うさぎパイナップル

主にフィギュアスケートの旅日記とテレビ観戦記とお題記事・ただ書き散らして生きていたい(物書き始めました2018・生活の糧と居場所募集中)

フィギュアスケートゆるゆる語り in 8月①

フィギュアスケートに関する話題をゆるゆると語るシリーズ。観客を入れない形式であっても試合が開催され始めるなど、少しずつでも通常に戻って行く方向へ舵は切られたのでしょうか。
そうじゃないといけないんじゃないかなあ。自粛だ規制だと騒げるのは仕事を失わず生活にさほどの影響がない人間だけで、じゃあその人たちが自粛の影響による倒産や解雇に端を発した生活困窮者等を視野に入れているかを眺めてみると、だいたい対岸の火事だもん。それで「命がいちばん大切」などとどの口が言えるのか…。私は基本的に「国や自治体にはお金は無い」と思ってるので、なんだかんだ言ってみんな政府は万能だと信じてるんだなって感心してる。国の人たちも表に出ないだけで大変だよね…。誰かを評価するなら有事の際がいちばんかもしれないですね、はい。

グランプリシリーズ開催決定

ジュニアのグランプリシリーズは残念ながら全戦中止となってしまいましたが、シニアの方は無事開催されるようでホッとしてます。試合がまったくない状態になってしまったら、選手たちは何のために日々鍛練しているのかわからなくなってしまいますよね…。オリンピックのプレシーズンですし、主催者側も選手側も皆試合がしたいでしょう。

続報はもう少し待たねばなりませんが、例年通りの内容ではなく、開催される国の出身であったり練習拠点にしている選手が主に出場する形式となるのかな。羽生君ならスケートカナダNHK杯、といったところでしょうか。
NHK杯は今年は大阪開催ですし、ちょっと行きたかったんですけど(経済的な面で十中八九無理でしょうが…)観客を入れるとしても通常よりかなり少なくなりそうですね。ということはチケット料金は跳ね上がり、かつ大争奪戦になるということ。大人しく家で見てるのが正解かもしれませんねえ(悲)。

「テレビに映りたくねえ」という理由でスケート観戦鑑賞には真夏でもマスク持参でしたけど(しないことも多々ありましたが)あれがデフォルトになるのだろうか。息苦しいのでマスク嫌いなんですけどね。貧血が酷いもので…。

四大陸や世界選手権が開催される頃にはもう少し色々何とかなってるといいです。新しいインフルエンザの種類が増えたんだなくらいの感覚にそのうちなっていくような気もしてるんですけど、どうなるのかなあ…。

いちどだけのコマーシャル

7月24日のスポーツの日に、ミュージックステーション内で羽生結弦選手が出演するロッテのCMが流れました。ただの一度きりしかオンエアされないCMだとのことで、Mステ開始から待機。

当日は全国で一斉に花火の打ち上げも行われたので、CMとかぶってしまわないかそわそわでしたが、30分ほどずれていたので問題なし。20時に全国で一斉に上がる花火と言えば、古のゲーマーなら思い出さずにはいられないんじゃないでしょうか。あの名作『街』を。最後に遊んだシナリオには本気で泣いてしまって、ディスクの入れ替え時に涙で手がべしょべしょで困りました…。
ゲームの中以外ではあり得ないと思ってたシチュエーションがまさか現実になるなんて。ゲームを遊んだことのある人ならきっとこの感動を分かってくださるはず。私が本気で泣いたゲームはこの『街』と『DESIRE』ですね。

えーっと、話がずれたので戻しますね(笑)。

流れたCMは、この1回だけなのがもったいないくらい、美しくメッセージ性に富んだものでした。
オリンピックなど不要だという声もしばしば聞かれますが、彼らのうち何人が、いざ開催されたら手のひらを返して「感動した」と言い出すのか見ものだな、と個人的には思っています。彼らにもきっと、熱心に追いかけたり好んで選んだりする対象があるでしょう。もしくは日々携わっている仕事や日課があるでしょう。それを「無駄だ」と言われてどう思うのか。

スポーツを仕事に、人生のメインに選んだ人たちがいる。その人たちが表に出てくる機会は、実は長い人生の一瞬しかない。トップ選手であっても、365日試合をしているわけじゃない。我々と同じように、地味な修練と毎日の積み重ね。それが成果として発揮される瞬間が、通常の人よりも少々華やかなだけ。

人生を賭けて準備してきたその一瞬が、突然理不尽に奪われてしまったのです。しかもここぞとばかり槍玉にあげられている。私は彼らの心情を思うといたたまれない。風邪や自殺で誰が何人死のうが、関心も示さなかったであろう人たちの罵詈雑言に、人間であることが嫌になってくる。

けど、それでも。それでも必ずまたその努力が日の目を浴びる日が来ると信じて鍛練を重ねるしかない。オリンピックを連覇しなお現役を続けるトップ中のトップ、羽生結弦とてそれは同じこと。
朝の情報番組でメイキングも見たけれど、何度も撮り直していた4回転。白い氷に刻まれていく軌跡。細くしなやかな、鍛え抜かれた肉体を黒の練習着が包む。一見地味な画面なのに、その姿はあたかも白い月の光に照らされた日本刀のようだ。しかしこの美しい存在は、その大半を人目に触れぬまま、水面から羽ばたく一瞬のためだけにもがき続けるのである。

本当なら開催されていたオリンピック。数え切れないほどの人々の無念に祈りを捧げるような羽生結弦の滑り。彼の滑りは神に捧げられた舞のように感じることがあるけれど、何処かその片鱗を思わせるCMだったような気がします。この人はきっと、閉塞した時代に神がもたらした希望なのです。

ショーすらまったく行われず寂しい限りでしたからね、CMひとつで心が沸き立ちましたね…。ええ希望なのですよ←涙目

新クリアファイルキャンペーン

恒例の羽生結弦クリアファイル。「愚民を見下ろしてる系」(※個人の感想であり効果を保証するものではありません)で私の大好きっぽい写真なのに!金が!ない(泣)。みんな頑張って私の分まで集めてください!!!!号泣。
昔のやつはね、余ってるの見かけるとまたもらったりしてたからね(田舎なもので…)いっぱいあるんだけどね(笑)。


ではでは、また次回のゆるゆる語りでお会いしましょう。



「うさぎパイナップルnote分室」を開設しました。フィギュアスケート以外の話題は2018年9月よりこちらに集約させております。心の叫びや日々の呟き、小説から趣味の話、フィギュアスケートの話も時々、要するに何でもあり。週1、2回のペースで更新中なので、お気軽に遊びに来てくださいね。
note.com