったんじゃないかな。てなわけでここで一旦終了します。エキシビション後半の記事にも是非お付き合いいただければ嬉しいです。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com