うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(物書き始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

フィギュアスケートゆるゆる語り in 7月①

フィギュアスケート関連のテレビ番組の感想をゆるゆると語るシリーズ。本日は6月15日にNHKBSで放送された『浅田真央 笑顔と強さと~思い出のNHK杯フィギュア~』についてゆるゆると語っていきます。
羽生結弦選手に関するNHK杯の番組が好評だったのでしょうかね。確かにたいへん良い番組でしたし楽しく感想も書けました。ご興味のある方は過去記事を発掘していただければ嬉しいです。また、後日髙橋大輔選手についても同様の内容が放送されたので、そのうち感想を載せる予定でございます。何せショーも試合もありませんしね、スケートに餓えているのでガン見です、ガン見(泣笑)。

選手として出場する前に、フラワーガールとして9歳の時にNHK杯に参加していたんだそうですな真央ちゃん。聞いたことあったかもしれないけど忘れたのか、知らなかったのか。フラワーガールとかフラッグスケーターとか、未来のトップ選手が時々混ざってるからこういう時には格好のお宝映像になりますよね(笑)。

ではでは、各年度の演技の感想をさらっと。

2006年

ショートプログラムノクターン
フリップとループのコンビネーション…。痺れるわ…。ステップも可憐なピアノの音が溢れるようで美しい。

★フリー『チャルダッシュ
トリプルアクセルこらえましたね、すっかり代名詞でしたよな。いい点だったのね。アルトゥニアンコーチの元にいた頃ですね、喋り方がまだ本当に子供、もはや懐かしい。

2008年

★フリー『仮面舞踏会』
私この曲真央ちゃんのプログラムで知ったんですよね。それ以来好きな曲です。
トリプルアクセル2本。最初のアクセルが単発になったので2本目をコンビネーションに。2本目は回転不足だったようだけどやっぱり会場は沸くよね。三連続も決まり、もう痺れる…。
死ぬ気でやりなさいってタラソワに言われたって解説覚えてるわ。もうコーチがタラソワに変わった頃ね。そうそうラストでふらっとしちゃったけどこれはこれでかわいいからOKでしょう(笑)。
この年のショートの放送は無かったです。確か。

で、2010年のバンクーバーはやっぱり挟まれるよね。インタビューで泣いてる真央ちゃんを見るたびに胸が痛いんだけども…。その後佐藤信夫さんにコーチが変わったんだっけ、こうして振り返ると真央ちゃんの歴史がわかるなあ。


ここからは真央ちゃんセレクトだそうな。一時間番組だったので、すべての演技は放送できなかった模様。かと言って二時間にするには試合数が足りなかったのかもしれない。

2011年

★フリー『愛の夢
2006年の真央ちゃんが、感性だけで作った野性味のあるティーカップだとしたら、2011年の真央ちゃんはとても繊細に精巧に作られた、たまらなく上品なティーカップ。続けてみるとその変化がとてもよくわかる。表情が5年前とは全然違う、とてもいい。人が子供から大人になるとはこういうことなのかもしれない。

2012年

ショートプログラム『アイガットリズム』
少女のような真央ちゃんがこまっしゃくれた魅力を見せてくれる素敵なプログラムですよね。ステップ簡単そうにやってるけどきっと複雑なんだろうねこれ…。蛍光オレンジの衣装も印象深い。

2013年

★フリー『ピアノ協奏曲第2番
伝説のラフマニノフソチオリンピックの演技じゃないけどこれも素晴らしい。タラソワからの愛情のこもった最高のプレゼントですよね、編曲も振付も本当に素晴らしい…。スピードが最後まで落ちないし、どんどん迫力を増していく編曲がいいんだよな…。

ちょっとカットされてたけどソチのラフマニノフも流れましたね。NHK杯と続けて見ると、迫力が違う。空気を切り裂くような迫力が加わってて、女子スケーターの枠を超えた何かを感じるほど。
ソチのシーズンに真央ちゃんがこの曲で滑ると知った時、オリンピックではきっと素敵なことが起こると思った。勝手にそう思ったんです、何の根拠もなく。素晴らしいなんてものじゃなかった。一生忘れないと思います。
地元のNHKで開催期間中にオリンピックの展示をやっていて、用事のついでに寄ったらちょうどこのラフマニノフを流してたんですよ。演技が終わった後、一緒に見てた数人が拍手してたのが忘れられない。生じゃなく録画なのに、これだけ人の心を動かしたんだなって、この拍手が答えなんだなって、何だかとても嬉しかった。フィギュアスケートの素敵なところは、こんな演技を試合の形で世界中の人と共有できることかもしれないですね。

2015年

ショートプログラム『素敵なあなた』
大人の小悪魔さに変わってますよねもう。アクセルで転倒したりルッツがパンクしたりはしてるのですが、ステップの巧みさで忘れてしまう。これが最後のNHK杯だったのか…。そう言えばそうだっけ…。


演技の振り返りは以上。リモート出演で今の本人の姿も見られたし、久しぶりに現役時代の真央ちゃんにたっぷり触れられて、なんか浄化された気がします(笑)。

ではでは、また次回のゆるゆる語りでお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com